2010年8月24日火曜日

竹島問題 韓国の主張覆す古地図見つかる―竹島も南京も北方領土も日本の主張だけが正しい!

竹島問題 韓国の主張覆す古地図見つかる(この内容すでにご存知の方は、この項は読み飛ばしてください)
神戸市立博物館で見つかった地図帳の中の「江原道図」(写真:産経新聞)
日韓両国が領有権を主張する竹島問題で、韓国側の領有の根拠のひとつを覆す17世紀末ごろの朝鮮の木版印刷の古地図が神戸市立博物館で見つかっていたことが22日、分かった。韓国側は、当時、竹島が「子山(于山)」と呼ばれ、この時期に朝鮮国漁民が「子山は朝鮮の領土」と鳥取藩に主張し認められたという記録があることを有力な根拠としている。ところが、この地図の子山は実際の竹島と方角も距離も違う位置に記載されており、別の島の可能性が高いという。

[フォト]19世紀ドイツの地図も「竹島は日本領」

19世紀のドイツの地図でも竹島は日本の領土
見つかったのは「地図」と題された朝鮮の地図帳の中の「江原道図」。記載の地名から1684~1767年の間に朝鮮半島で流通したとみられる。当時の朝鮮半島の古地図が確認されたのは初めてという。

地図では、朝鮮半島の東側にある鬱陵島のすぐ南側に「子山」という島が描かれている。実際の竹島の位置は鬱陵島の南東92キロにあり、位置も方角も異なる。

子山が問題になるのは、1696年に朝鮮国の漁民、安龍福が日本に密航した際、自身が所持する朝鮮図に鬱陵島と子山島が記載されていると供述した記録が島根県・隠岐の「村上家文書」にあるからだ。

安龍福は鳥取藩によって追放、送還された後の取調べで、自ら鳥取藩主と交渉して「松島(現在の竹島)は即ち子山島、此れ亦我国の地(子山島は朝鮮領)」と認めさせたと朝鮮側に証言したとされる。

このため、竹島をめぐる領有問題が持ち上がった後年には、韓国で領有権を日本に認めさせた「英雄」とされている。

朝鮮でこれまで見つかった古地図は、鬱陵島近くの東や西に「子山」の「子」の字が変化したとみられる「于山」という島が描かれており、日本側は于山は、竹島ではないとしていた。しかし、この古地図は安龍福の時代ではないことが問題点のひとつだった。しかし、今回の地図は、安龍福の生きた時代で、その地図の記載から、安龍福が実際の竹島ではない島を自国領と主張したことを示す可能性が高いという。

島根県竹島問題研究会の杉原隆・副座長は「安龍福の時代の地図が見つかったことで、子山島の位置が竹島の領有権の根拠にはなり得ないものであることが改めて明らかになった」と話している。

竹島も南京も北方領土も日本の主張だけが正しい!
さて、本日はたまたま竹島のニュースが新聞に掲載されてましたが、最近、たまたま、日本固有の領土の問題関する動画をいくつか見ていたので、皆さんにもみていただきたいと思います。そのため、本日は動画特集とさせていただきます。

■竹島問題
竹島の全景
さて、竹島については、多少復習しておきましょう。竹島(たけしま)は、北緯37度15分、東経131度52分の日本海にある島です。島根県に属し、隠岐郡隠岐の島町竹島官有無番地。韓国の行政区分では慶尚北道鬱陵郡鬱陵邑獨島里に属します。

1905年1月28日、日本政府は島根県隠岐島司の所管の竹島と閣議決定しました。1952年1月18日、大韓民国大統領李承晩が自国の支配下にあると一方的に宣言し、占領しました。1965年6月22日の日韓基本条約締結までに韓国により、日本漁船328隻が拿捕され、日本人44人が殺傷され、3929人が抑留されました。現在も韓国側が武力による占有をしているため、日本との間で領土問題が起きています。


この問題に関しては、国際的にも歴史的にも決着済みであり、竹島が日本領土であることははっきりしすぎています。これに関して、日教組などが、竹島が韓国領などという声明を出すなど、全くおかど違いもいいところです。問題外です。いいですか、これは、もうずっと前に決着ずみの事実です。歴史を改ざんし不当に他国の領土を侵略しているのは韓国です。

