2007年7月2日月曜日

ピザテンフォーからピザボックスが消える日?!



ピザ宅配というと、ピザボックスとはきっても切れないというのが今までの常識だったと思います。今までのピザ宅配では、一つひとつのピザボックスに耐油紙を敷いてその上にピザを載せていました。さらに、これらのピザボックスを布やアルミ箔などでできている保温ボックスの中に格納して配達をしていました。

これがテンフォーに限らず、ピザ宅配業者の通常の配達方式でした。しかし、これだとどうしてもピザが冷めやすく美味しくなくなる可能性が高いとか、紙のビザボックスがゴミとしてたまってしまうなどの問題がありました。

ピザテンフォーでは、これらを一挙に解消する全く新たなコンセプトのデリバリー方式を考案しました。そのためピザボックスは使いません。7月1日より、函館地区で試験運用しています。この試験運用が終了したら、問題点・改善点を改めて最終的な方式を確定します。

ピザテンフォーでは、皆様にますます美味しいピザを配達させていただくとともに、ピザボックスの使用をやめることにより、環境問題にも貢献していきます。

この試験の結果、新たな進展がありましたら皆様にお伝えします。さらに、正式採用になったときもご案内させていただきます。よろしく御願いします。

ピザテンフォーのURLにgo!

3 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

はじめまして。
地球とヒトにやさしいエコ商品-&eco-です。
ピザ箱をなくす活動について非常に感銘をううけました。

ピザの箱をなくす、ということは、ごみを減らすだけではなく、紙の使用を減らす(→森も守る)ことにつながり、環境効果の高い活動だと思います。
(私のサイトでは、ごみを減らす、ことと森を守ることについて分析をしています。)

応援しています。頑張ってください。

山田 豊 さんのコメント...

有難うございます。テンフォーでは、これからも地球に優しい宅配のあり方を追求していきます。

匿名 さんのコメント...

こんにちは。『テレビを見ないテレビッ子!!』の謎の運動員、クララです。
コメントありがとうございました。愛知県にピザテンフォーなくて残念です。
私が環境などについて調べたのは、大学でプロダクトデザインを学んでいたからです。課題ではいつもユニバーサル、グリーン、エコ、と大味(?)なお題が出されてたんですね。なので環境のために何ができるかという事で新しいプロダクトの提案をすることもありました。
時期的にだいぶ先ですが芸大やデザイン科の卒業制作展を見ると新しいアイデアや考え方に出会えるかもしれませんよ。

あと、ホントたまに真面目なコト書きますが大体はふざけた内容しか書かないブログです。でもちょっとずつエコな話してきますね。

〈独自〉大企業は賞与含む継続雇用者の給与総額4%以上で最大30%控除、賃上げ税制概要判明―【私の論評】岸田政権に望む経済政策は、これ以上日本経済を毀損しないでいただくことのみ(゚д゚)!

〈独自〉大企業は賞与含む継続雇用者の給与総額4%以上で最大30%控除、賃上げ税制概要判明 臨時国会の衆院本会議で所信表明演説に臨む岸田文雄首相=6日午後、衆院本会議場  令和4年度税制改正で最大の焦点となっている、賃上げを行った企業を優遇する「賃上げ税制」見直しの概要が6日、分か...