2008年11月6日木曜日

上り速度が3倍の1.4Mbps、アップロードが高速になったイー・モバイル -ますます快適になったモバイル環境

上り速度が3倍の1.4Mbps、アップロードが高速になったイー・モバイル
イー・モバイルは6日、国内で初めて上り速度を高速化した「HSUPA」対応サービスを11月20日から開始すると発表した。同時に、HSUPAに対応したデータ通信用端末3モデルも発売する。利用料金は従来と同じで変更はない。

上り速度が従来比約3倍に

HSUPA(High Speed Uplink Packet Access)は、3G携帯電話W-CDMAの高速化規格「HSDPA(High-Speed Downlink Packet Access)」が下り速度の増速であるのに対し、上り速度を向上させるための規格。

Webサイトの閲覧時などでは大きく影響しないが、例えば動画共有サイトや画像投稿サイトへの動画や画像のアップロード時、ストレージサービスへのファイルの保存時、インスタントメッセンジャーなどでのファイル送信時など、大きなファイルのやりとりに威力を発揮する。

上り速度が増速したことによって便利になるサービス

同社の執行役員副社長阿部基成氏は、「ストレージサービスはあまり活用されていなかったが、(ノートPCを)持ち歩いて(ファイルを)ストレージサービスに保存するのが(HSUPAで)使いやすくなるのではないか」と指摘する。

HSUPA対応端末を挿したネットブックを手にする阿部基成副社長。今後もネットブックとの抱き合わせ販売は続けていく意向だという

例えばインスタントメッセンジャーで画像を送信した場合。2MBの画像が14秒程度で送信できた(同社の実験環境でのテスト)

同社の実験環境での速度テスト。実験環境ということもあり、規格上限に近い1.3Mbps以上の上り速度。下り速度も4.6Mbpsと高速

発表会場(東京・虎ノ門)でのテスト結果は上り1.25Mbps

現時点で、HSDPAに対応したイー・モバイルのエリアや端末では、下り最大7.2Mbps、上り最大384kbpsの通信速度が利用できるが、 HSUPAに対応することで上り速度は最大1.4Mbpsまで増速する。規格上は5.2Mbpsまで対応しているが、早期の導入を優先し、まずは 1.4Mbpsからサービスを開始する。

HSUPAに対応したサービスエリアは、当初都市部や人口密集地から対応を開始。11月現在で同社の人口カバー率は約85%(ローミングを除く)で、そのうち当初は40%程度のカバー率からスタートし、早期に60~70%まで引き上げたい考えだ。

また、今後より高速なHSUPAが利用可能になった場合はそちらへも対応していく意向で、HSUPA対応基地局のソフトウェアバージョンアップで対応できる見込み。

阿部副社長は、HSUPAのサポートエリアでは「込んでいるエリアでも(従来サービスの上り速度)384kbpsの倍ぐらいは最低でも保っていけるようにしたい」と話し、より高速な上り速度実現に向けて取り組む姿勢を示した。

利用料金は従来と同じ価格帯になり、例えば「年とく」を利用した場合、料金は1,000~4,980円の定額料金で利用できる。

HSUPA対応の3機種

HSUPAのサービス開始に合わせ、イー・モバイルでは対応のデータ通信用端末3機種を発売する。

HSUPA対応端末3モデル(左からD21LC、D21HW、D21NE)

USBスティック型の端末「D21HW」(中国Huawei Technologies製)は、HSDPA/HSUPAに対応したUSB接続型のデータ通信端末。USB端子部が回転することで場所を取らず、スマート に利用できる。高感度ダイバシティアンテナを採用することで移動時にも安定した通信が可能だという。

D21LC

対応OSはWindows XP/Vista、Mac OS X。Windows OS利用時にはインストール作業が不要な「ゼロインストール」もサポートする。通信方式はW-CDMA、HSPA 1.7/2.1GHz。

PCに接続したところ

端子部が回転するので、接続時も邪魔にならない

発売は11月20日で、価格は「ベーシック」で36,980円、「新にねん」で12,980円。

サイズ 約28(W)×10(H)×92(D)mm
質量 約25g
カラーバリエーション シルバー
通信方式 W-CDMA/HSPA(1.7/2.1GHz)
日本国内ではW-CDMA/HSPA(1.7GHz)のみ
通信速度 下り最大7.2Mbps/上り最大1.4Mbps
インタフェース USB2.0準拠
対応OS Windows Vista 32bit/64bit、Windows XP Professional/Home Edition SP 2以降、Mac OS X 10.4.~10.5

