2008年6月20日金曜日

「おから工事」批判で、国家政権転覆罪?-確定した中国分裂の筋書き?

【中国】相次ぐ災難"8"の呪い! その背景は? 20080617(前半)




「おから工事」と批判、国家政権転覆罪に 四川の元教員(6月19日、朝日新聞)(読んだ方、ご存知の方は読み飛ばしてください)

【香港=奥寺淳】四川大地震で倒壊した学校の建築手法を「おから工事」と批判した元大学教員(56)が国家政権転覆扇動の容疑で公安当局に逮捕されていたことが18日わかった。香港の人権団体「中国人権民主運動情報センター」が伝えた。今回の地震をめぐる言論が同罪に問われたことが明らかになったのは初めて。

逮捕されたのは四川省の西南科技大学の元教員・曽宏玲さん。曽さんは海外のウェブサイトに政府批判の文章を3度掲載し、「香港人が建てた校舎は問題なかったのに、なぜ政府が建てた校舎は全壊したのか」と問題提起。豆腐のように簡単に崩れるおから工事が「私たちの子供の未来を奪った」「政府の教育予算が少なかった」と指摘した。

同センターによると、曽さんは9日夜に公安に連行され、家族が刑事勾留(こうりゅう)の通知書を受け取った。学校の倒壊問題を巡っては、当局は政府批判の封じ込めを強めている。

中国やはり分裂か?!
中国、地震が発生してから、役人の不正でテントをきちんと配布しなかつた市の役人が、人民に土下座して謝るシーンが放映されたり、おから建築に関して、なくなった子供親たちが、市役所に抗議に訪れたりして、市長が会見に応じ、事実関係を調査すると釈明する様子が放映されたり、いろいろと報道されるようになり、一昔前とは随分変わってきたと期待していました。インターネットでも、かなりいろいろ動画が掲載されるようになりました。無論、放射性物質に関するもの、各施設に関するもの、ダムに関するものなど、まだまだ隠し続けている部分はありましたが、人民の根幹に関わるようなことに関してて、昔とは随分変わってきたとの印象をもっていました。

しかし、最近また揺れもどしがきたようです。いろいろと報道にも制限が加えられようになってきました。今回のこの記事のように、完全な言論の弾圧です。というより、中国共産党政権においては、リスク管理体制がきちんとできおらず、地震発生直後は報道統制・管制ができず、地震が収まって少し落ち着いてから本格的な統制・管制に入ったというのが実体かもしれません。中国が今回の地震のような大災害などのときのリスク管理体制ができいなく、一枚岩で動いていないことは、先月日本が巧妙に行った実証実験でも明確になっています。

これが、間近にオリンピックを控えるいる国のやり方でしょうか?地震という形で、人災、不正が誰の眼にも明らかになったわけですから、それに対して、論評した人を逮捕というのでは筋が通りません。おそらく、地震でなくなった親たちの抗議も、いまや完全に圧殺されているのだと思います。

しかし、こんなことが長く続くでしょうか?おから建築で亡くなった子供たちの親は、たとえ圧殺されたとしても、このことは終生忘れないと思います。この憤りをどこにぶつけろというのでしょうか?

このように中国内外から妥当と思われるような、言論まで弾圧すると、どうなるのか?しかも、オリンピックを控えている国でこのようなことを続けているとどうなるのか。

私のブログでは、過去何回にもわたって、中国分裂の危機について掲載してきました。過去全体主義国家でオリンピックを開催すると、ナチス・ドイツ(ベルリンオリンピック約10年後崩壊)、ソビエト連邦(モスクワオリンピック開催後10年後に崩壊)のように、必ず崩壊しているということから、中国も例外ではないだうと力説してきました。しかし、最近の情報の開示状況からひよっとして事態が変わり、分裂することなく一つの国として、将来もやっていける可能性もあるかもしれないと思っていたのですが、考えが甘かったです。中国共産党の中身はそう簡単に変わるものではありませんでした。おそらく、これから10年間にわたって、中国の壮大な分裂のドラマが展開されることになると思います。北京オリンピックは、現代共産中国崩壊の壮大な最後のレクイエムになるものと思います。

以下にこのブログに掲載した中国関連の記事を提示します。反転文字をクリックすれば、当該記事に飛ぶことができます。私の説明不足から、以上の論考、以下の記事を読んでいないと理解できない部分もあるかもしれません。まだ、読んでいない方は是非ご覧になってください。

■「80後」は車を買うべきか?-世代をひとくくりにする愚かさ?
■中国核爆発か-高まる情報開示の圧力
■自衛隊機の中国派遣見送り、アジア安全保障会議でも話題に―結果的には日本外交の勝利か?

