2014年3月11日火曜日

朝日新聞が刺殺未遂事件容疑者を日本人のように書く 朝日だけ「韓国籍」なしの通名表記―【私の論評】通名も問題だが、日本国籍取得も簡単すぎる日本は隙だらけ(゚д゚)!

朝日新聞が刺殺未遂事件容疑者を日本人のように書く 朝日だけ「韓国籍」なしの通名表記




3月9日京都市右京区にて起きた刺殺未遂事件。刺された男性は、搬送先の病院で死亡したことが確認された。各社がこの事件を報道しているが、実に興味深いことが判明した。なんと朝日新聞だけが容疑者を通名で表記、「韓国籍」とも書かれていないことがわかった。何も知らない人がこの朝日新聞の記事を読むと、日本人が容疑者のように思えてしまうだろう。

ちなみに朝日新聞の表記は「無職安東泰和容疑者(61)」である。

では他社媒体はどうなっているのだろうか。

日刊スポーツ:無職金洙吉容疑者(61)
日テレNEWS24:金洙吉容疑者(61)
NHK:金洙吉容疑者(61)
産経新聞:韓国籍の無職、金洙吉容疑者(61)
毎日新聞:無職、安東泰和(やすかず)=本名・金洙吉=容疑者(61)
47NEWS:金洙吉容疑者(61)

逮捕された男性は自称韓国籍で金洙吉(キン・シュウキチ)と名乗っている。報道の自由があれば報道しない自由ということなのだろうか。国籍も出さずに通名表記する朝日新聞の意図は?

近隣住人刺す 殺人未遂容疑で緊急逮捕 無職の男 京都
http://www.asahi.com/articles/ASG394CMRG39PLZB004.html

<この記事に対するコメント&ツイート>
・やっぱり在日特権ってあるじゃん。朝日新聞は犯罪者の国籍を正しく報道すると、何か都合でも悪いの?
・何の配慮か分からんが、朝日だけ通名報道してもネット社会では全く意味がない。
・とっとと通名なくせよ。そうすれば「また在日か」なんて言われなくて済むだろうに。
・この徹底ぶりはなんなのかね?
・いつもの事ですよ (;^ω^)
※みなさんのコメントやツイートを記事公開後に追記しております。

※画像は朝日新聞デジタルのウェブサイトより引用。

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

【私の論評】通名も問題だが、日本国籍取得も簡単すぎる日本は隙だらけ(゚д゚)!

通名問題については、以前からこのブログでもその危険性についてあげきてきました。その典型的な記事のURLを以下に掲載します。

通名制度を見直し 変更数十回など不正の温床となるケースも 片山さつき議員―【私の論評】通名は全面廃止すべき!私たち日本人は、実際に日本国内において民族浄化の脅威にさらされている!犯罪の温床を殲滅せよ(◎_◎;)!

詳細は、この記事をご覧いただくものとして、以下にその一部分をコピペさせていただきます。
外国人が通名を変える例は珍しくない。中には、数十回も変えたケースもあり、不正の温床になることも。実際、11月1日、埼玉県警組織犯罪対策課と大宮西署は何度も通名を変えて約160個もの端末を転売した韓国籍の男性を、組織犯罪処罰法違反および詐欺容疑で逮捕した。 
片山氏は「通名制度も、そろそろ見直した方がいい」といい、存在への疑問をこう語る。 
「通名制度は、昭和14(1939)年の創氏改名制度で日本名を持った人々が、敗戦後の21(46)年の姓名復旧令で、その日本名を使用したのが始まりです。日本で生きていくにはその方が便利だったというほかに、戦後の混乱期に、一度登録した通名で商業登記や不動産登記などの手続きが積みあげられてしまった側面もありました」 
だが、通名を記載できた旧外国人登録制度(2012年廃止)とは異なり、現行制度では、特別永住者証明書にも在留カードにも、通名を記載する個所がなくなった。片山氏は続ける。 
「戦後生まれの人は、通名を持つ意味は少ない。日本名を名乗りたければ帰化すればいいのです」
さて、この記事では、片山さつき議員は、「日本名を名乗りたければ帰化すればいいいのです」と語っていますが、この帰化制度も現在の日本のものは非常に問題です。

だいたい日本の国籍取得の条件は他国に比べてかなり容易です。その証拠に2007年末に中国国籍から日本国籍に帰化した石平氏がご自身のブログで以下のようなことを書いています。

