2012年4月12日木曜日

【2012年・北朝鮮特集】北朝鮮の今を徹底公開 / 普通では見られない現状と実態−【私の論評】旅行や長期滞在くらいではわからない実体、誤った現場主義の陥穽にはまらないようにするには?

【2012年・北朝鮮特集】北朝鮮の今を徹底公開 / 普通では見られない現状と実態:

【2012年・北朝鮮特集】北朝鮮の今を徹底公開 / 普通では見られない現状と実態

2012年4月12~16日の間に、北朝鮮からミサイルが発射されると報道されている。北朝鮮はそれを衛星打ち上げののためのロケットとしているが、諸外国はミサイルと判断しているようだ。当編集部は、2012年に入ってからの北朝鮮のようすを記事化し、いままで多数の情報を報じてきた。
そこで今回、いままで報じてきた北朝鮮記事をまとめてご紹介したいと思う。普通ではなかなか行けない場所の画像や映像があるので、興味がある人はぜひ見ていただきたいと思う。それでは、北朝鮮の現状をお読みいただきたい。

・中国から電車で北朝鮮に行ってみた / 北京~平壌の一部始終を公開
寝台列車のベッドは4人1部屋のコンパートメント。同じ部屋になったのは自称・大学教授の朝鮮人男性。北京で仕事をして、これから平壌に戻るところとのこと。「また北京に戻るのんですか?」と聞いたら、もう戻ることはないらしい。
http://rocketnews24.com/2012/02/13/179212/

・北朝鮮に入るときiPhoneとiPadを封印 / 3DSとPSVitaとiPodは封印されず
話によると、飛行機で入国して飛行機で出国する際は、封印したケータイを北朝鮮側が出国まで預かるケースが多いという。しかし今回の日本人旅行者の場合、鉄道で入国したために自分で封印したケータイを所持することになったようだ。
http://rocketnews24.com/2012/02/07/179272/

・北朝鮮の「児童が新年を祝う演奏会」に行ったら金正恩氏が盛大に祝われてた
2012年2月、北朝鮮・平壌(ピョンヤン)を旅行した日本人旅行者が「北朝鮮の児童たちが新年を祝う演奏会」の会場へガイドに連れられて行ったところ、金正日氏の死を悲しむ演奏と歌、そして金正恩氏を称える演奏と歌が盛大に披露されていたという。
http://rocketnews24.com/2012/02/06/179202/

・北朝鮮の地下鉄に乗ってみた / 女子小学生が同級生と列車に乗ってきた
長い長いエスカレーターを降りてプラットフォームに到着すると、そこには豪華なシャンデリアのある広い空間が。ボタンを押すと乗り換え案内が表示されるシステムもあり、ローテクノロジーでありながらモダンなシステムが用意されている。
http://rocketnews24.com/2012/02/05/179173/

・北朝鮮のパチンコ屋に行ってみた / パチンコ玉1箱で1ドル
パチンコ玉1箱を1ドルで借りる。実際に体験した旅行者によると、「節電のため、お客さんがいないときは電源を落としていました。オバチャンにお願いすると電源を入れてくれて、パチンコ玉はオバチャンが手作業で箱に入れてくれましたよ」とのこと。
http://rocketnews24.com/2012/02/05/179101/

・北朝鮮でハマグリのガソリン焼きを食べた / 当たる人がいるけど焼酎飲めばOK
ガソリンは500mlペットボトル2本分を使用し、少しずつハマグリにぶっかけていく。「ブボボモワッ!」と火柱が出ることもあったが、爆発することなくハマグリは焼かれていき、およそ5分ほどで炎が消えたという(調理終了)。
http://rocketnews24.com/2012/02/06/179189/

・北朝鮮のハンバーガーショップに行ってみた / フライドチキンは美味しい
平壌のハンバーガーショップには、ハンバーガーのほかにフライドポテトやフライドチキン、ホットドッグ、チキンナゲット、ワッフルなどがあり、日本や欧米と変わらない料理がそろっているとのこと。
http://rocketnews24.com/2012/02/05/179088/

・超大雪なのに160キロ続く道路が「除雪されてる」と思ったら国民が人力で除雪
「百数十キロもの距離を人力で除雪していたんですね! この人たちは道路の整備スタッフですか?」と旅行ガイドスタッフに聞くと、「このあたりの地域の人たちですね」との返答があった。除雪車をいっさい使わず、道路の周辺に住んでいる国民たちが除雪していたのだ。
http://rocketnews24.com/2012/02/16/182846/

・北朝鮮の首都・平壌をひとりブラブラしてみた / 凍った川で魚釣りをする住民
ブラブラと歩いていたところ、軍人らしき男女が土木作業をしたいたという。こちらがカメラを持っていたので注目されたらしいが、「アンニョンハセヨ」と挨拶をすると軽く会釈したきたとのこと。やはりカメラを持って歩くと目立つようだ。
http://rocketnews24.com/2012/02/07/179177/

