2007年7月30日月曜日

GoogleとAuとの提携-au One メールのすござ


上は、Auの感動的なメールのコマーシャルです。

KDDIと沖縄セルラーは30日、Googleとの提携サービスの第2弾として「Gmail」の技術を利用したWebメール「au one メール」を9月下旬より提供すると発表した。auユーザーに限らず誰でも利用可能なサービスで、加えてau携帯電話であれば携帯電話とPCの両方で同一のアカウントを利用したメールの送受信が可能。

利用料金は無料。利用者には「@auone.jp」ドメインの専用メールアドレスと2GBのメール保存領域が付与される。キーワードからの送受信メールの検索、迷惑メールの自動振り分け、重要メールのマーキング(スター)、新しい送信先の連絡先リストへの自動追加など、Gmailで用意されている主要な機能が同様に提供される。PCからのみであれば誰でも利用可能だが、au携帯電話の利用者はさらに携帯電話からも同じサービスを利用できる。電話機自体で認証を行うので、ID・パスワードの入力なしでログインが可能。サービス開始当初は、従来の「@ezweb.ne.jp」ドメインを利用する「EZメール」とは独立したサービスとして提供されるが、EZメールの送受信内容をau oneメールに自動保存する。

au携帯電話の待ち受け画面でau oneメールの着信通知を行う、といった携帯連携機能を順次追加していく予定。なお、PCでの利用には「au one ID」の取得が必要。同日行われたサービス発表会の席上、KDDI取締役執行役員常務でコンシューマ事業統轄本部長の高橋誠氏は、2GBという容量は200文字程度のメールを毎日20通送受信しても約100年分保存可能で、一生分のメールを残しておけるサービスであると説明。思い出のメールを残しておくため、機種変更をしても古い電話機をリサイクルに出さず手元に残すといった例が増えていることに触れ、au oneメールを利用すれば、子供のころ親に送ったメールを将来自分が親になったときアルバムのように見返すといったことも可能になると話した。

また、Google副社長兼日本法人代表取締役社長の村上憲郎氏、GoogleパートナープロダクトディレクターのDan Stickel氏も登壇し、1年前にGoogle検索がEZwebに導入されて以来、検索数は大幅な伸びを示しておりKDDIとの提携が成功を収めていることを強調。日本は携帯電話の利用に関して先進的な地域として世界から注目を集めており同社にとっても重要な市場であると説明した。KDDIでは同日、EZwebのサービスポータル「EZトップメニュー」、PC向けインターネットサービス「DION」のポータルサイト、EZwebコンテンツを案内するPC向けサイト「DUOGATE」の3サイトを統合し9月下旬より新サイト「au one」に一本化する方針を発表しておりau oneメールをこのサイトで提供する新サービスの中心に位置づける考え。

私は、このメールに先駆けてPC用のGmailを使用していますが、使い勝手はかなりいいです。PC用のGmailも容量が2Gあります。だから、ほとんど消したりする必要がありません。毎日迷惑メールが山ととどきますが、それもあまり気になりません。最初から迷惑メールに分類されて、受信トレーとは別の場所に保存され、1ヶ月たつと自動的に消去されるからです。使い始めてから1年くらいにはなると思いますが、メール受信もやまのように受け、迷惑メールも山のように受けているのですが、全く気にせずにそのままにしています。


その他、タグをつけられますので、分類がかなり楽です。たとえば、新しいサービスを利用した際に、IDやパスワードなど煩雑で忘れがちですが、そうしたものにはID関連とタグをつけておきます。そうすれば、忘れたときもすぐに検索できます。とても重宝しています。


それとGoogleのサービスということでいうと、まずこのau one mailで2G、それにGmailも2G、さらにGoogle Web Albumで2G、Google Document&Spreadsheetでおそらく2G。これらの容量(合計すると8G)に上る容量が無料で使い放題です。Web Albumもすぐに容量が一杯になるのではと思ってしましたが、まだまだ余裕があります。ああ、それからもう一つ忘れていた!Googleのブロガーやサイトはどうなんでしょう?さらに、Google Calender や、Google Noteはどうなんでしょう。私は、全部使っていますが、これも結構な容量なんだと思います。そうすると10G以上をはるかに超えて使えるのかな?
Googleのサービスに関してこうした容量の面もありますが、すべてインターネット経由で使いますから、インターネットができる環境があれば、自分のパソコンであろうが、他のパソコンあろうが、インターネットカフェでもお構いなしに自分のものにアクセスできて、作業できるという利点があります。私は、会社の仕事の内容なども一部、GoogleのDocument & Spreadsheetに落としています。あ!そういえば、ブックマークもそうか!そうするとその内容はインターネットとがつながる環境であれば、自宅でもどこでも見ることができ、作業もできます。


少し前までは、メモリを持ち歩くこともありましたが(私累計5個のUSBメモリを行方不明にしています)これだと落としたりなくしたりとか、セキュリティー面で問題がありましたが、Googleのこうしたサービスを利用していれば、自分さえ気をつけてれぱ、ほとんど問題はないと思います。au one メールを使う皆さん、これを機会にGoogleの他のサービスも利用してみては?非常に便利です。

でも、ひとの気持ちは技術とはまた別次元です。冒頭のauのメールのコマーシャル短いながらなかなか感動的だと思いませんか?本当にコミュニケーションが通じ合っている人々の中では、あのくらいの本当に短いメールでも気持ちが通じてしまうのです。いや、短いメールも言葉も要らないのかもしれません。

0 件のコメント:

中国、独自の「民主」強調 白書公表、米けん制―【私の論評】人民ではない国民に対するさまざまな弾圧や抑圧が、法律上正当化されている中国は断じて民主国家ではない(゚д゚)!

中国、独自の「民主」強調 白書公表、米けん制  中国政府は4日、「中国の民主」と題した白書を公表した。共産党主導の「中国式民主主義」の特色と成果を強調する内容で、米国主催で近く開かれる「民主主義サミット」を意識したとみられる。  白書は2万字超から成り、「民主主義は全人類共通の価...