HSUPA対応端末「D21LC」(中国Longcheer Technology製)は、HSDPA対応のUSBスティック型端末「D12LC」のバージョンアップ版で、新たにHSUPAに対応した。

D21LC

PCに接続したところ

軽量・コンパクトなサイズで、PCのUSB端子に直接接続して利用する。microSDカードスロットを備え、最大4GBまでのmicroSDHCカードにデータを保存することもできる。

対応OSはWindows XP/Vista、Mac OS Xで、Windows OSの場合のみインストール作業が不要な「ゼロインストール」に対応する。

発売は11月20日で、当初はマットブラックから発売する。価格は「ベーシック」で36,980円、「新にねん」で12,980円。

サイズ 約27(W)×13.2(H)×85(D)mm
質量 約30g
カラーバリエーション マットブラック、インディゴブルー
通信方式 W-CDMA/HSPA(1.7/2.1GHz)、GSM 900/1800/1900MHz
日本国内ではW-CDMA/HSPA(1.7GHz)のみ
通信速度 下り最大7.2Mbps/上り最大1.4Mbps
インタフェース USB2.0準拠
カードスロット microSDカードスロット×1
microSDHCは最大4GB、microSDは最大2GB
対応OS Windows Vista 32bit/64bit、Windows XP Professional/Home Edition SP 2以降、Mac OS X 10.4.~10.5

PCカードタイプの「D21NE」(NECインフロンティア製)は、PCMCIAカードスロットを利用するデータカード。HSDPA対応端末の「D02NE」よりも小型化し、同社のPCカードタイプの端末では最小を実現。

D21NEをPCに挿入したところ

高感度ダイバシティアンテナを採用したことで移動時も安定した通信が可能だという。アンテナは360度の可動式。専用の収納ケースも同梱される。

発売は12月上旬の予定で、価格は「ベーシック」で36,980円、「新にねん」で12,980円。

サイズ 約54(W)×110(H)×8(D)mm
質量 約50g
カラーバリエーション ホワイト
通信方式 W-CDMA/HSPA 1.7GHz
通信速度 下り最大7.2Mbps/上り最大1.4Mbps
インタフェース PCカードType II
対応OS Windows Vista 32bit/64bit、Windows XP Professional/Home Edition SP 2以降

ますます快適になったモバイル環境
今度の新サービスなかなか良いと思います。上り速度が3倍で1.5Mbpsなら、光は別にして、他のものと遜色ないほど高速になります。これから、モバイルでも通信速度の遅さにはあまり悩まされずにインターネットができることになります。

このサービスいずれ、コジマ電気などでも取り入れられて、モバイルパソコンとともに、初期導入価格は100円とか、数円から、1万くらいで導入されることになると思います。そのときは、是非導入してみたいです。

今まで、コジマの通信サービス+パソコンのサービス魅力的でしたが、何か踏み切れないところがあって、導入していませんでした。でも、モバイルパソコンはこの程度のインターネット環境があって初めて、相当使えこめるものだと思います。

iphoneや、googlephoneもいいとは思うのですが、やはりモバイルパソコンで良い通信環境を手に入れることができれば、やはり私はパソコンの方が良いと思います。メールを打つにしても、画面を見るにしても、やはりパソコンのほうが、かなり使い勝手は良いと思います。

ただし、モバイルパソコンももう少し軽量化していただければ、はるかに良くなると思います。現在1kgはきるといいなが、1kgに近いほうが、主流ですから、500gまでは要求しませんが、1kgを切るなら、500gに近い方であれば良いと思います。600gくらいになれば、ベストです。

通信環境がよくなり、さらに軽量化されれば、爆発的に売れると思います。それにしても、昔フランスでミニテルが普及したころ、ある評論家がパソコンの価格が下がって5~6万円くらいになれば、かなりこうしたものも普及するだろということを述べていましたが、今の環境それを越えていますね。これから、この普及がどのように社会に影響を及ぼしていくのか、このブログでも追いかけていきたいです。

【関係記事】
以下に関係記事を掲載します。反転文字列をクリックしていただけば、当該記事に飛ぶことができます。

■日本でも発売予定、3G版iPhoneの新機能が明らかに-このニュースを見て新しいコンセプトを思いついた?

