2008年9月23日火曜日

中国メラミン混入牛乳によるニュージーランド労働党及び国民党及びフォンテラ社の中国悪夢―繰り返される「ダーウィンの悪夢」、中国人と日本人は鯨以下・・・・・?!


中国メラミン混入牛乳によるニュージーランド・フォンテラ社の中国悪夢
(内容をご存知の方はこの項は読み飛ばしてください)
 【大紀元日本9月22日】「フォンテラ社の中国の悪夢は、企業の失敗、自由貿易および国家腐敗の毒ミックスです」。ニュージーランド連合党が19日午後に発表したプレスリリースの冒頭、ニュージーランドの乳業大手フォンテラ社が今回中国で遭遇したことについてこう述べた。フォンテラ社は、中国で数千人の乳児に腎臓結石を引き起こした汚染粉ミルクの製造メーカー「三鹿(Sanlu)グループ」の43%の株を保有するパートナーである。

 9月11日に初めて明らかにされた三鹿ブランドの粉ミルクが工業用化学品メラミンを含有していたことで乳幼児に腎臓結石を引き起こした事件は、ニュージーランド国内で9・11テロ事件発生当時のような衝撃を与えた。事件後、フォンテラ社は、問題が発覚する数週間前に汚染された事実を把握しており、商品回収を至急行なうよう中国側に求めていたことを明らかにしたが、ニュージーランド国内では、タイムリーに公衆に公開しなかったことに重大な責任が問われている。

 先週、三鹿事件に続き、中国国内22社の乳業主要メーカーの乳製品からもメラミン使用が発覚した。民衆の怒涛の怒りに中国当局は、中国乳製品業界が乱れており、管理及び品質監督に普遍的に問題が存在すると認めた。

 ニュージーランド連合党・スポークスマンのビクター・ビロット氏が、同件においてフォンテラ社の対応は恥であると批判し、「フォンテラ社は巨大な資源を持ち、高額の報酬を支給される管理層がいる企業なのに、どうしてリスクについて理解せず、生産管理の手続きおよび安全保障がしっかりしていないのか」、「フォンテラ社が数億ドルを投資しながら、災難が起こりえることが分かっていないことを不思議におもう」と話した。

 更に、三鹿汚染粉ミルク事件は拡大し、同社の汚染ミルク問題は、5年前すでに報告されたとの事実が浮上したため、フォンテラ社はニュージーランドで更に厳しい批判を浴びている。

 実際、2004年4月には、安徽省からすでに三鹿の粉ミルクに食品安全上の問題があると報告されていた。しかし、三鹿グループは中央高層幹部まで動かして、三鹿の名前をメディアの報道および問題のある粉ミルクのリストから外させたという。

 これらの事実の発覚で、中国の中央高層は動揺した。河北省で省レベルの高層幹部が数人解任され、三鹿の責任者も逮捕された。さらに、ニュージーランドのフォンテラ社のチェアメンバー3人までも逮捕された。

 ニュージーランド貿易省のフィル・ゴフ貿易相はメディアの取材で、中国政府がフォンテラ社の責任者を逮捕することは不公平であるとコメントした。フォンテラ社のCEO、アンドリュウ・フェリア会長が取材の中、苦痛の顔をして「子どもたちがとてもかわいそうだ。だが私たちは、中国側の規定に従って対応するしかなかった」と話した。

 フェリア会長の告白について、「ニュージーランド・ヘラルド」紙は21日、編集部の評論として、「フォンテラ社が自社のウェブサイトで、自社の経営行為について、道徳モラルとリーダーシップを第一とする価値観と原則に基づくとしているが、製品に問題があるとわかった8月2日からの40日間、これらの価値観はいったいどこに消えたのか」と批判した。

 「フェリア会長が問題発表の遅延の理由を中国体制内での権力行使としているが、このような悲劇を通して彼が、発展途上国の企業と合弁する場合、品質管理及び原料供給チェーンの統合問題に初めて気づくわけではないだろう」と同紙はコメントした。

 同紙によると、昨年米国でメラミン含有の中国産ペット食品によって16匹の動物が殺された事件が発覚した後、メラミンを販売する工場のマネージャーがニューヨークタイムズの取材に、「中国の法律はそういうものでしょう。事故が起きなければ規定も設定されない」と話した。

 「フォンテラ社がかつて中国で自分の酪農場を作って中国のパートナーに仕事の手順を見せた。中国のミルクの品質は不安定で信用できないと知りながらフォンテラ社本部は過去の警告に耳を傾けなかった」と同紙は批判した。

