2012年5月22日火曜日

【はじめて物語】トリンプ、ブラジャーに世相盛り込む!―【私の論評】失われた20年で、世相を盛り込みにくくなってきた?

【はじめて物語】トリンプ、ブラジャーに世相盛り込む!:


先頃、下着メーカーのトリンプが「スーパーCoolブラ」を発表した。同社は1987(昭和62)年以来、話題づくりにと変わったブラジャーを発表、最近では世相を反映した作品がマスコミをにぎわせる。



今回は夏の節電がテーマ、「電力に頼らず涼しさ実現」として日本の伝統的な夏の風物詩を表現した。凍らないジェル素材でできたブラジャーのカップは見た目も涼しい金魚鉢をデザイン、冷凍庫で一定時間冷やすとつけたときにひんやりとした触感も得られるという。

さらに、ブラのサイドにはミニサイズの柄杓と扇子も装着させるというしゃれっ気も覗かせ、ボトム部分はすだれや蚊帳をイメージさせたスカートに仕上げるという念の入れよう。

昨年の「なでしこ応援ブラ」
同社はこれまでも、2000円札の発行時には札の絵柄をプリントした和紙素材の「消費刺激ブラ」を発表したり、2008(平成20)年の裁判員制度導入時にはバランス感覚という意味でカップが天秤(てんびん)になる「裁判員制度ブラ」、昨年の女子サッカーブームを反映した「なでしこ応援ブラ」などを発表している。


トリンプのブラも当初はパブリシティーを意識したおもしろさを狙ったというが、最近では世相を題材としたものが主流、マスコミからも心待ちにされているとか。これらのように、世相を商品に取り込み話題づくり、という発想は他の企業でも応用できるのでは。(広告・イベント研究家 熊野卓司)


【私の論評】失われた20年で、世相を盛り込みにくくなってきた?

このトリンプの企画ブラは、このブログにも過去に何回か掲載してきたことがあります。そうして、毎年それなりに、世相を反映していたと思います。何かその時代の企画ブラをみると、確かに、その時代を思い出すことができます。

トリンプマイ箸ブラ
たとえば、昨年のものは、「やまとなでしこ」応援ブラということで、二人の女性が着用している、ボトムを二つあわせると、日の丸になるというデザインは、「絆」の大切さを表していたと思います。それは、もちろんのこと、昨年の大震災でわたしたちが、思い知らされた「絆」の大切さを思い起こさせるデザインであり、ただそれだけではなく、「やまとなでしこ」応援ということで、暗い世相の中でも、明るい話題を提供していたという点で秀逸なものであったと思います。

裁判員制度ブラ
しかし、今年の企画ブラ、これはという訴求点がありません。特に、昨年の震災という最中にあってさえも、「なでしこ」という明るさがあったのに、明るさが微塵もありません。そのためでしょうか、上のZAKZAKのもとの記事でも、今年のものは、記事の中で紹介するにとどめ、写真は昨年のものを掲載しています。

優勢民営化ブラ
これは、どうしてなのかと考えるに、今の日本、政治や経済の課題が一向にかたづかず、閉塞感に溢れているからだと思います。昨年は、大震災がおこってしまったということで、「絆」の大切さを訴えるということで、うまくいったのですが、今年は特になにがあるのかと、見回してみたところ、本当にこれといったものはないです。

太陽光発電ブラ
地震の復興は、まだまだですし、原発を含むエネルギーの問題も何も解決していません。それどころか、ご存知のように日本の原発は、全部が稼働中止の状態になってしまいました。そうなると、今年の何は、電力需要が逼迫するのは、必定です。ですから、今年の企画ブラは、夏の節電がテーマであり、「電力に頼らず涼しさ実現」ブラということになっています。結局節電しかなく先に、希望がみあたらないということです。
婚活ブラ
このブログでは、以前トリンプの企画ブラといえば、「レジ袋ブラ」を掲載したことがあります。この年には、良くも悪くも、「エコ」がかなりの話題になりました。猫も杓子もとにかく、「エコ」ということで、いろいろな試みも行われ、とても、エコとは思えないような、高級ブランドの「エコバッグ」なども売れていました。しかし、この「エコ」もそんなに長続きはしませんでした。数年まえから、いわゆる「エコ疲れ」という現象が目立ってくるようになりました。

