2008年11月30日日曜日

NZ空軍、日本の捕鯨船団の活動を監視へ-ニュージーランドを見極める良い機会か?

Royal New Zealand Airforce


NZ空軍、日本の捕鯨船団の活動を監視へ
(この内容すでにご存知の方は、この項は読み飛ばしてください)
【11月30日 AFP】ニュージーランドのウェイン・マップ(Wayne Mapp)国防相は30日、マレー・マッカリー(Murray McCully)外相と共同で声明を出し、日本の捕鯨船団が例年行っている南氷洋での調査捕鯨について、今年はニュージーランド空軍が船団を監視すると発表した。また同国政府は、前年洋上で衝突をくり返した捕鯨船団と反捕鯨団体の双方に自制を求めた。

 日本の捕鯨船団は11月中旬に出航した。一方、調査捕鯨を阻止するとしている米環境保護団体「シー・シェパード(Sea Shepherd)」の活動家らは、同団体の抗議船「スティーブ・アーウィン(Steve Irwin)」号を同海域に差し向けつつある。マップ国防相によると、ニュージーランド空軍は該当海域に捕鯨船団監視のために偵察機を常駐させる予定はないが、P3Kオライオン(P-3K Orion)哨戒機による通常の監視行動の範囲で最新情報を収集する。

 またマッカリー外相は、日本の捕鯨計画にニュージーランド政府は強固に反対していることをあらためて強調するとともに、ペルーで行われたアジア太平洋経済協力会議(Asia Pacific Economic CooperationAPEC)閣僚会議の際にも、中曽根弘文(Hirofumi Nakasone)外相に「あいまいな部分なくきっぱりと」ニュージーランドの立場を伝えたと語った。(c)AFP

オーストラリアはどうしたの?
Financial crisis hits Australians - queuing for food

昨年まで、日本の捕鯨船の監視をしていたオーストラリアは、一体どうしてしまったのでしょうか?
いまオーストラリアでは、100年に1度と言われる金融危機を前に、オーストラリアの銀行マンの間では、ストレス発散にバイアスロンなど激しいスポーツをする人が増えています。経済状況の悪化で金融取引が激減し、オフィスを出る時間も早くなっている一方、抱えるストレスは増えていく銀行マンにとって、巨額の資金を動かす活気に代わる刺激が必要になっているようです。

多くの先進国に比べると比較的堅調なオーストラリア経済だが、アジア太平洋地域の重要な金融拠点の1つであるシドニーでは、過去2カ月で金融機関を中心に数千人が仕事を失いました。シドニーでバイアスロン大会を毎週運営しているマット・アンダーソン氏によると、4キロのランニングと300メートルの水泳を行う同大会への参加者は、昨年に比べて25%増えたといいます。 アンダーソン氏は、「こうした運動をすることで、今の不安定な経済でのストレスは全部解消できる」と語っていました。

しかし、ごく最近では一般の人々にもかなり深刻な影響がでていて、世界的金融危機の煽りを受けて次々とファンドが取引停止になり、FREEZE(凍結)の状態になっています。考えることは皆同じで、価値を下げ続けるファンドを解約した金が、いまだ6%という高金利&政府が保証した銀行定期預金になだれ込んでいます。TVで観るその光景は、まさに取り付け騒ぎというヤツで、不安が不安を呼んで、まさかの元本保証ファンドにまで解約依頼が殺到しました。FREEZEと言えば聞こえがいいですが、多くの人にとって日本円にして1000万円以上の蓄えが、どうなってしまうのか見えなくなってしまったのです。

このような状況の中、多くの人の関心事は、今は金融危機の影響です。捕鯨の問題などマスコミでも取り上げなくなっています。もう関心外なのだと思います。ちなみに「ヨーロッパ EU 反捕鯨」というキーワードでgoogle ブログ検索をしてみたところ、1時間以内、12時間以内、1日以内、1週間以内では何の記事もありませんでした。1ヶ月以内では二つの記事しかありませんでした。何とその中の一つは私のブログの記事でした(笑)!もう、ヨーロッパでも、「反捕鯨」など関心の対象外なのだと思います。何かあれば、絶対にひっかかるはずです。