 国内から批判を浴びているのはフォンテラ社のみではない。中国と初めて自由貿易の協力関係を結んだクラーク総理とその政府も、民衆およびメディアから強く批判されている。

 連合党スポークスマンのビクター・ビロット氏は、本件に関連してニュージーランドの自由貿易の国策が十分見直しされていなかった問題を指摘した。ビロット氏はまた、労働党及び国民党はフォンテラ社スキャンダルと線を引こうとしているが、実際に彼らは同事件に繋がる自由貿易国策を積極的に推進させた当事者であり責任を持つべきだと話した。

 「自由貿易政策の結果として私たちに見えたのは、労働者の権利が守られていない、健康と安全が保障されていない、資本家と官僚の腐敗問題の著しい国で、ニュージーランドが直接その国の生産に関わっているのだ」とビロット氏は強調した。

 連合党は、貿易省のフィル・ゴフ貿易相の対応についても批判した。「中国は確かに大きなマーケットではあるが、ニュージーランドの経営方法とは大きな違いもある」と、ゴフ貿易相の中国市場に対する認識の不足を指摘した。

 西側の国々の中で、ニュージーランドは中国を初めて自由貿易相手国として認めた国である。今回のフォンテラ社のスキャンダルは、ニュージーランドが中国を自由貿易国にさせた後遺症かもしれない。

 ニュージーランド在住の中国人民主活動家・陳維健氏は、ブログでフォンテラ社事件について次のように書いた。「ニュージーランドは中国を自由貿易相手国として初めて認めた民主国家として中国から大きな利益を得ただろう。中国は貿易利益を通して西側政府に影響を与え、西側政府の中国の人権及び民主の問題における立場を放棄させたのは事実である。しかし悲しい結果として、西側政府が中国の腐敗した経済及び政治文化に合わせる中で、中国の人権及び民主促進へのサポートを失い、自国の経済および政治に腐敗をまねいたのである」。

中国人と日本人は鯨以下・・・・・?!
ニュージーランドの会社がメラミンに関して大きく関与していたことは、衝撃的です。ニュージーランドというと、私たち日本人からすると疎遠な国で、記憶に新しいのは「捕鯨反対」の立場をとる国ということです。

メラミン混入を5年も前から知っていて放置していたということは、信じられない悪行です。これが、国内や西欧諸国で同じような問題が発覚していたら、すぐに対応していたのではないかと勘ぐりたくもなります。株式を43%も所有していれば、「三鹿(Sanlu)グループ」の隅から隅まで、監査できたはずです。

やはり、ニュージーランドなどでは、黄色人種や黒人などに対して未だ蔑視の思想があるのでは?と勘ぐりたくもなります。鯨は日本人や中国人よりはるかに高等だから調査捕鯨などしてはまかりならぬが、中国人の飲む粉ミルクであれば、少々問題があっても気にするほどのことではない。これが本音ではないでしょうか?

最近「ダーウィンの悪夢」という映画をテレビで見ましたが、この映画の中でロシア人パイロットが、アフリカに飛行機でヨーロッパからは武器弾薬を運び、アフリカからはビクトリア湖で獲られた魚肉をヨーロッパに運んでいました。ヨーロッパの当局者は、アフリカに魚肉工場を作ったと鼻高々に話していましたが、実際にアフリカの人が食べるのは、魚肉工場から出る魚の肉をとった「あら」でした。しかも、その「あら」の処理も非衛生的でとてもEU諸国の人間が食べられるものとは思えませんでした。白人からすると、黒人などは人間ではないということだと思います。そんなことはないという白人もいるかもしれませんが、実体はそうです。

Darwin's Nightmare - Trailer


そういわれてみれば、最近捕鯨に関する報道が少ないですね。サブ・プライム問題などで経済も冷え込み、それどころではないというのが実体なのかもしれません。それにしても、ニュージーランドの政府や、国民も捕鯨問題などにうつつをぬかしているくらいであれば、こうした重要問題にもっと早くから注目して行動を起してもらいたかったです。

少なくとも、フォンテラ社およびニュージーランド労働党及び国民党はに関しては、「三鹿(Sanlu)グループ」の実体を監査し、実体を明らかにし、他の業者についても調査をして早めに警告することができたはずです。それをしかなった、できなかったのは、経済至上主義であることと、人種的偏見によるものだと思います。まさに、「ダーウィンの悪夢」は中国とニュージーランドの関係でも繰り返されていようです。

所詮中国人が飲むのだから自分たちには関係ないなどのん気に考えていたのかもしれませんが、現在中国は世界の工場として食料品にもさまざまな方面で輸出をしていますから、良く調べてみれば、ニュージーランドでも消費されている可能性も大きいと思います。それに現状では、世界中が悪影響を受ける可能性が大です。だから、人種的偏見は直すことはできないでしょうが、鯨問題などはほうっておいて、この種の問題には真面目に取り組んでいただきたいものです。


