2013年8月1日木曜日

テロ朝とうとうアベノミクス頓挫のためついに反日ドラマまで投入(゚д゚)!―【私の論評】どうしても、アベノミクスを頓挫させたいテレ朝の目論見を挫くため、テロ朝に抗議文を発信しよう!!まだ間に合うかも(゚д゚)!

テロ朝とうとうアベノミクス頓挫のためついに反日ドラマまで投入(゚д゚)!



これは、今朝の新聞のテレビ番組表です。

本日、経済評論家 上念司氏のツイートを閲覧していたら、以下のようなものがありました。
このブログでは、以前からアベノミクス潰し、安倍潰しについて掲載してきましたが、とうとうここまでやる?というレベルまで、テロ朝が世論誘導を実施しはじめました。本日は、このどこのマスコミが取り上げていないニュースを取り上げることにしました。

【私の論評】どうしても、アベノミクスを頓挫させたいテレ朝の目論見を挫くため、テロ朝に抗議文を発信しよう!!まだ間に合うかも(゚д゚)!

残念な東京地検の女

この写真を見た直後に、さっそくテレ朝の番組紹介サイトをみてみました。そのサイトのURLを以下に掲載します。

http://www.tv-asahi.co.jp/kyoto/movie/0003/index.html

このサイトでは、本日夜放送予定の、「京都地検の女」予告を見ることができます。詳しい内容はわからないですが、少なくとも、ヤミ金融業者と貧困ビジネスにかかわるものであることはわかります。

ヤミ金業者と、貧困ビジネスとアベノミクスとは直接関係のあるものではありません。それどころか、アベノミクスの第一段階の金融緩和と、第二段階の積極財政により、景気を良くして、ヤミ金業者がはびこるのを防いだり、貧困そのものをを少なくすることもできます。

景気の停滞、デフレこそが、ヤミ金業者を太らせたり、貧困ビジネスをはびこらせたりするのです。

これは、私の過去のブログ記事など読まれた方などには、十分ご理解いただけるものと思います。

さて、私は、ここまで書いて、やめにしようとも思いましたが、テロ朝のサイトを見ていると、問い合わせの欄がありましたので、以下のように抗議文を掲載しました。
本日夜放送予定の、新聞テレビ予告欄で本日放送予定の「京都地検の女」のタイトルの頭に、「アベノミクスの光と影・・・・・」と掲載されていました。また、御社サイトで予告を見ることができました。これを閲覧した結果、詳しい内容はわからないですが、少なくとも、ヤミ金融業者と貧困ビジネスにかかわるものであることはわかります。 
ヤミ金業者と、貧困ビジネスとアベノミクスとは直接関係のあるものではありません。それどころか、アベノミクスの第一段階の金融緩和と、第二段階の積極財政により、景気を良くして、ヤミ金業者がはびこるのを防いだり、貧困そのものをを少なくすることもできます。景気の停滞、デフレこそが、ヤミ金業者を太らせたり、貧困ビジネスをはびこらせたりするのです。 
そういう観点から、このタイトル「アベノミクスの光と影・・・・金!」は、不穏当と言わざるを得ません。放送時のタイトルには、この「アベノミクスの光と影・・・」は削除して放送されるよう望みます。 
よろしくお願い申し上げます。
私個人の一つの抗議文では、無視される可能性が高いですから、皆さんに一つお願いです。現在まだ、午後1時前ですから、まだ放送まで、7時間くらいあるわけですから、上記の抗議文を参照するなどして、テロ朝に抗議文を送りつけ、本日放映予定の、「京都地検の女」のタイトルから「アベノミクス」の文字を消しましょう!!

このブログの購読者の皆様。

よろしくお願い申し上げます。

なお、この番組「アベノミクス」がタイトル部分から、削除されずに放映されたり、あるいは、番組自体が、おかしなものであった場合重ねて、抗議をしましょう!!

テロ朝の番組への問い合わせは、以下のURLから入ることができます。

https://wws.tv-asahi.co.jp/contact_to/index.php?program=1

皆さん、よろしくお願い申し上げます。

以上は、本日の午前中に掲載したものですが、午後から以下に付加しました。

以上お願いした、抗議に関しては、本日放送が終了した後でも、できると思います。番組のタイトルがそのまま放映された場合、引き続きタイトルに関する抗議はいくらでもできると思いますので、皆様よろしくお願い申し上げます。

また、番組はまだ始まっていません、始まったとして、その内容が反日的であれば、それも抗議の対象となると思います。私は、おそらく、テレビの内容を全部見ることはできないと思います。途中からは、見ることができると思います。もし反日的であったら、それに関しても、さらに本日ブログに付け加えようと思っています。

それにしても、とにかく安倍打倒、そのためのアベノミクス批判、とんでもないです。少なくとも、2~3年ほど様子をみなければ、経済対策の良し悪しなど判断できません。アベノミクス批判をする連中は、これを無視して、性急にアベノミクス批判をしています。効果がでないから、潰せ、副作用があるから潰せなどという批判は、今の時点では全くあたはまらないと思います。

テロ朝など、ただ報道番組などで煽っても効果がないことを悟り、戦術を変えてきたのだと思います。

昨日、JCASTニュースに以下のような記事が掲載されていました。これは、朝日新聞にも掲載されていました。
「参院選」ネット派は自民投票、テレビ派は民主投票―グーグル選挙動向調査