ニュージーランドはどこか狂っている?
広告業者がニュージーランド人500人を対象に行った調査によると、10人に1人は世界的な金融危機から目をそむけていることが分かったそうです。景気を悲観的に 見ていると答えた人は25%で、イギリス(36%)やオーストラリア(64%)と比べて低い結果となったそうです。さらに、回答者の23%は、金融危機の影響は感 じているが、良い口実があればお金を使い続けたいと答えたそうです。

しかし、これは本当ではありません。 ニュージーランドは、家計貯蓄率が低水準なため、ほとんどの先進国と比べ、金融危機の影響をより受けやすいと思います。また、資本市場の発達が不充分であり経済成長を妨げていると思います。本来なら、もっと金融危機の影響を真摯に受け止めるべきです。こんな最中にオーストラリアですら放棄した、捕鯨船の監視などするべきではありません。

ニュージーランド人が金融危機に対して比較的楽観的な理由として同業者は、2 つの説があるとしました。1つは、ニュージーランドが世界金融危機から孤立しているように感じるから、もう1つは、ニュージーランド人はもとが悲観的であるた め、現在起きている金融危機はそれほど悪くないと思っているかららしいです。

金融危機などの実体経済の本格的影響は、金融危機直後にはやってきません。今の危機は単に、信用上の問題であって、各金融機関の信用をどうやって確保するかに関して各国政府があたふたしているにすぎません。実体経済への影響は遅れてやってきます。おそらく、来年の4月頃に本格的な実体経済への影響が現れてくると思います。

そのときになっても、何の利益も恩恵ももたらさないニュージーランドでは「反捕鯨活動」をするのでしょうか?ニュージーランドが来年の4月を過ぎてもまだ、そんなことにかまけていれば、この国に将来はないでしょう。ニュージーランドの実体を見極める良い機会になるかもしれません。

【関連記事】

シー・シェパード、人気番組撮影であおられ?違法行為-日本は捕鯨賛成派に寄付を?

調査捕鯨:グリーンピース、今年度は監視船出さず-必要のないものに投資はしない 金融危機の良い面が出てきたか?

「調査捕鯨抗議は継続」 シー・シェパード代表表明-パフォーマンスか?

シー・シェパード:国際手配、日本が内外に厳しい態度示す-公海上での対応も変わる?

ADs by yutakarlsn

ピザテンフォー今年の10月4日に生誕20年!!

ピザテンフォー今年の10月4日をもちまして、創業20周年を迎えることができました。これも皆様のおかげです。

ビザテンフォー12月の企画は、「とくとくSサイズピザ3枚セット」です。よろしくお願いします。

テンフォーのピザは楽天デリバリーからも購入できます!!

ピザテンフォー昨年の楽天デリバリーの「ファミリーへのおすすめ」部門で、堂々の2位となりました。ますます、便利になったテンフォーを是非ご利用ください。

YUTAKARLSON、USA 市長からのお願い

ランキングは、ありきたりのは面白くないので、私の街に是非投票してください。この私の街は、サイバー上のアメリカ国内に設置してあります。街の名前は、YUTAKARLSONと いいます。この街は、皆さんからのアクセスがあれば、アクセス数が街の住民数となり発展していきます。職場整備、交通の整備などはひと段落していますので、今度は人口を増やす必要があります。せびポチッと一つお願いいたします。

⇒⇒YUTAKARLSONの住民募集!!←←


0 件のコメント:

大陸客の個人旅行禁止から2週間強、それでもあわてぬ台湾―【私の論評】反日の韓国より、台湾に行く日本人が増えている(゚д゚)!

大陸客の個人旅行禁止から2週間強、それでもあわてぬ台湾 蔡英文台湾総統 中国政府が8月1日に中国大陸から台湾への個人旅行を停止してから半月あまりが経過した。台湾メディアによれば、足元では、中国個人客が1日単位で貸し切ることの多い観光タクシーの利用に落ち込みが目立っ...