2008年11月4日火曜日

JAXA:温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」公開-地球温暖化詐欺に対しては、金融危機に次ぐ朗報か?

温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」

JAXA:温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」公開(この内容すでにご存知の方はこの項は読み飛ばしてください)

 来年1月か2月に打ち上げが予定される温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」と、小型実証衛星1型(SDS1)が4日、茨城県つくば市の宇宙航空研究開発機構(JAXA)筑波宇宙センターで報道陣に公開された。

 いぶきは、二酸化炭素やメタンなどの温室効果ガスの地球全体での分布や、地域ごとの吸収・排出量などを測定し、地球温暖化との関連を調べる。高さ 3・7メートル、幅1・8メートル、奥行き2メートルで重さ1750キロ。総事業費は346億円。SDS1は、衛星で使う新技術を、小型衛星に積んで事前 に宇宙で実証する。今回は次世代ネットワーク型データ処理技術の試験などをする。高さ60センチ、幅・奥行き70センチ、重さ100キロ。総事業費は10 億円。

地球温暖化詐欺対策には金融危機につぐ朗報か?

この衛星が打ち上げられ、地球各地のCO2濃度など計測することにより、様々な矛盾が出てくると思います。たとえば、ヨーロッパの昔から森林の多いところなど、歴史のある森林の付近ではCO2が多いだとか、日本では古くからある里山付近にCO2が多いとか、そういうところと比較すると、渋谷のど真ん中の方が古くから森林地帯よりCO2が少ないだとか。容易に想像できます。このことに気がつかない人は、小学校か中学校の教科書でも読み返してください。ここでは、初歩的な理科の講義をするつもりはないです。

要するに、マスコミや詐欺グループが欲しがっているのは、ニュヨークや東京など都市部ではCO2が多く、田舎や森林などではCO2が少ない、「それみたことか、都市ではCO2が多いぞ・・・・。地球温暖化は人為的なCO2によるものだ。このままでは大変なことになる。このまま人間はCO2を垂れ流し続けて、人類の未来を壊そうとしている。いや。人類滅亡だ。大変だ!!」ということだと思います。

アル・ゴアを含む地球温暖化詐欺グループは、「大気中のCO2が上昇すると気温が上昇するとしています」しかし、過去の地球の大気の記録(抽出方法などは省きます。知りたい方は「地球温暖化詐欺」の動画をみてください)によれば、事実は真逆で「気温が上昇するとCO2が増える」という結果になっています。これは、複数の学者が確かめています。これに対して、詐欺グループはあくまで地球温暖化二酸化炭素説を翻そうとしません。私の母校の北海道大学の環境科学研究所でも、最近「地球温暖化がどうの・・」と頭の悪そうな準教授か助手の人だったがテレビで語っていました。昔は、こんな人いなかったはずなのですが、やはり時代の移りかわりでしょうか。そんなにしてまで、研究費が欲しいのでしょうか。

最近では地球温暖化詐欺とは全く関係ないと思われた、医学の世界でも詐欺グループがでてきているようです。アメリカで2ヶ月ほど前に「地球温暖化になると腎臓に問題が発生する」なと゛という論文を出すグループがでてきました。地球温暖化であろうが、何であろうが、人は厳しい環境におかれれば、腎臓病の発生率は高くなります。というより、悪い水しか入手できないことなどのほうが、はるかに腎臓に悪いのに、わざわざ強引に地球温暖化に結びつけるところが、非常に恣意的です。科学的な態度ではないです。医学の世界では地球温暖化のおかげを蒙ることができなかったので、そろそろ我々にも分け前が欲しいということの現われだと思います。

