2013年12月11日水曜日

プーチン氏 韓国告げ口外交に不満持ち露韓首脳会談に遅刻か―【私の論評】反日やっても、何も変わらず!ますます、韓国の国際的地位を弱め、国内では不満を高めるだけ、韓国はやるべきことをやれ(゚д゚)!

プーチン氏 韓国告げ口外交に不満持ち露韓首脳会談に遅刻か 
 
プーチンと朴槿恵


韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は、世界各国の首脳と会談するたびに「日本の歴史認識」を俎上に載せようとする。その新たなターゲットとなったのがロシアだ。プーチン大統領は韓国の“告げ口外交”にどう反応したのか。作家で元外務省主任分析官の佐藤優氏が解説する。

* * *

11月13日、プーチン露大統領は韓国を公式訪問。プーチン大統領は、ソウルの青瓦台(大統領府)で朴槿恵大統領と会談した。会談終了後、両首脳は合同記者会見を行ない、共同声明を発表した。

〈声明には「(韓露)双方は最近、歴史に逆行する言動が障害となり、北東アジア地域の強い協力潜在力が実現しないことに関し、共同の憂慮を表明した」との異例の文言が盛り込まれた。名指しこそ避けてはいるものの、「歴史に逆行する言動」をしているというのは日本を指していることは明白で、背景には韓国側の強い意向があったことがうかがえる。〉(11月14日付、産経新聞)

産経新聞が指摘している箇所は共同声明の第33項冒頭で、ロシア語から直訳すると次のようになる。

「双方は、歴史の車輪を逆転させることを目的とする声明や行動の影響を含めた現在生じつつある障害のために、北東アジアに存在する協力の巨大な潜在力が完全には実現できていないことに憂慮を表明する」

北東アジアとは、具体的にはロシア、中国、北朝鮮、韓国、日本を指すので、この憂慮が文脈からして、日本に向けられていることは明白だ。しかもここで「憂慮」と訳したロシア語「オザーボーチェンノスチ」は、不安や懸念を指す、かなり強い言葉だ。外交の世界で、友好国に対しては通常用いられない。この箇所だけを読めば、韓露首脳が反日宣言を行なったと解釈することも可能だ。

プーチン大統領は、これまで日本との関係改善に意欲的だった。それが今回の訪韓で、韓国と提携して反日統一戦線の一翼を担うようになったのであろうか。そのように受け止めると事柄の本質を捉え損ねるというのが筆者の分析だ。

こういう時は、プーチンの言葉だけでなく、行動からもメッセージを読み解くことが重要になる。プーチンは、韓国の態度に満足していない。11月14日、韓国の『中央日報日本語版』(電子版)が〈プーチン大統領が「遅刻」、首脳署名式と記者会見ずれこむ〉と題して興味深い情報を伝えた。

〈訪韓したプーチン大統領は、朴大統領との首脳会談を控え30分遅く会談会場の青瓦台(チョンワデ、大統領府)本館に現れた。当初プーチン大統領は午後1時に到着し午後1時5分から朴大統領と単独首脳会談をする予定だったが、実際の会談は午後1時30分ごろに始まった。1時間ほど予定された首脳会談も2時間近くに増え午後3時30分まで続いた。

そのため両国首脳協定署名式、共同記者会見などの予定がずれこんだ。プーチン大統領の“遅刻”は首脳会談前の日程のためだった。プーチン大統領はソウル市内のホテルで開かれた韓ロビジネスダイアログ開幕式に出席して演説したのに続き、ロシア伝統格闘技のサンボ関係者らとも会った。その影響で午後3時15分に予定された首脳昼食会が1時間30分遅れの午後4時45分に開かれた。〉

外交常識に照らして、公式首脳会談に30分近く遅れるのは、きわめて非礼な行為だ。事実韓国では、プーチンは非礼であるとの批判が巻き起こっている。

サンボ(ロシア流の格闘技)の少年選手たちと話し込んでいるうちに遅れたというのが公式の説明だが、額面通りに受け取ることはできない。プーチンの補佐官は日程管理を厳格に行なっている。首脳会談は外交日程で最優先事項になる。プーチンは外交上のプロトコール(儀典)を熟知しており、エリツィン元大統領が酩酊して首脳会談に遅刻・欠席したことがロシアの国益を毀損したという認識を強く持っている。だから、プーチンは時間に厳格だ。

首脳会談の前に事務方で、共同声明文について詰める。この過程で韓露間にかなり大きな見解の相違があり、最終的にロシアが譲歩することになったと考えられる。韓露共同声明は全体で35項目ある。筆者はその内容を精査したが、第33項の事実上の対日批判以外、韓露の対立が生じうる箇所は見あたらなかった。

今回の韓露共同声明の成立過程に関し、ロシア側はかなり厳しい情報統制を行なっており、内部情報がなかなか漏れてこない。このこと自体、「反日文言」が韓国の執拗な要請に応じて挿入されたことを示唆している。

