2010年5月31日月曜日

mixiをスマートフォン向けに最適化「mixi Touch」―SNSに適しているのはスマートフォンかiPadか?

mixiをスマートフォン向けに最適化「mixi Touch」(この内容すでにご存じの方は、この項は読み飛ばしてください)

mixiの表示をスマートフォン向けに最適化した「mixi Touch」が公開された。


ミクシィは5月31日、SNS「mixi」のユーザーインタフェース(UI)をスマートフォン向けに最適化した「mixi Touch」を公開した。

ログイン画面、ホーム画面、日記の投稿・閲覧、足あと、プロフィール、mixiボイスを、スマートフォンの画面サイズやタッチパネル操作に合わせたデザインとし、直感的に利用できるようにした。

iPhone/iPod touch、NTTドコモのAndroid端末「Xperia」「HT-03A」、ソフトバンクモバイルの「HTC Desire」の5機種で対応する。

mixi Touch未対応の機能・コンテンツはPC版と同じまま表示しており、今後、対応機能・コンテンツを拡大していく。

SNSに適しているのはスマートフォンかiPadか?
mixi Touch早速つかつてみました。対応機能とコンテンツに関してはなかなか使い易いです。ここしばらく、mixiは使っていませんでしたが、これならまた使ってみたいという気分です。これって、Appではないんですね。しかし、このような基本的なものの場合はかえってそのほうが良いかもしれません。なにせ、最近Appの数が多くなりすぎて、何がなんだかわからないような状況になっています。

いまのところ、ブックマークに登録しておけば、専用フォルダをつくることができるので、かえって便利かなという感じです。mixiの開発者さん考えましたね。

まあ、このへんもOS4が導入されると、改善されるようですが、今のところ、Appの数の多さには辟易しています。

実は、twitterもあまり使っていなかったのですが、iPhone用のアプリを導入してから、使うようになりました。これには、特定の人との会話をみることもできる機能がついているので、わかりやすいのが良いです。

せっかくmixi touch iPhoneに特化したものなのですから、iPhone用の特殊な機能などがあれば、良いですね。

それに、パソコンでみるよりも手軽で見れるので、最近はPCよりは、こちらでみることの方が多くなりました。最近つかいはじめてから、フォロワー数も格段に増え、現在では確か、130を超えました。

Mixiも以前は携帯電話で使っている時期もありましたが、なにせ、画面が小さく、さらには入力も面倒だったので、使わなくなりました。

やはり、iPhoneの良さは、画面の大きさです。であれば、iPadのほうがはるかに見やすいですが、iPadでのソーシャル・メデイアもかなり使われるようになるのでしょうね。ただし、結構大きいですから、やはり、スマートフォンとは別のつかいかたになるのだと思います。

まあ、TPOで使い分けする事になるのだと思います。ソーシャル・ネットワークでは、やはり、iPhoneなどのスマートフォンが欠かせないですね。何といっても、手軽に見られるといううのが一番です。パソコンだと構えなくてはいけないし、見るだけとか、短いメッセージを発信するなら、こちらのほうがずっといいです。本日は、歯医者さんの待合室でみていました。こういう場合は、何といっても、iPhoneですね。こういう場面でも、iPadを広げるような人がでてくるのでしょうか?

私はも、iPhoneを購入する前までは、実際にこんなにiPhoneでインターネツトを使うとは思っていませんでした。寝転がって、動画・画像などを見たり、音楽を聴いたり、さらには、テレビを見ながら、テレビにでてきた分からない言葉を調べてみたり。さら、こんな使い方も珍しいですが、PCで英語の文章を読みながら、iPhoneで分からない単語を調べたりと、なかなか使いでがあります。これに加えて、今度は、iPhoneで手軽にMixiです。でも、これって、iPhoneなど使っていない人には説明するのが難しいです。iPhone持たれている方は、Mixi是非ためしてみてください。そうして、何か面白い使い方あったら、是非ツイートするか、mixiでつぶやいてみてください。

