2014年6月7日土曜日

安倍首相、ローマ法王と会談=来年の訪日招請―【私の論評】あなたは知っているか?ヴァチカンも認めざるを得なかった、古から続く日本独自の素晴らしい霊性を重んじる精神世界を(゚д゚)!

安倍首相、ローマ法王と会談=来年の訪日招請

バチカンのローマ法王庁を訪れ、フランシスコ法王(右)と会談する安倍晋三首相

 安倍晋三首相は6日午前(日本時間同日午後)、バチカンのローマ法王庁を訪れ、フランシスコ法王と会談し、来年の訪日を招請した。これに対し、法王は「ぜひ日本を訪れたい」と前向きな考えを示した。

 日本の首相とローマ法王の会談は約5年ぶり。安倍首相は、江戸幕府の目を逃れて信仰を守り続けた長崎の「隠れキリシタン」の存在が明らかになってから、来年で150周年になると指摘。「こうした節目に来ていただきたい」と呼び掛けた。

このニュースの詳細は、こちらから(゚д゚)!

【私の論評】あなたは知っているか?ヴァチカンも認めざるを得なかった、古から続く日本独自の素晴らしい霊性を重んじる精神世界を(゚д゚)!
 
これは、重要な割に扱いが小さすぎるニュースだと思います。要チェックと思い、掲載させていただきました。

バチカンは、何といっともカトリックの総本山、宗教の力は近年は衰えてきてはいるものの、EUを中心として、世界にはカトリックの国々も多く、今でも多くの人々の精神的支柱となっていることは明らかです。

安部総理は、就任以来多くの国々を歴訪してきました、最近ではEUも歴訪していましたが、いよいよバチカンに訪問し、それだけではなく、法王に来日の招請を行い、全方位外交を確かなものにしようとしています。

このバチカン訪問のタイミングなどみていると、安部総理の全方位外交はかなり周到に準備をして順番も考えながら実施しているようです。

このような外交、今までは、総理大臣の就任期間があまりにも短かったので、日本ではなかなか実を結びませんでしたが、安倍政権はこのことだけをとってみとも、長期政権にすることが日本にとって非常に良いことだと思います。

さて、バチカンというと日本とは疎遠に思われがちなのですが、日本にとっても昔からいろいろと関係のあるところです。そのいったんをこのブログの過去の記事に掲載しましたので、その記事のURLを以下に掲載します。

まず一つ目は、ローマ法王庁・ヴァチカンには、昭和の殉難者1068柱の霊が祀られているという事実です。


"バチカンには以下のような歴史があります。
ヴァチカン宮に祀られた昭和殉難…
「世界に開かれた昭和の戦争記念館 第3巻 大東亜戦争の秘話(歴史パノラマ写真集) 」 名越二荒之助著 展転社 1999年11月 より抜粋 
1980年5月21日、昭和の殉難者のために、荘厳なミサがヴァチカン・サンピエトロ寺院で行われた。
――――――― 
ローマ法王庁・ヴァチカンには、昭和の殉難者1068柱の霊が祀られている。 

連合国の手で「戦犯」として裁かれたABC級すべての日本人「法務死」者の霊が、世界のキリスト教カトリックの総本山ヴァチカンに、他ならぬローマ法王によって祀られたのである。 
その多くはキリスト教信者であった連合国側にとって、これほどの皮肉はない。皮肉というよりは、勝者の驕りに対する「神の戒め」であるとも言えよう。時のローマ法王・パウロ六世に、日本人殉難者のためにミサを、と訴えたのは仏教徒の仲田順和師であった。 
昭和50年(1975年)にヴァチカンを訪れた折に、かねてより心を痛めていた「戦犯とされた人々」の鎮魂と慰霊のために、宗教の違いを超えて願い出たのである。 
順和師の父であり先代座主でもあった順海大僧正は、学徒兵や殉難者の法要を欠かさず、「七戦犯の鐘」など慰霊の鐘も護持している。 
先代座主の遺志をついだ真言宗醍醐寺派別格本山品川寺(ほんせんじ)の仲田順和師の願いを、パウロ六世は快く承諾した。 
しかし、喜んで帰国した順和師にその後届けられたのは、法王の訃報であった。その後を襲ったパウロ一世も急逝し、異教徒の願いは空しく閉ざされたと思われた。 
ヨハネ・パウロ2世
その順和師のもとに、ヨハネ・パウロ2世から親書が届けられたのは5年後の昭和55年4月、内容は「5年前の約束を果たしたい」との思いもかけぬものであった。 
ローマ法王庁は、異教徒の願いを忘れてはいなかったのである。パウロ6世の真心に応えようと、帰国直後から作製を依頼していた五重塔に殉難者1068柱の位牌を納め、ヴァチカンに奉納されたのは、同年5月のことである。 
醍醐寺五重塔を精巧に模した塔は、「戦犯」慰霊に共鳴した栃木県大田原市の木工芸家星野皓穂氏が、3年の歳月をかけ無料奉仕で完成させたもの。 
5月21日には仲田・星野両氏も参列し、法王パウロ2世のもと、昭和殉難者のための荘厳なミサがヴァチカンでとり行われた。
ご存知のように、バチカンの権威はすさまじいものがあります。ガリレオ・ガリレイの名誉が回復され、正式に無罪とされたのは、なんと死後367年を経た2009年の2月15日でした。いいですか、100年前ということてはなく、2009年になってからです。人類が月に到達したは、45年前です。地動説は、おそらく、少なくとも100年前には人類の常識になっています。それでも、300年以上たってからです。権威を守るということは、こういうことです。