恐らく、韓国側はこの文言が入らないならば共同声明の作成を断念するというような強硬な態度を取ったのであろう。プーチン大統領としては共同声明の合意に至らずに決裂し、韓国との関係が極度に悪化することを避けるためにこの文言を入れることにしたのだと筆者は推定している。

プーチンは、「私は合意文書作成過程を含め、今回の韓国の対応には強い不満を持っている」という認識を可視化させるために、あえて首脳会談に30分遅刻したと筆者は見ている。インテリジェンス・オフィサーであったプーチンは、意味のない行動をしない。韓国の強引な姿勢がプーチンの神経を逆撫でした。

今がプーチンの気持ちを日本に引き寄せる絶好のチャンスと思う。日本政府は、韓露共同声明に対しては、「日本が名指しされているわけではないので、反応するに及ばない」という態度を貫いた上で、アジア太平洋地域の新秩序を日露米中の4か国で形成しようと、あえて韓国を外した形でプーチンに呼びかける。力の論理の信奉者であるプーチンはこの呼びかけに乗ってくると思う。

※SAPIO2104年1月号

【私の論評】反日やっても、何も変わらず!ますます、韓国の国際的地位を弱め、国内では不満を高めるだけ、韓国はやるべきことをやれ(゚д゚)!
 
首脳会談に1時間30分も遅れたプーチンは、これはもう意図的にやっているとしか思えません。ここで、はっきり不快感を示しておかないと、ますます韓国は調子にのり、居丈高に出ると踏んでの実力行使だと思います。

そりゃそうです。ロシアの立場からすれば、自分たちも過去は反日をやっていたこともあるし、反日がどういう性格のものか知り抜いているはずです。それに、ロシアは最近日本から天然ガスを買っててもらおうとか、エネルギー面だけではなく、北方領土の共同開発なども提案するなどのこともあり、日本に歩み寄りを見せている最中です。

こんなときに、日本の一首都でである東京のGDPより、さらに下回るGDPしかない韓国などがきて、反日共同声明を出せなど迫ってきても、ロシアとしては何の旨味もなく、迷惑なだけです。

唯我独尊の朴槿恵大統領だが、難問山積で孤立は深まるばかり
韓国は、最近では、日本の包括的異次元の金融緩和により、円安、ウォン高で経済がガタガタになっています。それに、中国が一方的に設定した東シナ海上空の防空識別圏に、中韓両国が管轄権を争う暗礁、離於島(イオド)が含まれていたため、看板の「中国重視・米中均衡外交」が破綻しそうです。さらに、北朝鮮ナンバー2とされた張成沢(チャン・ソンテク)国防委副委員長が、失脚しました。同国の権力闘争が激化して、北朝鮮の暴発リスクが高まることは、朝鮮半島情勢を緊迫化させ、外資が逃げ出す要因となります。これは、厳しい韓国経済をさらに窮地に追い込むことになります。

軍服姿の人民保安員2人によって連れ出される張氏 (朝鮮中央テレビ))

朴政権は今年2月の発足以降、最大の貿易相手である中国を重視してきました。朴氏は6月の訪中での中韓首脳会談を皮切りに、習近平国家主席とは3回会談。中国を刺激しないためか、米国のミサイル防衛システム(MD)に加わらないことを韓国国防部が表明するなど、対中外交の「成功」を政権初期の実績に掲げていました。

そうして、3日にわたり訪韓し7日に帰国したバイデン米副大統領の「ベッティング」発言と関連した余震は尋常でない。問題の発言は6日にバイデン副大統領が朴槿恵(パク・クネ)大統領に会った席で出たものです。米国側通訳は、「米国の反対側にベッティングするのは良くない」と訳しました。これは、明らかに韓国が対中関係を改善してきたことに対する警告です。

一方で、日本には「1000年恨み続ける」と公言。安倍晋三首相との首脳会談を拒否し、オバマ米大統領やドイツのメルケル首相らに「日本は正しい歴史認識を持つべきだ」「日本は謝罪どころか侮辱を続けている」などと言い付ける“告げ口外交”を展開してきました。

それにしても、朴槿恵の外交政策は、安部総理と比較すると、破茶目茶で、何の一貫性もありません。安部総理は、首相就任直前には、安全保障のダイヤモンド構想を外国のサイトに掲載し、その後も一環して、この構想にのっとり対中国封じ込め戦略を実施しています。この一貫性はいささかもぶれていません。

安全保障のダイヤモンド

そのため、中国の脅威にさらされているインドやアセアン諸国には、中国の防波堤としての日本の役割が期待されています。ロシアも、最近成長著しい中国の軍事力などは脅威です。だから、この安部総理の構想には注目しています。

アメリカ側からみても、少し前までの民主党政権のようにフラフラした政権では心配ですが、安部総理の一貫した態度には、信頼感を持っていることでしょう。

これと対照的なのが、朴槿恵です。その場、その場で、モグラたたきをやっているような、有り様は、それこそ、日本の民主党政権よりもお粗末です。

韓国のやるべきことは、はっきりしています。外交では、再度、中国、北朝鮮との対立姿勢をはっきりと打ち出すべきです。最近の韓国は、本当の敵が誰であるのかすっかり忘れてしまったようです。

