2008年8月22日金曜日

景気、強まる「中国頼み」 日本の最大輸出先に-リスク分散のためにも、他のアジア諸国も注目すべき!

景気、強まる「中国頼み」 日本の最大輸出先に(この内容をご存知の方は、この項を読み飛ばしてください)
2008年8月22日0時51分(Asahi.com)
中国が輸出でも、日本にとって最大の貿易相手に浮上してきた。財務省が21日発表した7月の貿易統計(速報値)では、中国向け輸出額が前年同月比16・8%増の1兆2864億円で、景気の停滞が続く米国向けを戦後初めて上回った。中国には米国に代わる日本製品の売り先としての期待がかかるが、高成長に陰りも指摘される。

中国は、輸出入総額で既に日本の最大の貿易相手となっている。対中輸出は05年6月に7330億円で対米輸出の6割程度だったが、以後38カ月続けて増加した。一方、対米輸出はサブプライム問題を機に昨秋以降、減少傾向に転じ、逆転につながった。

景気を下支えしてきた日本の輸出額全体は6月に55カ月ぶりに前年割れとなった。7月に2カ月ぶりに増加したのは、米国向けの落ち込みを中国向けの伸びが補ったためで、「中国頼み」の様相が強まっている。

米中両国への輸出構造は大きく異なる。米国向けは自動車が30%を占めるなど、完成品の消費財輸出が多いが、中国向けでは自動車の構成比は3%。鉄鋼(6%)や電子部品(8%)が多い。中国が日本からの輸入品を用いて製品を生産し、さらに欧米へ輸出する構図だ。このため、今後の対中輸出の推移について「米国景気失速の影響で中国からの輸出が落ち込み、日本の対中輸出が影響を受ける可能性がある」(野村証券金融経済研究所の高橋泰洋エコノミスト)との指摘がある。

一方で、「中国向けの消費財輸出も伸びると見込まれ、米国に代わって中国に頼る構図は続く」(農林中金総合研究所の南武志主任研究員)との見方も強い。中国経済は中長期的には成長は底堅いと見込まれるが、足元では伸び率が低下するとの懸念も出ている。(斎藤徳彦)

中国は未曾有の経済的危機状況にある!
サブプライムの問題などに関しては、中国もかなり影響を受けているとみてしかるべきです。それと、現在北京五輪の最中であるため、表立ってはほとんど報道されませんが、以下のような報道も一部なされています。

金融市場で、中国政府が近く大規模な景気刺激策を打ち出すとの観測が広がっている。世界経済の低迷による外需の一段の減少で、北京五輪後に景気が下振れるのを防ぐためだ。歳出の拡大と減税を合わせて4000億元(約6兆円)規模の財政出動になるとの見方が浮上している。

中国では、湖錦濤主席が訪日する少し前に、温家宝首相が「中国は未曾有の経済的危機にある」と公言しており、実際に、株価が下落したり、不動産価格が下落したりしています。ただし、あまり深刻に見えないのは、現状では国際的威信をかけた五輪も開催中のことから是が非でも中国として、五輪開催中には経済破綻がおきないように、あるいは目立たないように市場操作などを行っているためだと考えられまする

中国が未曾有の経済的危機に陥りそうな原因ははっきりしています。金融アナリストなどは、サブプライムがどうのとか、土地バブルの崩壊だとか、株の下落がどうのこうのと言うでしょうが、その根本原因は別なところにあります。

それは、経済の構造改革の失敗です。上の記事のように、中国が日本の最大輸出先になっているのは、何も中国が車や、機械や食料品を買っているからではありません。これらのものはごくわずかです。対中国輸出の内訳は、上位から資本財・部品、中間財です。(参照:http://www.boj.or.jp/type/ronbun/rev/rkt/data/rkt03j03.pdf)

資本財とは、ある財を生み出すために投入される財のことです。中間財とは、具体的には住宅設備や部材などで、システムキッチンや洗面化粧台、床材などがその典型です。製品そのものは、生産財と違って完成品ですが、その採用決定権が最終ユーザーになく、中間関与者にあるものといえます。つまり、設計事務所や大工・工務店によって、選択・決定されることが多い製品です。

これは、何も日本に限ったことではありません、他の先進国から輸出されるものも、資本財・部品、中間財が同様の傾向にあます。

これは、手短にいうと、日本や先進国から部品などをかき集めてきて、中国内で安い賃金で組み立てて輸出をしていることを物語っています。いわゆる、中国による「世界の工場」の実践です。