それに、開発者の皆さん、iPhoneや、iPadに最適なサービスなどこれからどんどん開発して頂きたいと思います。特に、iPhoneと、iPadの両方を持っている人には、両方あることによって、何か面白いことができれば、良いと思います。iPhoneでUストリームで動画配信しつつiPadで、mixiをするとか?iPhoneで、skypeしながら、iPadでmixiを同時にやるなど、ただし、互いに別々に動くというのではなく、コラボしているとか・・・・・。それによって、いままでとは、次元の異なるコミュニケーションをするとか。何か、両方を持っていることを前提にするとかなり面白いことが出来そうだと思うのは私だけでしょうか?iPadにカメラがついていないことなど、ひょつとしたらこういう狙いもあるのかもしれません。iPadでなくても、iPhoneと、PCでこのようなことができても面白いですね。

何か、今晩は、mixi touchから、話が脱線したようなきもしますが、新しい発想を見いだせたような気がします。

【関連記事】

ADs by yutakarlson
ピザテンフォー昨年10月4日で、創立21周年です!!
長い間のご愛顧真に有難うございます!!
YUTAKARLSON、USA 市長からのお願い
ランキングは、ありきたりのは面白くないので、私の街に是非投票してください。この私の街は、サイバー上のアメリカ国内に設置してあります。街の名前は、YUTAKARLSONと いいます。この街は、皆さんからのアクセスがあれば、アクセス数が街の住民数となり発展していきます。職場整備、交通の整備などはひと段落していますので、今度は人口を増やす必要があります。せびポチッと一つお願いいたします。


2010年5月30日日曜日

ラー油戦争勃発か?―ラー油戦争はすぐに終焉する?

ラー油戦争勃発か?(この内容すでにご存じの方は、この項は読み飛ばしてください)


話題の二大“食べるラー油”。右が桃屋(オープン価格・参考価格
400円、内容量110g)、左がエスビー(330円、内容量110g)。

ラー油市場はここ数年で急拡大している。2004年~08年の5年間で、マーケット規模は120%に拡大した(KSP-POSなどから推定/桃屋)というデータもある。その火付け役となったのが沖縄発のラー油。島唐辛子を使った「石垣島ラー油」や、久米島の素材を使った「くめじまラー油」など、ここ数年のうちに沖縄系ラー油が人気を博し、インターネット通販でも売り切れが続出している。

そして昨年(2009年)秋、桃屋のラー油が登場した。具だくさんの“食べるラー油”という斬新なコンセプトが受けて、爆発的な人気となり、市場ではすぐに品薄状態になった。生産が追いつかず、ラー油のテレビCM放送がいったん打ち切りになる事態に陥っている。販売開始から約半年たつ現在も、入手困難な商品なのだ。

そして、3月23日、ラー油市場がさらに熱くなった。ヱスビーのラー油が発売スタートしたのだ。同じく“食べるラー油”系の商品として桃屋の対抗馬となっており、こちらも店頭ではすでに品薄状態が続く。今回はそんな話題の桃屋とヱスビーのラー油を徹底的に比較してみたい。飲食関係の編集記者や料理研究家が集まって、原材料や味の違いを分析してみた。いったいどこが同じで、どこが違うのか…。

■桃屋は甘みのあるマイルド型ヱスビーはガッツリニンニク型



ラー油の色や具材は若干異なる。具沢山な点は共通。

まずは見た目から比べてみよう。
両方ともラー油に具材がたっぷり入った“食べるラー油”であることは間違いない。ラー油7に対して具材3といった割合だろうか。具材はどちらも茶色やこげ茶、白っぽいものが混在している状態。ヱスビーより桃屋の方が、白っぽい具材(フライドガーリック?)がやや多めで、粒も大きいようだ。

次に注目したいのはラー油の色。桃屋がややオレンジがかった赤色なのに対し、ヱスビーは純粋な赤色。原材料には両方ともパプリカが使われているということなので、その点は共通ということか…。

そして何より気になる味の違い。口に含んだ瞬間、最初に口中に広がるのは、両方ともなたね油やごま油の香ばしい風味。そして次に、両者とも強めの塩味が到来する。ここまではだいたい同じ味わいだ。でもその後がぜんぜん違う。 桃屋は具材を噛んでいくうちに、フライドオニオンとフライドガーリックの旨味が同時に口中に広がる。このバランスがとてもほどよい。噛むほどに言いようもない旨さが舌の上ではじける。ここまでくるともうやばい。