そうして、国内では、経済の立て直しです。輸出産業を政府が直接後押しするような政策などやめて、日本や先進国が過去に経済的中間層を育てて、これらが、活発な経済・社会活動をすることによる内需の拡大により、国内の経済・社会にテコ入れをおこなうべきです。

それにしても、朴槿恵は中国に対して何を期待しているのでしょうか。

韓国は先月28日、ソウルで開かれた中韓国防次官級戦略対話で、中国が設定した防空識別圏の変更を求めましたが、人民解放軍の王冠中副総参謀長はこれを拒否しました。韓国の最大野党、民主党の幹部は2日の会議で「(朴氏が実績とした)訪中会談は抜け殻だった」と批判しました。

朴槿恵は6月の訪中で、習主席以下、中国のトップ3と個別に会談や食事をするなど異例の大歓迎を受けました。朴氏は大喜びでしたが、5カ月後には防空圏というジャブを打たれたということです。中国は1000年以上、朝鮮半島を属国としてきただけに、駆け引きがうまいものです。韓国を硬軟で揺さぶって、次第に支配下に置くつもりでしょう。

中国は、韓国経済の生命線ともいえる「対中貿易」というカードも握っています。しかし、これとて、中国の経済は、現在国内に経済特区をつくり、そこに中国の役人などが、不正で海外に持ち出した、不正マネーを呼び寄せるということで、一時息をついているだけです。その次の経済対策は、いまのところありません。ここ1~2年くらいは何とかなるかもしれませんが、その後は全く未知数です。

済州島で建設中の海軍基地

こんな中国をあてにする韓国、将来はありません。そんな中国ですが、韓国に対して着実に布石を打っています。韓国は現在、済州(チェジュ)島に大海軍基地を建設していますが、中国人がこの島の不動産を買いあさっており、中国人観光客も、今年1~5月だけで46万人近くになっているそうです。関係者の間では『中国は将来、済州島の海軍基地を自分たちが使うつもりではないか』とささやかれています。中国が済州島を押さえれば、東シナ海や対日戦略の拠点となることでしょう。

こんな現実も直視しない朴槿恵。朴の目が醒めるときはくるのでしょうか?

私には、くるとは思えません。朴槿恵はすぐにでも、大統領をやめるべきです。もっと、まともで、国際情勢を正しく認識し、さらに国内情勢も正しく認識し、韓国が中国の属国になることを避けることを第一義とする指導者がでてきてもらいたいもてのです。そのほうが、韓国民のためになります。

私は、そう思います。皆さんは、どう思われますか?

【関連記事】

韓国の国内銀行、深刻な破綻リスク リーマン・ショック以上の危機―【私の論評】アメリカ、韓国からの刈り取り終了か?韓国もう終わりました!かなり危ない韓国の大手銀行のお寒い実体(゚д゚)!

韓国「日本外し」外交会議、米中にのみ出席打診―【私の論評】米国経済植民地韓国は、本格的に米中の植民地になり下がるか?黙って放置しても日本に失うものは何もない(゚д゚)!

中韓“反日同盟”は崩壊も 漁業権めぐり大抗争! 黄海舞台に警官刺殺―【私の論評】中国人は韓国人を馬鹿にし、韓国人はプライドばかり高いときては、この両国の協力など最初から無理(゚д゚)!ましてや、蜜月関係など最初から成り立たない(゚д゚)!

韓国“安倍たたき”に大忙し!単 細胞、愚民政策…小国意識こそ時代錯誤 ―【私の論評】あんまり真実味のない反日やっていると、世界においてきぼりを喰うぞ中韓!!韓国はとんでもないことになるかもしれない!!

【スクープ最前線】北朝鮮、仰天メッセージの裏 首相をほめ殺して資金援助画策―【私の論評】北朝鮮への資金援助は強力な外交カードになり得る!しかし、最大のカードは日本の核武装である(゚д゚)!

【関連図書】

嘘だらけの日韓近現代史 (扶桑社新書)
倉山 満
扶桑社
売り上げランキング: 41


嘘だらけの日中近現代史 (扶桑社新書)
倉山 満
扶桑社
売り上げランキング: 660

悪中論 ~中国がいなくても、世界経済はまわる
上念 司
宝島社
売り上げランキング: 1,728

コメントを投稿

河野太郎外相、韓国の「独島防衛部隊」に激怒 「関係性を強めていかなければいけないときに」―【私の論評】北に対処するため韓国は当面過去のしがらみを捨てよ(゚д゚)!

河野太郎外相、韓国の「独島防衛部隊」に激怒 「関係性を強めていかなければいけないときに」 閣議後、記者会見する河野太郎外相=20日午前、首相官邸 河野太郎外相は20日午前の記者会見で、韓国軍が竹島(島根県隠岐の島町)を「防衛」するための海兵隊部隊創設を進めているこ...