■自衛隊機派遣を見送り、世論配慮の中国側が受け入れ難色-幻の日本軍支援は歴史上の転換点?
■四川大地震:自衛隊機、中国派遣へ・・・政府要請受け入れ―歴史上の転換点になるか?
■自主的に救援活動をする中国の若者たち-80後世代と一つにくくるのは間違い?!

■不可解な中国の報道二題-やらせ義捐金とノーベル平和賞
■中国携帯電話事情-80後世代分類のツールともなるか?

■中国四川省大地震―核施設、ダムは大丈夫か?
■現代史は語る―大地震から始まった中国崩壊の道筋
■中国「イチゴ族」-中国の未来は彼らのもの
■胡錦濤主席の来日-その真の目的は?
■China Fashion week 開催さる-中国ゼリー層にも押し寄せる情報洪水
■ゼリー世代のミーイズム-体制から身を守る知恵か?
■中国ゼリー層-明日の中国を牽引する原動力となるか?
■チャイナ・アート・バブルにも冷めた見方のできる中国ゼリー世代?
■中国分裂の筋書き-(その10)パクスマリーナが拓く世界の平和と大繁栄
■中国分裂の筋書き-(その9)日本の対応は?
■中国分裂の筋書き-(その8)迫られる中国の選択
■中国分裂の筋書き-(その7)忘れてはいけない中国の不良債権
■中国分裂の筋書き-(その6)現代中国の混乱ぶりを現す動画の数々
■中国分裂の筋書き-(その5)他の人達はどう思っているのか?
■中国分裂の筋書き-(その4)毛沢東を統合の象徴にすることができない中国中央政府の苦悩
■中国分裂の筋書き-(その3)中国バブルの真実
■中国分裂の筋書-(その2)革命でもなければ現代中国は変わらない
■中国分裂の筋書-(その1)繰り返される歴史
■中国"義歯"から鉛「安全に問題」
■中国産原料を使ったヘパリン製剤で自主回収へ・・・・米国では死者21名
■世界一人当たりのGDP(国内総生産)と、一人当たり資産−これでも中国は経済大国か?
■南京虐殺記念館に対する日本政府の申し入れに関して考えた、中国のお家事情

ADs by yutakarlson
ピザテンフォー今月の企画は、テンフォー太っ腹セールです。特定のピザをお買い求めになると、2枚目のMサイズピザ半額になります。詳しくは、→→太っ腹企画←←をクリックしてください!!

テンフォーのピザは楽天デリバリーからも購入できます!!

ピザテンフォー昨年の楽天デリバリーの「ファミリーへのおすすめ」部門で、堂々の2位となりました。ますます、便利になったテンフォーを是非ご利用ください。

YUTAKARLSON、USA 市長からのお願い


ランキングは、ありきたりのは面白くないので、私の街に是非投票してください。この私の街は、サイバー上のアメリカ国内に設置してあります。街の名前は、YUTAKARLSONと いいます。この街は、皆さんからのアクセスがあれば、アクセス数が街の住民数となり発展していきます。職場整備、交通の整備などはひと段落していますので、今度は人口を増やす必要があります。せびポチッと一つお願いいたします。
⇒⇒YUTAKARLSONの住民募集!!←←

0 件のコメント:

大陸客の個人旅行禁止から2週間強、それでもあわてぬ台湾―【私の論評】反日の韓国より、台湾に行く日本人が増えている(゚д゚)!

大陸客の個人旅行禁止から2週間強、それでもあわてぬ台湾 蔡英文台湾総統 中国政府が8月1日に中国大陸から台湾への個人旅行を停止してから半月あまりが経過した。台湾メディアによれば、足元では、中国個人客が1日単位で貸し切ることの多い観光タクシーの利用に落ち込みが目立っ...