石平 「国家意識」の欠如こそ日本の最大の病巣

詳細は、この記事をご覧いただくものとして、以下にこの記事の一部分をピックアップしてコピペさせていただきます。
帰化手続の最初から最後まで、私は一度も、日本国民の一員となることの意味、あるいは日本国民の一員になったことの意味を当の日本国から問われなかった。 
さらに、法務局へ帰化申請に行ったとき、そこで問われたのは在日日数がどれくらいか、安定した収入があるのか、そして「前科」のなにものであれば、それで日本国籍への帰化を申請できる。 
しかし、「お前はどうして日本人になりたいのか」「お前は日本が好きなのか」「お前は日本の皇室や日本の伝統文化をどう思うか」といったような、日本国が一外国人帰化申請者に対してまず、聞かなければならない大事な質問はいっさい出なかった。
この外国人が日本のことをどう思っても別にどうでも良いと思われるような対応ぶりであると述べている。
米国では国籍取得の条件に、「米国の憲法を支持し、米国に忠誠を誓うこと」「永住権保有期間、18~26歳の男性の場合、米国徴兵登録を済みであるということが条件」としています。それに、これはどのように判定されるかまでは知りませんが、面接において「あなたの国と、米国が戦争になった場合は、あなたはどちら側につくのか」とはっきりと聴かれるそうです。

わが国には、石平氏が述べている通り「日本という国家意識」からは程遠い帰化人も多数帰化し、反日運動または反日プロパガンダに暗躍し、それを後押ししているのが中・韓というのが構図になっています。

以下は、「たかじんのそこまで言って委員会」の番組からのキャプチャー画像と発言をまとめたものです。日本に帰化された方々意見を掲載しています。

チベット人であったペマ・ギャルボ氏、台湾人であった金美齢氏は、元の祖国と戦争や利益が衝突した場合には、はっきりと日本の側に立つことを表明しています。

ところが中国人の張景子氏は、自ら日本国籍を取得した中国人と称しています。そうして、日本国籍を取得した理由の一つに日本のパスポートは万能であることをあげています。確かに、日本のパスポートがあれば、ほとんど全部の国にノービザで入国可能です。アメリカのパスポートでさえ、入国できない国はたくさんあります。中国のパスポートでは、そもそも入国できない国が多いです。

確かに、日本のパスポートは万能ですが、それが欲しいがために帰化して、日本国籍の中国人と称するのは、いかんともしがたいです。

こんなことで、日本国籍が取得できてしまうという今の現実。鳩山さんじゃないですが、まさに、「日本は日本国民だけのものではない」ということです。

日本に忠誠心のない多数の中国人、韓国人などが形だけ日本国籍を取得し、通名制度なども今のまま放置しておけば、統計数字だけみて、日本の人口が増えたなどといいながら、その実ほとんどは、外国人とその子供だけが増えているなどという悪夢のようなことが起こるかもしれません。

国際法上からいっても、移民・難民は受け入れる義務などありません。しかし、現実には日本では通名もあれば、帰化が容易ということで、抜け穴だらけてす。

このあたり、日本はもっと足元を固める必要があると思うのは、私だけでしょうか。皆さんは、どう思われますか?

【関連記事】

通名制度を見直し 変更数十回など不正の温床となるケースも 片山さつき議員―【私の論評】通名は全面廃止すべき!私たち日本人は、実際に日本国内において民族浄化の脅威にさらされている!犯罪の温床を殲滅せよ(◎_◎;)!

邦人13万人「人質」可能性も 元警視庁捜査官、日中関係緊張を語る―【私の論評】こんなリスキーな中国からひきあげられるなら、個人も、法人もすぐに行動に移そう!!ましてや、今から進出するのは無鉄砲!!

到来するか「習近平不況」 贅沢で無駄な諸活動の改善が思わぬ方向に―【私の論評】終末社会をむかえた身の毛もよだつ驚くべき中国の真相!!利己主義の行き着く先は、地獄か!!

首相、中韓の土地買収封殺へ法整備決意 「安全保障に関わる重要問題」―【私の論評】この国が総合商社「人民解放軍」を持つ中国や小判鮫韓国にならないうちに、極悪非道外国人による土地買収規制法だけでなく、スパイ防止法も導入せよ\(◎o◎)/!

プーチン氏 韓国告げ口外交に不満持ち露韓首脳会談に遅刻か―【私の論評】反日やっても、何も変わらず!ますます、韓国の国際的地位を弱め、国内では不満を高めるだけ、韓国はやるべきことをやれ(゚д゚)!


【関連記事】

マスコミが絶対教えてくれない 中国・韓国・北朝鮮 (晋遊舎ムック)

晋遊舎 (2013-06-21)
売り上げランキング: 20,502

日本一わかりやすい保守の本-KAZUYA CHANNEL (SEIRINDO BOOKS)
KAZUYA
青林堂
売り上げランキング: 1,974



反日韓国人撃退マニュアル (晋遊舎ブラック新書014)
桜井 誠
晋遊舎
売り上げランキング: 19,425


コメントを投稿

富岡八幡宮事件に見る、組織に「怨念」を抱く者の恐ろしさ―【私の論評】組織の精神を健全に保たなければ怨霊が輩出することになる(゚д゚)!

富岡八幡宮事件に見る、組織に「怨念」を抱く者の恐ろしさ 富岡八幡宮の殺人事件で、容疑者による、関係者やマスコミに宛てた長文の遺書が話題となっている。「怨霊」「祟り」など、真に受け難い文言が書かれているが、事件の舞台が神社である以上、これを「頭のおかしな容疑者の独り言」として...