2007年9月5日水曜日

血ハラについて思う-欧米では?!




上は、血液型性格診断に関して報道したテレビ番組の動画です。


最近「血ハラ」という言葉がテレビで報道されていたため、「またか!」という感じがしましたので、ここに掲載させていただきます。細かな説明は、上の動画をみていただければ、わかると思うので省きます。


上の動画では、日本陸軍の事例が公開されていましたが、これ以外にも無論欧米でも、大々的な実験が行われましたが、どの実験も結果は「血液型と性格の間には相関関係は認められなかった」というもです。それ以来、まともな学者で血液型と性格についてむしかえす人は誰もいません。ときたま、頭のおかしい学者がむしかえすのですが、そのたびにそのインチキが指摘されていて、世間に流布されることはありませんでした。特に欧米では第二次世界大戦後はそのような動きは一切ありません。


それなのに、なぜ今でも日本でこれだけ血液型診断や、占いなどが流布しているのか、それは全く簡単な理由からです。自分の頭で金儲けや商売を考えたりすることができない人々がお金儲けをするために、血液型診断をてっとりばやく再利用しているだけです。血液型診断などが、日常会話に上る国は世界で、日本と韓国だけです。韓国は日本の影響を受けているだけです。


もし、欧米で、まともな人に血液型診断の話しをしようものなら、相当怪訝な顔で見られることでしょう。だから、間違っても海外に行ったときに、日本国内でのように血液型診断の話をしないほうが良いでしょう。下手をすると知的水準が劣った人、人種差別主義者、新手の似非(えせ)優生学支持者などと思われてしまうのが、落ちです。その後まともにつきあってはもらえなくなるかもしれません。繰り返し言っておきますが、血液型性格診断が日常会話などにででくるのは、少なくとも先進国中では、日本だけです。おそらく発展途上国でもないでしょう。ですから、当然血ハラなど欧米ではありえません。もともと、そのよなう概念がないわけですから、起こりようがないのです。


書籍については、血液型とユダヤ商法に関して、およそ20年前くらいに大流行の時期があったのでずか、その後まともな評論家などが、血液型診断のインチキやユダヤ商法の根拠のなさなどを厳しく指弾したため、血液型診断とユダヤ商法のことを書いた著述家は、一時パージ(排斥)されたことがありました。そのため、一時影を潜めていたのですが、のどもと過ぎれば熱さを忘れで、また最近盛り返してきたようです。


このようなことになってしまうのは、日本人は、どうも科学的な衣を着せると、相当インチキなことも信じてしまうという弱点があるからではないかと思います。ほかにもたくさんあります。たとえば、酸性食品をたくさん食べると血液が酸性になるというものです。これも全く根拠がありません。もし、酸性食品を多く食べて血液がそのために酸性に傾くという人がいるとすれば、その人はもうほとんど棺おけに片一方の足をつっこんでいる人です。健康な人(いや、不健康なひとでも、後数時間しか命が持たない人以外)ではそんな人はいません。人体の恒常性は、そんなに単純に破られるものではありません。無論このここと、野菜もたくさん食べたほうが健康に良いという栄養学の話とは全く別次元です。(私は、理学部生物学科生理学講座の出身なものですから、このへんは相当うるさいです。)


血液型診断を信ずるだけでも、欧米の人から見ると知的水準が低いとみなされるかもしれないというのに、たとえ日本国内で血液型診断の話が許容させれいるとしても、血ハラ(血液型ハラスメント)をする人を私は直接みたことがないですが、もしそんな人がいるとすれば、私から見ると頭が悪いばかりでなく下品です。すぐやめましょう。あるいはやめさせましょう。昔、ある大手電気関係の会社で血液型をもとにプロジェクトを組んだ社長さんもいらして、実際に効果があったなどと話されていたそうですが、非常に問題です。あるまじき愚行です。

福岡では、自動車学校の講師が馬鹿な血ハラ発言をしたそうです。

http://www.j-cast.com/2007/08/07010089.html

インチキ報道で問題を起こした、あの関西テレビの「発掘あるある大辞典」の中でも血液型でグループ分けをして違いがでたなどという全くインチキな実験をしていました。納豆ダイエットだけがことさら大きく報道されましたが、私は血液型のインチキ実験の方が、余程問題だと思います。皆さんも、この狭い日本の一部の人に流布する血液型診断などくれぐれも信じないようにしてください。

7 件のコメント:

しんく さんのコメント...

