2009年11月11日水曜日

Amazon、「Kindle for PC」とCacoo―顧客とのリレーションシップ(関係)を強化せよ!!(2)

Amazon、「Kindle for PC」とCacoo(この内容すでにご存知の方は、この項は読み飛ばしてください)
◇Amazon「Kindle for PC」
Windows PCでKindle向け電子書籍を購読できるソフトウェア「Kindle for PC」が公開された。カラーの書籍はカラーで読むことができる。

「Kindle for PC」のホーム画面

 Amazonの電子書籍リーダー「Kindle」を持っていなくても、36万冊に上る電子書籍や雑誌、新聞をPC上で購入し、読むことができる。利用するには米Amazonのアカウントが必要。AmazonのKindle Storeで「Available on your PC」と表示されている書籍であれば購入できる。Kindleはモノクロだが、PCではカラーの書籍はカラーで表示することができる。Windows 7の場合は、ピンチ操作による拡大・縮小と指でのページめくりが可能だ。Kindleを持っていれば、既に購入した電子書籍をKindleと共有でき、しおりやメモ機能などを同期することができる。

◇Cacoo


http://journal.mycom.co.jp/news/2009/11/10/008/index.html

顧客とのリレーションシップを強化せよ!!(2)
わずか、数日前にこれと似たような記事を書きましたが、たまたまそうなっただけで、意図して意識したわけではありません。アマゾンがまた新しいサービスを始めたこと、さらに、日本国内でも面白いサービスができましたので、皆さんにお知らせするという意味あいで掲載しました。

私は、アマゾンの「Kindle for PC」をダウンロードしました。これで、いつでもダウンロードできるのですが、まだ書籍は選んでいません。今晩でも、ダウンロードしてみようと思います。

Cacooにも登録しました。こちらは、さっそくお絵かきを少ししてみましたが、操作はかなり簡単そうです。皆さんも、是非使われてはいかがでしようか。

ところで、前にこれと似たような記事を書いたときには、Amzon BasicとGoogle Dashboardについて掲載しました。そうして、これらは、他社との差別化をしているのであり、差別化の中でも、特に現在は「顧客とのリレーションシップ(関係)」を強化することが重要である旨を述べました。今回も結論としては、同じことです。

まず、アマゾンに関しては、計画的に戦略的に素晴らしい差別化をしていると思います。「Kindle」を最初にリーリース(1年以上前)してから、「for PC」をリーリースしたことには、深い考えがあると思います。おそらく、技術的にはいつでもリーリースできた「for PC」をもし、「Kindle」より先、あるいは「同時」にリーリースしていたら、おそらく、「Kindle」はなかなか売れなかったし、ユーザーに認知されなかったと思います。

まずは、Kindleのほうを先にリリースして、ユーザーに実際に買ってもらい、体験してもらう。特にこのユーザーはオピニオンリーダーのようなタイプの人々で、新しいものを受け入れやすく、大事に扱えば、商品そのものを多くの人たちに口コミで伝えてもらえます。今なら、ツィッターやブログなどにもユーザーズ・エクスペリエンスを掲載してもらえます。

1年くらいたてば、大体オピニオンリーダー的な人々の大部分は、顧客になってもらえたと思います。今回の措置この時点で、「for PC」を導入することで、新しいものを受け入れやすいが、そのために新たな機器(Kindle)を購入するまではなかなかしないという、次の層を取り込もうという戦略だと思います。この層の人たち、新しいものが好きですが、どうしようか迷っているところに、「For PC」がでてきたので、待ってましたとばかり、ダウンロードしているに違いありません。「Kindle」と同時期に「For PC」もリーリースしていたら、実際にダウンロードする人の数は減っていたかもしれません。

