2013年8月3日土曜日

安倍首相を東南アジアの各メディアが“援護”、「太陽が再び日本から昇る」「中国の挑発を受けて立とうとしている」―中国紙―【私の論評】中国の共産党機関紙ですら伝える安倍首相の快挙を伝えないどころか、麻生発言偽装までするニッポンマスコミの反日ぶり!ただ大醜態を国民に見破られただけか(゚д゚)!

安倍首相を東南アジアの各メディアが“援護”、「太陽が再び日本から昇る」「中国の挑発を受けて立とうとしている」―中国紙

東南アジアを歴訪した安倍総理
安倍晋三首相がマレーシア、シンガポール、フィリピンの東南アジア3カ国を歴訪し、各国でインフラ整備などの「支援」を提示。これが奏功したようで、現地メディアが安倍首相の憲法改正への意欲を肯定的に報じている。2日付で環球時報が伝えた。

安倍首相は先日、公式訪問したマレーシアで高速鉄道技術の提供を約束。この数日後、現地紙は「米国が制定した平和憲法により、日本は戦後長い間、まるで米国の北東アジアにおける巨大空母のようだった。だが、昨今の中国の台頭により、日本は別の選択をしようとしている」と指摘。

「日本は、米国の抑圧から解放され、核武装を含む本格的な軍事力を持つ道を選んだようだ。これは、永久にこうべを垂れ、贖罪の態度を取り、第二次大戦の敵におとなしく従うことを放棄することを意味する」と日本の立場に理解を示した。

インドメディアも「太陽が再び日本からのぼる」とうたい、投資家たちに日本の「強含み」を紹介、日本との関係強化を呼びかけた。フィリピン紙も日本との「戦略的パートナー関係」を強調し、「タカ派の安倍政権は憲法を改正し、中国の挑発を受けて立とうとしている。安倍首相の参院選での大勝は日本国民の平和憲法改正に対する承認だ」と援護した。

【私の論評】中国の共産党機関紙ですら伝える安倍首相の快挙を伝えないどころか、麻生発言偽装までするニッポンマスコミの反日ぶり!ただ大醜態を国民に見破られただけか(゚д゚)!

上の記事短い記事だったので、全文掲載させていただきました。環球時報といえば、中国共産党機関紙ですが、その機関紙が上のような内容の報道をしているということです。日本ではどこも報土゜うしていません。一体どうなっているのでしょうか?

安倍首相の手柄は伝えないのですが、たとえば、日本や安倍総裁批判の記事や日本を叩く内容だと、良く引用されていますが、日本のマスコミ中国の広報紙やるつもりなら、ちゃんと全部伝えないと駄目ですよ。

この内容は、麻生発言を捏造する前に、通常なら日本のメディアが特集を組んで全紙で報道すべき内容だと思います。

麻生太郎副総理の「ナチス発言」をめぐる騒ぎは一向に止む気配がなく、続いていました。2013年8月1日、発言は撤回されたものの、以後も国内、さらには海外メディアなどからも非難が殺到していました。


一方で橋下徹・大阪市長など、「全体の文脈を通して読めば、それほど問題発言ではない」という指摘も出始めました。また騒動の影で、第一報を伝えた新聞記事の「ナチス」見出しが、いつの間にか訂正されるなど、マスコミの「揺れ」も目立つようになりました。

読売新聞の記事の見出しが訂正される

麻生副総理は2013年7月29日、民間シンクタンク「国家基本問題研究所」主催の講演会に出席、その中で憲法改正について「ナチスに学べ」などと発言した――とされています。

一方でこの講演会の模様は、30日の時点で毎日新聞を除く主要各紙(ウェブ版含む)がそろって報じたものの、朝日新聞、産経新聞では「ナチス」の部分は問題視しなかったのか、記事では一切触れていませんでした。対して読売新聞および共同通信は「ナチス発言」を大きく取り上げ、

    「ナチスの手口学んだら…憲法改正で麻生氏講演」(読売新聞ウェブ版、30日配信)

などと報じ、騒動の引き金を引いた。その後、各社はこれを後追いする形で発言を報道、海外メディアも巻き込んでの「総攻撃」を浴びる羽目になった。特にユダヤ人人権団体などが批判を始めると、各紙は大々的に「麻生叩き」に出た形でした。

ところが、騒動が広がった31日深夜ごろ、いち早く発言を報じた読売新聞の上記記事の見出しが訂正されていました。8月2日現在、問題の記事にアクセスすると、

改憲「狂騒、狂乱の中で決めるな」…麻生副総理

と、「ナチス」を外した見出しとなっています。記事の内容には大きな変更はないようですが、これはどうしたことなのでしょうか。

これについて公式のアナウンスはなく、J-CASTニュースの取材に対しても、「個別の記事に関する取材活動や編集についてのご質問には、従来お答えしていません」(読売新聞グループ本社広報部)とだけ回答したそうです。

こうした報道の「ぶれ」に、ネット上では辛辣な声も少なくありません。Twitterなどのネットには以下のような声が寄せられています。

 「しかし慰安婦問題と言い、麻生のナチス発言と言い『海外の批判がないと対応が鈍い』日本マスコミには呆れる」「呆れた 煽れるだけ煽ったタイトルつけて国際問題化って きっちり責任とれよな」