以下に関連記事を掲載します。反転文字列をクリックしていただければ、当該記事に飛ぶことができます。こちらも是非

■<WorldNow>外国産牛乳を買い求める中国人たち―今後システムを変えない限り頻繁に起こり続ける不祥事による社会不安で中国は崩壊か!!
中国のメラミン牛乳、とんでもないことになっていますね。日本での汚染米もそうですし、中国のこの問題でも、やはり古い仕組みは完全に制度疲労 を起しているのだと思います。今後新たなシステム作りが重要になってくると思います。しかし、この新たなシステムづくり日本はさておき、中国は非常に難し いです。おそらく、そのまま放置され、社会不安を増幅し、中国の崩壊を助長することになるものと思います。

■北京オリンピックがいよいよ開幕!!快進撃を続ける中国IT企業-快進撃はもう続かない?
北 京オリンピックでの口パクなどのやらせ、中国のコピー文化とも共通性があると思います。最近、中国IT企業の快進撃が続いているようです。しかし、私はこ の快進撃も、続い たとしてもあと1~2年だと思います。その理由としては、第一に中国内の人件費が高騰していること、第二にパソコンそのものが値崩れを起こしていてあまり 魅力のある事業ではなくなっていることです。特に最近流行りの格安超ミニノート・パソコンの市場に中国のパソコンメーカーも参入する予定であること自体が もうすでに、かなり後れをとっているか、創造性に欠けることを示しています。この行動が中国IT産業と製造業の現状を象徴しているように思えます。中 国、最早、ヤラセやコピーでは、どうにもならなくなることを思い知るときが近づいていると思います。そのとき本当にすごいことが起こるかもしれません。

■第2四半期ユーロ圏GDP、初のマイナス成長-黄昏(たそがれ)EUの始まりか?
こ んにちは。ユーロ圏の景気減速が始まりました。私は、長期的に見た場合これは、一時の現象ではなく「黄昏EU」の始まりのサインであり、EUは没落してい くと思います。その理由としては、第一に構成国間の経済構造があまりにも違いすぎるということです、第二に地球温暖化二酸化炭素説の教義あるいは、プパガ ンダを信奉し、それを産業や事業に適用したり、しつつあるからです。ここでは、詳しいコメントはできません。詳細は是非私のブログをご覧になってくださ い。

ADs by yutakarlson
ピザテンフォー今年の10月4日に生誕20年!!

今年の成人を迎えた方々には、もうお知らせしましたが、ピザテンフォー今年の10月4日をもちまして、創業20周年を迎えることができました。これも皆様のおかげです。10月にはさまざまなイベントを企画しています。皆様楽しみにお待ちくださませ!!

ピザテンフォー今月9月の企画は、「ポイントチケット3倍企画」です!!是非ご利用ください。

テンフォーのピザは楽天デリバリーからも購入できます!!

ピザテンフォー昨年の楽天デリバリーの「ファミリーへのおすすめ」部門で、堂々の2位となりました。ますます、便利になったテンフォーを是非ご利用ください。

YUTAKARLSON、USA 市長からのお願い

ランキングは、ありきたりのは面白くないので、私の街に是非投票してください。この私の街は、サイバー上のアメリカ国内に設置してあります。街の名前は、YUTAKARLSONと いいます。この街は、皆さんからのアクセスがあれば、アクセス数が街の住民数となり発展していきます。職場整備、交通の整備などはひと段落していますので、今度は人口を増やす必要があります。せびポチッと一つお願いいたします。
⇒⇒YUTAKARLSONの住民募集!!←←

8 件のコメント:

やんの日記 さんのコメント...

コメントありがとうございます。やんと言います。

この問題、日本だけではなく世界中に関係してますよね。

中国で製造された製品によって健康被害だけではなく、現におきてしまっている死者までもが出てますよね、これ以上被害者が出ないようにしてもらいたいんですけど・・・

餃子の事も解決してませんからね無理に近いでしょうね。

yutakarlson さんのコメント...

やんの日記様 コメント有難うございます。中国は世界の工場をやっていますから、全世界に飛び火しますね。
日本としては、禁輸することと、検査体制を整えることが肝要だと思います。

ワノログ さんのコメント...