こ んにちは。私も、iphoneのことをブログに書きましたが、最後の結論は、小型のモバイルパソコンが良いとのものになりました。携帯電話や、PDAにさ まざまな機能をつけてどうたら、こうたらするよりも、パソコンを小さくして、気楽に持ち運べるよにすれば、大概のことはできるようなるので、わざわざ iphoneやスマートフォーンを開発する必要もないような気がします。それに、小さなパソコンなら、キーボードやディスプレイと接続すれば、普通のパソ コンのようにも使えます。それに、価格も最近発売されたヒューレット・パッカードのビスタ搭載のフルスペックで、安いのは5万円台です。私は、そう思う のですが、いかがなもんでしょうか?

■北京オリンピックがいよいよ開幕!!快進撃を続ける中国IT企業-快進撃はもう続かない?
こ んにちは。の快進撃が続いているようです。しかし、私はこの快進撃も、続いたとしてもあと1~2年だと思います。その理由としては、第一に中国内の人件 費が高騰していること、第二にパソコンそのものが値崩れを起こしていてあまり魅力のある事業ではなくなっていることです。特に最近流行りの格安超ミニノー ト・パソコンの市場にも参入する予定であること自体がもうすでに、かなり後れをとてっているか、創造性に欠けることを示しています。のこの行動が中国IT 産業と製造業の現状を象徴しているように思えます。

■Tモバイルが発売 携帯ネット広告を開発-が世界を変える?
いよいアメリカでが発売されましたね。金融危機直後というのに長蛇の列ができているそうです。巷でいろいろ言われているのですが、私はの素晴ら しいところは、結局インターネットというインフラにおいて、igoogleという共通のプラットフォームを用いた情報端末ということだと思います。 iphoneは結局は、パソコンの世界からは独立した高級・高機能携帯電話だと思います。その意味では、の方が世界を変える可能性が高いと思います。

■中国携帯電話事情―80後世代分類ツールともなるか?
私 のブログでは中国の若者80後世代について掲載しています。80後世代は、中国はもとより、台湾、日本でもいろいろ話題になっていますね。私 のブログでは、この80後世代三つの分類しています。そうしないと、中国のこれからの方向性はなかなか掴みにくくなると考えています。そうして、最近この 分類の中に中国の携帯電話の最新事情も取り入れてみました。是非ご覧になってください。

■やっと出てきた?デザインと軽量化を両立したMacBookAir

■EeePC予約受付開始-5万円以下のノートパソコン

■JabraのBluetoothヘッドセットを使用する利点

ADs by yutakarlsn

ピザテンフォー今年の10月4日に生誕20年!!

ピザテンフォー今年の10月4日をもちまして、創業20周年を迎えることができました。これも皆様のおかげです。

ビザテンフォー11月の企画は、おトクなキャンペーンです。よろしくお願いします。

テンフォーのピザは楽天デリバリーからも購入できます!!

ピザテンフォー昨年の楽天デリバリーの「ファミリーへのおすすめ」部門で、堂々の2位となりました。ますます、便利になったテンフォーを是非ご利用ください。

YUTAKARLSON、USA 市長からのお願い

ランキングは、ありきたりのは面白くないので、私の街に是非投票してください。この私の街は、サイバー上のアメリカ国内に設置してあります。街の名前は、YUTAKARLSONと いいます。この街は、皆さんからのアクセスがあれば、アクセス数が街の住民数となり発展していきます。職場整備、交通の整備などはひと段落していますので、今度は人口を増やす必要があります。せびポチッと一つお願いいたします。

⇒⇒YUTAKARLSONの住民募集!!←←

0 件のコメント:

【国家の流儀】皇位継承、伝統を踏まえた「男系継承」を 第2次安倍政権でもできなかった菅政権の決断、支持する世論を大いに盛り上げたい―【私の論評】小室親子が現代に浮かび上がらせた、女系天皇と皇統問題(゚д゚)!

【国家の流儀】皇位継承、伝統を踏まえた「男系継承」を 第2次安倍政権でもできなかった菅政権の決断、支持する世論を大いに盛り上げたい 立皇嗣宣明の儀  日本は対外的には立憲君主国とみなされている。  現行憲法第7条には、天皇の国事行為として、「八、批准書及び法律の定めるその他の外交...