2008年10月24日金曜日

麻生総理大臣高級店での会食 野党から批判-こういう話題がマスコミで報道される国の国民のレベルは?

麻生総理大臣国際連合総会演説(1/3)(英語版)


麻生総理大臣高級店での会食 野党から批判(この内容ご存知の方は、この項を読み飛ばしてください)
麻生総理大臣は、記者団から夜に高級店での会食が多いのではないかと指摘されたことについて「ホテルを使うことがいちばん多いが、安全で安いという意識がある」と反論しました。これに対して野党側からは国民の感覚とずれていると批判も出ています。

麻生総理大臣は22日、記者団から夜に高級店での会食が多いのではないかと指摘されたことについて「わたしはホテルを使うことがいちばん多く、高級料亭に毎晩行っているように言われることは違う。たくさんの人と会うとき、ホテルのバーは安全で安いという意識がある。一般の店に行くと新聞記者や警備の警察官も多く、営業妨害だと言われる。お金も自分で払っている」と述べ、関係者への配慮もあってホテルを使っていると反論しました。

これに対して野党側は、社民党の福島党首が「ものすごく豪華なところで、毎晩、懇談していることにはビックリした。個人のお金でやっているのなら豪遊であり、庶民感覚から、ものすごくかけ離れている」と批判したほか、民主党の幹部も「スーパーマーケットを視察していたが、うわべだけのパフォーマンスだった」と述べるなど批判も出ています。

これについて、河村官房長官は、記者会見で「皆、生活のスタイルは違うが、国民目線も必要だ。今までのライフスタイルを急に変えるものでもないだろうと思うが、総理大臣というのは国民に注視されており、その視点だけは絶えずもっていただきたい」と述べて苦言を呈しました。一方、鳩山総務大臣は、「麻生総理大臣は、1日の最後にクールダウンで葉巻を吸い、お酒も飲むが、ほんのわずかしか飲まない。

高級料亭で、すごいお金を使うという話ではなく、喫茶店でお茶を飲むのに毛が生えたような話だ」と述べました。また、与謝野経済財政担当大臣は「麻生総理大臣の持っている小遣いからすれば、『コーヒー代よりはちょっと高いけれど、高くは感じない』というのは、そう皆さんが責めたてることではないのではないか」と述べました。舛添厚生労働大臣は、「散歩しようが一杯飲もうが、本人の自由だ。翌日の公務に差し障りがあるようなら困るが、きちんと国会での対応ができ、公務を遂行できれば問題はない」と述べました。

こういう話題がマスコミで報道される国の国民のレベルは?
日本の国際競争力が従来と比較すると落ちてきているそうです。しかし、このような報道を目にすると、さもありなんという気がします。マスコミも、野党もレベルが低いですね。困ったものです。でも、これが私たち日本の現在のレベルなのだと思います。

ホテルのバーってそんなに高いんですか。初めて知りました。たいていはショトバーでワンショットづつ提供し代金もワンショットづつ徴収しますから、飲んだ分だけというのが相場です。まあ、アルコール中毒のような人で大量に飲む人は別として、普通の人なら本当に高級カフェで珈琲を飲むのと遜色がないくらいです。クラブや高級料亭で飲食するのとは違うと思います。私も若い頃、お金もなかったのですが、ちょっと気分転換をしたときなどに利用させていただきました。社民党の福島党首はそんなことも知らないんでしょうか。だとしたら、問題です逆にもっと社会勉強をすべきですね。福島党首は焼き鳥屋さんで会食するんでしょうか?まあ、この人にはぴったりかもしれませんね。

このようにニュースとなっているのは、取材した記者はいうまでもなく、新聞社などのデスクもニュースバリューがあると判断したということです。そうして、デスクは国民にとって価値ある内容だと判断したということです。まあ、このデスクの判断が正しいかどうかは、分かりませんが、少なくともデスクの頭の中では、日本の国民は低レベルでこのようなくだらないことにニュースバリューありと判断したということです。

冗談ではないですね。マスコミは日本の国民が低レベルだとして見下してるのでしょうか?少なくとも私はそんな低レベルではありません。私のまわりも、低レベルでない人がたくさんいます。もうこんなレベルの話を報道したり、野党もその尻馬にのるような下賎な真似はやめるべきです。

上記の記事の中で舛添厚生労働大臣の声明がもっとも妥当だと思いますが、本人も「なんでこんなことを記者にわざわざ聴かれ言わなければいけいないのか」と義憤を感じたと思います。

まあ、このような内容、日本語で書かれて、大方の外国の人には見られずにすむので良いですが、日本のマスコミの低レベル恥ずかしいです。

【関係記事】
反転文字列をクリックしていただくと当該記事に飛ぶことができます。
■麻生首相:追加経済対策に改めて意欲―単なるばら撒きに終わらせずに、社会変革を実施せよ!!
首相の追加経済対策、今必要な内需拡大のために減税や財政出動を行うこと、現状にあっては定石だと思います。ただし、私は、この経済対策従来 と同じような手法で、社会資本の整備として、無駄な道路や港湾、空港への多大な投資や、独立行政法人に対して投資して役人や役人OBの無駄遣いの温床とす る事があってはならないと思います。現在の八方ふさがりの状況では、社会変革にも目を向けるべきであると思います。あの経営学の大家ドラッカー氏も、最後 の著書「ネクスト・ソサエティー」の中で、ここ40年から50年は経済の時代だったが、これからしばらくは社会に注目する時代が来ると語っています。そう して、この困難な時期ほど社会変革はやりやすいのではないかと思っています。やり方によっては、偉大な社会改革であった明治維新にも匹敵するような改革が 可能だと思います。現在の多くの人々の頭の中は「経済」というキーワードで埋め尽くされていますが、これでは完全に八方塞になります。「社会」というキー ワードこれから最も先端的なものになる可能性が大です。

■うそこメーカー-麻生さんも知っている脳内メーカー

ADs by Yutakarlson

ピザテンフォー今年の10月4日に生誕20年!!

