2013年4月4日木曜日

日銀、新政策「量的・質的金融緩和」を導入 市場調節はマネタリーベースに変更―【私の論評】デフレ魔王に変わって、金融守護神が降臨してきた!?あとは、今年秋に増税しなければ、デフレ脱却の目処が立つ!!

日銀、新政策「量的・質的金融緩和」を導入 市場調節はマネタリーベースに変更:

金融政策決定会合のため、日銀本店に入る黒田総裁=4日午前

日銀は4日、黒田東彦総裁の下で初めてとなる金融政策決定会合を開き、新たな金融緩和の枠組みとして「量的・質的金融緩和」を導入すると発表した。

金融調節の操作目標を、現在の「無担保コールレート翌日物」から、資金供給量にあたる「マネタリーベース」に変更する。長期国債に加え、上場投資信託(ETF)などのリスク性資産の購入も拡大。デフレ脱却に向け、スピード感重視の姿勢や大胆な金融緩和姿勢を打ち出した。

この記事の続きはこちらから!!


【私の論評】デフレ魔王に変わって、金融守護神が降臨してきた!?あとは、今年秋に増税しなければ、デフレ脱却の目処が立つ!!


このブログは、日々更新していますが、一日複数回更新することはほとんどありません。しかし、本日のこのニュースは、歴史的転換点にもあたるものと思いましたので、掲載させていただきました。

今回の緩和、本格的になります。 量的には無論のこと、質的にも今までの日銀からは考えられないほどの緩和です。これで、秋に増税されないことが決定されれば、デフレ脱却の目処がたちます。素晴らしいことです。

このブログで数年前から主張してきたことが、今まさに実現しようとしています。わずか、半年くらいまえまでは、こうなってもらいたいとは思いつつ、いつになるのか予想もつきませんでした。本当に、素晴らしいことです。

増税に関しては、なにやら既定路線のようにマスコミは言っていますが、私はそうではないと思っています。いくら金融緩和をしたとしても、今年の秋の時点で増税してしまえば、デフレ脱却は遠のきます。

本日はめでたいので、まさに万歳でもしたい気分?

しかし、このブログでもデフレ魔王と形容した、デフレ・円高の守護神元日銀白川総裁が事実上放逐された上に、財務省の元次官勝栄二郎氏が、放逐されて、IT企業に天下りしています。銀行や、財務省関連の外郭団体に入れなかったということは、事実上財務省元老院の末席にも座れなかったということで、事実上の放逐です。このようなことから、私は、こんどこそ日本もとうとうデフレ脱却に向けて本腰を入れだしたものと期待しています。

日本にもとうとう金融守護神が降臨した!!
これからの10年は、景気が回復し、さらに発展するように願ってやみません。

後は、今年の参院選に安倍自民党が完璧な勝利をして、秋に増税の見送りをしていただくよう、頑張っていただきたいです。そうして、私たちも、これからまともな実体経済の中で、次世代の日本を担うような新たなチャレンジをしていこうではありませんか!!本日は、素晴らしい一日だったということで、ブログを更新させていただきました!!

 【私の論評】

黒田日銀、“実弾”100兆円投入へ! 給料アップ、株価「年内2万円も」―【私の論評】賃金上昇を信じられない人は、頑迷固陋(がんめいころう)なだけ!!これからは、インフレ圧力に頭を悩ます時代に突入するんだぜィ!!

 

日銀・黒田新体制を待つ罠 異例の人事で不気味な兆候も…―【私の論評】日銀反リフレ派主流派の攻撃を阻止するには、縦深防御で臨め!!

 

【日本の解き方】自民・みんな・維新が“日銀包囲網”!デフレ脱却へ法改正も―【私の論評】麻薬漬けの中国を分裂に追い込むチャンス到来か?!

 

【日本の解き方】白川日銀総裁は“デフレ・円高大魔王” - 経済・マネー - ZAKZAK―【私の論評】財政ばかりでなく、金融政策にも目を向けよ!!

 

安倍自民の勝因は争点を金融政策にしたこと。3月の日銀人事までにインフレ目標・金融緩和が効果をあげないと国会運営は厳しくなる―【私の論評】安倍総裁の日銀に対する決戦の火蓋は切って落とされた!!

 

【関連図書】

アベノミクスで日本経済大躍進がやってくる (現代ビジネスブック)
高橋 洋一
講談社
売り上げランキング: 461

アベノミクス ― 竹中平蔵×高橋洋一 徹底対談! (中経出版)
中経出版 (2013-03-15)
売り上げランキング: 119

アベノミクスとは何か? (別冊宝島 1975 スタディー)

宝島社 (2013-03-09)
売り上げランキング: 24,736

これからすごいことになる日本経済
渡邉哲也
徳間書店
売り上げランキング: 921


 

 

 

 

 



コメントを投稿

「党名への嫌悪感浸透、再生困難」立民・希望・民進ぶった切り 新著『“小池”にはまって、さあ大変!』が話題の安積氏―【私の論評】野党・労組は選挙結果は有権者の声であるという事実を再認識せよ(゚д゚)!

「党名への嫌悪感浸透、再生困難」立民・希望・民進ぶった切り 新著『“小池”にはまって、さあ大変!』が話題の安積氏 写真はブログ管理人挿入 以下同じ 特別国会は9日閉会し、永田町では野党を中心に政界再編に向けた動きが加速しそうだ。翌年の政党交付金の確保を目的に、...