2016年2月7日日曜日

北朝鮮、特別重大報道で「人工衛星発射成功」を宣言―【私の論評】韓国にはるかに立ち遅れた北朝鮮が、水爆や長距離弾道ミサイルに挑戦できるのはなぜ?

北朝鮮、特別重大報道で「人工衛星発射成功」を宣言




北朝鮮は7日正午(日本時間午後0時30分)、国営メディアの「特別重大報道」を通じて「地球観測衛星『光明星-4』号を軌道に進入させるのに完全に成功した」と報じながら、長距離弾道ミサイルの発射実験が成功したことを宣言した。

同通信は「『光明星-4』号発射の完全成功は偉大な朝鮮労働党の科学技術重視の政策の党機関紙・結実であり、自主的な平和的宇宙利用権利を堂々と行使して国の科学技術と経済、国防力を発展させていくことから画期的な事変となる」と強調した。

朝鮮中央通信の報道全文は次の通り。(※編集部訳)

朝鮮国家宇宙開発局 地球観測衛星「光明星ー4」号を成果的に発射したことに関連した報道を発表
【平壌2月7日発 朝鮮中央通信】朝鮮民主主義人民共和国国家宇宙開発局の科学者、技術者は国の宇宙開発5カ年計画、2016年の計画に基づき、新たに研究開発した地球観測衛星「光明星-4」号を軌道に進入させることに完全に成功した。
運搬ロケット「光明星」号は、主体105(2016)年2月7日9時に平安北道鉄山郡東倉里から発射されて、9分46秒である9時09分46秒に地球観測衛星「光明星-4」号を軌道に正確に進入させた。 
「光明星-4」号は、97.4゜軌道傾斜角で、近地点高度494.6キロ、遠地点高度500キロの極軌道を回っており、周期は94分24​​秒である。 
「光明星-4」号には、地球観測に必要な測定機材と通信機材が設置されている。 
「光明星-4」号打ち上げの完全成功は、偉大な朝鮮労働党の科学技術重視政策の誇らしい結実であり、自主的な平和宇宙利用の権利を堂々と行使し、国の科学技術と経済、国防力を発展させていく(注:太字はブログ管理による)うえで画期的な出来事となる。 
太陽朝鮮の最大の民族的祝日である光明星節(訳注:金正日氏の誕生日)の日が日々近づきつつあり、2月の澄んだ青い春の空に刻まれたチュチェの衛星の恍惚とした飛行機雲は、われわれの宇宙科学者、技術者が偉大な金正恩同志と尊厳高きわが党が、わが国と人民に捧げる最もきれいな忠誠の贈り物である。
朝鮮民主主義人民共和国国家宇宙開発局は、偉大な朝鮮労働党の科学技術重視政策を高く奉じ、今後もチュチェ衛星をより多く万里大空に打ち上げるだろう。 
チュチェ105(2016)年2月7日 平壌
【私の論評】韓国にはるかに立ち遅れた北朝鮮が、水爆や長距離弾道ミサイルに挑戦できるのはなぜ?

北朝鮮は従来は、事実上の長距離弾道ミサイルの打ち上げであっても、『地球観測衛星』の打ち上げとしか発表しませんでしたが、今回は「国防力を発展させていく」とも発信しており、長距離弾道ミサイルの発射実験が成功したことを宣言しました。

この強引な、人工衛星打ち上げの背後には何があるのか、本日の産経新聞に以下のような記事がありました。
【正恩支配 何が起きた】「核実験…中国に見せつけてやる」 若き指導者が自信を深めた3つの理由とは?
平壌で開かれた朝鮮労働党と朝鮮人民軍の拡大会議に出席した金正恩第1書記(中央)。
右から4人目が金英哲氏とみられる人物(労働新聞のウェブサイトから)
 詳細は、この記事をご覧いただくものとして、若き指導者が自信を深めた3つの理由を以下に要約して掲載します。
  1. 核実験の名分にも「米の敵視政策」への自衛を掲げるとともに、「われわれが最も警戒しなければならない国」と中国を名指ししている。中国の思い通りにならないという断固たる意志を見せつけてやるために、元帥(金第1書記)の指示で水爆実験を実施した。
  2. 正恩政権は2012年に「6・28措置」と呼ぶ経済策を打ち出し、農業改革に取り組んできた。取れ高の一定割合を農民が自由に扱えるようにし、生産意欲を鼓舞するのが狙いだ。この成功を金正恩は過信している。
  3. 4日付党機関紙、労働新聞は、会議の席上、紺の人民服姿で金第1書記のそばに座る金英哲(ヨンチョル)氏を写した写真を掲載した。対北情報筋は、昨年末に事故死が発表された金養建(ヤンゴン)氏に代わって、対韓政策を統括する党統一戦線部長と書記を兼務したとの見方を示した。相次ぐ挑発で外交的な亀裂を招いたとして本来、問責されるべき人物が、対外交渉を担う最側近の地位を固めた。
 今回は本当に人工衛星打ち上げに成功したのでしょうか。これを確認するには、今後各国の観測結果などの公表を待つしかありません。

