2008年6月6日金曜日

日本でも発売予定、3G版iPhoneの最新機能が明らかに-この記事を読んでいて新しいコンセプトを思いついた?

まずは、ギガザインの昨日のニュースから、そのままコピペさせていただきます。

iPhoneの新機能(知っている方は読み飛ばしてください)

現地時間で来週の月曜日に発表されると予想されている3G版iPhoneですが、米特許商標局のサイトにて最近公開された特許出願におそらくその3G版iPhoneに搭載されると思われる機能が掲載されていることが判明しました。

一体どのような機能が搭載されるのでしょうか?

機能のリストは以下から。


iPhone Patent Application Surfaces: IM, Blogging App, Video Conferencing, More - Mac Rumors

The iPhone patent: Steven P. Jobs, inventor - Engadget

米特許商標局のサイトは以下に。

United States Patent Application: 0080122796

いろいろと列挙されている



さまざまなものが列挙されていますが、以下がメインとなる新機能のようです。

■ビデオ会議アプリケーション
■インスタント・メッセージング・アプリケーション(MSNメッセンジャーとかWindows Liveメッセンジャーみたいなもの)
■ブログ作成アプリケーション


インスタント・メッセージングについては過去にもその詳細な特許内容が明らかになっています。

米Appleがタッチデバイス向けIM特許を出願 | パソコン | マイコミジャーナル
タッチスクリーンを持つ携帯機器で、ユーザーが交互にメッセージを送信し合い、必要に応じて画面をスクロールして会話内容を確認する手法が記されている。ちょうどAppleのiChatや他社のIMサービスに当たるものだ。


こんな感じ



また、GPSモジュールはさまざまなアプリケーションと連携可能になっており、電話をする際に現在位置から最も近い店の電話番号を検索して表示することも できるらしい。また、カメラ機能と連動するため、撮影した写真や映像にはGPSの位置データが書き込まれているとのこと。これはブログ機能とも連携可能と あるので、おそらく写真を撮影してブログ更新すればどこから更新したのかという情報も自動的に加えることができるのかも。さらに天気予報モジュール・地図 表示モジュールとも連携できるので、現在地の天気予報と現在地を組み合わせて表示することもできるようです。

ムービーの再生についてもQuickTime形式以外にFlashとWindowsMediaが新たに追加されるとのこと。既にFlashを開発しているAdobeがiPhone向けに開発していることを明らかにしています。

[DJ] Adobe、iPhone向けFlashプレーヤー開発へ - ITmedia News

あと、単なる予想ですが、もしかすると前回明らかになった「アップルが「Me.com」を購入して新しいサービスを準備中か」というのは、この3G版iPhoneで動作するブログモジュールによって投稿されるブログサービスなのかも。

なお、今回の特許に関わった発明者として25人の名前が列挙されていますが、その中にAppleのCEOであるスティーブ・ジョブズも名を連ねています。

■結局はパソコンの小型化か?

携帯情報端末(PDA)

4、5年前、PDAを使っていたことがあります。ウィルコムのエア・エッジ用のカードも装備して、通信ができるようにもしていました。しかし、結局はほとんど使用しなくなり、今では全くつかっていません。結局、あの頃のPDAは中途半端だったからです。なぜ、あのようなつくりをするのか、いまも ってわかりませんが、インターネットに接続できるのに、動画を見たり、インターネット・ラジオは聞けませんでした。しかし、携帯電話よりは画面が大きく、見やすいというのが唯一の長所だったかもしれません。携帯電話のHPだと、あまりにも字が小さくなり、ほとんど解読不能ということもありますが、さすがにPDAではそこまで小さいものはありませんでした。音楽や動画をファイルとして保存できますが、容量が少なくて、大量にはいれることができませんでした。こうした欠点があったからでしようか、結局日本ではほとんど普及しませんでした。そのかわり、日本では、携帯電話の高機能化が進みました。

結局どれをとっても中途半端で自然と使わなくなりました。かわって、現在使用しているのが、工人舎製のモバイル・パソコンです。これだと、上記のようなことはなく、スムーズに使うことができます。入力もキーボードがついていて楽です。ただし、難点はACアダプターまでいれてしまうと、1kgを超す重さです。それに、小さいとは言ってもPDAや、携帯電話などよりは大きいということです。