私は、何もバチカンを批判しているではありません。バチカンにはバチカンの宗教的権威というものがあります。背後にはおびただしい数の信者がいます。いろいろな意味あいがあって、こんなに時間がかかってしまったのだと思います。

こんなバチカンには、昭和の殉難者1068柱の霊が祀られているのです。そもそも、バチカンは戦犯など認めていないのです。日本人が倫理観が高いというだけではなく、霊を重んじる国であり、国民性であることを認めたからこそ、バチカンはこのようなことをしているのです。靖国戦犯合祀を非難する、韓国民には理解できないことです。

そのバチカンの法王が、わざわざ「韓国民は、倫理的・霊的に生まれ変わらなければならない」と発言しているのです。ローマ法王が軽々しく公式に、このような発言をするわけがありません。この言葉の重み、深さ、奥行きを韓国人は噛みしめるべきでしょう。

倫理観に関しては、朴槿恵大統領が辞任すべきです。霊に関しては、韓国民は自ら深く反省して、霊を重んじることの重要性を知るべきです。

私は、そう思います。皆さんは、どう思われますか?"

このようなことはなかなか日本では、報道されません。しかし、バチカンと日本とがこのような関係にあったことと、これはかなり大きな意義をもつことは、日本人として知っておくべきことと思います。

欧米人などに、日本の戦犯の話をするときなど、この事実も伝えるとかなり見方も変わるようです。

そもそも、東京裁判など、勝者の敗者対する一方的なリンチに過ぎなかったことが理解されやすくなると思います。

二つ目としては、何とヴァチカンには「日本特別ルール」というものがあります。

これは、以前"2ちゃんねる"に掲載されていたようです。私自身は、それ自体を観たこはありませんが、あるサイトで、質問としてだされていたものがありますので、そのURLと内容を一部以下に掲載させていただきます。
バチカンの「日本だけ例外ルール」
初めて利用します。宗教カテゴリが見当たらなかったのでここで質問します。
以下のような2chコピペを最近知りました。これって本当にあるのでしょうか?
事実だとしたら、2ch以外で何か出典となる本はあるでしょうか?==== 以下、コピペ ====835 おさかなくわえた名無しさん sage New! 2007/11/21(水) 13:35:20 ID:jtdHrUTs バチカンの「日本だけ例外ルール」って結構あるんだな。知らんかった。 大昔、宣教師に 「デウスさまを拝まないと地獄に落ちるだか?  おらの爺様や婆様も地獄にいるだか?ならおらも地獄に行く。  自分だけ助かるだなんて、そんたら不孝なことはできねぇ」 とかなんとか拒むんで、バチカンも困った挙句に「特例ルール」ができたと聞いた。 日本に来ると教義に疑問を持ってキリスト教を捨てる人間が続出するもんで 「宣教師の墓場」と恐れられたのも原因のひとつなのかな。
さて、この質問に対する答えは、バチカンの「日本だけ例外ルール」があったとしています。

なぜ、このような特別ルールを設けたかといえば、世界で日本だけが当時から独自の精神世界を持っていたからにほかなりません。これ関しても、以前このブログで紹介したことがあります。その記事のURLを以下に掲載します。


精神世界とか、霊性の時代などというと、何やら難しそうで、自分たちとは縁がないと思いがちかもしれませんが、そんなことはありません。平たく言うと、たとえば昔のご老人が「ご先祖様に申し訳が立たない」などと発言することがありましたが、これそのものが日本人の精神を現しており、日本人が霊性の世界に生きたきたことを象徴しています。