実は、北朝鮮の人工衛星打ち上げは過去にはすべて失敗しています。それに関しては、以下の記事をご覧ください。
一度も成功してない北朝鮮の「人工衛星」
辺真一(ピョン・ジンイル)氏
この記事は、コリア・レポートの編集長である辺真一氏によるものですが、この記事の中で、辺氏は、北朝鮮が「衛星」と称する発射は、1998年8月と、2009年4月、2012年4月、そして直近の2012年12月12日の計4度がありましたが、これらの打ち上げはすべて失敗であったことを信頼に足るエビデンスをもとに主張しています。

人工衛星の打ち上げというと、あの韓国ですら、打ち上げに初めて成功したのは、2013年1月30日のことです。

韓国は、人工衛星の打ち上げに2002年に着手して以来、2度の打ち上げ失敗を経て、この時についに「羅老号」による人工衛星打ち上げに成功しました。羅老号は、韓国の技術で開発した宇宙環境観測機能を装備した羅老科学衛星を載せて宇宙に飛び立ち、衛星を無事軌道に乗せた。31日の午前3時28分には、韓国科学技術院人工衛星研究センターにある地上局と羅老科学衛星が初交信に成功しました。

このの成功によって韓国は、旧ソ連、米国、フランス、日本、中国、イギリス、インド、イスラエル、イランに続いて10番目の衛星打ち上げ成功国になりました。

ロケット羅老
羅老ナロ朝: 나로호英: NaroもしくはKSLV-IKorea Space Launch Vehicle-Iロシアのクルニチェフ国家研究生産宇宙センターと大韓民国の韓国航空宇宙研究院 (KARI) が共同開発した人工衛星打ち上げロケットです

羅老は390人体制の専門人材により開発されたロケットで(韓国側だけの人数かどうかは不明)、ロシア国内で製造されるアンガラ・ロケットの第1段を基盤としており、射場となる羅老宇宙センターもロシアの技術援助のもとに設立されました。

韓国の人工衛星打ち上げロケットは、ロシアの技術を導入したものです。

最初の弾道ミサイルは、第二次世界大戦中のナチスドイツが開発したV2ロケットで、戦後ドイツにいた技術者や資料が、アメリカとソ連に流出し、ミサイルやロケット技術の発展に寄与しました。

北朝鮮のミサイル技術も、ソ連の流れを汲むものですが、すでに完成された技術をつかっており、精度を更新するための工夫はあっても、ほとんど進化していません。

とはいいながら、自前で、車や航空機を製造することができるある程度技術のある国にとっては、そうなのですが、発展途上国などではなかなかそうはいきません。

にも関わらず、北朝鮮が成功したしないは別にして、とにかく人工衛星発射に挑戦できるだけの技術基盤をどのようにして構築したのでしょうか。

無論、旧ソ連の技術を転用してたりしているはずですが、それにしても、特に韓国と比較して、著しく技術面でも、経済面でも遅れてしまった北朝鮮でなぜそれが可能になったのでしょうか。

それは、歴史を遡るとおのずと答えがでてきます。

大東亜戦中・戦前はご存知のように、朝鮮半島は日本に統治されていました。そうして、実は、日本統治時代、電源開発や工業化において、南朝鮮よりも、北朝鮮の方がはるかに進んでいました。

朝鮮と満洲の国境を流れる鴨緑江の水系には当時世界最大級の水豊ダムがあり、支流の赴戦江、長津江、虚川江にもダムがありました。

現代の水豊(スプン)ダム
このダムは太平洋戦争の泥沼化の中、1944年3月、水豊水力発電所(発電能力:60万kW)と共に竣工しました。この発電規模は当時の世界最大級であり1940年当時の日本国内の水力発電規模280万kWと比較してもその大きさは容易に比較できます。7基の発電機は各々約10万kWの発電能力を持っていたが、当時世界最大級の能力であり、製造を受注した東京芝浦電気(現在の東芝)は製造のために新工場を建設しました。