こうすることによって、少なくとも、アマゾンは、当面の売上げを良くするとともに、この特定の新規サービスに関して、オピニオンリーダー的な人々を実際に把握し、さらに、次の層の人々も把握したわけです。アマゾンには、これらの人々の以前の購買履歴も残っていることでしょうから、さらに分析がやりやすいと思います。おそらく、アマゾンでこうして、データなど分析して、新しいサービスには保守的なより多くの人たちに新サービスを根付けるための手がかりを得ているに違いありません。いや、あるいは、私が考えたよりももっと深いシナリオがあり、そのシナリオのための準備を進めているかもしれません。

私は、以前のブログでも、差別化のため顧客との「リレーションシップ(関係)」を構築すべきであるとの意見をのべました。しかし、無意味に無作為に新たな「関係」を構築したとしても、あまり意味がありませんし、効果もありません。やはり、アマゾンのこの事例のように周到に準備をして、戦略的に構築すべきです。アマゾンが、何も考えずに、最初から「Kindle PC」をリリースしていたとしたら、確かに顧客と新たな関係を築くことができたかもしれませんが、ただ、関係が増えただけで、あまり上記のように実りの大きいものにはならかったと思います。

さて、ほぼ同じ日にgoogleニュースに掲載されたということだけで、Cacooも掲載しました。Cacooを提供している会社は、ヌーラボという会社で、資本金1,200万、従業員は10人の会社です。この会社どういう会社なのか私にはわかりません。しかし、こうしたサービスを構築することにより、多くの人にヌーラボを知ってもらう機会が増えるに違いありません。

この図形ソフトは、かなり良くできていると思います。特にブログを書いていると、ブログに図形など掲載したいと思うこともありましたが、そのような欲求を満たすにはまさに、ピッタリのサービスです。これまで、mindmap関連や、もっと簡単なお絵かきソフトなどの無料のサービスがあったとは思いますが、このようなサービスは初めてのことだと思います。また、このサービスでマインドマップなど書いてみても面白いような気がします。

残念ながら、私は、この会社がどのような経緯で設立されたのかとか、実際にどのような仕事をしてきたのか知りませんので、ヌーラボがどのような戦略や戦術を持っていて、それが、このCacooと、同結びつくのかまでは、考え付きません。どなたか、ご存知の方いらっしゃったら是非教えてください。

ただし、なかなか使い勝手が良いので、確かにユーザーや潜在顧客と「関係」を構築するには良さそうです。

【関連記事】

ADs by yutakarlson

ピザテンフォー今年10月4日で、創立21周年です!!

長い間のご愛顧真に有難うございます!!

テンフォー今月の企画は、ここをクリック願います!!

テンフォーのピザは楽天デリバリーからも購入できます!!

以下のバナーをクリックしていただくと、楽天デリバリーに飛びます!




ピザテンフォー一昨年の楽天デリバリーの「ファミリーへのおすすめ」部門で、堂々の2位となりました。ますます、便利になったテンフォーを是非ご利用ください。

YUTAKARLSON、USA 市長からのお願い

ランキングは、ありきたりのは面白くないので、私の街に是非投票してください。この私の街は、サイバー上のアメリカ国内に設置してあります。街の名前は、YUTAKARLSONと いいます。この街は、皆さんからのアクセスがあれば、アクセス数が街の住民数となり発展していきます。職場整備、交通の整備などはひと段落していますので、今度は人口を増やす必要があります。せびポチッと一つお願いいたします。

⇒⇒YUTAKARLSONの住民募集!!←

コメントを投稿

貴乃花親方、八角理事長に“宣戦布告”文書送付 渦中の貴ノ岩に兄証言「都内の病院に入院」―【私の論評】日本の伝統文化を破壊したい勢力と国粋派の確執が今回の事件の深層(゚д゚)!

貴乃花親方、八角理事長に“宣戦布告”文書送付 渦中の貴ノ岩に兄証言「都内の病院に入院」 頑なに八角理事長率いる協会の聴取を拒否する貴乃花親方  大相撲の元横綱日馬富士(33)が平幕貴ノ岩(27)=貴乃花部屋=を暴行し、書類送検された事件で、貴乃花親方が初めてアクシ...