ご先祖様の霊は今も息づいており、それが現代の私たちにも影響を及ぼしているということです。また、このように考える日本人は、今生きている私たちもいずれは霊となり、未来の人たちに影響を及ぼすと信じてきたということです。私たちの霊は、たとえ体が滅んでも、過去・現在・未来へと連綿と繋がつているのです。

昨年伊勢神宮の式年遷宮で、御神楽で新しい正宮に向かう臨時祭主の黒田清子さん

なんと素晴らしい精神世界ではありませんか。この素晴らしさ、私たちはあまりにもあたり前になっているため、特に気づかなく見過ごしてしまうこともありがちです。しかし、この精神世界は世界の思想家にも多大な影響を与えています。

さて、この記事よりその部分のみを以下にコピペさせていただきます。

"上の記事にもあるように、仏作家マルローが語った言葉である、
21世紀は霊性の時代となろう。霊性の根源には神話があり、それは歴史の一面を物語っている。世界の神話が現代なお生きているのが日本であり、日本とは、それ自体、そのものの国で、他国の影響を吸収し切って、連綿たる一個の超越性である。霊性の根源に万世一系の天皇制がある。これは歴代天皇の連続性であるのみならず、日本文化の継続性の保証でもあるのに、戦後日本はそのことを忘却してしまった。しかし、霊性の時代が、今や忘却の渕から日本の真髄を取り戻すことを要請している。また文化は水平的に見るのではなく、垂直的に見るべきだ。
アンドレ・マルロー

スイスの心理学者グスタフ・ユングが語った言葉である、
キリスト教中心の西洋文明の終末は20世紀末から21世紀初頭にかけて到来する。そして次の文明は、一神教や独裁専制ではなく、霊性の支配する時代となるであろう。
カール・グスタフ・ユング

は、特に現代の日本人は、良く噛みしめてみる必要があります。このようなことは、少し前までの日本人なら誰もが知っていて、このこと自体に心の安らぎととともに、誇りに思っていたものでした。その頃の日本人は、今の日本人のように、日本が崩壊するとか、財政破綻してとんでもないことになるとか、そのようなことは思ってはいなかったでしょう。このような伝統と格式、歴史の古い国がそう簡単に崩壊することなどあり得ないと思ったことでしょう。

しかし、こんなことは、今の日本人はほとんど忘れています。というより、戦後の教育によって、こうした日本の良さ、素晴らしさをほとんど教育されなくなってしまいました。しかし、日本のこうした神話や、格式と伝統は、宗教の世界などは超越しており、生活の隅々まで行き届いており、戦後の教育によって、このことが教えられなくても、日本人として生まれ、日本人の伝統を受け継いだ日本人にとっては、潜在意識の中に埋め込まれて、今も息づいています。


現代風に描かれた天照大神

だからこそ、伊勢神宮に1500万人もの人々が参拝をするなどという、とてつもないことが起こったりするのです。世界のどのような施設でも、これだけ多くの国民が訪れるものはないと思います。先日観た、ホワイト・ハウスダウンという映画では、女の子が、年間でホワイト・ハウスを訪れる人々は、150万人と言っていたのを思いだします。

マルローや、ユングが語ったように、おそらくこれからの時代は、霊性が支配するようになると思います。そうして、マルローが語るように、神話が現代なお生きているのが日本であり、日本とは、それ自体、神話そのものの国で、他国の影響を吸収し切って、連綿たる一個の超越性なのです。霊性の根源に万世一系の天皇制があるのです。

他国の影響を吸収しきってというというと、日本の神道では、八百万の神といって、昔から他者の神や文化を全部受け入れ、その上で、連綿たる一個超越性を保っているという点にも示されているように、素晴らしい考え方です。

宗教は良いことではあるのですが、それが教条的になると、酷く残虐になる場合もあります。魔女狩り、宗教戦争、十字軍、現代のイスラム原理主義の行き過ぎによる、過ちなどの悲惨な事例は、枚挙に暇がありません。しかし、日本の場合は、宗教ではなく霊性の次元にまで高めてしまったため、そのようなことはありません。"

このような霊を重んじる精神世界にあった日本人は、当時のイエズス会の宣教師たちにとっては、驚天動地の存在だったと思います。

当時の宣教師たちは、自分たちのキリスト教が世界で最も進んでおり、キリスト教文明を知らない野蛮な極東の日本の人々を宣教し救うという使命感に燃えてに来日したのでょうが、実際に日本に来てみて、身分の高い人から低い人にも接してみて、日本人たちが、当時の世界の中心のヨーロッパの水準からいえば、とてつもない霊性を重んじるという素晴らしい精神世界を実現していたことに驚愕したと思います。

