2013年8月4日日曜日

民主が社会保障「3党協議」離脱へ―【私の論評】安倍総理には、自分では意図せずに、協力にサポートする二人のファンタジスタがついている!これで鬼に金棒だぁ-(゚д゚)!

民主が社会保障「3党協議」離脱へ 

安倍首相のかぶりものをかぶった牛肉食廃止を
アピールする人と握手する海江田民主党代表

民主党は3日、社会保障制度改革をめぐる自民、公明、民主3党の実務者協議から離脱する方針を固めた。参院選惨敗を受け、最低保障年金創設や後期高齢者医療制度廃止などの主張が政府・与党の改革案に盛り込まれるめどが立たなくなったため。政府の社会保障制度改革国民会議の最終報告書では高齢者・高所得者の負担増が明記される方向で、来年4月の消費税増税と合わせた“ダブルパンチ”の連帯責任を回避する狙いも背景にありそうだ。

このニュースの詳細はこちらから(゚д゚)!

【私の論評】安倍総理には、自分では意図せずに、協力にサポートする二人のファンタジスタがついている!これで鬼に金棒だぁ-(゚д゚)!

なにやら凄いことになってきました。マスコミが、アベノミクス頓挫を目指して、さかんに増税キャンペーンを繰り返す中、民主党は、社会保障「3党協議」すなわち、消費税増税を含む三党合意から離脱するというのです。

これで、安倍総理は、来年度4月からの増税に関して、先延ばしするのがかなりやりやすくなりました。三党合意にから、民主が抜け、自民党が抜けたとしたら、公明党だけが、増税を推進しようにも、有力な根拠がなくなってしまいます。

これは、本当に良いことです。それにしても、カイエーダはどうしてしまったのでしょう。アベノミクスを頓挫させるには、増税で確定のはずです。そうして、カイエーダは、アベノミクスに反対していたではありませんか。それについては、このブログにも掲載したことがあります。そのURLを以下に掲載します。
民主・海江田氏、アベノミクスを追及…代表質問―【私の論評】お笑い番組みたいな、無意味、錯誤発言大炸裂の海江田代表!!民主党大丈夫か?
詳細は、この記事をご覧いただくものとして、カイエーダは、安倍総理の所信表明があった1月30日の国会で、安倍総理の経済対策に対して以下のように批判していました。
「与党にすり寄るつもりは毛頭ない」と対決姿勢を前面に出した上で、首相のデフレ脱却策について「安易な国債増発による将来世代への負担先送り、弱肉強食社会を生む新自由主義的な経済政策」と批判。さらに「財政出動と公共事業に偏重した旧来型経済政策は効果に乏しい。財政出動が安易ではないか」と財政再建への道筋を示すよう求めた。


さらにカイエーダは、経済低迷の理由が、人口減であるとの珍説もぶちあげていました。これもこのブログで過去にとりあげたことがあるので、以下にそのURLを掲載します。
「経済低迷、子ども少なくなったから」民主・海江田代表―【私の論評】海江田代表ファンタジスタ炸裂!!ファンタジーから抜け出さないと自滅し他人を惑わすだけの存在!!
これも、詳細は、この記事をご覧いただくものとて、アグラータ・カイエーダは、以下のような発言をしていました。
日本では15歳未満の子どもが人口全体の12・9%になった。私が子どものころは4人に1人だった。日本の経済が低迷した理由は子どもが少なくなったこと。子どもが大きくなり仕事を持ち、税金や年金保険料を払うことで国は安定する。「人への投資」は民主党の政策のど真ん中だ。参院選のマニフェストでも中心に据えたい。
これは、珍説以外のなにものでもないです。特に、デフレは貨幣減少であって、人口とは全く関係ありません。それは、日本よりはるかに人口の少ない、国々で、日本ほど長期にわたって、デフレに陥っている国はないことからも明らかです。デフレの原因は、あくまで、過去の日銀の金融引締め政策にありました。

さて、こうした錯誤発言を繰り返すカイエーダ、これからも、アベノミクス大反対のキャンペーンを繰り返すと思いきや、今回の増税の三党合意から抜けるという、素晴らしいファンタジーを演じてくれました。

さすが、ファタジスタの名に恥じない、素晴らしいプレイです。これで、安倍総理も、増税延期をやりやすくなりました、参与の浜田先生もこれには大喜びしているのではないでしょうか?