しかし、以前このブログでも紹介しましたが、現在金融危機の真っ只中です。金融危機は悪い面ありまずが、良い面もあります。一つは、実体経済を良くするためにいろいろな社会変革が行われるきっかけになるということです。それと、それまで旧態依然としてきた非効率などが改められるということです。特に、地球温暖化二酸化炭素説など、人類にとって何の利益ももたらしません。全く無駄なことです。こういう厳しい時代には何の益(経済的だけでなく、社会的にも)にもならないようなことがらは真っ先に切り捨てられていきます。地球温暖化二酸化炭素説などもその格好の標的だと思います。おそらく、いろいな団体で資金を集めるのが困難になりつつあると思います。

ここしばらく、各国政府も何の益にもならない、地球温暖化対策には資金を提供しにくい状況になると思います。これは、地球温暖化二酸化炭素説とは全く関係ありませんが、最近以前と比較するとグリーンピースやシーシェパードの反捕鯨団体の活動が沈静化しているとは思いませんか。そうです、ヨーロッパやアメリカなどでは金融危機の影響が実体経済にも及びつつあり、特に益があるでもない「鯨」なんてどうでもいいという状況に陥っていて、これらの団体への寄付金も減りつつあるのだと思います。

それに今回の「いぶき」の打ち上げは、確実に地球温暖化二酸化炭素説の嘘を暴く結果になると確信しています。ただし、気をつけなければならないのは、詐欺グループが得意なデータ捏造、改ざんを阻止しなければならないということです。どんなデータであっても、それを恣意的に並べれば結果など真逆にすることなど簡単です。そうして、詐欺グループはすでに過去それを行っています。今回も彼らは自らの研究費、活動費、生活費を得るために必死になって巧みにデータ捏造・改ざんを行うと思います。しかし、私は日本の良心に期待したいです。日本の科学者の中にも公明正大な方も大勢いらっしゃると思います。いずれ出てくる観測結果の真実を公表していただきたいです。

さて、話は変わって設立当初は科学者のボランティアによる会合にすぎなかったIPCCが、1990年以降、急に政治的に注目され、巨 大化したのは偶然ではありません。社会主義の崩壊で職を失った東欧の共産党員や、西側の社会主義を掲げていた反政府運動が、「地球を守れ」「資本主義を止めろ」 というメッセージの象徴として、地球温暖化を選んだのです。そして1990年を基準年とすることによって、莫大なCO2を排出していた東欧を統合した欧州は、何もしなくても大幅なCO2削減が可能で、その排出権を売ることもできます。日本政府がそのトリックに気づいたのは京都議定書に調印する直前で、もはや遅すぎました。

BBCによる「地球温暖化詐欺」という番組

上は、夏ごろ話題になった「地球温暖化詐欺」の動画です。これは、BBCが製作放映したものです。イギリスでは、大規模な地球温暖化詐欺グループが存在する一方で公共放送がこのように言論の多様性を守っているのは立派です。日本では、朝日=岩波=NHKだけでなく、産経=文春=フジTVまで、この大規模な詐欺に加担する「翼賛体制」になっています。酸性雨やオゾンホールあるいは環境ホルモンやダイオキシンのように、全世界の政府が一致して騒ぎ、莫大な公費が浪費されてからでは遅いのですが・・・。

ここまで書くと、私のことを環境問題に反対する輩であるのではと思われる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、このブログにも過去に何回も書いてきましたが、そのようなことはありません。私は、地球温暖化二酸化炭素説には関してはこれは、環境問題などに関わるものではないので反対ですが、まともな環境問題については興味あるし、賛成だし、推進派です。

最近の金融危機や、こうした衛星の打ち上げなどによって、似非科学は姿を消し、いずれ本当の意味でのサイエンスが生き残っていくことを確信しています。

【関連記事】

反転文字列をクリックしていただくと、当該記事に飛ぶことができます。

海面が最高59センチまで上昇、「地球温暖化」の深刻な加速を国連の調査機関が正式に警告 - フランス-金融危機で危機を感じた地球温暖化詐欺グループのメッセージか?!