・みんな韓国から北朝鮮を見に行くので逆に「北朝鮮から韓国を見に行ってみた」
軍事境界線は、北朝鮮側から韓国を覗きに行くことも可能だ。2011年に開催されたサッカー日本対北朝鮮では、北朝鮮を訪れた日本人サポーターたちが北朝鮮側の軍事境界線にやってきて、韓国側を覗いたという。
http://rocketnews24.com/2012/02/07/179581/

・北朝鮮でアヒルの焼き肉を食べてみた / 予想以上にジューシィーで美味しい
アヒルの肉は非常に弾力があって肉汁がタップリ。決して肉が硬いというわけではなく、噛めば弾力を感じるものの、一瞬にしてはじけて肉汁が口の中に広がるのだ。また、まったく脂っこくないのも特徴で飽きがこない。
http://rocketnews24.com/2012/02/20/184463/

・北朝鮮の人に「日本で金正男さんの本が出ますよ」と言ったら絶句されて質問された
その日本人旅行者が指導員とビールや焼酎などを飲んで雑談していた際、金正日氏の長男・金正男氏のことにまで話が及んだという。そしてちょっとした記憶から、「日本で金正男さんの本が出ますよ。もしかするともう出ているかもしれないですけど」と言ったそうだ。すると……。
http://rocketnews24.com/2012/02/12/181495/

・北朝鮮の平壌空港から「北朝鮮の飛行機」に乗ってみた / 美人CAが驚きの行為に
なぜかキャビンアテンダントが日本人旅行者の隣の席に座って、10数分間にわたり世間話をしてきたというから驚きだ! 「平壌はいかがでしたか?」や「どんなところに行きましたか?」、「楽しい思い出になりましたか?」、「体調は良いですか?」など、いろいろと話をしてきたという。
http://rocketnews24.com/2012/02/08/180487/

・【世界の機内食】北朝鮮・平壌国際空港~北京国際空港(高麗航空 KOR)
料理の内容は、ハンバーガーとジュース。ほかには何もなく、非常にシンプルなものとなっている。ハンバーガーにはパティ(ハンバーグ)とタマネギのスライスが2枚ほどサンドされており、ソースはマヨネーズ系のものになっている。
http://rocketnews24.com/2012/02/06/179112/

・北朝鮮のお土産を成田空港の税関で全部放棄させられた件 / 旅行者「仕方ないなあとは思います」
日本人が北京経由で北朝鮮を旅行し成田空港に戻ってきたところ、税関で北朝鮮のお土産品をすべて没収された(放棄させられた)という。2011年に平壌で開催されたサッカー日本VS北朝鮮戦で多くの日本人サポーターが渡航したが、お土産を没収されたという話はあまり聞かないが……。
http://rocketnews24.com/2012/02/10/179207/

【私の論評】旅行や長期滞在くらいではわからない実体、誤った現場主義の陥穽にはまらないようにするには?

最近北朝鮮のミサイル発射のこともあり、北朝鮮関係のニュースもかなり多いようです。上の記事もその一貫で掲載されているものだと思います。ただし、上の記事が北朝鮮の実体をあらわしているかといえば、そうともいえないと思います。


北朝鮮を実際に訪れたからといって、それで、北朝鮮の実体を知ることができるかどうかということは別問題だと思います。たとえば、北朝鮮に対して放送を流し続けている"特定失踪者問題調査会の北朝鮮向け短波放送「しおかぜ」"を運営されている方は、以下のようなことを語っていました。


「平壌の電気の通電時間は、従来一日4時間が普通だったが、最近では、2時間になっている。しおかぜに対する妨害電波も、従来は、確実に実施されていたが、最近では、なくなりつつある。やりたくても、できないというのが実情なのだろう」


これは、実体だと思います。北朝鮮に行ったとしても、日本人が宿泊するようなところは、すべて、自家発電施設を持っているので、このような実体などわからないと思います。それに、買い物をしても、食事をしたとしても、それは、外国人向けの施設であり、そこから、実体を垣間見ることはできないと思います。


北朝鮮に関する、報道で最も信頼できるのは、まずは、ラヂオプレスです。これは、このブログでも以前掲載したことがあります。この記事の詳細は、以下のURLをご覧になってください。


金正男氏の「世襲批判」をスクープ 東京新聞「特ダネ」記者の仕事ぶり―【私の論評】すぐれたジャーナリズムは地道な日々の積み重ねから生まれてくるものである!!