レジ袋ブラ
それに、マスコミも従来のように「エコ、エコ」と連呼することはなくなりました。これに関しては、そもそ地球温暖化二酸化炭素説や地球温暖化災厄説がかなり疑わしいいことや、あれほど、脚光をあびていた、二酸化炭素取引市場なるものも、低調であり、さらに追い打ちをかけるように、今の世界は、欧州の経済危機や、アメリカの経済の不振というところで、それどころではないという雰囲気です。

投票率アップブラ
そうして、極めつけは、今の政府の増税論議です。この増税論議を正当化するため、総理自らが、財政破綻論をぶちあげ、なんと、国民の資産である、政府の国民への借金を国民の借金であるかのごとく国会で演説するという有様です。なんと、国民一人当たり、平均700万円も借金をしているなどと、あからさまに、デタラメを言う始末です。あの演説には、さすがの財務省も驚いたのではないかと思います。そうして、多くのマスコミは、これを正すような報道をするのではなく、後押しするような報道ばかりします。

エコ地球儀ブラ
そうして、特に政府のやることは、本当におかしいです。日本が財政破綻するというのなら、それに見合った行動をすべきなのに、そうではありません。たとえば、野田佳彦首相が昨日の衆院社会保障・税一体改革特別委員会で、自民党の石原伸晃幹事長から過去の“発言”を追及され、陳謝する場面がありました。

大江戸ブラ
首相は平成20年12月に自身のホームページに掲載したコラムで、当時の麻生太郎首相が国際通貨基金(IMF)に1000億ドルの支援を決めたことを「米国次期大統領はバラク・オバマさん。日本の首相はバラマキ・オバカさん」と酷評しました。

マイ田んぼブラ
石原氏は首相が先日の主要国(G8)首脳会議(キャンプデービッド・サミット)でIMFへの600億ドル拠出を表明したことを取り上げ「首相こそバラマキ・オバカだ」と批判。首相は表現について「妥当ではなかった」と謝罪しましたが、「当時は個別国の危機がいわれていたが、今回は欧州全体の危機で世界経済に伝(でん)播(ぱ)する可能性もあり、状況は違う」と反論しました。

少子化対策ブラ
麻生さんは、そんなことはいいませんでしたが、政破綻をするといっている野田首相が、IMFになぜ、600億ドルもの拠出をするのか、全く理解できません。財政破綻するなら、逆でしょう。IMFに日本にお金を出すように働きかけるのが、矛盾しない行動だと思います。それに、最近で、1兆円近く、中共政府の許可がないと売ることもできない、中国国債を買うこともきめています。そうして、アメリカ国債も買いますし、経済危機におちいりそうな韓国には、向こうから頭を下げて、頼まれる前に、多額の円借款を確約しました。財政破綻する国の首相なら、中国に大量に日本国債を購入してもらうように頼むとか、アメリカには、日本のアメリカ国際を買い戻してもらうように依頼するとか、韓国には、円借款などしないというが当たり前なはずです。でも、やっていることは、その逆です。こうした、矛盾に、野田さんも、安住さんも気づいていません。

ナイスカップINブラ
これが、本当に財政破綻する国のトップや財務大臣が行う行動でしょうか?無論違います。それに、財政破綻する国の貨幣の価値があがるなんてこと、日本でいえば、円高になるなどということはあり得ません。日銀が、市中銀行から国債を買おうとしたところ、札われが生じてしまいました。要するに、日銀が買おうとしていた合計金額よりも、実際に市中銀行が買い取りを希望した金額のほうが低かったということです。また、国債の長期金利も低めで推移しています。要するに、日本国債は、あいかわらず、日本国内市場で人気が高く、信用もあるということです。これらは、日本が財政破綻するという考えとは、全く矛盾します。現実の日本は、国としての借金は全くないどころか、世界で一番金を外国に貸している国です。その額は、貸し借りの差額を差し引いた対外純金融資産で、260兆円にのぼります。これは、過去20年間世界一という水準でバブルの頃より増えています。だからこそ、政府も安心して、お金をポンポン拠出したり、貸したりできるし、円高になるし、日銀買いオペで札われが生じたり、日銀の長期金利があがらないのです。とてもとても、借金国の政府の行動や、そうした国でおこる現象ではありません。