■京都市のコンビニ深夜規制、早くても来夏から-地球温暖化ファシズムの兆候か?!
私 は地球温暖化二酸化炭素説は、虚偽だと思います。それに、地球温暖化がもたらすものは、地球の破滅ではなく豊穣だと思います。最近の京都市 のコンビニ深夜規制、「錦の御旗」は、結局は「地球温暖化二酸化炭素説」だと思います。私は、多くの人たちが、この説に呪縛されていると思います。少し論 議をして、都合が悪くなれば、「錦の御旗」を出す。そうすると、不思議な効果が現れ反対派の人の多くも、賛成派も思考が停止してしまうようです。以前にど なたかが、民主党とナチスを比較して物議をかもしましたが、確かにこの温暖化の事例でも過去のナチスと同じようなことになってしまうかもしれません。開戦 前のナチスの「錦の御旗」は、「民族自決」でした。これによって、おびただしい数の人々が犠牲になったのは、皆さんご存知だと思います。私たちは、自らも のを考えているようで、錦の御旗の前では思考力を失っているのかもしれません。

■政府がCO2貯留コストを大幅削減へ 低炭素社会へ行動計画-黄昏EUの二の舞を踏まないために福田首相の手腕に期待しよう

■CO2は地下に封じ込めろ、独に欧州最大貯蔵施設-EUは地球温暖化二酸化炭素説とともに心中か?

■ここしばらく続いた環境問題に関する話題への締めくくり―EU没落は必定か?

■環境問題のウソ-温暖化詐欺の日本の実情

■地球温暖化詐欺(3)-呪縛から解き放つ(動画「地球温暖化詐欺」を掲載しています)

■地球温暖化詐欺(2)-気になる福田首相の発言の変化(動画「地球温暖化詐欺」を掲載しています)

■地球温暖化詐欺?(1)-CO2説はプロパガンダ?(動画「地球温暖化詐欺」を掲載しています)

■洞爺湖サミット開催-co2削減にいまこそ創意工夫を!(動画「地球温暖化詐欺2/8)を掲載してあります。

■テレビ朝日開局50周年~地球危機2008~で報道されたグリーンランド氷溶解の真偽?!(動画「地球温暖化詐欺1/8」を掲載してあります)

■日本の森林の特殊性―環境問題は教条主義的には対応できない

■フードマイレージやバーチャルウォーターだけが環境負荷指標か?-バーチャルCO2はどうなのか?

■昨年のEUの二酸化炭素取引の失敗―削減どころか増加?!

■カップヌードルが紙容器に―ピザテンフォーでは紙すらなくす?

■ピザテンフォー4月のお知らせ―業界初!!宅配皿 あつエコプレートで 熱さ+美味しさ

■IT機器「電源対策だけでCO2は大幅減」

■あつエコ宅配 ―ピザ・テンフォーが世に問う環境対策とは?

■割り箸は日本の文化-割り箸を使ってエコをしょう

■セブンイレブン:弁当の包装簡易化でコスト削減-コスト削減につながらないものは環境問題に寄与しない?

■ピザボックスをなくすとどのくらいCO2が削減できるの?

■ピザテンフォーの陶器のお皿による配達

■地球寒冷化の危機?-環境問題の落とし穴


■今日は何があったかご存知ですか(9月18日)

■グーグル環境問題に総額1千億ドルを拠出-エコな交通を目指す企業対象?

■エコ・環境問題の虚実-虚実皮膜の間???

■環境映画:Koyanisquatsi(コヤニスカッツィ):Life Out Of Balance


■北海道新聞に掲載された紙のピザボックス廃止の内容

■ピザ・テンフォーも実践する函館地区先行の「MOTTAINAI」-ルー大柴が歌うこの意味は?

■ピザテンフォーからピザボックスが消える日??


ADs by yutakarlsn

ピザテンフォー今年の10月4日に生誕20年!!

ピザテンフォー今年の10月4日をもちまして、創業20周年を迎えることができました。これも皆様のおかげです。

ビザテンフォー11月の企画は、おトクなキャンペーンです。よろしくお願いします。

テンフォーのピザは楽天デリバリーからも購入できます!!