1945年8月9日、ソ連軍(赤軍)侵攻により、7基の発電機のうち5基を略奪されました。略奪された発電機は、カザフスタン共和国、イリティッシュ川(エルティシ川)上流のダムで確認されています。

朝鮮戦争中に雷撃を含む、アメリカ軍機の攻撃を受けたが、ダム構造が堅牢であったため決壊を免れました。ただしこの攻撃で北朝鮮では発電能力が激減し一時、広域にわたって停電しました。戦後に北朝鮮は発電能力を増強して復興しました。竣工から70年以上経過した現在もダム本体は大きな改修工事が行われず現役であり、現在も北朝鮮の重要なエネルギー源の一つです。なおダム湖は中朝国境となっていて、北側は中国領です。

戦中には、この電力を使い、北部の日本海に面した興南という地に、日本窒素肥料(現チッソ)が大規模な化学工場を建設し、硫安などの肥料を量産していました。

最近の北朝鮮の旅客機の客室乗務員 スカートの丈が短くなった
戦後、日本から莫大な工業資産を引き継いだ北朝鮮の経済は長い間、農業国の韓国より優位に立っていました。1975(昭和40)年の一人当たりの国民所得は、韓国120ドルに対し、北朝鮮は190ドルでした。しかし、その10年後、韓国580ドル、北朝鮮450ドルと逆転しました。

これは昭和40年の日韓国交正常化に伴う日本からの経済協力(無償3億ドル、有償2億ドル)を経済発展のために使った当時の朴正熈大統領をはじめとする韓国民の努力の成果でした。

北朝鮮はすでに日本統治時代の資産を食いつぶし、現在のような状況に陥っています。しかし、日本から受け継いだ工業技術などは細々とでも、引き継いできたのでしょう。特に、民生分野ではかなり立ち遅れてしまいましたが、日本統治時代の資産の上に、旧ソ連などの技術などを継ぎ足し、継承しているのだと思います。

だからこそ、発展途上国であり、経済的にも恵まれず、人民が食うや食わずの状態でありながらも、人民を犠牲にしてでも、軍事技術などは何とか維持発展させ、核兵器や弾道弾などの技術に挑戦できるのです。

もし、北朝鮮が日本の統治を受けておらず、中国の属国のままであったとしたら、今頃、核兵器や大陸間弾道弾などとは無縁の国であったことでしょう。技術的な基盤がまったくないところに、ソ連などの技術を移転したとしても、自前で核兵器や、大陸間弾道ミサイルなど、なかなか開発できるものではありません。

この事実は、マスコミ等ほとんど報道しませんが、紛れも無い事実です。

【関連記事】

【スクープ最前線】米、東アジアで異例の軍備増強 北朝鮮急襲「Xデーは2月末」の衝撃情報―【私の論評】混迷する世界!「政治的メッセージ」を聴くのも、発信するのも飽きた米国?



【北サイバー攻撃】北朝鮮に責任取らせる オバマ氏、経済制裁の大統領令に署名―【私の論評】マスコミが報道しない世界の動きの背景を知り、戦後体制からの脱却は、決して非現実的でもないし、夢物語ではないことを認識せよ(゚д゚)!

中国が北朝鮮を「我が国の省」として扱う可能性を示唆―米紙―【私の論評】そう簡単に事は済むのか?!

【関連図書】
生きるための選択 ―少女は13歳のとき、脱北することを決意して川を渡った
パク・ヨンミ
辰巳出版
売り上げランキング: 7,185
「音楽狂」の国: 将軍様とそのミュージシャンたち
西岡 省二
小学館
売り上げランキング: 10,244
実録・北の三叉路
実録・北の三叉路
posted with amazlet at 16.01.27
安宿 緑
双葉社
売り上げランキング: 6,575
コメントを投稿

「北朝鮮問題」覚悟を決めた安倍首相と、決められない野党の「大差」―【私の論評】政党が守るべき六つの規律と駄目にす六つ方法(゚д゚)!

「北朝鮮問題」覚悟を決めた安倍首相と、決められない野党の「大差」 選挙の争点は、やっぱりここだろう 髙橋 洋一経済学者 嘉悦大学教授 本日解散の意思を表明した安倍首相 写真はブログ管理人挿入 以下同じ   「圧力か、対話か」 いよいよ衆院解散である...