一方、ヱスビーの方は、具材を噛むと強烈なフライドガーリックの旨味がおし寄せる。そして焦がしニンニク特有の苦味が後味に残る。クセになりそうなインパクトあるニンニク風味だ。 どちらもラー油に入った具材なのに、サクサクとした食感を保っているのが不思議であり、魅力でもある。辛さはどちらも控えめ。

■桃屋は幅広い料理にヱスビーはラーメンや豚丼に

白飯にかけて"のっけめし"にするとおどくほど食が進む
原材料も比べてみよう。
両方とも食用なたね油やフライドガーリック、食用ごま油をメインに使っている。さらに食塩、砂糖、粉末醤油、オニオンパウダーなども使用。「ラー油+フライドガーリック」を基本にしているのは共通している。

桃屋のラー油にしか入っていないものは、フライドオニオンと唐辛子味噌、すりごまなど。一方、ヱスビーにしか入っていないのは、ラージャン(辣醤:唐辛子を発酵させた調味料)やアーモンド。この辺が味の違いになっているのだろう。
桃屋の方はフライドオニオンが入っているので、ほのかな甘味もあるが、ヱスビーの方では甘味はあまり感じられない。逆にヱスビーは焦がしニンニク特有の苦味が強く感じられるが、桃屋の方はそれほど苦味は感じられない。ここが違いのポイント。

桃屋は甘味があってマイルドで、味のバランスが良いのでどんな料理にも合わせやすい。もしかしたら小学生くらいの子供でも好んで食べる調味料かもしれない。塩分が効いているので炭水化物(ご飯・うどん)などにかけるのがおすすめだろう。

一方ヱスビーの方は、フライドガーリックの強烈な風味が特徴。辛味だけでなく、ニンニク風味も一緒にプラスしたい料理(例えばラーメンの仕上げにのせるなど)におすすめだろう。苦味もややあるので、「豚丼」など、パンチの効いたニンニク味が好きな“ガッツリ系”にはこちらの方がおすすめかもしれない。個性的な味なので、カレーや納豆など、風味の強い素材と合わせるのも良いと思う。

どちらをセレクトするかはもちろん好みによるが、両方を食べ比べながら自分流の食べ方を追求するのが楽しいはずだ。日によって両者を使い分けるのも楽しいと思う。

最近では桃屋のラー油を使った料理を提供する飲食店も登場してきているとか。ラー油の今後の動向が非常に気になるところでしたが、そこに、モスのニュースが飛び込んできたので、これも掲載します。

■モス、話題の"食べるラー油"を使ったハンバーガー販売

モスフードサービスは6月10日、日本テレビの情報番『スッキリ!! 』と共同開発したハンバーガー「テリー伊藤のざくざくラー油バーガー」(390円)と「テリー伊藤のざくざくラー油チーズバーガー」(420円)を「モスバーガー」店舗にて発売する。6月28日までの限定販売。
「テリー伊藤のざくざくラー油バーガー」
「テリー伊藤のざくざくラー油チーズバーガー」
同商品には、いま話題の"食べるラー油"を使用。モスバーガーのオリジナルで、ゴマ油や2種類の唐辛子、フライドガーリック、フライドオニオン、小粒のあられを合わせており、"ザクザク"とした食感が楽しめるという。さらにオリジナルトマトサルサも味付けに使っている。同ソースには、熊本県八千代産トマト、世界一辛い唐辛子とギネス世界記録に登録されているというジョロキア、ハバネロを燻製にしたチポトレ、米麹ペーストや西京味噌、沖縄産の島ラー油を用い、辛さの中にも甘さとコクのある味わいに仕上げているとのこと。

共通の具材はパティやトマト、みじん切りの玉ネギ。「テリー伊藤のざくざくラー油チーズバーガー」は、「テリー伊藤のざくざくラー油バーガー」にスライスチーズをプラスしたものとなっている。

ラー油戦争はすぐに終焉する?
このラー油戦争どこまで続くでしょうか。それに、この商品はどうなっていくのでしょう?私の考えでは、これはもうそろそろ終息します。なぜなら、これらの一見新商品のようにも見えますが、ラー油などをあえたもの、あるいはラー油で炒めたものということで結局、何ら新しくもないからです。