科学技術に関しては、確かに立ち遅れていましたが、その精神性の高さには驚愕したものと思います。

そうして、このような高い精神世界を持つ日本人に対して、世界の他国々のように布教しても、できないと悟り、それをヴァチカンに知らせ、ヴァチカン側もそれを理解したため、あれほどの権威を持つヴァチカンですら、日本独自ルールを作らざるを得なくなったのです。

イエズス会宣教師フランシスコ・ザビエル

おそらく、当時の宣教師の中にも、日本の霊性を重んじる精神世界は、いずれ宗教を超えるかもしれないと感じた者も大勢いたものと思います。だからこそ、宣教師が日本に来ると教義に疑問を持ってキリスト教を捨てることが続出したため、当時のヴァチカンにおいては日本は、「宣教師の墓場」と恐れられたのです。

その影響は計り知ることはできません。おそらく、先に掲載したヴァチカンに、昭和の殉難者1068柱の霊を祀るなどということも、ヴァチカンは、このような日本の霊性を重んじる精神世界に敬意を評したためであると考えられます。

そうして、日本の霊性を重んじるという精神は、いずれ世界の宗教にも影響を与えるかもしれません。いや、すでに上記のようなことから、良い意味でヴァチカンですら影響を受けているかもしれません。

こんな豊な精神世界に生まれ育った私たちは、今一度日本の霊を重んじる精神を振り返るべきです。なぜなら、いずれ、これが世界に大きな影響を与え世界を変えてしまうかもしれないからです。

そんな時になって、日本の精神世界を理解しないニッポン人(日本の伝統文化を継承しない日本人という意味)ばかりになってしまえば、日本は日本でなくなり、日本人は日本人でなくなり、凡庸な国、凡庸な人になってしまうからです。

もしかして、あたなはこの素晴らしい精神世界を忘れて、凡庸なつまらない人になってはいませんか。そうであっては、いけないと思います。



私たち日本人は、このような国日本に誇りを持ち、自信を持ち、世界に日本の素晴らしさを伝えてていくべきです。日本のやり方が、世界伝わりそれが理解されれば、世界は変わります。

あのどうしようもない陰鬱な時代の象徴であった民主党政権など、悠久の歴史の流れの中に咲いた一時の徒花に過ぎなかったことが明らかになりました。日本は、1,000年に一度の震災から力強く復活しつつあります。過去には、原子爆弾を2回も落とされ、国土は焦土と化しましたが、霊性を重んじるという豊な精神世界を持つ私たちの日本は力強く復活しました。

連綿たる一個の超越性である日本は、このような災厄からも過去おいては何度も立ち直ってきましたし、将来も何度でも力強くたちあがることでしょう。朝廷をはじめとする私たち日本人の日本の伝統文化は、これからも悠久の歴史の中に燦然として輝き続けるどころか、さらに輝きを増すことでしょう。

私は、そう思います。皆さんは、どう思われますか?

【関連記事】


さよならニッポン、新時代の国際人としての心構え―【私の論評】こんにちは、日本と日本人、さよならニッポン、ニッポン人、古から続く国際人としての心構え!!

日本人の対応礼賛「伝統文化に基づいた新日本誕生も」との指摘も 米研究機関討論会―【私の論評】朝廷をはじめとする私たち日本人の日本の伝統文化は、これからも悠久の歴史の中に燦然として輝き続けるどころか、さらに輝きを増す!!



【関連図書】

伊勢神宮 式年遷宮のすべて (JTBのムック)

ジェイティビィパブリッシング (2013-12-16)
売り上げランキング: 22,017


遷宮をめぐる歴史―全六十二回の伊勢神宮式年遷宮を語る
茂木 貞純 前田 孝和
明成社
売り上げランキング: 532,982


お伊勢さん~伊勢神宮式年遷宮~完全版BOX
三重テレビ放送
売り上げランキング: 20,466
コメントを投稿

インフレ目標未達の真の問題 増税影響の説明と政治的配慮、追加緩和は補正と一体実施も―【私の論評】日銀は奇妙な景況感を捨て去り速やかに追加金融緩和せよ(゚д゚)!

インフレ目標未達の真の問題 増税影響の説明と政治的配慮、追加緩和は補正と一体実施も グラフ、写真はブログ管理人挿入 以下同じ 日銀の金融緩和によって雇用環境は劇的に改善しているが、2%のインフレ目標達成時期は先送りが続いている。インフレ目標政策のセオリーから見...