2008年9月21日日曜日

中国:浙江省、1万人が暴動 不動産投資で抗議―オリンピック閉会後、中国は崩壊への坂道を転がり始めたか?

【中国】今年最大規模の暴動 北京オリンピック以後は大丈夫? 20080630


中国:浙江省、1万人が暴動 不動産投資で抗議(内容をもうご存知の方は、この項は読み飛ばしてください)
 【台北・庄司哲也】香港の人権団体「中国人権民主化運動情報センター」は20日、中国浙江省麗水市で18日、1万人を超える群衆が不動産投資に絡む抗議のため市庁舎前などに押し掛け、警官隊と衝突し20人が負傷したと発表した。

 さらに大規模な抗議行動が起こる可能性もあるという。

 同センターによると、麗水市の不動産業者5社は04年から、高利息の不動産投資を募集。約10万人から30億元(約450億円)を集めたが、資金繰りに行き詰まったため今月に入り2社が利息の支払いを停止した。

 市公安当局が18日に1社の経営者を逮捕し、口座を凍結したところ、出資した市民が会社や市庁舎に群がったという。

毎日新聞 2008年9月21日 東京朝刊

オリンピック閉会後、中国は崩壊への坂道を転がり始めたか?
しばらく、影を潜めていた、中国の暴動。やはり思った通りに起こりました。このブログでも何回も書きましたが、オリンピック(パラリンピック)を開催中は、中国では武装警官や人民解放軍が重点的に警備に配置されているので、大きな暴動は起こらないだろうが、開催後にはもっと起こるという話を書きました。

その通りになりましたし、今後もそうなる確率が高いです。中国では国民の怒りのマグマがいろいろな面で頂点に達しており、これを収拾することは大変だからです。それに、中国ではもう何十年も前から暴動は日常茶飯事です。それに、いつどこで起こってもおかしくないです。

私は、このブログで中国は北京オリンピック後に10年以内に崩壊するであろうし、北京オリンピックは中国共産党中央政府崩壊への壮大なレクイエムとなるであろうことを予測しました。

この暴動まだ、内容ははっきりとはしませんが、この予測の前兆となるものかもしれません。今後このようなことが発生次第取り上げ分析していきたいと思います。よろしくお願いします。

以下に関連記事を掲載します。上の文章だけだとなぜ私がこのような考えを持つにいたったから理解しにくい面もあると思います。是非以下の文章もご覧になってください。反転文字列をクリックすれば、当該記事に飛ぶことができます。

■中国では暴動は日常茶飯事-この事態が改善されない限り中国はまともになれない

チベットの暴動など、最近は北京オリンピックも近いこと聖火リレーもあったため、それに対する反対運動などもあ り、世界中の人々の耳目を集めました。今年はオリンピックもあるため、人民解放軍や警察がにらみをきかしているため、例年より暴動が少ないです。実は中国 では暴動は日常茶飯事です、私のブログで2004年遡って暴動の話題をとりあげてみました。また、その頃の農村の事情も掲載しました。事態は今もそのころ も何も変わっていません。ますます、悪くなっているくらいです。オリンピックが終わったらまた暴動が頻発することでしょう。この事態を改善しないかぎり、 中国はまともな国になれないでしょう。


■北京オリンピック開催に向けて警戒感高まる-終了後の方が、テロ、暴動が頻発する?
北京オリンピック開催まで、一週間を切りましたね。私は、開催前、開催中にはさほど心配はないと思いますが、開催後からは、テロ、暴動が頻発す ると思います。観戦などに行かれる方は、終了後は速やかに引き揚げるのが良いと思います。単なる杞憂に終われば、一番良いのですが・・・。

■ウイグル国境警備隊施設襲撃 五輪妨害テロか-とうとう起こった過激テロ!!
中国中央政府、弾圧ばかりするので、このようなテロも誘発してしまうのだと思います。そろそろ、懐柔策を考 えるべきだと思います。それだけではなく、民主化、政治と経済の分離、法治国家化のこの三点セットをいますぐには、完全導入できないまでも、10年後の完 全導入を目指して、今から手を打つなどのことをするべきです。そうでなければ、私が予測するように北京オリンピック閉会後10年以内に中国は分裂すると思 います。