ラー油の作り方は、皆さんご存じだと思います。要するに、赤唐辛子を油で煮た後、赤唐辛子を濾して取り除いたものです。ご存じない方は、下の動画をご覧になってください。


だとすれば、何も、わざわざラー油を使わなくても、味としては大昔から中華料理や朝鮮料理などで、油と赤唐辛子を使った料理であれば、存在していることになります。これでは、何ら味としては、珍しいものでも何でもありません。

これは、トマトソースのようなものです。スーバーに行くと、いわゆるトマトソースや、ホールトマトの缶詰が売られています、この両者の違いはさほど大きくはありません。ホールトマト缶は、トマトを水煮が入っています。トマトソース缶には、トマト+ニンニク+塩+胡椒が入っています。だから、トマト味のスパゲティをつくるときには、フライパンにトマトソースを入れて、それに茹でたスパゲティと具をいれて両者を適度に炒めれは出来上がりと言うものです。トマトホール缶の場合は、刻みニンニク、刻みタマネギをフライパンで炒め、それに、ホールトマトを入れ、さらに、塩・胡椒で味付けして、そこにスバげティーと具を入れるという具合です。

両者にさほどの違いはありません。だから、レストランの厨房ではほとんどといっていいくらい、ホールトマト缶をつかいます。ちなみに、イタリアなどでは、トマトがある季節にはホールトマト缶も使わずに、トマトをつかうレストランがほとんどです。ただし、大きなレストランなどでは、季節による味の変動を防ぐために、周年でホールトマト缶を使っているところも多いです。日本の場合は、現在日本で栽培されているトマトのほとんどが、果物のように甘くっなってしまったために、酸っぱみがないので、イタリア料理には使えないためほとんどが、トマトホール缶詰を使っています。

では、このトマトーソースなど、イタリアやアメリカなどイタリア料理を家庭でもつくる国で売られているいるとかといえば、ほとんど売られていません。多少はありますが、いろいろなトマトソース缶のバリエーションなどあるかといえばほとんどありません。それは、トマトの季節にはトマトが、そうでないときにはホールトマト缶があれば、ほとんど必要がないからだと思われます。


このトマトソースのアナロジーからも、食べるラー油も同じように、まずは、これからいろいろなバリエーションが生まれてくるなどということは考えられません。また、顧客にもすぐに飽きられてしまうことでしょう。


モスでは、食べるラー油を使ったハンバーガーを出そうとしていますが、これも、新しいものではなく、油と赤唐辛子を使ったような中華風味のハンバーガーなど前からあったものです。それに、何を混ぜようが味として同じなので、特に新しいものでも何でもないわけです。


しかし、こうしたハンバーガーを試験的にでも売り出すモスバーガーは、よほど開発に窮しているのではないかと思います。このブログでは、以前にマクドナルドの開発に関しても掲載してきました。その中で、マクドナルドが、日本的な開発に挑戦していることを掲載しまた。モスは、ライスバーガーなどを販売してきた会社です。このような、見込みのない食べるラー油に挑戦しているなど、一体どうしてしまったのかと、首をかしげてしまいます。かつて、モスこそ、日本的な商品で日本の顧客を魅了いたと思います。残念なことです。それこそ、自分たちの強みを見失っているのではないかと思います。

【関連記事】
■カップヌードルのあの肉が今も食べられる!?―カップヌードルは社会変革の一つであり立派なイノベーションだった!!
■今日は何があった日かご存知ですか?
■ミルクシーフードヌードル、塩キャラメル、カレー鍋-ピサテンフォーの???とも共通する味のコラボレーション?!?!




■アメリカの次は「日本」 マックが新キャンペーン、てりたまなど3品―予想があたって、やっぱり「日本」!!
■マック「Big America」再び計画変更 NYバーガー「売れすぎ」で-日本人の心理をついた販売方法が奏功か?
■日本サブウェイ株式会社がモニプラで ソーシャルメディアマーケティングを開始。 Twitterユーザーやブログユーザー向けのイベントを開催 [アライドアーキテクツ株式会社]-広告もソーシャルメディアを無視できない時代に突入したか!!