この記事では、東京新聞の五味氏、ラヂオプレスなどを掲載しています。上の写真は、ラヂオプレスの、現在風景です。日々、北朝鮮の放送を聴き、分析しています。金正日氏死去のニュースは世界にさきがけて、最初に公表したのは、ここです。下は、東京新聞の五味氏の写真です。この方は、北朝鮮の故金正日(ジョンイル)総書記の長男、正男(ジョンナム)氏(40)から届いた「世襲批判」メール内容を特報した方です。


この記事では、両者が、普段から地道な積み上げをしていること、さらに、いわゆる、スパイといわれている人々が現実には、どのような情報の収集の仕方をしているか掲載しています。

最近はミサイルの打ち上げに関して、迎撃に関することが、話題になっていますが、これも、重要な情報が日本では、あまり詳しく報道されていません。これについては、以下をご覧になってください。

また始まった北朝鮮の核・ミサイル問題をめぐる‘綱渡り外交’−【私の論評】報道で見え隠れする北朝鮮の日本への恐れ?


これは、日本のイージス艦が、大陸間弾道ミサイルの撃墜に成功したことを掲載しています。これは、無論、今回の北朝鮮のミサイルをかなり高い率でうち落とせるということです。しかし、なぜか日本では、この事実がほとんど報道されません。無論、実戦と、訓練とは違いますから、実戦で百発百中ということはないのかもしれませんが、それにしても、情報として提供されないことにははたはだ疑問を感じます。

それから、中国の北朝鮮に対する見方ですが、これも過去の記事から下にURLを掲載します。

中国が北朝鮮を「我が国の省」として扱う可能性を示唆―米紙―【私の論評】そう簡単に事は済むのか?!


これは、本気で考えていると思います。北朝鮮が中国のような改革路線を踏襲し、経済的にいまよりも、発展して、少なくとも、餓死者がでないくらいになれば、そんなこともしないでしょうが、今のまま、いつまでも改革路線を打ち出さずに、経済学が疲弊し続け、脱北者がさらに増えるような事態におちいり、破滅の危機が訪れれば、韓国などにとられるくらいなら、自国の省としてしまうでしょう。


さて、本日北朝鮮について、掲載しましたが、これによって何を言いたかったかといえば、いわゆる、現場主義の間違った側面です。上記のロケットニュースでは、過去に記者が実際に北朝鮮を訪れた際の記事を掲載していますが、これが、北朝鮮の実体を示しているかといえば、そうとはいえないことは明らかだと思います。(上の写真は、最近登場した、北朝鮮テレビの女性アナ、推定20歳台)



対して、ラヂオプレスの人たちは、ほとんど、北朝鮮に行ったことはないでしょうが、様々な事実の積み重ねにより、世界で誰よりも、北朝鮮に詳しいです。五味氏は、無論北朝鮮を訪れているとは思いますが、それにしても、様々な積み上げがあって、いろいろなスクープができるのです。何の積み上げもなく、北朝鮮を頻繁に訪れても、真実は見えてきません。(上の写真は、北朝鮮のレストランのウェートレス)

無論、ロケットニュース24の人たちは、北朝鮮の実体をつまびらかにするなどという責務を負っているわけでもなく、さらに、このニュースを見る私も含めた多数の人々は、それを期待しているわけでもないので、これは、これで良いのだとは思います。それに、強調しておきたいのは、彼らには、害がないことです。確かに、北朝鮮の実情を反映してはいないかもしれませんが、滅多に行けないところを、実際に行って記事にしているので、社会的な資料となる可能性はあります。時がたてば、北朝鮮が実情を隠蔽していたという、歴史的資料になるかもしれません。

真実が見えてこないどころが、実害のある場合もあります。それは、たとえば、先日の鳩山さんによる、イラン訪問による二重外交です。これは、実害あって利益なしの典型例になったと思います。



企業経営なども、このような陥穽にはまらないように、気をつけるべきと思います。ドラッカーは、よく、経営者は、現場に赴くべきとしていますが、これは、"経営者"というキーワードがあるように、まともな経営者は、現場に赴くべきといっているいるということです。まともではない人が、現場を頻繁に訪れても何もみえてこないこということです。普段から、情報や事実の積み上げをしている人が、いわゆる現場を訪れたときに、はじめて、事実が見えてきたり、それまでの事実の積み上げの確認ができるということです。


【関連記事】

「北朝鮮」というキーワードを含むこのブログの過去の記事はこちらから!!
コメントを投稿

【北朝鮮情勢】「韓国から個人資産の移動勧める」 非公式警告したトランプ政権高官は「申し分のない立場の人物」―【私の論評】北朝鮮情勢はますます緊迫!速やかに対処せよ(゚д゚)!

【北朝鮮情勢】「韓国から個人資産の移動勧める」 非公式警告したトランプ政権高官は「申し分のない立場の人物」 ソウル空港上空を飛ぶ米軍のB-1爆撃機と護衛のF-15戦闘機  東アジアを専門とする有力ニュースレター「ネルソン・レポート」は21日、複数のトランプ政権高...