2008年8月18日月曜日

シー・シェパード:国際手配、日本が内外に厳しい態度示す-公海上での対応も変わる?

日本の調査捕鯨船への妨害を続けるシーシェパードの船長を木村が直撃


シー・シェパード:国際手配、日本が内外に厳しい態度示す(ご存知の方はこの項は読み飛ばしてください)
南極海で日本の調査捕鯨に妨害活動を繰り返す反捕鯨団体「シー・シェパード」(SS)の活動家に対し、警視庁が逮捕状を請求し、国際手配することを決めたことで、日本政府は危険な妨害活動には厳しい態度で臨むことを国内外に示した。しかし、活動拠点があるオーストラリアは捕鯨反対を明言しており、身柄が引き渡されるかどうかの実効性は疑問だ。

日本の調査捕鯨関係者は、今回の警察当局の対応を評価している。今回逮捕状を請求されたのは、米国人と英国人だが、日本が身柄引き渡し条約を結んでいるのは、米国と韓国のみ。それ以外の国でも、通常、国際手配された容疑者は、潜伏が明らかになった場合は身柄拘束後、国外退去処分にして事実上、日本に送還されるケースが多い。

しかし、捕鯨に関する妨害行為については、反捕鯨国とその他の国では取り扱いが異なるとみられる。「現実的には身柄を拘束して日本で裁判を受けさせるのは難しいのでは」(捜査関係者)との見方もあり、指示系統などSSの組織の解明などが進む可能性は低い。

捜査機関のき然とした対応は当然だが、政府が外交ルートを通じて関係各国に、SSの船に使用する港を与えないよう働きかけを強めることが必要だ。また一方で、捕鯨に国際理解が得られるよう一層の政府の努力を望みたい。【棚部秀行(東京新聞 8月18日)

公海上での対応も変わる?
さて、上の記事SSの組織などの解明につながるか?などとその効果のほど疑問視しているようです。しかし、効果があるなしに関わらず、日本国としての意思をはっきり表明することは良いことだと思います。

そうして、今回のこの意思表明、いままでとは違うということの表明だと思います。公海上で今までと同じようなテロ活動をすれば、今までのようなわけにはいかないという意思の表明でもあると思います。

その兆候はすでに、この春の段階にもありました。それは、日本の調査捕鯨船に武装した海上保安官が同乗しており、シー・シェパードの妨害があったときに、警告弾で応酬したことです。

今後公海上で妨害行為があった場合には、複数の武装海上保安官が、シーシェパードの船に乗り込み、最終的には日本まで曳航して帰って、裁判を受けさせ、刑を執行するなどということもありえると思います。そうなれば、テロ行為ですからかなり重い罪になると思います。いずれにせよ、シーシェパードも軽挙妄動はできなくなると思います。 このように次々と段階を踏んでいくことにより、かなり厳しいことをしても海外諸国から理解を得られるとおもいます。単純にすぐに、過激な手を打てば、グルジアみたいに、味方をあてこんで攻め込んでも、実際には、誰も助けてくれないし、賛同もしてくれないということになると思います。日本政府、やはり手順を踏んでいるのだと思います。

以下に、当ブログで掲載した、反捕鯨関連の記事を紹介します。反転文字をクリックすると当該記事に飛びます。

■一位長崎、上位に旧拠点地 調査捕鯨の鯨肉推計消費量

■捕鯨に関する最近の話題―鯨はこれからも重要な資源であり続ける

■調査捕鯨にまた薬入り瓶―抗議船妨害、警告弾で応酬

■鯨の肉は牛肉より環境に優しい―ロイターニュースから確信したパクスマリーナの正当性

■オーストラリアが捕鯨に反対する理由(4)

■オーストラリアが捕鯨に反対する理由(3)

■オーストラリアが捕鯨に反対する理由(2)

■オーストラリアが捕鯨に反対する理由(1)

■IWC総会反捕鯨国の偽善―昨年のニューズ・ウィークの記事(昨年6月13日号)

■アーサー C. クラークの海底牧場―21世紀は鯨の時代?