ADs by yutakarlson
ピザテンフォー昨年10月4日で、創立21周年です!!
長い間のご愛顧真に有難うございます!!
YUTAKARLSON、USA 市長からのお願い
ランキングは、ありきたりのは面白くないので、私の街に是非投票してください。この私の街は、サイバー上のアメリカ国内に設置してあります。街の名前は、YUTAKARLSONと いいます。この街は、皆さんからのアクセスがあれば、アクセス数が街の住民数となり発展していきます。職場整備、交通の整備などはひと段落していますので、今度は人口を増やす必要があります。せびポチッと一つお願いいたします。

2010年5月29日土曜日

ハッピーパウダー250%の超DX級、驚愕の「ハッピーターン」に騒然―「あの粉」が遂に?土屋礼央さんによるハッピーターンの粉再現レシピ

ハッピーパウダー250%の超DX級、驚愕の「ハッピーターン」に騒然(この内容すでにご存知の方は、この項はよみとばしてください)

        
1976年の発売以来、長きにわたって愛され続けてきた亀田製菓の「ハッピーターン」は、“魔法の粉”とも呼ばれるハッピーパウダー(ハピ粉)の中毒者が後を絶たない、言わずと知れた魔性のお菓子。昨年5月にはハッピーパウダーを200%に増量した「パウダー200%ハッピーターン」が登場し(※今年1月から販売先拡大)、ファンを歓喜させていたが、この春はさらにその上を行く「パウダー250%ハッピーターン」(105円/税込み)が一部で発売され、ファン界隈で反響を呼んでいる。

「パウダー250%ハッピーターン」はその名が示す通り、ハッピーパウダーの付着量が250%に増量された、過去最高の幸せを感じられる「ハッピーターン」。亀田製菓に確認したところ、4月5日からセブン-イレブンで先行発売されているものだ。

TwitterやSNSのコミュニティなどでは、発売日の5日から話題沸騰。購入した人が写真をアップロードすると、それを見たファンから「素晴らしい!!」「食べた過ぎる!」「これはやばいww」「どこで売ってるんですか!」と、興奮気味な反応が次々と寄せられている状態だ。そして発売から数日が経ったこともあり、購入報告も続々。「4つ買いました!」「神がかってます」「もう後戻りできなそうで怖い」といった喜びに満ちたコメントも見ることができる。ただ、ファンの間での反響が大きすぎたのか、売り切れていて購入できなかったという報告もチラホラ。

ファンなら挑戦しないわけにはいかない「パウダー250%ハッピーターン」。セブン-イレブンで見かけたら、ぜひ一度お試しあれ。

「あの粉」が遂に?土屋礼央さんによるハッピーターンの粉再現レシピ

上の記事でもわかるように、最近大人気の「パウダー200%ハッピーターン」や「パウダー250%ハッピーターン」で、ますます「あの粉」の魅力に取り憑かれる人が増えているようです。そんな中、はてなブックマークでは、人気グループ「RAG FAIR」のメンバーである土屋礼央さんが自身のTwitterで紹介した「あの粉」の再現レシピが話題になっています。

「ハッピーターンの粉を遂に再現? 」の写真・リンク付きの記事
▽Twitter / 土屋礼央: 実験の結果、砂糖と塩を4:1で混ぜるとハッピーターン ...

土屋さんによれば、色々実験を重ねた結果、「砂糖と塩を4:1で混ぜ、さらに味の素を少々加える」ことでリアルにあの味を再現できたとのこと。土屋さんはこうして作った「あの粉」を“自家製のハッピーパウダー入れ”に入れて保存しているそうです。

誰もが知りたがっていた「あの粉」のレシピ。はてなブックマークでも早速注目が集まり、たくさんのコメントが寄せられています。

なんてこったい!でも粉だけで美味しいのかな?あのちょっと脂っぽい感じも必要な気が。
さすが土屋礼央さんや...w 何やってんすかw
オープンコーラみたいな、オープンソース版ハッピーターンが生まれるかも
この解析が確かならもはや250%どころじゃないw