■南京大虐殺
2年ほど前の中共による捏造写真、あまりに不自然ですぐバレた
さて、これは、領土問題ではないですが、まったくいわれのない言いがかりに過ぎないということでは、他の問題とも似ているので、掲載することにしました。南京虐殺に関しては、現在でも、捏造され続けています。上の写真は、2年ほど前の写真ですが、南京で発見された、大虐殺の遺体を埋めるところということで公表されたのですが、そもそも南京には砂漠はないし白骨体が非常に不自然で、素人にもわかる捏造写真です。

南京虐殺については、これはまったく事実ではありません。ただのいいがかりです。これに関しては、日本人でも、多くの人が、ひょっとしたらあったかもしれないとか、まあ、規模は小さいかもしれないが、あったかもしれないと考える人もいると思いますので、決定的な証拠ともいえる、動画を以下に掲載しておきます。4回連続の動画ですが、どうか最初から、最後までご覧になってください。そうすれば、疑念をもたれてる方も、その疑念が全く晴れます。





この問題については、私自身は、全くあり得ない話だと思っていました。しかし、日本国内では、無責任なマスコミなどがまことしやかに報道したりするので、ひよっとしたらなどと思っている人もいるかもしれません。しかし、上の動画でその疑念はほとんど晴れたと思います。

それから、ついでに、極めつけの事実も掲載しておきます。皆さんは、カティンの森事件をご存じでしょうか?カティンの森事件(かてぃんのもりじけん、ポーランド語: Zbrodnia katyńska、ロシア語: Катынский расстрел)とは、第2次世界大戦中にソ連のグニェズドヴォ(Gnyozdovo)近郊の森で約4400人のポーランド軍将校、国境警備隊員、警官、一般官吏、聖職者がソ連の内務人民委員部(NKVD)によって銃殺された事件のことです。「カティンの森の虐殺」などとも表記います。

「カティン(カチンとも、Katyń)」は現場近くの地名で、事件とは直接関係ないものの、覚えやすい名前であったためナチス・ドイツが名称に利用しました。

当時、ソ連によって、ドイツの仕業だと捏造された虐殺事件 カティンの森事件 

この事件、今年の春にも、当時のカチンスキー大統領が、70年前に起きた旧ソ連軍によるポーランド兵大量虐殺事件「カチンの森事件」の追悼式典に出席するために現地に向かっていていた飛行機が墜落して、お亡くなりになったということで、話題になりました。

歴史上かなり有名な事件です。この事件、ソ連はひたかくしに隠してきたのですが、結局は明るみにでました。上の数字では、4,400人の人が犠牲になったという数字がでています。4,400人でも、半世紀以上も経てからでも、遺体が発見されて、明るみに出るのです。

では、南京では、30万人もの人が虐殺されたとして、もしそれが本当なら、殺害された方々は、どこかに埋められたはずです。30万人ということになれば、市内のいたるとこで、埋められたり、あるいは、どこか郊外に持って行って埋めたに違いありません。

であれは、南京市で、戦争が終わってから、今にいたるまで、何回も、その遺体が発見されていなければなりません。当然、何回もこのことが報道されてしかるべきです。にもかかわらず、そのような話は聴いたことがありません。たまに、死体が発見されたということはあるようではありますが、はっきりと南京虐殺に結びつくものではあませんでした。30万人規模ともなれば、何回も、何回も、そうした報道がなされるはずです。実際カチンの森事件も、戦後何回にもわたって、大量の遺体が発見されています。それに、このくらいの規模の大虐殺ともなれば、はっきりとした証拠の写真が必ず残るはずです。それが、上の動画のように、どれひとつとっても、はっきりしないということはどういうことなのでしょうか?