こんにちは。Citron*daysのしんくといいます。
コメントをいただきありがとうございました。

血ハラについての記事を興味深く読ませていただきました。
確かに、テレビ番組などで科学的?に実験をされると、あぁそうなんだとすぐに信じてしまうのが一番の問題だと思います。その結果、多くの人が何の疑問も抱かずにそれを信じてしまうのですから。

更に問題なのは、血液型で採用する人間を決めたりする企業が実在するということですね。ここまでくると、ハラスメントを通り越してすでに差別だと思います。そうした馬鹿馬鹿しいことを、もっと認識してもらうことが大切ですね。

匿名 さんのコメント...

初めまして、kabaです。私のブログにコメントして下さったと聞いて、飛んできました。笑   記事のほう、読ませていただきましたが、私が書いた記事よりも、よほどしっかりしていて勉強になりました!有難うございます!お互い、今後も頑張りましょうね^^

サリィ さんのコメント...

こんばんは。 血液型は人種や国によってかなりバラツキがあるそうで、4つの血液型が良い具合にばらついているのは日本人位だとか(笑)
飲み会のネタにはいいのかもしれませんが、本気で信じている人がいるのは占い好きな日本人が多いのかも?(^^;

正しい知識&情報を選ぶ目が必要なんでしょうね。

P.S 私も一応管理栄養士の資格があるので、食品&健康関係の話には煩いです(笑)

yutakarlson さんのコメント...

しんくさん、kobaさん、有難うございます。良く日本人が、アメリカ人の人種差別などを野蛮だとか、信じられないなどということを語っていることがありますが、血ハラなどがあると、アメリカ人の人種差別についてとやかく批判できなくなるかもしれませんね。
人種差別はいけないですが、人種の差は眼に見えてはっきりわかります。でも、血液型なんて、外見から見ても何も判らないし、ほとんど信じられません。

yutakarlson さんのコメント...

サリイさん。少なくとも私の周りでは、血液型性格診断の話しをする人はいません。テレビを見ていても、政治家などで、血液型診断の話しをする人は皆無です。
やはり、これは日本の中でも一部の人達の話ではないでしょうか?
それから、酸性食品とか、アルカリ性食品の話しなど、へたをするとコ・メディカルワーカーの中でも話をする人がいます。さすがにお医者さんではそういう人はいません。
そこが、お医者さんとコ・メディカルワーカーの差かもしれません。
お医者さんのように知識豊富でなくても、幅が広くなくてもかまわないですが、少なくとも他の人と話すときは、正確な知識に基づいて話しをするか、自信がなければ、自粛してもらいたいものです。そうすれば、血ハラなどの問題も起こらないと思います。

ジャミン さんのコメント...

こんにちは♪
血ハラ・・初めて知りました(^^;)
日本国内では結構血液型診断とか、あなた●型でしょ~!とかどうとか言われたり言ったりしてるのがよくありますよね。
実際は根拠のないものだったのですね。
確かに自分に例えてみると、よく軽い知り合いや初対面の人などに『●型でしょ!だって○○○だもの~』とか言われたりしますが・・
実際はずれます(笑)
自分の性格とそういう面もあるかもだけど、実際全然違ってたり何面性もあったり・・
『えっ?』と思う事もしばしば。
これが血ハラっていうのなのですかね。
誰にでも当てはまる事もあるし、当てはまらない事もある。
一概に血液型でどうこうと決められないのでは・・と思うこの頃。

話は変わりますが、外国の方って結構自分の血液型知らない人多いですよね(^^;)
今まで出会った欧米人らの90%以上・・ほとんどが知らないと答えてました。

yutakarlson さんのコメント...

ジャミンさんコメント有難うございます。確かに外国人では知らない人結構多いですね。現在では、知らなくてもあまり問題ないと思います。
病院では、無意識で緊急で運びこまれて、血液型が判るものを当人が所持していて、何型かわかったとしても、必ず血液型検査をしてから、輸血などしています。
それよりも、怖いのは、本人は何型か知っていて、それを病院側に伝えて、そのまま輸血したら、違っていたとか。昔はそんなことがあったそうです。

大陸客の個人旅行禁止から2週間強、それでもあわてぬ台湾―【私の論評】反日の韓国より、台湾に行く日本人が増えている(゚д゚)!

大陸客の個人旅行禁止から2週間強、それでもあわてぬ台湾 蔡英文台湾総統 中国政府が8月1日に中国大陸から台湾への個人旅行を停止してから半月あまりが経過した。台湾メディアによれば、足元では、中国個人客が1日単位で貸し切ることの多い観光タクシーの利用に落ち込みが目立っ...