といった驚きの声や、

岩塩とコーヒーシュガーをゴリゴリやって作るとそれっぽいですよ/化調は甘みの強くない方が美味しかったので鶏がらの素とかのほうがいいかも

とさらなる改良を加えてみた人も。また、

ハッピーパウダー密造とな?w
ハッピーターンの使者に消されるぞ・・・!
きっと身を滅ぼす事になるので,真似しない方がいい.
「ペロ・・・これは合法麻薬!!」 /つーかこんなことバラしたら消されるんじゃないのか...。

と、これまで極秘とされてきたレシピを再現してしまった土屋さんの身を案じる声も多数見られました。

「粉だけ売ってほしい」という人も続出するほど、一度食べたらやみつきになってしまうハッピーターン。自分でも再現できれば、好きなだけあの味を堪能できますね。ぜひ一度、試してみてはいかがでしょうか?

■時流にのる味とは?
それにしても、あのハッピーターンの粉の味が、砂糖と塩だけなんて意外でしたね。美味しい味って意外のシンプルなものなのかもしれません。

しかし、さすがロングセラー、この味の黄金比ともいえるレシピーなど昔から変わっていないのでしょうか?興味のつきないところです。

味は、不思議なもので、以前にもこのブログに書いたことがあるのですが、東京の老舗のラーメン屋に20年ぶりでラーメンを食べたら20年前とちっとも変わっておらず、とても美味しかったという経験をしたことがあります。しかし、そこのラーメン屋の亭主にその話をしたら、毎年のように微妙にお客にあわせながら味を変えているということを聴いて驚いたことがあります。

ラーメンチェーンなどで、FCのフランチャイジーとして店をやっている人が、ラーメンの味を勝手に変えてしまうとすぐに売れなくなってしまうなどという話も聴いたことがあるので、これは矛盾するのではなどとも思ったのですが、この老舗のラーメン屋さんは、ご主人の味覚が優れていて、しかも自分の店ですから、規模は小さくてフランチャイズ本部みたいなものですから結局は何も矛盾していいないのだと思います。

ラーメンチェーンなどでも、実は味を微妙に変えて、10年、20年たてばかなり変わっているということがあるのだと思います。実は、20年前から全く味を変えていなければ、味覚が変わってしまった顧客からは、味が変わってしまったと受けとられるのかもしれません。味は、かなり時流に左右されるものと思います。だから基本は変えないまでも、味加減は微妙に、時流にあわせて変えているのだと思います。だからこそ、逆にいえば、20年、30年前と変わらぬ美味しいラーメンといわれるのだと思います。FCのフランチャイジーで失敗する人は、この微妙な味加減を時流とは関係なく自分の思いこみで勝手にやってしまい失敗するのだと思います。

だとすれば、このハッピーターンも微妙に変わっている可能性があります。このハッピーターンの黄金比「砂糖と塩を4:1で混ぜ、さらに味の素を少々」に関しては、私は販売当初は、塩の比率は多く、味の素の比率は少なかったのではないかという気がします。これは、全く私の勘に過ぎないのですが、私は昔食べたのと今の食べ比べではなんとなくそう思います。

なぜそんなことを言うかといえば、やはり、ハッピーターン新発売の頃は、70年代であって、今と比較すれば、知識労働者の数は圧倒的に少なかったのが、今では、知識労働者の数がかなり増えているからです。肉体労働者のほうが、知識労働者よりは、塩味を好みます。おそらく、昔のままの味で売れば、塩味がきつくて、今ではあまり受けないのではないかと思います。

また、化学調味料も、昔は、あまり使わなかったのが、今では結構使うようになったので、時流にあわせて増やしている可能性もあります。テレビでもみたことがありますが、老舗ラーメン専門店で、ラーメンどんぶりに化学調味料を少し入れて、そこに垂を注いでいるのを見たことがあます。インタビューアーがそのラーメン屋の店主に、「なぜ化学調味料を入れるのか」という質問に対し店主は、「お客さんの変化に合わせた」と答えていました。

それから、地域によって味を変えているなどということはないのでしょうか?たとえば、インスタントラーメン、同じ会社の同じ商品名の商品であっても、西と東で味を変えているとか、西では売っているのてに、東では売っていないとか、また、逆の場合とかいろいろあります。ハッピーターンはどうなのでしょうか?興味のつきないところです。ただし、これは単なる私の思い込みかもしれません。誰か、時系列で調べた人などいないのでしょうか?