やはり、普段持ち歩くなら、本来的にはPDA程度のものが良いと思います。この秋発売になるiphoneは、携帯電話としての機能とPDAとしての機能を併せ持つものです。PDAとしては、不十分だった、音楽再生機能、音楽受信機能など充実しています。その他、PDAにあった機能がほとんど含まれています。

きっと、発売されたらかなりの反響で売れると思います。PDA、スマートフォンの大敵になると思います。私の現在の携帯電話は、ソフトバンク製の3Gタイプです。中国でもそのまま使えます。ミニSDカードが使えます。iTuneを搭載していています。ところが、iTuneストアにアクセスできないという中途半端な代物です。ときどき、ポッドキャストをパソコンから入れて聞いたり、音楽も入れたりしていますが、結局大半はパソコンで聴くので、この携帯電話はもっぱら会話用にしか用いません。音的には全く問題がなく、添付のヘッドフォンも悪くはないですが、アマゾンドット・コムで今現在最も売れているパナソニックの密閉型ヘッドフォンで聴くと、驚くほどの音の良さです。ただし、ブルートゥース機能が使えるので、パソコンとのデータのやりとりがコードレスでできるので便利です。

iphoneは、現在の携帯電話の不便も補うものだと思います。秋の販売が楽しみです。iphoneは、日本でも普及し、ゲーム機能も加わり独自の発展を遂げていくような気がします。現在日本では、ゲーム機が発達していますが、これらの中には普通のパソコンよりも高速のCPUを搭載しているものもあります。iphontが日本に上陸したら、他のメーカーでも似たようなものを出すようになり、PDA+携帯電話+パソコンの独自の進化と市場が見られるようになると思います。

いろいろ、iphoneの話などして、最後に、ヒューレット・パッカード社製のモバイルパソコンの話をしますそれにしても、ヒューレット・パッカードが超小型モバイルパソコンを5万円台で、だしていますね。あれって、フルスペックですから、携帯やiphoneや、スマートフォンなど使うより余程いいかもしれませんね。おそらく、携帯電話や、iphoneにはできないことが何でもできて、しかも安価です。

それと、iPhoneは現在のパソコンの世界と逆の動きをしている面があると思います。現在パソコンの世界では、パソコン自体にさまざまなソフトを搭載してどうのこうのというより、web2.0的(私の定義では、ブラウザをOSのように使用して、提供する様々なサービス群としていいます)なサービスが全盛ともいえます。現在では、初音ミクのような特殊なものは別にして、ゲームをするのでも、何でも、パソコン自体に機能を付加したり、ソフトを搭載して様々なサービスを提供するというよりは、パソコンの基本性能そのものは年々上がっていくものの、その他の機能は特に付加しないで、オンラインで様々なサービスを提供するというのが主流です。昨年英語学習に関しても、一種の革命のようなことが起こりました。それは、iknowという無料のeラーニング・サイトが出来上がったことです。このサイトと似たようなもの、昔からパソコンのソフトとして販売されていました。私も、いくつか買ってみましたが、長続きしませんでしたが、ikonwは継続しています。このような、サービスがこれからも充実していくと思います。

iphoneのような携帯電話、スマートフォンの世界もそのようになっていくのが、必然のような気がします。というより、私はパソコンの小型化・軽量化・低電力化を強力に推進した方が良いような気がしています。iphone、スマートフォンのような小型のものを全く別途に開発するよりも、資源を集中することができると思います。

携帯電話は、超小型パソコンの子機のような扱いにして、電話での会話などや、ちょっとリストなど見たいというときなどはそれを使い、その他はパソコンを使うというのが理想形のような気がします。パソコンと子機は連動さていて、メールはパソコンで受けるが、子機でも見られるとか?ショート・メールは子機でも打てるが、ロングメールや画像を添付するときや、本格的に文章を打ちたい時は、パソコンのほうで行うとか?この文章を書いているうちに、何か新しいコンセプトが出来上がったような気がします。女性など、ハンドバックの中に小さなパソコンを入れておき、普段は子機を使うが、ちょっと大掛かりなことをするには、パソコンを使うとか。さらには、子機だけでも、使えるが、その間受けたメールや打ったメールなども、きちんと同期してパソコンのほうでも見られるとか?この子機もパソコンには及ばないがある程度の機能を備えているとか?こんなパソコンあったらいいですね。ソニーさんからでも発売して欲しいです。