楽天イーグルスブラ
こんな事実から、国民は、まるで、仮想現実世界にいるような気分になっていると思います。これだけ余裕のある国の国民が、政府、財務省、日銀それにこれらを後押しするマスコミによって、無理やり、日本が借金大国であるかのような誤ったバーチャル・ワールドに押し込められているようなものです。これでは、あのオームが、信者に対して行っていた、マインド・コントロールと何も変わりありません。しかし、マスコミもこぞって、このような報道をするので。最早、日本の大手新聞の特に、マクロ経済に関する報道の95%は間違いといっても過言ではありません。こんな、マインド・コントロールにかかっていない人は少数です。

ようこそ日本ブラ
このような世相ですから、まともな企画ブラのアイディアが出てこないのも無理もありません。今年のブラまさしく、期せずして今の世相をあらわしています。政府、日銀がまともな働きをしないために、雇用はいつまでたっても、回復せず、増税すれば、国民の所得はますます、減り、税収も減ることになります。その前に本来であれば、デフレ回復の手立てであるはずの、積極財政、金融緩和をすべきなのに、さらに、増税でデフレ政策を加速して、日本経済を半殺しにしようとしています。

Theプレミアム阪神タイガースブラ
政府、日銀の役割は、その時々の、財政や金融政策で、実体経済を正常に保つという任務があります。今の政府、日銀は、その義務を放棄して、さらに、増税、金融引き締めによって、日本の経済を半殺しにしようとしています。にもかかわらず、多くの人々は、仕事をしないどころか、成果をあげるのでなくその逆ばかりやり、日本の経済を疲弊させ、さらに、国民が借金をしているから、増税するなどという馬鹿なことを国民に吹き込んでいる政府や日銀を責めることもなく、本当の理由をしらされないままです。こうしたマインドコントロールにかけられている自分を疑いもせず、バーチャルワールドで、閉塞感にさいなまされています。そうして、多くの人は、自分を責めています。はなはだしい場合には、自殺する人もいます。このままだと、さらに自殺者が増えることになります。大企業の経営者もこのままだと、日本で事業を営めなくなるため、海外に拠点を移すことになります。そうなれば、ますます、雇用は減ります。こんな、堂々巡りはもうたくさんです。

頑張れ!ハルウララブラ
さて、このような世相来年こそは、その原因は、はっきりしているわけですから、早々に改めてもらいたいものです。これを積極的に推進するグループが力を得て、政府にデフレ下の増税をストップさせていただきたいものです。失われた10年といわれてから、久しく、もうすぐ、失われた20年になろうとしている日本です。 ちなみに、上記で掲載したブラはすべて、日本がデフレになってからのものです。こんなにデフレが続くのは、日本だけです。 こんな異常な状況には、そろそろ終止符を打たなければなりません。そうして、国民もバーチャル・ワールドから目覚めて、現実世界に復帰すべきです。そうして、この企画ブラを考える人が、明るい企画を考えられるようにまずは、経済だけでも、まともにするとか、少なくともまともにする目処がたつようにしてもらいたいものです。

さて、来年こそは、明るい企画ブラができて欲しいと、祈るのは私だけでしょうか?



【関連記事】

イタリア人は“赤ブラジャー”でゲンかつぎ!?世界の“ブラ事情”とは―日本では食品による験担ぎが多い!!








コメントを投稿

「もっと経済制裁が強化されたら嬉しい」北朝鮮庶民から意外な声―【私の論評】北朝鮮制裁は富裕層を狙い撃ちせよ(゚д゚)!

「もっと経済制裁が強化されたら嬉しい」北朝鮮庶民から意外な声 金正恩 北朝鮮に対する国際社会の制裁圧力は、じわじわとその効果を表している。北朝鮮国内からはガソリンや食料価格の上昇が伝えられており、庶民の生活が心配される段階に入りつつある。 現在の北朝鮮の食...