しかし、私の会社も、ピザ宅配なんぞ食料品関係をやっていますから、このような味、是非ともつくってみたいものです。食べたら病みつきになる『魔性の味ピザ』なんて、できたら最高ですね!!

【関連記事】
■カップヌードルのあの肉が今も食べられる!?―カップヌードルは社会変革の一つであり立派なイノベーションだった!!
■今日は何があった日かご存知ですか?
■ミルクシーフードヌードル、塩キャラメル、カレー鍋-ピサテンフォーの???とも共通する味のコラボレーション?!?!

■アメリカの次は「日本」 マックが新キャンペーン、てりたまなど3品―予想があたって、やっぱり「日本」!!
■マック「Big America」再び計画変更 NYバーガー「売れすぎ」で-日本人の心理をついた販売方法が奏功か?
■日本サブウェイ株式会社がモニプラで ソーシャルメディアマーケティングを開始。 Twitterユーザーやブログユーザー向けのイベントを開催 [アライドアーキテクツ株式会社]-広告もソーシャルメディアを無視できない時代に突入したか!!










ADs by yutakarlson
ピザテンフォー昨年10月4日で、創立21周年です!!
長い間のご愛顧真に有難うございます!!
YUTAKARLSON、USA 市長からのお願い
ランキングは、ありきたりのは面白くないので、私の街に是非投票してください。この私の街は、サイバー上のアメリカ国内に設置してあります。街の名前は、YUTAKARLSONと いいます。この街は、皆さんからのアクセスがあれば、アクセス数が街の住民数となり発展していきます。職場整備、交通の整備などはひと段落していますので、今度は人口を増やす必要があります。せびポチッと一つお願いいたします。

2010年5月28日金曜日

『iPad』の登場でネットブックの人気に陰り―ネットブックが売れなくなるだけだったらまだ良いのだが・・・・・・・・・!!

『iPad』の登場でネットブックの人気に陰り(この内容すでにご存知の方は、この項は読み飛ばしてください)

ネットブックの購入を考えた人のうち、およそ3人に1人が比較検討した末にネットブックではなく Apple の『iPad』を購入していたという。これは、消費者向け電子機器のレビューサイト『Retrevo』が、米国で1000人以上の消費者を対象に行なった調査の結果として24日の Blog 記事で発表したものだ。

Retrevo では調査対象の消費者に対し、今年1月に iPad が発表されてからネットブックの購入を先送りしたかどうかを尋ねた。回答者のうち、iPad 発売を待たずにネットブックを買ったと答えたのはたったの3割で、4割の人が iPad 発売まで購入を延ばしたが結局ネットブックを買い、残りの3割の人は iPad を購入したという。

まだ購入を検討中の人を対象にした調査では、78%の人がネットブックよりも iPad を購入したいと答えている。また、ノート PC またはネットブックを昨年購入した人、今年購入を考えている人を対象にした調査の両方で、ノート PC を購入する (した) と答えた人はネットブックを購入する (した) と答えた人の約2倍だった。

ネットブックは今後も順調に売れ続け、2010年にピークを迎えると見られるが、以降は下り坂になる見込みだ。すでに、iPad がネットブックの市場を侵食し、さらにほかのハードウェア企業がタブレット型 PC の計画を一から練り直しているという報告もある。

iPad の売れ行きは、『iMac』『MacBook』など Apple のコンピュータ製品をもしのぐ勢いだ。

ネットブックが売れなくなるだけだったらまだ良いのだが・・・・・・・・・・・・・・・・・・
いよいよ、日本でもiPad店頭販売です。また、日本でも、お祭り騒ぎのようです。この、お祭り騒ぎは、やはり、以前もこのブログに書いたように新たな社会変革でもあるからだと思います。

ネットブックとの競合についても以前のブログで書きましたが、日本でもきっと同じようなことがおこっていて、他のネットブックの売上は相当減っているものと推察されます。

ネットブックが売れなくなるだけだったらまだ良いのですが、この社会変革により日本でも、対応に迫られることがあります。

それは、今までのパソコン用のソフトの開発方式が、iPadが普及するにつれて質的に変わっていくということです。

これは、少しまえのiPhoneのソフトについてご存知の方には、容易にわかることと思います。そうです、いわゆる、今までのソフトというのではなく、App(アプリ、アプリケーション)の開発になるということです。