これは、やはり、この動画で教授が説明したように、玉ねぎの皮のようなものと断定しても良いと思います。そうです、何回も剥いていくと、結局は何もなくなるのです。

南京大虐殺のような、根も葉もない話など信じるべきではありません。

■北方領土問題





北方領土は、北海道本島の北東の洋上に連なっており、歯舞群島は、根室半島の 延長線上3.7 ㎞の沖合から北東に点在する貝殻島、水晶島、秋勇留島、勇留島、志発島、多楽島などの島からなっています。


色丹島は、歯舞群島の北東22㎞に位置しており、国後島は、根室半島と知床半島のほぼ中間に位置し、野付半島の沖合16㎞の地点から北東に延びる全長122㎞の島です。また、択捉島は国後島の北東22.5㎞に位置する全長204㎞の島です。



また、四島を合わせた面積は、5,036平方キロメートルで、この面積は千葉県の広さにほぼ匹敵します。



クレムリン(ロシア大統領府)は今月25日、メドベージェフ大統領が同日までに、日本が第二次大戦の降伏文書に調印した9月2日を新たな記念日とする法改正案に署名したことを発表した。事実上の「対日戦勝記念日」を制定することで、旧ソ連による日ソ中立条約を侵犯しての対日参戦や北方領土の占拠を正当化する狙いがあります。

「軍の名誉と記念日法」を修正し、9月2日を「第二次大戦終結の日」とする内容です。有力下院議員らが今月2日に下院に提出し、7日に下院、14日に上院で可決されてスピード成立しました。法案提出にあたっては、クレムリンが記念日名から「対日戦勝」の名称を外すよう指導し、日本からの批判を封じる戦術がとられました。

これに関して、日本からの追求をかわしたり、日本を牽制するためという見方もありますが、ロシアが日ソ不可侵条約を破って終戦直前に日本の領土に攻め込んだという事実にかわりはありません。これは、やはり、下の青山さんの見方が正しいと思います。



上の三つは、特に重要なものをとりあげただけですが、他にも似たような問題がたくさんあります。とにかく、こうして歴史的にみて明らかに相手側が間違いを犯しているような事柄、マスコミや、左翼系の連中のいうことをまともに聴いていると、全くおかしな、判断しかできなくなります。外国の身勝手な判断は、時間がかかっても、絶對に退けるべきです。

明治の先達が、いわゆる不平等条約の解消に腐心したように、私たち、こうした問題、外国の人にむかって、はっきり発言していこうではありませんか。

私は、もうやっていますよ。私の知っているアメリカ人は、私がはっきり、日本は仕方なしに戦争にまきこまれていったことを歴史的事実を積み上げてはっきり説明したので、少なくとも、あの戦争について、日本だけが悪者と認識している人はいなくなりました。

私は、こういうことから、本当の信頼や友情が芽生えるのだと確信しています。



【関連記事】


「小日本」の大と「大中国」の小―中国のGDPの意味合いは、先進国のそれとは全く異なりすぎる!?

南京虐殺記念館に対する日本政府の申し入れに関して考えた、中国のお家事情



ADs by yutakarlson
ピザテンフォー昨年10月4日で、創立21周年です!!
長い間のご愛顧真に有難うございます!!
YUTAKARLSON、USA 市長からのお願い
ランキングは、ありきたりのは面白くないので、私の街に是非投票してください。この私の街は、サイバー上のアメリカ国内に設置してあります。街の名前は、YUTAKARLSONと いいます。この街は、皆さんからのアクセスがあれば、アクセス数が街の住民数となり発展していきます。職場整備、交通の整備などはひと段落していますので、今度は人口を増やす必要があります。せびポチッと一つお願いいたします。


コメントを投稿

立憲民主党が信念を貫いたら何が起きるか 日本経済はガタガタ、日米間の信頼喪失…もう忘れたか―【私の論評】明日は流行に流されず、印象操作に惑わされず地頭で考えて投票しよう(゚д゚)!

立憲民主党が信念を貫いたら何が起きるか 日本経済はガタガタ、日米間の信頼喪失…もう忘れたか 選挙遊説中にインタビューに応える枝野市  今回の衆院選(22日投開票)に関する各社の世論調査によると、小池百合子代表(都知事)が立ち上げた希望の党の勢いは完全に失速し、過半...