ところが、この世界の工場に陰りがでてきました。そうです、中国などのインフレによる食料品の値上がり、それにつれて賃金の上昇です。こうしたことが続き、賃金はどんどんあがっている状況にあります。

そうなると、「世界の工場」は成り立たなくなります。日本国内の事例でたとえると、日本がテレビの部品を中国に輸出し、中国はその部品をテレビに組み立てて、日本に輸出します。日本では、中国製テレビは廉価でしかも性能的には日本のテレビとほとんど変わらないので、購入します。

しかし、今度は賃金高のため中国のテレビも以前ほどは日本国内でも安くはなくなってしまいつつあるのです。価格が同じ程度、部品も日本製ということになれば、今度は日本の消費者も日本製のテレビを購入する率がたかくなるでしょう。

ひらたくいうと、現在中国はこのような状況に追い込まれていて、中国による「世界の工場」には陰りがでてきています。先ほどは、テレビの例をあげました。これは、わかりやすいのでたたま例としてあげただけで、他の工業製品にもほとんどあてはまります。

これに対処するには、もっと高度な技術を使用した製品づくりに移行することが求められますが、現在の中国ではこの移行がうまくはいっていません。これからもどうなるかわかりません。

リスク分散のためにも、他のアジア諸国も注目すべき!
さて、上記のような状況にある中国先の6兆円で、製造業の構造転換などを含む大々的な経済の大転換を短期間に実現すれば問題はないですが、果たして短期間ではどうなるか、あるいは長期で見てもどうなるかは、今のところ不透明です。

アメリカや、EU諸国もサブ・プライムの問題などで、非常に不透明です。長期的構造不況に陥る危険があります。そうしたなかで、どこがもっとも将来性がありそうかというと、やはりアジア圏です。

アジアというと、いまやオリンピックで中国がどうしても目だってしまいますが、国全体のGDPでみると、中国は12億6千万人もの人口を抱えているので、ダントツの一位ですが、個人あたりのGDPが中国より高い国は、アジアの中にいくらでもあります。こうした国への輸出などにシフトしていくという手もあります。

それにインドなどは、人口が10億人以上です。さらによいことには、中国や韓国、北朝鮮などと違い半日感情はありません。どちらかというと、国民の中に親日感情があります。これは、国民的英雄チャンドラ・ボースが昔独立運動の際に日本に助力を得ようとしたことにも起因していると思いますこの国も見逃せないと思います。将来的に、EUも没落すると思われます。そうなるとやはり、世界の中心はアジアに移るこということになります。

中国だけでは、何か中国に起こったときに非常に危険です。インドを含む国とも、関係を保ち、維持発展させていくことが、日本の選択する道だと思います。

以下にこのブログに掲載した中国関連の記事を提示します。反転文字をクリックすれば、当該記事に飛ぶことができます。私の説明不足から、以上の論考、以下の記事を読んでいないと理解できない部分もあるかもしれません。まだ、読んでいない方は是非ご覧になってください。

■北京オリンピックがいよいよ開幕!!快進撃を続ける中国IT企業-快進撃はもう続かない?
■四川大地震、6万9225人の死者が確認-オリンピック開催後に大異変が起こる?!
■中国新人類「80後(バーリン・ホー)研究会」発足-2億人を一緒に語ることはできない?
■Lenovoの4月~6月期は65%増益-華やかな五輪の裏でインドの下請けになる道をひたすら走る中国?(面子を重んじる中国人が読むと必ず激怒する人気記事です(笑)!中国の現在の経済の停滞要因に迫っています!!)

■「IOCは中国のネット・アクセス規制を断じて容認しない」とロゲ会長が断言-北京は欧米の陰謀にはまったか?
■IOC、中国は環境問題の約束を果たせると確信-人民の煮えたぎるマグマはどうするのか?
■北京オリンピック開催に向け警戒感高まる-終了後の方が、テロ、暴動が頻発する?
■中国:五輪の祭典が北京市民の生活を圧迫-オリンピック開催後を予感させる連続爆破事件?

■「ちゃいな.COM」中国総局長 伊藤正 「80後」は中国を変えるかは正しくない-正確には「80後」の一部、それも少数派が中国を変える。

■中国で暴動は日常茶飯事-この事態改善されない限り中国はまともにならない!