このAppの開発するには、年会費が1万程でアップルの会員になれば、iPad開発用のソフトウェアや、アプリケーションなと誰でも自由にダウンロードできます。いままでだと、このようなソフトウェアのやアプリケーションは、各々の開発会社が独自で開発していたので、それが誰にでも安価で手に入るなどということはあませんでした。

そのため、iPhoneでも、いわゆる開発会社ではなく、草の根の個人でも開発しやすいようになっていました。iPadも同じことになるものと考えられます。個人が開発したものであろうが、ソフトウェア会社が開発したものであろうが、アップルの審査を通れば、Appストアで誰もが自由に販売できるのです。そうして、販売価格もパソコンのものと比較すれば、かなり低廉で買えるようになっています。

こうした開発方式の変更や、価格の安さなどにより、日本のソフトウェア会社などでも、これに対応していかなくてはならなくなりました。しかも、相手は世界です。

これは、なかなか大変な時代に突入したということです。iPadがこのような社会変革に先鞭をつけたということです。

いまのところ、従来のパソコンやネットブックなどでも、Googleのような会社が,無料でいろいろなものを提供してきていましたが、やはり、今でも特殊なものや、手の込んだゲームなど、数千円で販売していましたが、もうそのような販売方法は通用しなくなるということです。おそらく、バソコンなどでも、アップルのような販売方法が普通になる時代になるものと考えられます。

そうなると、従来の会社組織ではなかなか対応できないようになると考えられます。しかし、私自身んは、いわゆる従来のパソコンなども、歴史が新しいときには、いわゆる草の根の個人がいろいろなゲームなどのソフトを作成して、それが大当たりなどということもありましたが、そのうち、だんだん高度になってくると個人ではとても無理になり、それを専門に行う企業によって提供されるようになりました。

iPadのアプリもそのような趨勢をたどっていくことになるのではないかと思います。その時代には、もうマイクロソフトの時代ではなく、アップルとグーグルの2極体制となっているかもしれません。いや、もっと想像もつかないような状況になっているかもしれません。しかし、そうなるまでには、ソフトウエア会社は、今までとは比較にならないような、かなりのノウハウ・技術力を持つようになっていなければならないと思います。たとえば、今までの足し算、割り算の世界で済むようなことはなく、複雑系のフラクタルとか、その他、様々な多変量解析なども、当たり前のことになっているとか、開発環境自体もかなり変えて、いままでの開発など小学生にもできるようになっているとか、とにかく、凄まじいことになっているのではないかと思います。

とにかく、日本でも、ソフトウエアの開発の体制が変わっていくことは間違いありません。その意味では、今回のiPadの到来、黒船の到来といっても、良いと思います。しかし、消費者としては、世界中の開発者同志が切磋琢磨して、思ってもみなかったようなものが出てくることが期待でき、さらに、面白い時代に突入するのは間違いなさそうです。

ただし、このような状況iPadという黒船が日本に上陸して、それから対処するというのではなく、日本の企業が先鞭をつけて欲しかったです。日本の場合技術的なイノベーション力は有り余るほどあるのですが、直接消費者に対してライフスタイルを変えて、社会変革を促し、今まで存在しなかったお大きな需要を生み出すようなイノベーションは少なくなってきているように思えて残念です。

【関連記事】
■Dellが5インチのAndroidタブレット「Streak」を発表―どのような用途が考えられる?





ADs by yutakarlson
ピザテンフォー昨年10月4日で、創立21周年です!!
長い間のご愛顧真に有難うございます!!
YUTAKARLSON、USA 市長からのお願い
ランキングは、ありきたりのは面白くないので、私の街に是非投票してください。この私の街は、サイバー上のアメリカ国内に設置してあります。街の名前は、YUTAKARLSONと いいます。この街は、皆さんからのアクセスがあれば、アクセス数が街の住民数となり発展していきます。職場整備、交通の整備などはひと段落していますので、今度は人口を増やす必要があります。せびポチッと一つお願いいたします。