ADs by yutakarlson

ピザテンフォー、8月の企画は、ダブルピザセット、他盛りだくさんです。
テンフォーのピザは楽天デリバリーからも購入できます!!

ピザテンフォー昨年の楽天デリバリーの「ファミリーへのおすすめ」部門で、堂々の2位となりました。ますます、便利になったテンフォーを是非ご利用ください。

YUTAKARLSON、USA 市長からのお願い


ランキングは、ありきたりのは面白くないので、私の街に是非投票してください。この私の街は、サイバー上のアメリカ国内に設置してあります。街の名前は、YUTAKARLSONと いいます。この街は、皆さんからのアクセスがあれば、アクセス数が街の住民数となり発展していきます。職場整備、交通の整備などはひと段落していますので、今度は人口を増やす必要があります。せびポチッと一つお願いいたします。
⇒⇒YUTAKARLSONの住民募集!!←←

5 件のコメント:

masa さんのコメント...

警視庁公安部はまだ捜査を続けるようですからね。
まだこれからも逮捕状請求がありそう。

今回の措置は、簡単に言えば対海賊対策と言う事。

これから先も注目し続ける問題ですね。
環境保護の名の下に、自らのエゴを押しつける団体の行く末を。

yutakarlson さんのコメント...
このコメントは投稿者によって削除されました。
yutakarlson さんのコメント...

masa様 コメントありがとうございます。まさに、海賊対策ですね。反捕鯨に関しては、同調する欧米諸国であっても、他の問題ではそうとうてこずらされていますから、日本が本格的に動き出したとしても、全面的に彼をバックアップする国はないと思います。唯一例外はオーストラリアかも(笑)。
映画「アルマゲドン」で、ブルース・ウィリスが、グリーンピースの船にゴルフボールを飛びして、メンバーの連中に浴びせかけていたのを思い出します。

ラジオ映画館 さんのコメント...

yutakarlson様、先週もグルジアの事でコメントを頂きましたが、今週もコメントありがとうございました。

この問題よりも環境団体つながりで、グリーンピースが日本で配送センターから鯨肉を盗み出し、調査捕鯨船内での横領行為を告発した事犯が起訴された事件に私は興味があります。調査船側の横領は立件せず、グリーンピースが荷物を盗んだという行為は起訴するというのは非常に法的公平性を欠く判断ではないかと思っています。社会正義のためなら窃盗も免責になるのではと考えていたので。
シーシェパードの事件とは全く関係がない話になってしまって、すみません。

yutakarlson さんのコメント...

ラジオ映画館さま、コメントありがとうございます。ブログの趣旨から多少外れていても、私は全然気になりません。
まあ、単なるエロサイトへの誘導などであれば、気にはしますが・・・・・(笑)。
確かに、社会正義のためであれば、免責もありですが、グリーンピースのあの行為は社会正義とはいえないような気がします。
鯨肉をボーナスみたいな感覚で、昔から慣例的に支給していたようですから、これが、明らかに窃盗であり、それで多大な利益をあげていたなどの事実があれば別ですが。今後は誤解のないようにやってほしいです。
これは、本日(8月20日付け)の私のブログにテキサス親父の動画もはりつけておきましたが、私の考えもテキサス親父と似たようなものです。

大陸客の個人旅行禁止から2週間強、それでもあわてぬ台湾―【私の論評】反日の韓国より、台湾に行く日本人が増えている(゚д゚)!

大陸客の個人旅行禁止から2週間強、それでもあわてぬ台湾 蔡英文台湾総統 中国政府が8月1日に中国大陸から台湾への個人旅行を停止してから半月あまりが経過した。台湾メディアによれば、足元では、中国個人客が1日単位で貸し切ることの多い観光タクシーの利用に落ち込みが目立っ...