2007年4月28日土曜日

未来組織のリーダー  ビジョン・戦略・実践の革新  


今ほど、頼れる指導者が求められる時代はない!ケン・ブランチャード、ピーター・センゲ、サービス・マスター社会長C・ポラードなど一流の経営者、コンサルタントらが明かす大変革時代のリーダーの条件。ビジネスマン必読といえると思います。この書籍の初版1998年。10年近く経てようやっと真実身を帯びてきたようなきがします。私が購入したのは2000年前後。先に掲載した、「未来社会への変革」ともう一冊をあわせた、P・Fドラッカー財団の三部作です。もう一冊は残念ながら、当時購入していませんでした。現在購入中で2、3日以内に自宅に宅配されると思います。
いずれに、せよ、購入した当時はなかなかピンとこなかった書籍です。今になって非常にわかる、それに現在の最先端という感じがします。皆さんも一度是非読んで見てください。ありきたりのリーダーシップ論よりはるかに、奥が深く、幅も広いです。アメリカの知性と良心を結集した書籍といえます。これが理解できなければ、これからの時代のリーダーシップは理解できません。
この書籍を読むと、そこらへんに売っている日本人のよくあるビジネス書で普通に書かれたリーダーシップ論は、幼稚で、近視眼的で馬鹿のように見えてきます。社会科学系の弱い日本ならではの現象だと思います。冒頭のドラッカーの序文には、優れたリーダーに共通する特性の一つとしては、カリスマ性がないということであると述べています。カリスマ性=リーダーシップと考えている日本の一般の人にとってはまさに、目にうろこの内容だと思います。

この本では、リーダーシップに何が求められるか。アメリカの定評ある経営トップ、一流のコンサルタントらがビジネスマン向けに語るリーダーシップの極意。大変革時代のリーダーの条件を明かしています。

1 件のコメント:

senda さんのコメント...

Ken Blanchard氏が次のような推薦の言葉をお寄せになった「サンキューパワー」というアメリカのベストセラーがあります。
“My mother used to say that the world would be a much better place if people would say thank you more often. Drawing on uplifting stories from all walks of life, Deborah Norville shows that an attitude of gratitude not only makes for a nicer world but also makes you a happier person."
Deborah Norvilleというのは著者のことで、アメリカでは有名なジャーナリストです。ジャーナリストとしてさまざまな人に出会うなかで、本当に成功している人、幸せに生きている人に共通する1つの真実=「感謝の習慣を持っている」に気づき、それを深く調べ、一冊の本にまとめあげました。

アメリカではベストセラーになり、韓国語版は発売されてから3ヶ月で10万部を超えるなど多くの人に読まれていますが、日本語版が12月上旬に弊社バベルプレスより出版する運びとなり、もしご興味があれば、と思い、コメントをさせていだだきました。特典つきの予約注文(好評につき第2弾)は、12月15日までです。詳細はHPでご確認ください。
http://www.thankyoupower.jp/

「国にカネがない」報道は真っ赤なウソ~「国債費」を見ればわかる―【私の論評】財務官僚は、必要以上に国債発行額を膨らませて、財政危機を煽っている(゚д゚)!

「国にカネがない」報道は真っ赤なウソ~「国債費」を見ればわかる □ きな臭い理由を解説しよう ドクター Z プロフィール 同じ財布でカネを借りて返す 8月末といえば、霞が関の各省庁にとって次年度の概算要求を行う時期だ。全体では6年連続の100兆円超えと...