2008年4月13日日曜日

Invitation for Jazz-渡辺貞夫

さて、皆様ここしばらく「中国分裂の筋書」などという重たいテーマが続きました。このシリーズの最終回は火曜日あたりに予定しています。本日は、渡辺貞夫について書きます。軽快な彼の音楽をお楽しみください。
Down East~Front Seat 渡辺貞夫グループ


今年でおん年、74歳になる渡辺貞夫、以下のバイオグラフィーでも未だに、バリバリの現役、サックス奏者。この元気は見習いたいものです。日本のジャズ界では、大御所中の大御所だ。

渡辺貞夫のBiography


1933年 1933 栃木県、宇都宮に生まれる
1948年 映画「ブルースの誕生」を観てクラリネットを始める
1951年 1951 高校卒業後上京、アルトサックスに変更し本格的に音楽活動を始める
1953年 - 1960年 1953- 秋吉敏子「コージーカルテット」、ジョージ川口「ビッグ・フォー」等のバンドに参加。ジャズ界の若手ホープと期待される
1961年 初リーダー・アルバム『渡辺貞夫』を発表
1962年 1962 米国ボストン・バークリー音楽院に入学以後、チコ・ハミルトン、ゲイリー・マクファーランドを始めとする数多くのバンドに参加。ブラジル音楽に目覚める
1965年 1965 日本へ帰国。精力的な演奏活動を開始すると共に、日本のミュージシャンにジャズ理論を伝授
1967年 『ジャズ&ボッサ』を発表、ボサノバ・ブームを巻き起こす
1968年 - 1971年 1968- 自己のバンドを率いて、モントルー及びニューポートのジャズ・フェスティバル等海外でも活躍。海外のミュージシャンとのアルバム制作にも励む
1972年 初めてのケニア旅行。FMラジオ番組『渡辺貞夫マイ・ディア・ライフ』を開始、以後19年間続く。モーツァルト「ディベルトメント」にサックスで挑戦。京都交響楽団と共演
1973年 - 1977年 1973- アフリカのリズムに影響を受けたアルバム制作や演奏会を行う
1973年 12月 大阪文化賞 受賞
1977年 昭和51年度(第31回)芸術祭大賞 受賞
第2回 南里文雄賞 受賞
1978年 - 1982年 L.A.で録音されたアルバム『カリフォルニア・シャワー』の大ヒットによりジャズが幅広い層に支持され、"ナベサダ"ブームが起こる。80年には『渡辺貞夫リサイタル・イン武道館』を開催し3万人余りを動員。多くのヒット曲を生み出し全米へ進出
1983年 - 1996年 1983- レ コード会社WEAとの契約を期に、本格的に世界進出を目指す。この間、何度もアルバムが米国音楽誌のチャート上位にランキングされ、世界中に渡辺貞夫の名 が認識されることとなり、数多くの海外公演を敢行。85年には"もっとリラックスして音楽を聴ける場を"と、クラブ形式の公演を企画、現在も続行中。以 後、数多くのミュージック・クラブが国内で誕生。95年には故郷の中学生達にブラジルの打楽器を使用して、リズム教育を始める
1984年 4月 第1回宇都宮市民栄誉賞 受賞
1986年 2月 昭和60年度(第36回)芸術選奨文部大臣賞 受賞
1988年 ロサンゼルス名誉市民賞 受賞 5月 ロサンゼルス名誉市民賞 受賞
1994年 8月 平成6年度外務大臣表彰 受賞
1995年 1月 平成6年度都民文化栄誉章 受章
9月 バークリー音楽大学 名誉博士号
11月 平成7年度秋 紫綬褒章 受章
1997年 - 2000年 人 生観が変わるような経験となったチベットの旅で、演奏することへの新たなる意欲、喜びが生まれる。99年には通算60枚目のリーダー・アルバムを発売。サ ントリーホールでの「バッハ オルガン スペシャル・コンサート」でピアニスト小林道夫氏の伴奏で正統派クラシックを演奏
2001年 音楽生活50周年記念ツアー〈マイ・ディア・ライフ〉を国内とL.A.で開催2005年日本国際博覧会・政府出展事業の総合監督に就任
2002年 - 2004年 1995 年から始めたリズム教育をきっかけに、子供たちとの共演を各方面から要請され、積極的に取り組む。又、長年行ってきた子供たちへのチャリティーも、03年 には『キッズ・フォー・バンビーニ』と題したイタリア3都市でのコンサートを始め、『メイク・ア・ウィッシュ・イン・グアム』と海外での活動も多くなる。 2004年3月には政府出展事業のメッセージソング『シェア・ザ・ワールド ~心つないで』を発表
2002年 6月 第1回栃木県民栄誉賞 受賞
2003年 モンブラン国際文化賞2003 受賞 10月 モンブラン国際文化賞2003 受賞
2005年 3 月愛知万博『愛・地球博』開幕。政府出展事業催事となる「ジャパンデー・ジャパンウィーク」「地球サウンド」が開催され、自身のプロデュースによる文化・ 国境を越えた世界の子ども達400人が集う、「リズム、歌、踊りの祭典」が繰り広げられた。日本政府館が連日大人気で内容の評価も高く、無事総合監督の責 務を果たす事となる。40年ぶりに再会を果たしたチャーリー・マリアーノと、クリスマス・コンサートで共演
2005年 平成17年度秋 旭日小綬章 受章 11月 平成17年度秋 旭日小綬章 受章
2006年 2 枚のライヴ・アルバム「ONE FOR YOU / Sadao&Bona Live」「Sadao&Charlie Again」を発売。3年ぶりにアメリカ・ツアーを敢行し好評を博した直後、初めてミャンマーへ訪れ、現地の子ども達とステージに立つ。12月のクリスマ ス・コンサート・ツアー「Sadao with The Great Jazz Trio」では、ハンク・ジョーンズと3都市で共演
2007年
3月、長年の夢であった海外の舞台での子供たちとの共演がジャカルタ「ジャワ・ジャズ・フェスティバル」で実現。近年、子供たちとの活動の機会が多くなり、テレビ番組「題名のない音楽会21」(テレビ朝日系列)に出演し反響をよんだ。
8月には30年ぶりに日本人グループとのライヴ・アルバム「Basie's At Night」を発表。今年15回目を迎えたクリスマス・コンサートにはラッセル・フェランテ(p)を招き、彼のアレンジによるチャーリー・パーカーのレ パートリーをストリングスと共に13年ぶりに演奏し、好評を博した。全国36都市69公演を数える演奏活動を、本年も精力的に敢行した。