ピザテンフォー昨年の楽天デリバリーの「ファミリーへのおすすめ」部門で、堂々の2位となりました。ますます、便利になったテンフォーを是非ご利用ください。

YUTAKARLSON、USA 市長からのお願い

ランキングは、ありきたりのは面白くないので、私の街に是非投票してください。この私の街は、サイバー上のアメリカ国内に設置してあります。街の名前は、YUTAKARLSONと いいます。この街は、皆さんからのアクセスがあれば、アクセス数が街の住民数となり発展していきます。職場整備、交通の整備などはひと段落していますので、今度は人口を増やす必要があります。せびポチッと一つお願いいたします。

⇒⇒YUTAKARLSONの住民募集!!←←


2 件のコメント:

LIBERST さんのコメント...

ブログへのコメントありがとうございました。あのブログはサブブログなのですが,昔は本家として使って居たのがあのクルルと言うサイトです。
何故クルルから脱したかと言うと,政治的な意見を掲載する度にきちがいなロートル意見が相次いだからです。今は事情があって一時的に再び本家に戻して居るのですが,他のブログ友達がコメントしに来てくれる様に会員以外でも意見が入力出来る設定に変えて居ます。
そんな環境のサイトですから,今回の様な趣旨の日記へのコメントなんぞ,それは“浅はか”なのだろうと思いつつ恐る恐る読んでみると,あなたの素晴らしい考えを垣間見れて嬉しかったです。
偶然ですが,私は以前何度かあなたのブログにお邪魔した事があります。多分コメントした事はありませんが。
あなたのコメントを読んですぐにブログに行き着きました。でも何故Bloggerはフラグなんて付けたのでしょうか?これも非常識な連中の妨害なのでしょうか。
それにしてもJAXAは馬鹿げてる!一体幾ら掛けて開発したか知りませんが,金の無駄遣いにも程があります。

yutakarlson さんのコメント...

liberst様 コメントありがとうございます。私はあなたのブログにたいして意図して意識して何回かは書き込みを入れているのをはっきり覚えています。フラグをつけるのは、bloggerの読者ですから、まあ、いろいろな人がつけていると思います。
中国国家情報局とか、地球温暖化詐欺グループとかです。特に中国ではこのブログ、6月あたりからブロックされていて、中国の都市部からはみることが出来ません。実際、楽天のブログでも作ってくれないかというリクエストもあります。
しかし、gooble bannd Toolで調べてみても、別にgooglからはgoogleに趣旨に反するブログだとは思われていません。
それに他のブログなどにたいして日々結構な書き込みをするというのもあるかもしれません。
別に気に食わなければ、こちらとしては消していただくか、無視していただくか、メールでもしていただき、止めてくれなどと知らせていただければ、その後書き込みなどするつもりはないんですが、何か変にぶちきれる人もたまにいるようです。
私としては、自分と立場を置き換えて考えて、自分が嫌だと思うようなことは一切していません。
まあ、人それぞれですから、あまり気にはしていません。
それよりも、自分の思っていることを世間の多くの人に知ってもらいたいと思っていますので、これからもこのブログは続けています。
ブログなどをやっていても、毒にも薬にもならないものは意味がないと思います。私のブログ、フラグなどつけられるということは、ある意味で話題になっているということですから、それはそれで良いと思います。

香港人に英国籍付与、英議員の提案は香港問題の流れをどう変えるか?―【私の論評】コモンウェルズの国々は、香港市民に国籍を付与せよ(゚д゚)!

香港人に英国籍付与、英議員の提案は香港問題の流れをどう変えるか? □ 立花 聡 (エリス・コンサルティング代表・法学博士)  多発デモや混乱、情勢の混迷を深める香港(参照 『香港問題の本質とは?金融センターが国際政治の「捨て駒」になる道』 )。中国による武力介入が懸念さ...