コメントありがとうございます。オセアニア辺りでは、未だに白豪政策が根強く残っているんでしょうね。由々しき自体だと思います。でも、有色人種の人権を守るために、アングロサクソンに対抗しようという風潮になってしまっても、歴史が繰り返されてしまうことになり、それはそれで困り物ですが・・・。

ところで、日本のピザ屋さんの業態はなぜデリバリーがメインなんでしょうか?イートインスペースがある切り売りピザ屋があったら、うれしいと個人的に望んでいるけれど、出来る気配がないです。デリバリーピザって、高いし、デカイしで、購入する気になれないです。でも、イートインもしくは持ち帰りの切り売りピザ屋なら、ピザの単価も下がって、サイズも選択できるので購入しやすくなると思います。それに、わざわざ自宅まで運んできてくれるピザよりも、ピザの切り身を二度焼きして再加熱した物をその場で食べた方がおいしいと思うのですが?

以上の文は独り言だと思って、受け流してください。

yutakarlson さんのコメント...

ワノログ様 コメント有難うございます。まあ、反捕鯨に関して形を変えた白豪主義と思います。

日本の場合わずか20年程まえまでは、ほとんどピザが認知されていなかったため、ピザハットなども最初はピザレストランを始めたのですが、なかなか普及しませんでした。
ピザハットも20年程前に、函館の行啓通にピザレストランをオープンしましたが、すぐに撤退してしまいました。その後10年以上経てから今度は、宅配で参入しました。ピザハットもレストランのときは、徹底的に地名度が低いためとにかくお客様に知ってもらおうとして並大抵ではない努力をしたようです。

そうなんです、ピザは今では日本にも普及して定着しましたが、全く認知度がなく、若者が食べる風変わりな食べ物くらいの認識しかなかったのです。宅配という利便性を提供して初めて売れるようになったのです。

そのため、日本では宅配ピザがほとんどという歪な発展をしましたが、もうそろそろピザレストランの時代が来てもおかしくないと思います。

そのため、私たちも新たな業態をすでに考えてあります。いずれ、日本の都市にもピザレストランが普通に見られる時代が来ると思います。

IT大道芸人 さんのコメント...

はじめまして。IT大道芸人です。
私のブログにコメントを頂いたので、早速、拝見しにきました。

なるほど。今回の中国のミルク汚染は、日本だけでなく、いろんな国に関わっているのですよね。それにしても、大株主がニュージーランドだったとは・・・・。

食料や飲み水、エネルギーなど、今は、いろんな国が複雑に絡んでいるので、どこかでホコロビが出てくると、一気に世界に広がりますよね。

日本でも、下町の小さな零細企業が、ITの特定の分野で世界の7割、8割といった市場を占めていて、そこが火事になると、とんでもないことになるってな話もありますしね。

いやはや、ほんと、安心って、どうすれば、得られるのでしょう・・・

りぃん さんのコメント...

コメントありがとうございました。

まったく、中国の実態を知りながら生産にあたらせるとは、ひどい企業です。
拝金主義も行き過ぎればテロリズムになるのですね。
同様の問題を防ぐためにも、中国への徹底した制裁が必要かと思います。

あきつ さんのコメント...

こんばんは はらぺこおばけ の あきつと申します。
捕鯨に関しては、日本人への差別意識もあるでしょうが、現地の支那人もやたらと煽っています、ですから支那共産党の意向でもあると思います。また、アメリカの食糧戦略の一環でもあり複雑な面もあります。
ただ、反捕鯨の大義名分は、クジラは高度な生き物であるということなんですが・・ 牛とかはどうなんでしょうね? 其の免罪符に彼らは神を使います。
一方 牛乳の件は、大義名分が全くありません、アジア人は殺しても構わないなんて言うことは今の世の中では通用しません。
ですから、郷に入りては郷に従うで腐ってしまったと考えるのが一番納得できると思います。

yutakarlson さんのコメント...

あきつ様 コメント有難うございます。根底には人種差別的なものはあると思います。これが、ヨーロッパのどこかの国などであれば、もっと早く対応したと思います。
まあ、中国に入って中国のやり方にしたがっているうちに腐ってしまったというのもあると思います。
どっちにしろ、良くないことですね。

実弾発砲、催涙ガス…香港騒乱さらに泥沼化 中国武装警察も本格介入―【私の論評】香港擾乱は「死のハイウェイ」のインパクトに匹敵!中共は「潮時」をわきまえないと滅びの道を歩むことに(゚д゚)!

実弾発砲、催涙ガス…香港騒乱さらに泥沼化 中国武装警察も本格介入 □ 第2の天安門に!?香港デモ 香港のデモが泥沼化している。「逃亡犯条例」改正案を発端に抗議活動が続くなか、警官が実弾を発砲、21歳の男子学生が重体となった。金融街にも催涙弾の白煙が立ちこ...