今日は、私にとって特に思い出深い「カリフォルニア・シャワー」のお話をさせていただきます。大学最後の年の夏休みにライブで聴いた曲です。渡辺貞夫は時代の空気をつかむのがうまい人です。60年代に日本にボサノヴァ・ブームを広めたのはバークリー音大帰りの渡辺貞夫でした。フュージョンも、またし かりです。渡辺貞夫のフュージョン第1作は、デイヴ・グルーシン、リー・リトナー、チャック・レイニーらを加えて77年に録音した『マイ・ディア・ライフ』でした。翌78年にはデイヴ・グルーシン・ファミリーを総動員してカリフォルニア・シャワーをLAで録音、これが78年から79年にかけて大ヒットし、日本におけるフュージョン・ブームの頂点を記録しました。 このアルバム、通算で軽く100万枚以上は売れたというから、ジャズの世界では空前絶後の大ヒットでした。なぜそれほど評判になったかというと、ま ず曲がいいのです。渡辺貞夫は人の心をとらえるキャッチーなメロディを生み出す天才なのです。加えてデイヴ・グルーシンのアレンジがスマートで洒落ています。要 するにグルーシンと提携することによって、最強のチームが出来上がったというわけです。ジャズ・ファンでなくても、タイトル曲は、きっとどこかで一度は耳にし ているはずです。

ADs by yutakarlson

ピザテンフォー4月のキャンペーンは何とあの「あつエコプレートプレゼントです!!」(このキャンペーンは08年4月24日までです)

テンフォーのピザは楽天デリバリーからも購入できます!!

ピザテンフォー昨年の楽天デリバリーの「ファミリーへのおすすめ」部門で、堂々の2位となりました。ますます、便利になったテンフォーを是非ご利用ください。

YUTAKARLSON、USA 市長からのお願い

ランキングは、ありきたりのは面白くないので、私の街に是非投票してください。この私の街は、サイバー上のアメリカ国内に設置してあります。街の名前は、YUTAKARLSONと いいます。この街は、皆さんからのアクセスがあれば、アクセス数が街の住民数となり発展していきます。先月からはじめているので、まだ住民数が少ないで す。最近は、人口も増えましたが、それに伴い失業者も若干ながら発生しています。失業率を低くするためには、工場などの職場をつくることが必要です。職場 を整備するには、下の反転文字列をぜひポチッチとお願いいた します。
⇒⇒YUTAKARLSONの職場整備←←

0 件のコメント:

G7、日米首脳が“断韓”会談実施!? 識者「朝鮮半島“赤化”対応協議か」―【私の論評】日本は朝鮮半島最悪のシナリオを想定し、防衛論議を高めよ(゚д゚)!

G7、日米首脳が“断韓”会談実施!? 識者「朝鮮半島“赤化”対応協議か」 G7サミット出席のため、フランス・ボルドーに到着した安倍首相と昭恵夫人=23日  安倍晋三首相は、フランス南西部ビアリッツで24~26日に開かれるG7(先進7カ国)首脳会議に合わせて、ドナル...