2012年6月19日火曜日

「月額1000円」スマホに照準 増える定額見放題−【関連記事】反日・韓流・低俗メディアには、飽き飽き、まともな番組をみたいと、思うのは私だけ?

「月額1000円」スマホに照準 増える定額見放題


 映画や過去のテレビ番組を「定額見放題」で提供するインターネットサービスが続々と登場している。以前はパソコンでの視聴が主流だったが、最近はスマートフォン(スマホ、高機能携帯電話)やタブレット端末に主戦場が移り、価格帯は「月額1000円」前後に集中。定額見放題の増加は、コンテンツの楽しみ方を変えそうだ。(織田淳嗣)

NHKが先行

 米ロサンゼルスに本拠地を置く動画配信サービス「Hulu(フールー)」は、昨年9月に日本でサービスを開始。「24」などの米人気ドラマや日米の映画計5700本以上が見放題で、当初は月額1480円だったが、今年4月に980円へ値下げした。運営のフールージャパンによると、利用者から値下げの要望があり、権利者への還元を踏まえ、利益確保できる価格設定として「980円が最適」と判断したという。


バンダイチャンネルの画面

 昨年8月に見放題をスタートしたアニメ中心の「バンダイチャンネル」では、税抜き月額1千円という価格設定について「悩んだが、最終的に切りが良く支持されやすい料金設定にした」(広報担当者)と説明。NTT系の「ひかりTV」は昨年12月、光回線を利用していない人も対象にスマホ向け見放題サービスをスタート。月額350円で数百本、1千円で数千本のソフトを提供している。

この記事のつづきは、こちらからZAKZAK

【関連記事】反日・韓流・低俗メディアには、飽き飽き、まともな番組をみたいと、思うのは私だけ?

この手のテレビで見たことがあるのは、huluだけです。日本に参入してきたばかりの頃、2週間ほど無料で視聴しました。視聴は、もっぱら、iPadでした。テレビ番組もあるし、映画もあるしで、なかなか、良いと思いました。しかし、その当時はまだ、視聴料から高かったことと、視聴する時間もなかったので、継続はしませんでした。今は、視聴料が安くなったので、どうしようかと揺れ動いているところでもあります。


私は、アップルTVの第二世代を所有しているので、アップルTVでも、もっともっとコンテンツを充実させて欲しいと思います。今のところ、アップルTVは、映画とYouTube、Vimeo(上の動画は、vimeoのものです)のような動画を見るだけというところです。アップルTVでは、残念ながら、今のところテレビ番組は、アメリカのものだけで、しかも、本当に限られたものしかみられません。日本のものは皆無です。有料であっても、日本のものもあり、見たい番組があり、それも、Huluのような料金体系であれば、是非購読したいです。それから、アメリカでは、YouTubeで、テレビ番組が無料で、オンディマンドで多数放映されています。ニュースからテレビからかなり内容も豊富です。こういうサービスを日本でもやっていただきたいものです。

アメリカでは、YouTubeで、テレビ番組が放映されている

とはいいながら、今後 、アップルTVは、現在のような外付けタイプのほかに、内臓タイプのものもできるでしょうし、GoogleTVも販売されていますからいずれ、TVでインターネットで配信するようなものは、すべて視聴できるようになるのは、間近であると考えられます。そうなると、どうしようもない、くだらない番組、韓流、その他反日的番組ばかり報道するようなメディアは、いずれ駆逐されるのではないか思います。

インターネットによるTV番組配信は、これからかなり伸びると思います。もう、テレビは、見たい番組が放映されるのを待って見たり、録画しておいて見るものではなく、見たいときに見るメディアに変貌しつつあるということです。 そうして、コンテンツもかなり豊富になり、それこそ、ユーザーの選び放題になるということです。いずれにしても、TVでインターネット配信を当たり前に受信できる時代は、技術的にはもはや何の問題もなく、すぐそこまできています。いずれ、すべてのテレビが受信可能となることでしょう。そうして、パソコンやiPadや、スマホでテレビを見るのは個人で見る場合などに限られるようになると思います。

iPadで見たhuluの映画。パソコンより美しく見える!!
そうなれば、以下の図のような、古いテレビのしがらみ、結びつきなど、自然と瓦解していくものと思います。そうして、インターネットテレビでも、以下のような関係を構築したいと考える勢力もいるとは、思いますが、それは、全く不可能になると思います。以下のような図式はたとえば、電波法などがあり、その電波の枠を取得した会社など、ごく少数の会社で構築すれば良かったものが、インターネットでは、そうはいかないです。YouTubeですら、このような関係を構築しようとか、特定の意図に従わせようとしても、そもそも、不可能です。これから、有料でインターネット配信などで、番組が普通に配信できるようになれば、これを制御することなどそもそも不可能です。



私は、SAKURA-SO-TVや、チャンネルAJERの番組をYouTubeでよく見ますが、これらも、今はYouTubeでも配信されています。SAKURA-SO-TVに関しては、スカバーで有料配信をしていますが、これなどは、やめて、これも、いずれは、huluなどのように、有料インターネット放送にすると良いと思います。それも、これだけを配信するのでなく、チャンネルAJERも含めていくつも配信するようにして、その中の一つとして、位置づけ放送するようになればと思います。そうして、もっと多くの人が視聴して、既存メディアだけではなく、様々なメディアにより、様々な立場からから番組を見られるようにすべきと思います。

年末年始に辟易とさせられる、低俗バラエティー番組
これからも、このような傾向がますます、強まり、どうしようもない既存メディアを速く駆逐していただきたいものです。もう、反日、韓流、低俗番組には本当に飽き飽きしました。最近は、アップルTVなどあるおかげて、年末年始など随分重宝しています。


【関連記事】


「平清盛」視聴率12・6% 今年ワーストを更新−【私の論評】新聞を購読しない、テレビを視聴しない人がドラッカーのいう「すでに起こった未来」になる!!


フジテレビ視聴率三冠王陥落!!日テレが2011年三冠王に!!―【私の論評】フジテレビの韓流路線はどうなるか?


アップルTVの画像が流出―【私の論評】日本のメーカーへの警告!!Appleは、テレビを売っているわけではない?



YouTubeが国内でもビデオレンタルサービスを開始、Android端末でも視聴は一応可能―【私の論評】ますます映画館に行かなくなる今日この頃?!


グーグル、次はネットテレビ インテルやソニーと開発へ―古いパソコンを見直してみては?



コメントを投稿

大勝をおさめた安倍政権が「まずやるべき」経済政策はコレだ―【私の論評】戦後最低議席数の野党第一党立憲民主党誕生(゚д゚)!

大勝をおさめた安倍政権が「まずやるべき」経済政策はコレだ 選挙後の課題は積みだから  高橋洋一       リベラルは弱体化したのか  22日投開票の衆院選。台風の直撃を受けて投票率は散々であったが、結果は予想通り、与党の勝利であった。前回筆者が示した予想と比...