■貴州省の暴動に見る壊れた中国の実態

■燃えろアタック-排球女将

■中国海軍の日本に対する傍若無人な態度は何を意味するのか?-中国の軍隊は脆弱?

■<北京五輪>空からのテロに備え、地対空ミサイルを配備か-異常行動の中国?

■厳戒のラサで聖火リレー-チベット暴動から3ヶ月-中国の五重苦をどう解消するつもりなのか?

■「おから工事」批判で国家政権転覆罪-確定した中国分裂の筋書き?
■「80後」は車を買うべきか?-世代をひとくくりにする愚かさ?
■中国核爆発か-高まる情報開示の圧力
■自衛隊機の中国派遣見送り、アジア安全保障会議でも話題に―結果的には日本外交の勝利か?

■自衛隊機派遣を見送り、世論配慮の中国側が受け入れ難色-幻の日本軍支援は歴史上の転換点?
■四川大地震:自衛隊機、中国派遣へ・・・政府要請受け入れ―歴史上の転換点になるか?
■自主的に救援活動をする中国の若者たち-80後世代と一つにくくるのは間違い?!

■不可解な中国の報道二題-やらせ義捐金とノーベル平和賞
■中国携帯電話事情-80後世代分類のツールともなるか?

■中国四川省大地震―核施設、ダムは大丈夫か?
■現代史は語る―大地震から始まった中国崩壊の道筋
■中国「イチゴ族」-中国の未来は彼らのもの
■胡錦濤主席の来日-その真の目的は?
■China Fashion week 開催さる-中国ゼリー層にも押し寄せる情報洪水
■ゼリー世代のミーイズム-体制から身を守る知恵か?
■中国ゼリー層-明日の中国を牽引する原動力となるか?
■チャイナ・アート・バブルにも冷めた見方のできる中国ゼリー世代?
■中国分裂の筋書き-(その10)パクスマリーナが拓く世界の平和と大繁栄
■中国分裂の筋書き-(その9)日本の対応は?
■中国分裂の筋書き-(その8)迫られる中国の選択
■中国分裂の筋書き-(その7)忘れてはいけない中国の不良債権
■中国分裂の筋書き-(その6)現代中国の混乱ぶりを現す動画の数々
■中国分裂の筋書き-(その5)他の人達はどう思っているのか?
■中国分裂の筋書き-(その4)毛沢東を統合の象徴にすることができない中国中央政府の苦悩
■中国分裂の筋書き-(その3)中国バブルの真実
■中国分裂の筋書-(その2)革命でもなければ現代中国は変わらない
■中国分裂の筋書-(その1)繰り返される歴史
■中国"義歯"から鉛「安全に問題」
■中国産原料を使ったヘパリン製剤で自主回収へ・・・・米国では死者21名
■世界一人当たりのGDP(国内総生産)と、一人当たり資産−これでも中国は経済大国か?
■南京虐殺記念館に対する日本政府の申し入れに関して考えた、中国のお家事情

ADs by yutakarlson

ピザテンフォー、8月の企画は、ダブルピザセット、他盛りだくさんです。
テンフォーのピザは楽天デリバリーからも購入できます!!

ピザテンフォー昨年の楽天デリバリーの「ファミリーへのおすすめ」部門で、堂々の2位となりました。ますます、便利になったテンフォーを是非ご利用ください。

YUTAKARLSON、USA 市長からのお願い


ランキングは、ありきたりのは面白くないので、私の街に是非投票してください。この私の街は、サイバー上のアメリカ国内に設置してあります。街の名前は、YUTAKARLSONと いいます。この街は、皆さんからのアクセスがあれば、アクセス数が街の住民数となり発展していきます。職場整備、交通の整備などはひと段落していますので、今度は人口を増やす必要があります。せびポチッと一つお願いいたします。
⇒⇒YUTAKARLSONの住民募集!!←←

0 件のコメント:

大陸客の個人旅行禁止から2週間強、それでもあわてぬ台湾―【私の論評】反日の韓国より、台湾に行く日本人が増えている(゚д゚)!

大陸客の個人旅行禁止から2週間強、それでもあわてぬ台湾 蔡英文台湾総統 中国政府が8月1日に中国大陸から台湾への個人旅行を停止してから半月あまりが経過した。台湾メディアによれば、足元では、中国個人客が1日単位で貸し切ることの多い観光タクシーの利用に落ち込みが目立っ...