2009年9月28日月曜日

世銀総裁:主要準備通貨としてのドルの地位は当然ではない-米国の衰退が始まったか?

世銀総裁:主要準備通貨としてのドルの地位は当然ではない(この内容すでにご存知の方は、この項は読み飛ばしてください)

ドルが基軸通貨の役割を果たせなくなる日が来る?

 9月27日世界銀行のゼーリック総裁は28日、米ジョンズ・ホプキンズ大で講演し、米国が世界の主要準備通貨としてのドルの地位を当然のものと受け止めるべきではないとの考えをあらためて示した。

 世銀が事前公表した講演テキストの抜粋によると、総裁はまた、新興国の影響力が高まるなか、国際経済の秩序で「次の大きな変化」が進行中だとの見解を表す。

 中国やロシアは、ドルに代わる世界の主要準備通貨を繰り返し求めている。主要6通貨に対するインターコンチネンタル取引所(ICE)のドル指数は、オバマ米大統領が就任した1月以降これまでに11%下落した。米政府の景気対策に伴う財政支出が拡大するなか、今年度の財政赤字が1兆6000億ドルに達するとみられていることなどが背景にある。

 ゼーリック総裁は各国に対し、経済成長の持続確保のための協力体制の強化や、世界でなお16億人が電気のない生活をしている事実を認識するよう求める方針。

米国の衰退が始まったか?
戦後しばらくの間、英国のポンドは、機軸通貨であったことは現在ではほとんどの人が忘れていると思います。しかし、私の記憶では、すこしずつ地位を落としながらも1940年代までは、米国の$とともに、何とか基軸通貨であり続けていたと思います。1950年代には、完全に機軸通貨の役割を終えたと思います。そうして、経済的にも衰え続けていき、1950年代には、最悪の状況を迎えていました。

       【英】           【米】

金本位制確立   1816年          1919年    
↓        貨幣法          金本位制復帰  
↓                             
基軸通貨化    1850年頃         1944年    ─┐
↓                     IMF体制   |25年
↓                              |
転換       1870年          1971年     ─┘
↓        GDP米に抜かれた      ニクソンショック

凋落       1914年          2008年    ─┐
↓        第一次世界大戦      現在      |
↓                             |
≪共存≫     ≪ポンド・ドル共存≫           |30年
↓                             |
↓                             |
終焉       1944年                  ─┘
         IMF体制


その後も、経済は衰え続けました。その頃のイギリスはいわゆる落日という感じて、エリザベス朝の頃のと比較する見る影もないというありさまでした。しかし、その後サッチャーがビックバンを強行し手持ち直し、シティは世界の金融街として返り咲き、さらに、ブレアの時代にも働くための福祉など実施して、躍進しました。しかし、いくら躍進をしても、ポンドが機軸通貨に返り咲くことはありませんでした。

このポンドの動きなどからみても、ドルが今すぐに基軸通貨の役割を完全に失うということは考えにくいと思います。少なくともあと、10年から20年くらいは、じょじょにその勢いを失いつつも、機軸通貨であり続けると思います。

おそらく、10年くらいは実質上のドルの機軸通貨の時代が続き、その後は、EUROや円、人民元なども基軸通貨の役割を果たすかもしれません。

国力においても、ここ10年ではさほど衰退することもなく、世界一であり続けパクス・アメリカーナの地位を保つことでしょう。しかし、その後は、さまざまな要因で国力が衰えていきます。その背景には、アフガンなどにおける膨大な戦費や、グリーン・ニューデール計画などで無駄に費やされる膨大な経費も含まれると思います。

アメリカの国力の本格的な衰退までには、今後10年間のモラトリアム(猶予期間)があると見て間違いないと思います。しかし、その後は、アメリカの経済、軍事力などもあまりあてにできないことも十分考えられます。先立つものがなければ、いくら超大国とはいっても何もできません。ただし、今から10年たっても、すぐにアメリカの衰退など実感できず、30年くらいもたってから、今日のこの日が、衰退の始まりだったと後世の歴史家が伝えるかもしれません。いずれにせよ、今後10年以内にそうした兆候が見え始め、アメリカ一極の時代は終焉し、多極化を迎えることでしょう。

そのときに日本は、どのうような道を歩むべきでしょうか。経済は、内需をできるだけ大きくしておき、外需も増やし、軍事、安全保障の問題、外交の問題などは、日本独自の戦略をたてていく必要があります。今日本国内ではほとんど禁忌となっている、核武装の問題を含めて真剣に考えるべきと思います。10年たってから、なし崩してにいろいろなことを実施するというより、今からしっかり準備をして、10年後に悔いを残さないようにすべきだと思います。さて、民主党にはその度量があるのでしょうか?

【関連記事】

鳩山首相「G8なくすべきではない」 日本の埋没を懸念-G8は当然必要でしょう!!

F22、生産中止へ=下院も可決、日本導入困難に―F22は、日本の塗装技術がなければつくれなかった!!

オバマ次期大統領 「日本を追い越せ」 代替エネルギー倍増で世界をリードする姿勢-黄昏EUの二の舞にならないように・・・・?!

【竹島問題】 「日本が国際裁判で負けて悔しがる」寸劇も…竹島教育で「日本が根拠もなく日本領だと言うのが理解不能」と韓国の子供ら―地図は語る:中国の国家戦略では朝鮮半島は中国の領土、自治区にもなれない?

歴史に学ぶ-(1)ミュンヘン会議(1938年9月29日~30日)、チェコスロバキア解体(1939年)

最近の株価や円レートをみていて思うこと-パクスマリーナの時代は来るか?


ADs by yutakarlson

ピザ・テンフォー今月の企画は-ダブルスマイルセット!!です



以下のバナーをクリックしていただくと、楽天デリバリーに飛びます!




ピザテンフォー一昨年の楽天デリバリーの「ファミリーへのおすすめ」部門で、堂々の2位となりました。ますます、便利になったテンフォーを是非ご利用ください。

YUTAKARLSON、USA 市長からのお願い

ランキングは、ありきたりのは面白くないので、私の街に是非投票してください。この私の街は、サイバー上のアメリカ国内に設置してあります。街の名前は、YUTAKARLSONと いいます。この街は、皆さんからのアクセスがあれば、アクセス数が街の住民数となり発展していきます。職場整備、交通の整備などはひと段落していますので、今度は人口を増やす必要があります。せびポチッと一つお願いいたします。

⇒⇒YUTAKARLSONの住民募集!!←←

コメントを投稿

日本を完全雇用・適度なインフレに導く、極めて効果的な方法があった―【私の論評】数字を見ればわかる、未だ緊縮財政で脆弱なわが国経済(゚д゚)!

日本を完全雇用・適度なインフレに導く、極めて効果的な方法があった いまこそ財政支出の「ダメ押し」が必要だ   消費増税すべき、だと…? 内閣府が14日に発表した2017年4~6月期GDPは年率4.0%増、プラスは6四半期連続となった。名目GDPの成長率も年率4....