2017年10月16日月曜日

札幌市民が選挙妨害者を叱って黙らせた!ぐっじょぶ―【私の論評】ただ「安倍やめろ」ではあまりに安易すぎて、認知症になってしまう?

札幌市民が選挙妨害者を叱って黙らせた!ぐっじょぶ

安倍総理が札幌で演説中に、プラカードを掲げた選挙妨害者が野次を飛ばし、市民に一喝される場面がみられた。

反安倍総理派は圧倒的少数。完全に負けている。
反安倍「ワーワー!(騒いでいる)」

一般人「選挙妨害やめろー!」「選挙妨害するなー!」

反安倍「選挙妨害しろ!」

一般人「選挙妨害するの!?」

反安倍「しないです…」

一般人「いや選挙妨害するの!?」

反安倍「しないです…」

一般人「選挙妨害するんだったら(聞き取れない)」

一般人「選挙妨害やめろー!」

一般人「おまわりさーん!」「うるせーぞ!選挙妨害するなー!」「帰れよ!」

この騒動には安倍総理も気づいた様子。演説しながら騒動のやり取りを目で追っている。


カメラが手前を映すと「安倍やめろ」とプラカードを掲げた人物が1人立っていた。周囲にいる人物も仲間かもしれない。



ざっと辺りを映すと、プラカードを持っているのは極めて少数で大多数は安倍総理の演説を聞きに来た一般人であることが分かる。あとはマスコミがちらほら。

思えば演説の場で騒いでいるのはいつも声が大きい少数派だった。ここで多数派の一般人が対抗して戦い始めればどちらが勝つかは目に見えている。

勇気ある札幌市民に拍手をおくりたい。おそらくマスコミはこのやりとりを報じないだろうが、日本は確実に良い方向に向かい始めている。

札幌でもみられた偏向報道に抗議するプラカード

【私の論評】ただ「安倍やめろ」ではあまりに安易すぎて、認知症になった?


こちら、札幌からです。この街頭演説は10月15日(日) 札幌の大通り西4丁目で行われたものです。


実は、この後にさらに許しがたい暴挙がありました。その後ハイタッチしてまわっていただいた安倍総理の手を反安倍の人が爪たててつねっていました。本当に暴力的な表現しかできない人たちなのだと思います。安倍総理その後次の会場での演説では手に絆創膏を貼っていたそうです。さすがに、他の人たちもここまで悪質なことはするとも思わず、気が付かなかったようです。

ハイタッチの中、反安倍の人が安倍総理の手を捩じ切ろうと
してるのに、痛いの我慢してハイタッチしてる安倍総理です。
それにしても、選挙妨害は新潟でもあったばかりでした。 新潟では、「新潟に原発は…」と叫ぶ女性に、聴衆の男性が「選挙妨害するな!」と抗議の声を上げると拍手が巻き起こったそうです。どこの市民団体なのか知りませんが、このような妨害をすることは絶対に許すことができません。

そもそも、選挙妨害は犯罪です。以下にその根拠となる法律を掲載します。

選挙の自由妨害に右も左もありません。どの陣営にも自由に演説をする権利があり、それを阻害する行為はすべて良くないです。 応援も相手に迷惑が掛からない気遣いが必要です。 街頭演説は自己主張の場ではなく、あくまでも候補者が主役です。

私自身、共産党であろうが、何であろうが、自分の支持していない政党の代表などが、街頭演説をしているときに、そこにわざわざ行って、○○辞めろというプラカードを掲げたり、声をはりあげて妨害しようとか、手をつねろうなど思ったこともありません。そもそも、そこには行かないです。

それにこのような行為は下品です。普通の神経の人なら、とてもこのようなことはできません。異常です。

選挙違反通報しても どうせ警察が動かないというのは間違っており、違反が明らかな場合、注意や警告がなされています。 注意や警告は詳細が報じられないに過ぎないわけです。 そして、これを守らなければ検挙されます。 多くの場合は、 『選挙後に』 摘発が行われます。実際に摘発事例もあります。

今後、このような行為を見かけたら、妨害を阻止するだけではなく、妨害している当人の写真なども撮影しておいて、警察に届けるべきです。

それと、このような行動を平気でする人たちに、警告をします。「安倍辞めろ」という下品なキャンペーンを繰り返しているうちに、自らが下品になるだけではなく、それこそ民進党が崩壊したようなことを助長することになります。

それについては、以前このブログに掲載したことがあります。その記事のリンクを以下に掲載します。
リベラル勢力たちの自業自得 「反安倍なら何でもあり」では国民から見捨てられるだけ―【私の論評】マネジメントの原則から見る民進党消滅の要因(゚д゚)!

詳細は、この記事をご覧たただくものとして、この記事より、私が民進党崩壊の要因としたものを以下に列挙します。 
第1は、自分たちの使命は「政権や権力と戦うこと」と定義してしまうと、本来の使命を考えなくなってしまうことです。 
第2に、「アベ政治を許さない」では、まともな意思決定ができないということがあります。 そもそも、意思決定においては「誰が正しいか間違いか」など考えても不毛であり、「何が正しくて、何が間違い」という考え方をすべきです。
第3に、民進党は、「アベ政治を許さない」という信念に凝り固まって、妥協の仕方が下手だということもあります。妥協が下手であるがゆえに、民進党は「半分の赤ん坊」を得るという間違った妥協ばかりしてしまい、「半分のパン」を得ることのできるまともな妥協ができません。
この3つが知らず知らずのうちに、民進党を弱体化し、とうとう消滅の憂き目に会いました。そうして、この3つが実は、マスコミに携わるものや、「安倍辞めろ」と選挙妨害する人たちの頭を悪くしているものと思います。

「安倍やめろ」キャンペーンは、「もりかけ問題」でもすでに大失敗であることは、明らかなのにまだ続けようとするのは、異様です。

安倍政権に勝ちたいのであれば、安倍政権の政策よりも良い政策を掲げ、挑むというのならわかりますし、知恵を絞るので、それなりに頭も鍛えあげられるでしょうが、「安倍辞めろ」ではあまりに安易で頭も何もつかわず、そのようなことばかりしていると、認知症に近い状態になるのではないかと思います。

野党も、マスコミも懲りずに同じ失敗を繰り返し続けるのは、すでに頭が認知症になっているのではと思ってしまいます。特に、手を抓るなどの行為は、盲動であり、認知症の初期症状なのではないでしょうか。このような人は、選挙妨害をする前に、病院に行くべきです。

【関連記事】

0 件のコメント:

米潜水艦母艦「フランク・ケーブル」 佐世保に入港 原潜運用に変化か―【私の論評】米軍は攻撃型原潜を台湾近海、南シナ海に常時潜航させている(゚д゚)!

米潜水艦母艦「フランク・ケーブル」 佐世保に入港 原潜運用に変化か 佐世保港に入った「フランク・ケーブル」  米海軍の潜水艦母艦「フランク・ケーブル」が29日、佐世保港(長崎県)へ入っているのが確認された。同艦は全長198メートル、2万2826トン。潜水艦への補給や乗組員の休養、...