ヒューレット・パッカード社のこのモバイルパソコン画面も8.5インチと、モバイルパソコンにして大きいです。ボディ全体は、工人舎のパソコンのFAシリーズなどよりも大きいですが、その分キーボードも大きくて入力しやすいです。やはり、私はこちらの道を選択することになるのかもしれません。ああ・・・・。また、秋ごろになったら、家族にいわれるかも・・・「また、おもちゃ買ってきたの」なんて・・・・・・。

HP社製のモバイルパソコン、小さなボディなのに、vista搭載のフルスペックというのが売りだ

この記事とは直接関係ありませんが、私のブログでは、中国の若者を三つに分類して彼らが持っている携帯電話で、その人がどの層に属しているかを見分ける方法を紹介しています。是非ご覧になってください。

■中国携帯電話事情―80後世代の分類ツールともなるか?


ADs by yutakarlson

ピザテンフォー今月の企画は、テンフォー太っ腹セールです。特定のピザをお買い求めになると、2枚目のMサイズピザ半額になります。詳しくは、→→太っ腹企画←←をクリックしてください!!

テンフォーのピザは楽天デリバリーからも購入できます!!

ピザテンフォー昨年の楽天デリバリーの「ファミリーへのおすすめ」部門で、堂々の2位となりました。ますます、便利になったテンフォーを是非ご利用ください。

YUTAKARLSON、USA 市長からのお願い


ランキングは、ありきたりのは面白くないので、私の街に是非投票してください。この私の街は、サイバー上のアメリカ国内に設置してあります。街の名前は、YUTAKARLSONと いいます。この街は、皆さんからのアクセスがあれば、アクセス数が街の住民数となり発展していきます。職場整備、交通の整備などはひと段落していますので、今度は人口を増やす必要があります。せびポチッと一つお願いいたします。
⇒⇒YUTAKARLSONの住民募集!!←←


3 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

ブログにコメントをありがとうございました。
これからもケイタイはどんどん進化していきそうですね。
ケイタイをパソコンの子機とする考えはとてもいいと思います。
私は機械オンチなのでまずは今のケイタイを使いこなす所から始めます(笑)。

山田 豊 さんのコメント...

夢子様 コメント有難うございます。ある程度のことができる携帯電話をモバイルパソコンの子機のように使えたら、鬼に金棒ですね。
まあ、必要とする人、必要ない人いろいろいると思うのですが、特にパソコンを無理に小さくしたようなスマートフォーンは、パソコンがもう少し省電力化したり、薄型になれば、世の中から姿を消すかもしれませんね。

匿名 さんのコメント...

コメントありがとうございました。
モバイルパソコン…ありそうですね。
2000年頃にどっかの講師の方が、携帯かモバイルPCが手の平サイズとか…って嘘みたいに聞いてたことが現実化できそうで、技術の進歩が怖いぐらいです。
ふと、思ったのは携帯の進化したPCならば、HDとかがネットストレージ化して、シンクライアント型のPCになるのかも。スーパー3Gや4Gの転送速度がミソですが。
(徒然なるまま…より)

〈独自〉大企業は賞与含む継続雇用者の給与総額4%以上で最大30%控除、賃上げ税制概要判明―【私の論評】岸田政権に望む経済政策は、これ以上日本経済を毀損しないでいただくことのみ(゚д゚)!

〈独自〉大企業は賞与含む継続雇用者の給与総額4%以上で最大30%控除、賃上げ税制概要判明 臨時国会の衆院本会議で所信表明演説に臨む岸田文雄首相=6日午後、衆院本会議場  令和4年度税制改正で最大の焦点となっている、賃上げを行った企業を優遇する「賃上げ税制」見直しの概要が6日、分か...