   Google日本法人は先の参院選での有権者の投票行動とネットとの関連を調べた「ネット選挙動向調査」の速報レポートを発表した。関東1都6県の20~59歳の男女約2400人を対象にした3か月間のトラッキングで、投票先とメディアに一つの傾向があることが分かった。 
   比例代表の投票先とメディア接触回数を見ると、自民党、日本維新の会、共産党に投票した人はWebサイト経由が多かった。自民党支持者は候補者や政党の公式サイトやニュースサイトをよく見ていて、日本維新の会支持者もニュースサイト、共産党支持者はWebマガジンやブログを見ている比率が高かったという。 
   民主党、みんなの党に投票した人はテレビ経由で投票のための情報を得ていた。民主党支持者はストレートニュースを主に見ていて、みんなの党支持者はさらにバラエティなどその他の番組にも接触していた。維新の会支持者はテレビの視聴も多く、情報バラエティやワイドショーをよく見ていたことが明らかとなった。
   Web経由の情報収集は年齢層の高い男性ほど高く、若者や女性は活用が少なかった。  
今回、参院選では、赤池まさあき氏の当選が話題となりましたが、赤池氏は自民党選対本部も当確すれすれもしくは、落選とみていたようです。しかし、これは自民党選対ではなく、草の根運動で当選し、全国の都市、町・村から少しずつ票を獲得して当選したものです。赤池氏特に支持政党での基盤もなく、ましてや、親の基盤とか、支援者の基盤もあるわけではなく、有名著名人でもなく、ただただ、支援者の熱意と本人の政策、人柄がかわれての当選です。ただし、今までと違ったのは、ネットによる草の根運動です。

私は、赤池氏のことはあまり知らなかったのですが、上念司氏や、倉山満氏のネットでの熱心な呼びかけにより、その存在を知り、赤池氏が提唱する政策、人柄なと知り赤池氏に投票しました。そうして、私の一票くらいとも思っていたのですが、今回本当に当選したため、ネットの草の根の力を見直ししまた。

赤池たかあき氏

このような現実をみせつけられ、朝日新聞や、テロ朝も戦術を模索しているのだと思います。だから、主婦層が多く見ているであろう「京都地検」のタイトルにあのようなとんでもないものを組み込み、さらにテレビで悪辣な闇金融、貧困ビジネスを出して、アベノミクスとこれらを意図的に結びつけ、印象操作で、主婦層を洗脳しようという腹なのだと思います。とんでもないことです。

こんなテレビ局に利用される、女優の名取裕子さんや、番組のスタッフなども気の毒です。自分で、意図せず、利用されてしまうのですから、たまったものではありません。この番組ときたま見たことがあります。特に左翼的でもなく、社会派の非常に良い番組だと思います。本当に残念なことです。

このブロクでは、これらからも悪辣な安倍潰し、アベノミクス叩きを告発していきます。よろしくお願いします。

さて、ここから以下の部分は、上のブログ記事を書いた次の日の朝(8月2日朝)に書いています。

結局昨晩は、帰宅するのが遅くなり、「京都地検の女」を観ることができませんでした。そのため、この番組自体の内容の詳細はわかりません。御覧になった方がいたら是非教えていただきたいです。おそらく、ヤミ金融、貧困ビジネスのエグイ犯罪の話しから域を出ていないものであるとは、思いますが、もし番組そのものに反日的内容などありましたら是非教えて下さい。よろしくお願いします。

【関連記事】

【日本の解き方】アベノミクスでバレた“10の嘘”金融政策の効果「論より証拠」―【私の論評】アベノミクスに関してはすでに、議論は終わり、残るは政治課題だけというのに、いまどき疑義を抱く馬鹿議員これいかに?

IMF会見「アベノミクスは世界のリスク」 困りモノの針小棒大報道―【私の論評】妄想にしがみつくIMFが主張するプライマリーバランス(財政バランス)重視が間違いであることは、市場が知っている。そうして近いうちに日本が最大の実証者になる(゚д゚)!

クルーグマン氏:アベノミクス「結果的に完全に正しい」(毎日JP)―【私の論評】あまりに長く続いた戦後体制により真意がわからなくなってしまった日本のメディア!!

アベノミクスに立ちはだかる経済メディアは「オオカミ少年」そのもの―【私の論評】新聞の経済論考を信じれば、国民の生活を破壊するだけ!!俺たちでチェックして、反日マスコミを駆逐しょうぜ!!経済記事は田村の兄貴に決まり!!

『アベノミクス失速』は日本人の自信喪失の表われ G8各国は前向きに評価している―【私の論評】 20年もデフレに苦しめられた日本人が自信喪失をするのは当たり前!!でもそこを利用されてまたまたデフレに逆戻りすることだけは断じて許されないことだ(゚д゚)!

【関連図書】

異次元緩和の先にあるとてつもない日本
上念司
徳間書店
売り上げランキング: 3,393








嘘だらけの日中近現代史
嘘だらけの日中近現代史
posted with amazlet at 13.08.01
扶桑社 (2013-06-22)
売り上げランキング: 91






嘘だらけの日米近現代史 (扶桑社新書)
扶桑社 (2012-11-02)
売り上げランキング: 555




コメントを投稿

「もっと経済制裁が強化されたら嬉しい」北朝鮮庶民から意外な声―【私の論評】北朝鮮制裁は富裕層を狙い撃ちせよ(゚д゚)!

「もっと経済制裁が強化されたら嬉しい」北朝鮮庶民から意外な声 金正恩 北朝鮮に対する国際社会の制裁圧力は、じわじわとその効果を表している。北朝鮮国内からはガソリンや食料価格の上昇が伝えられており、庶民の生活が心配される段階に入りつつある。 現在の北朝鮮の食...