まあ、ネットの声が正解ですね。日本のマスコミもともと狂っているのですが、ときどきこのようなおかしなことをしでかして、完璧に欺き洗脳すべき日本国民に見破られて、大醜態を晒します。

今回のこのほぼ同時期におこった、出来事を並列して並べると日本のマスコミの異常ぶりが炙りだされます。

というか、逆に安倍首相の輝かしい外交の成果を報道しなくてすむように、麻生発言虚偽報道が必要だったのかもしれません。わいわい、騒げは、麻生話題で盛り上がり、安倍総理のことは、報道されなくなり、目立たなくなとでも考えたのでしょうか?あるいは、日本のマスコミには、中国共産党機関紙環球時報でさえ報じてる安倍外交の素晴らしさを報道できない体質があるから、麻生発言虚偽報道が生まれたのかもしれません。まるで、卵が先か鶏が先かの命題のようでもありますが、とにかく、日本のマスコミの異常ぶりを晒した格好になった、最近の報道でした。

この麻生発言については、このブログにも掲載しようとも思いましたが、なにやら、意図が良く見えなかったので、やめました。やめて、正解だったと思います。本日上に掲載した安倍総理の東南アジア歴訪に関する中国共産党機関紙の内容で、麻生発言報道の真相がみえました。

日本の時代遅れの反日報道ぶりなど別にして、それにしても、最近の中国安倍総理の外交に相当脅威を感じているようです。これは、以下のような記事をみてもわかります。
日本の高官の訪中パフォーマンスにあきれる中国
詳細は、この記事をご覧いただくものとして、以下に中国の憔悴ぶりを示す部分だけ掲載します。
安倍政権は東中国海の向こうでステップを踏み、中国をそのステップに合わせて踊らせようとしている。そうなれば中国は疲労困憊し、馬鹿げて見えることだろう。中国の正確な手法は「傍観者」になることだ。せいぜい安倍政権には踊らせておこうじゃないか。我々はひまわりの種をつまみながらお茶を飲み、彼らが踊りに疲れて全身汗だらけになる様子を楽しめば良いのだ。
これは、やはり安倍総理の最近の東南アジア歴訪をはじめとする、外交に苛立を覚えるどころか、憔悴していることを示すものだと思います。最近中国外交では、安倍首相は、まさにこの「傍観者」を決め込んでいます。ただし、表向きは、「いつでも門戸を開いてまっていますから、いらっしゃい」という態度をとっていますが、「尖閣棚上げ」などの条件をつけるならあわないということを暗に示しつつ傍観しています。

最近の中国は、ご存知のように経済がとんでもない状況になっています。破綻寸前です。本当は、日本から資金を得たいと思っているのでしょうが、メンツ重んじる彼らには、日本に対してそのような無心をするようなことはできません。

前の民主党政権ならば、「尖閣棚上げ」などの話をすれば、慌てふためいて、黙っていても資金提供の話がでてきたりして、メンツを失わずに、資金を手にいれるどころか、手ひどくしかりつければ、日銀の金融緩和をやめさせることができたかもしれません。そうなれば、また中国は、日本国民の犠牲により、大復活して、また大進撃したかもしれませんが、もうそのようなことはあり得ません。

中国共産党幹部の踊りを見るよりポールダンスのほうがよほど良い(゚д゚)!
しかし、安倍総裁は、そんな甘ちゃんではありません。せいぜい、我々は、中国共産党幹部どもがどう踊るのか、ひまわりの種ではなく、千葉産の落花生でも食べながらとくと観察しようではありませんか?いや、やっぱり中国共産党幹部などの踊りみたなくはないです。落花生でもたべながら、ポールダンスでも見ていたほうが余程良いです。安倍総理の中国外交は、全く的を射ているので、本当に安心してみていられます。私は、そう思います。皆さんは、どう思われますか?

それにしても、こうした情報を伝えないマスコミ、もう終わっています。なぜ、安倍総裁の外交に対する情報統制をここまで、熱心にするのか、全く理解できません。

【関連記事】

中国金融界“連鎖破綻”危機! 習政権「影の銀行」潰し 韓国経済も道連れか?【私の論評】中国金融危機は紛れもなく事実だが、日本への影響は軽微!!いずれ巻き起こるかもしれないマスコミ、親中・媚中派政治家どもによる中国支援プロパガンダに騙されるな(゚д゚)!

中国経済、大混乱! 飛び交う“銀行デフォルト連鎖”の噂―【私の論評】日本銀行が中国麻薬漬け金融政策をやめた途端この有様、日本人や中国社会のためにも、安全保障の観点からもアベノミクスの頓挫は許されないぞ(゚д゚)!




【関連図書】



「中国の終わり」のはじまり ~習近平政権、経済崩壊、反日の行方~
黄文雄 石平
徳間書店
売り上げランキング: 26,502


中国の「反日」で日本はよくなる (徳間ポケット)
宮崎 正弘
徳間書店
売り上げランキ


コメントを投稿

日本を完全雇用・適度なインフレに導く、極めて効果的な方法があった―【私の論評】数字を見ればわかる、未だ緊縮財政で脆弱なわが国経済(゚д゚)!

日本を完全雇用・適度なインフレに導く、極めて効果的な方法があった いまこそ財政支出の「ダメ押し」が必要だ   消費増税すべき、だと…? 内閣府が14日に発表した2017年4~6月期GDPは年率4.0%増、プラスは6四半期連続となった。名目GDPの成長率も年率4....