2014年6月16日月曜日

「安倍首相は偏狭」と批判 鳩山元首相、新華社に―【私の論評】やっぱり、オバマよりはましか? 一貫して態度が変わらない中国の下僕鳩山元首相(゚д゚)!

「安倍首相は偏狭」と批判 鳩山元首相、新華社に

習近平と鳩山

中国国営通信の新華社は15日、安倍晋三首相が進める外交安全保障政策について「違う価値観を持つ国を危険だと見なして武力で抑えようと主張しており、とても偏狭だ」とする鳩山由紀夫元首相の単独インタビュー記事を配信した。

安倍首相が主導する集団的自衛権の行使容認についても「戦争への道を開き、平和主義という日本の宝物を捨てることになる」と批判した。

鳩山氏は、21日から北京で開かれる清華大主催の「世界平和フォーラム」に出席予定。中国としては、鳩山氏に同様の発言をしてもらうことで「日本脅威論」をフォーラムに出席する各国要人や専門家らにアピールする狙いとみられる。

【私の論評】やっぱり、オバマよりはましか? 一貫して態度が変わらない中国の下僕鳩山元首相(゚д゚)!

今のアメリカには強いリーダーシップが欠けている?


このところ、オバマ氏の優柔不断を批判することが多く、昨日もイラクをめぐるオバマの優柔不断を批判どころか揶揄してしまいました。

昨日は、鳩山氏をひきあいにだし、鳩山氏がルーピーなら、オバマはモア・ルーピーと掲載してきました。

昨日の記事のURLを以下に掲載しておきます。まだ、ご覧になっていない方は、是非ご覧になって下さい。
「何も決められない大統領」 イラク混迷、高まるオバマ批判―【私の論評】鳩山よりモア・ルーピーのオバマにより、戦後体制は大きく後退した。世界ではとっくに戦後体制は崩れつつあるのに、日本だけがその枠内に収まり続けようとしてもそれは不可能である(゚д゚)!

オバマは特に外交に関しては、優柔不断であり、それが、現在ではイラク、少し前はウクライナ、シリアの問題をより複雑にしてしまいました。日本の尖閣問題に関しても、オバマの優柔不断は、かなり悪影響を与えています。

鳩山の優柔不断は、日本国内のことが多く、オバマのように世界的スケールのものはあまりありません。そうして、対中関係に関しては、それが正しい、間違いは別にして、ブレがなく一環して中国よりです。

ちなみに、石平氏は上の記事について以下のようなツイートをしています。
鳩山は間抜けで(ルーピー)ではなく、実に卑しい本性の持ち主であり、その本性は全くブレがなく一環しているのです。

そうして、この卑しいブレない本性のため、結局のところ民主党内でも批判があいつぎ、鳩山内閣は崩壊し、現在では議員も辞任しています。だから、上記のようにまるでジョークのような、発言や行動をしても、ほとんど影響はありません。

絶対にブレることなく、中国の下僕鳩山

しかし、オバマは違います。現役の大統領です。オバマ氏は、鳩山のように卑しい本性を持っているのかどうかはわかりません。おそらく、そうではないのだとは思いますしかし、一環性もなくふらふらしていたので、完璧に中国をつけあがらせてまいました。

そういう意味では、鳩山よりも、オバマのほうが罪深いと思います。

アメリカ大統領という地位は、オバマの意図にかかわらず、間違いなく世界に多大な影響を与えます。日本も間違いなく影響をこれからも受けるだろうし、もう尖閣問題などで多大な影響を受けています。



オバマはそのことを理解し、自ら意思決定できないというのなら、他の人に委ねるべきです。それもできないというのであれば、無責任きわまりないと言わざるをえません。

無責任な、アメリカ大統領と筆頭とする、戦後体制には日本にとって全くメリットがありません。戦勝国の弱体化にともない、日本もますます弱体化していくだけです。

であれば、日本は戦後体制から少しずつでも良いから足を洗い、いずれ脱却すべきです。

私は、そう思います。皆さんは、どう思われますか?

【関連記事】

「何も決められない大統領」 イラク混迷、高まるオバマ批判―【私の論評】鳩山よりモア・ルーピーのオバマにより、戦後体制は大きく後退した。世界ではとっくに戦後体制は崩れつつあるのに、日本だけがその枠内に収まり続けようとしてもそれは不可能である(゚д゚)!


「オバマ政権は尖閣は日本領と表明せよ」 米紙ウォールストリート・ジャーナルが主張―【私の論評】オバマは尖閣日本領表明によって、自ら頭の中のお花畑の虚構に生きるルーピーではないことを証明せよ(゚д゚)!

日本へ脅迫、見過ごせず…米大統領が中国けん制―【私の論評】米中一体化は習近平の妄想にすぎない!!第二のニクソンショックはないのに日中一体化と騒ぐ日本のマスコミこれいかに(゚д゚)!




コメントを投稿

「イヴァンカ基金」報道でわかるマスコミの呆れた経済リテラシー―【私の論評】テレビに国際・経済報道を期待でないわけ?

「イヴァンカ基金」報道でわかるマスコミの呆れた経済リテラシー イヴァンカ・トランプ氏 そもそも「イヴァンカ基金」ではない トランプ大統領の長女で大統領補佐官を務めるイヴァンカ・トランプ氏が来日し、連日動向がメディアで取り上げられた。そのなかで物議を醸した...