今年の成人を迎えた方々には、もうお知らせしましたが、ピザテンフォー今年の10月4日をもちまして、創業20周年(こちらで、スマイルズ・ザ・プライスのプロモーションビデオを是非ご覧なってください)を迎えることができました。これも皆様のおかげです。

テンフォーのピザは楽天デリバリーからも購入できます!!

ピザテンフォー昨年の楽天デリバリーの「ファミリーへのおすすめ」部門で、堂々の2位となりました。ますます、便利になったテンフォーを是非ご利用ください。

YUTAKARLSON、USA 市長からのお願い

ランキングは、ありきたりのは面白くないので、私の街に是非投票してください。この私の街は、サイバー上のアメリカ国内に設置してあります。街の名前は、YUTAKARLSONと いいます。この街は、皆さんからのアクセスがあれば、アクセス数が街の住民数となり発展していきます。職場整備、交通の整備などはひと段落していますので、今度は人口を増やす必要があります。せびポチッと一つお願いいたします。


⇒⇒YUTAKARLSONの住民募集!!←←

4 件のコメント:

樽井 さんのコメント...

 おはようございます。
 樽井です。自分もそのように思います。別にバーくらい個人の自由だし一杯1000円から2000円ったって、それが目くじらを立てるような事かなと思いますし、そのことに報道価値があるというマスコミ判断は本当にしょうもないですよね。
 ちなみに小沢党首は「笑笑」や「庄や」によくいくそうです。確かにあっちはその10分の1くらいの料金ですけれどね。

Stray Horse さんのコメント...

ども、リンク先からやってきました。
まさしくそうです。どうもマスコミは、“庶民”という定義を勘違いしてる様で、“低所得者=庶民”ではなく、どんな階層の者でも、そこに似合う生活感があるかどうかであって、それぞれに共通する理不尽な事を共有できるかどうかであり、それを無視した意見など、国民が求める“生活改善”ではありません。
まして、仕事明けの一服をする場所は個人の趣味であり、ホテルのバーなんかで飲んでも、居酒屋の安酒をガブ飲みしても、相手と会話を楽しんでいるなら、大差ありません。むしろ価格ではなく、そういう社交場での会話から情報を導きだし、それを政策に生かすかどうかであって、“庶民と一緒に飲んでるから…”と言っても、情報を活かせないなら無意味です。そんな事は、むしろ“庶民”の方がよく知ってる話。それをマスコミは、愚弄してるんですねw

miro さんのコメント...

miroです。私のブログにきてくださってありがとうございます。この記事を読ませていただいて、やっと気持ちが落ち着きました。
今朝もNTVで萩原(?)何某かという女性コメンテーターが、ヒステリックに「葉巻1本で庶民の家族4人の食事がまかなえる!」云々と叫んでいました。
もう、爽やかな朝が吹っ飛んでしまいました。早速番組に苦情メールを出しましたが、
メールを見ながら「暇だよなあ、まあ、反響があったって事でありがたいね!」なんて嘯いているプロデューサーの顔が目に浮かびます。マスコミ関係者は、何を見てるんでしょう?考えてるんでしょう?民度が低いですねぇ。がっくりです。。。

yutakarlson さんのコメント...

樽井様 コメント有難うございます。小沢さんだって、行きたいところに行ってリラックスして、頭を切り替えるべきだと思います。

stray horse様コメント有難うございます。マーケティングの立場からいえば、現代は大衆すなわち、庶民など存在しません。大衆向け、庶民向けの商製品など誰にも不向きになり、売れません。マスコミも、一般大衆がいるという幻惑からそろそろ目覚めるべきです。

miro様コメント有難うございます。私もときたま葉巻を吸うことがあります。無論、そんなにたくさん吸えるほど給料は高くありませんから、海外に行く友人などに頼んで安く買ってきてもらいます。私も、海外に行ったときは、まずは葉巻を確保します。それに、好きなジャズの新譜をゆっくり聞くときに限って吸います。それに対して、誰もとがめたてする者はいません。もし、しようとしてもそんなことは許しません。それが、また明日への活力になるわけですから、他人や家族にもとやかく言われる筋あいのものではないと思っています。
萩原某さんは、全くそういうことをしないのでしょうか?だとしたら、全くつまらない女性なのでしょうね。

大陸客の個人旅行禁止から2週間強、それでもあわてぬ台湾―【私の論評】反日の韓国より、台湾に行く日本人が増えている(゚д゚)!

大陸客の個人旅行禁止から2週間強、それでもあわてぬ台湾 蔡英文台湾総統 中国政府が8月1日に中国大陸から台湾への個人旅行を停止してから半月あまりが経過した。台湾メディアによれば、足元では、中国個人客が1日単位で貸し切ることの多い観光タクシーの利用に落ち込みが目立っ...