2016年10月9日日曜日

本日は余市町と仁木町に行ってきました―「マッサン」の余市蒸留所と、仁木町山田園でフルーツ狩り

余市町、仁木町とはいっても、北海道外の方は知らない方もいらっしゃると思いますので、以下にまずは地図を掲載します。



札幌市中心部から、余市町までは車で、札樽自動車道、国道5号線経由で1 時間 15 分。JR札幌駅から、余市駅までは、1時間半くらいでいけます。私は、今回余市でウィスキーをいただく予定だったので、JRで行きました。

以下に、余市町と仁木町の写真を掲載させていただきます。

まずは余市町の写真です。余市町は、最近では、NHKの朝ドラ「マッサン」で有名になりましたから、ご存知の方も多いと思います。今回は、余市はニッカの余市蒸溜所に行きました。余市蒸留所は余市駅から、歩いて数分のところにあります。駅の正面から、余市蒸溜所の正門が見えます。

まずは、蒸溜所の見取り図を掲載しておきます。

ニッカウイスキー余市蒸溜所の正門
以下蒸溜所内の写真を掲載します。




下の写真は、ニッカ会館の二階です。ここでウイスキーやニッカでだしている、清涼飲料水などの試飲ができます。無論無料です。ここで、若干注意点を説明させていただきます。ここでは、無料ですが、種類はウイスキーの種類は限られています。

ウイスキー博物館にも、バーカウンターがあってここでも試飲をしていますが、ここは有料です。しかし、自分の好みで結構種類のあるウィスキーから自分で選んで試飲することができます。私は、20年物のシングルモルト竹鶴をいただきました。価格は、ハーフショットで350円でした。

特に、ウイスキーにこだわりがないというかた、ニッカ会館の二階でいただくと無料なので、こちらで十分かもしれません。



さて、私はウイスキー博物館で、一杯、ニッカ会館の二階では二杯いただきました。結構ほろよいになりました。

最後に売店ノースランドでウィスキーを購入しました。余市蒸溜所限定販売のシングル・モルト余市「シェリー&スウィート」を購入しました。これは、500mlで6千円以上もしましたが、少し酔った勢いで購入してしまいました。

しかし、帰って飲んでみると、まずは香りの良さと、深い味わいに感動し、購入して良かったと思いました。

さて、ここからは、JRは1時間に一本しかないので、タクシーで仁木町の「フルーツパークにき」に向かいました。仁木町の観光資源はなんといっても観光農園なので、以下に観光農園の地図を掲載します。

クリックすると拡大します

余市から、「フルーツパークにき」までは時間は15分くらいで、タクシー代は2000円未満でした。

フルーツパークにき

この施設は、フルーツの温室があり、仁木町では栽培できない南の地方のフルーツの木がみられます。また、レストランがあります。仁木町産の果物も販売しています。夏場は売店もあって、アイスクリームやドリンク類も売っています。

私は、まずはレストランで食事をしました。私は酢豚定食があったのでそれにしました。お値段は千円ちょっとで、結構美味しかったです。そのほか、ラーメンやそばパスタや他のメニューもあり、結構メニューは豊富でした。特に海産物の美味しいのをというのであれば、余市で食事をしたほうが良いと思いますが、特にそうではなくて、いろいろなメニューの中から選んで食べたいというのなら、ここは選択肢の一つに入れておくべきと思います。

少し逆光気味でわかりにくいですが、枇杷の木です。オレンジ色の実がなっています
階段で2階に登って2階から同じ枇杷の木をみおろしたところです
一番手前の鉢植えは「すだち」です。緑の小さな実がなっています
食事が終わって、館内をひととおり見た後は、「フルーツパークにき」から歩いて数分の「くだもの公園山田園」に行って、フルーツ狩りを楽しみました。確か800円で食べ放題だったと思います。今の時期だと、ブドウとブルーンなどです。この時期だとりんごもありますが、山田園にはありませんでした。

以下にその時の写真を掲載します。

左の緑色の屋根の建物が山田園の果物狩りの受付になっています
プルーンの実です。他にも赤っぽいのがありました。
葡萄の実です。他にも、緑色のもあって、全部で種類は三四種類くらいありました
今回は、行きませんでしたが、余市には美味しいお寿司屋や、安くてかなり質の良い海産物の商店もあります。柿崎商店はおすすめです。1階では、海産物が信じられないくらい良質で低価格の海産物が販売されています。2階が海鮮工房(レストラン)になっています。その他、町内には海鮮の店やレストランも多くあります。グルメ志向の人には意外なと穴だと思います。


何よりも都会の喧騒を離れて、本当に静かなところで、フルーツ狩りをしてたっぷり甘いフルーツを食べることができました。ウィスキーも美味しくいただけました。

北海道内の方でも、まだ行っていない人は行って行ってみてはいかがでしょうか。北海道外の人にとっては、ここはメジャーな観光地ではないので、意外と穴場かもしれません。特に余市は今回は行きませんでしたが、魚介類は安くて美味しいです。

コメントを投稿

「北朝鮮問題」覚悟を決めた安倍首相と、決められない野党の「大差」―【私の論評】政党が守るべき六つの規律と駄目にす六つ方法(゚д゚)!

「北朝鮮問題」覚悟を決めた安倍首相と、決められない野党の「大差」 選挙の争点は、やっぱりここだろう 髙橋 洋一経済学者 嘉悦大学教授 本日解散の意思を表明した安倍首相 写真はブログ管理人挿入 以下同じ   「圧力か、対話か」 いよいよ衆院解散である...