それにしても、カイエーダ何やら、目前のことに対する発言は、なにやらピントが外れているのですが、今回のように、参院選などの重大事のもうすでに、終わってしまったときの、発言が本人も気付かないにも関わらず素晴らしいファンタジスタぶりを発揮することが多いようです。今回もまさしくそうです。

彼の立場なら、どこまでも、アベノミクス反対の行動を取れば良いのに、今回のこの行動は、アベノミクスの頓挫を防ぎ、敵に塩をくれてやるようなものです。

それにしても、安倍総理、素晴らしいファンタジスタに恵まれています。それも、二人もいます。一人は、石原伸晃氏です。彼も、自民党総裁選の前に、華々しい失言の連続で、本来かなり有利であったにも関わらず、安倍総裁登場という素晴らしいファンタジーを演じました。


そうして、二人目はもちろん、アングラータ・カイエーダです。これには、反日マスコミもびっくり仰天でしょう。反日マスコミは、カイエーダの、牛事件があっても、あまり追求しませんでした。それは、無論、安倍たたき、安倍潰しのためには、カイエーダは重要人物だとみなしていたからだと思います。そうして、安倍潰しのために、何とか、増税でアベノミクス潰しを確かなものにしようと、大増税キャンペーンをやりはじめていた矢先に、このカイエーダの華麗なプレイです。

もう、これ以降、反日マスコミは、「三党合意」を盾として、増税キャンペーンをやっても、その効果は半減することになるでしょう。

それにしても、意図せず意識せず、安倍総理のために動くこの二人、他では関心しないこともありますが、これらの件についてだけは、称賛してあげようではありませんか(゚д゚)!ひよっとしたら、あなたがたが、日本の未来を変える原動力になるかもしれません。

それにしても、これらファンタジスタ称賛はしたいですが、やはり、日々見るのなら、最近ファンタジスタの呼び声も高い、NHKの“ファンタジスタ神田アナ”のほうが良いです。彼女がなぜ、ファンタジスタと呼ばれるのか、その理由が知りたい方は、以下のURLをご覧になって下さい。
W杯中継で謝罪したNHK“ファンタジスタ”女子アナの正体
以下には、お口直しに神田アナの写真をいくつか掲載させていただきます。







それにしても、ファタジスタは素晴らしい(゚д゚)!これからも、どんどん世の中を変えていってほしいです。自分が意図せず、期せずであっても、着実に世の中を変えるなら、それはそれで良いではありませんか。そうして、私たち日本人は、こうしたファンタジスタたちを多い楽しむくらいの心の余裕を持つべきです。そう思うのは、私だけでしようか。皆さんは、どう思われますか?

【関連記事】

民主・海江田氏、アベノミクスを追及…代表質問―【私の論評】お笑い番組みたいな、無意味、錯誤発言大炸裂の海江田代表!!民主党大丈夫か?

「経済低迷、子ども少なくなったから」民主・海江田代表―【私の論評】海江田代表ファンタジスタ炸裂!!ファンタジーから抜け出さないと自滅し他人を惑わすだけの存在!!

海江田氏、安愚楽牧場絶賛“動かぬ証拠” 民主、参院選へダメージ必至―【私の論評】ファンタジスタKAIEHDA(カイエーダ)またまた素晴らしいプレイに大期待(゚д゚)!

鳩山「盗んだ尖閣は返すのが当然」と中国でも発言 中国の李首相とも面会し歓迎ムード―【私の論評】こんなに忸怩たる思いをする元政治家、政治家がいるのはなぜ?次からの選挙では、ファンタジスタ退治を実行して空想的社会主義を殲滅しよう(゚д゚)!

景気判断、8地域で2期連続上方修正=日銀地域経済報告―【私の論評】金融緩和しても実体経済に関係ないということは、巨乳がもてはやさたり、下着が派手になると景気が良くなるという話と同次元(*_*;お遊びなら良いが報道や政治にそのようなことは許されない(゚д゚)!

【関連図書】

中村俊輔―世界をかける背番号10―ファンタジスタ (スポーツ・ノンフィクション)
矢内 由美子
学習研究社
売り上げランキング: 182,994







コメントを投稿

なぜか北朝鮮に核廃絶を呼びかけない日本の反核運動―【私の論評】もはやまったなし核武装も視野に入れるべき(゚д゚)!

なぜか北朝鮮に核廃絶を呼びかけない日本の反核運動 北朝鮮や中国を非難せず、矛先は日本政府に 古森 義久 長崎の平和公園  8月9日の長崎「原爆の日」、朝日新聞に掲載された田上富久・長崎市長の「平和宣言」を米国の首都ワシントンでじっくりと読んだ...