■この4月~6月期は65%増益-華やかな五輪の裏でインドの下請けになる道をひたすら走る中国?
北京オリンピック、開催しましたね。マスゲームなどすごい気迫でしたね。しかし、この華やかな五輪の裏で、中国は現在未曾有の経済的危機にあり ます。ご存知のようにそのほかにも問題が山積しています。私は、このまま中国が現在の経済や社会を温存し、改革を推進しなければ、いずれインドの下請けの 地位に甘んずる時代がやってくると思います。

■北京オリンピックがいよいよ開幕!!快進撃を続ける中国IT企業-快進撃はもう続かない?
北京オリンピックでの口パクなどのやらせ、中国のコピー文化とも共通性があると思います。最近、中国IT企業の快進撃が続いているようです。しかし、私はこの快進撃も、続い たとしてもあと1~2年だと思います。その理由としては、第一に中国内の人件費が高騰していること、第二にパソコンそのものが値崩れを起こしていてあまり 魅力のある事業ではなくなっていることです。特に最近流行りの格安超ミニノート・パソコンの市場に中国のパソコンメーカーも参入する予定であること自体が もうすでに、かなり後れをとっているか、創造性に欠けることを示しています。この行動が中国IT産業と製造業の現状を象徴しているように思えます。中 国、最早、ヤラセやコピーでは、どうにもならなくなることを思い知るときが近づいていると思います。そのとき本当にすごいことが起こるかもしれません。

■ベルリンオリンピックの後にナチス第三帝国は滅亡-北京オリンピックは、共産中国の壮大なレクイエムの序曲か?
北京オリンピック閉会しましたね。しかし、中国ではさまざまな問題があるのに、結局放置された状態にあります。私は、今後なんらかの改善がない 限り、共産中国は10年後には崩壊していると思います。私のブログでは、ベルリン・オリンピックと北京オリンピックの比較など行ってみました。ベルリン・ オリンピックは、終生「美」を追求し続けたレニ・リーフェンシュタールの演出だっので同じ国威発揚とはいいながらも「美」を体現していたと思います。そう いう意味からすると、北京オリンピックは醜悪であったとさえ言わざるをえません。

ADs by yutakarlson
ピザテンフォー今年の10月4日に生誕20年!!

今年の成人を迎えた方々には、もうお知らせしましたが、ピザテンフォー今年の10月4日をもちまして、創業20周年を迎えることができました。これも皆様のおかげです。10月にはさまざまなイベントを企画しています。皆様楽しみにお待ちくださませ!!

ピザテンフォー今月9月の企画は、「ポイントチケット3倍企画」です!!是非ご利用ください。

テンフォーのピザは楽天デリバリーからも購入できます!!

ピザテンフォー昨年の楽天デリバリーの「ファミリーへのおすすめ」部門で、堂々の2位となりました。ますます、便利になったテンフォーを是非ご利用ください。

YUTAKARLSON、USA 市長からのお願い

ランキングは、ありきたりのは面白くないので、私の街に是非投票してください。この私の街は、サイバー上のアメリカ国内に設置してあります。街の名前は、YUTAKARLSONと いいます。この街は、皆さんからのアクセスがあれば、アクセス数が街の住民数となり発展していきます。職場整備、交通の整備などはひと段落していますので、今度は人口を増やす必要があります。せびポチッと一つお願いいたします。
⇒⇒YUTAKARLSONの住民募集!!←←

0 件のコメント:

香港人に英国籍付与、英議員の提案は香港問題の流れをどう変えるか?―【私の論評】コモンウェルズの国々は、香港市民に国籍を付与せよ(゚д゚)!

香港人に英国籍付与、英議員の提案は香港問題の流れをどう変えるか? □ 立花 聡 (エリス・コンサルティング代表・法学博士)  多発デモや混乱、情勢の混迷を深める香港(参照 『香港問題の本質とは?金融センターが国際政治の「捨て駒」になる道』 )。中国による武力介入が懸念さ...