2010年2月27日土曜日

【路上の哲学】新宿駅西口で毎朝チアリーディングする女性現る!!―ビジネスに感情は重要だ!!

【路上の哲学】新宿駅西口で毎朝チアリーディングする女性現る!!(この内容すでにご存知の方は、この項は読み飛ばしてください)
『路上の哲学』。100年に1度の不況と叫ばれる中、世の中では一体何が起きているのか。路(みち)の上から見える世の中や社会を、そこに立つ人の言葉を通して垣間見るインタビューです。

以前、『渋谷駅前で朝礼を行う会社』を紹介したところ、『新宿駅で毎朝チアリーディングをする女性』がいるという情報が寄せられた。記者は早速、新宿駅にその女性を捜しに出掛けた。平日の朝8時50分前後、駅西口の『思い出横丁』にほど近い、丸の内線の出入り口付近。確かにチアリーディングする一人の女性がいる。早速インタビューをお願いした。実は以前ご紹介した、渋谷で朝礼をする株式会社情熱の水野社長とお知り合いということだった。
彼女は『ニッポンのビジネスマンを応援する』というテーマを掲げて、チアリーディングをする『全日本女子チア部☆』のサイトウアヤさんである。チアリーディングを始められた経緯とその想いを伺った。
1、新宿駅前でチアリーディングを始められたきっかけについて、教えて頂けますか?

きっかけはいろいろあるんですが、一番大きなきっかけになったのは、水野社長との出会いです。6月に水野社長が『1500人で夢を叫ぶ』というイベントを開催された時に、毎朝立川の駅前で演説をしていました。私はその時、ビラ配りをお手伝いしたんです。毎朝の演説の結果、イベントは1500人近い動員を集め、大成功しました。水野社長の「自分の足で、誰もやっていないやり方で、人に情熱を伝える」その姿を目の当たりにして、私も「私らしい方法で何かを始めなければ」と思いました。そこで、その方法として思いついたのが、ダンスだったんです。
私は、『紫ベビードール』というダンスパフォーマンス集団に参加していて、活動を始めて7年になります。ダンスを観て頂いたお客さんに、「元気をもらったよ」「今日来て良かった、ありがとう」って、本当に幸せそうな笑顔で言ってもらえることがあります。そういう時、ちょっとはその人のお役に立てたかもって思うんです。
普段イベントに来て頂ける方は、エンターテイメントを愉しむ場を知ってると思うんですけど、会社と家の往復で、そういう愉しみを知らない人にこそ、エンターテイメントが必要なんじゃないかって気付いたんです。ダンスをすることが、私らしい方法じゃないかと思ったんです。それで、「日本のビジネスマンを応援するチアガールをやろう!」と閃きました。
やろうと思ったのは、このアイディアを閃いてから、結構早かったんですけど、なかなか行動に移せなかったんですよね。「警察に捕まるんじゃないか?」とか「どこで着替えたらいいんだろう?」とか「朝は眠いしなあ」「恥ずかしいし」とか、やらない理由ばかり考えていました。これではいけないと思い、このアイディアをあるビジネスコンペに企画として提出して、その時にプレゼンの席で「8月1日からやります!」と宣言しました。出来るかどうかは、分からなかったんですけど、とにかく始めてみようと思い、8月1日から始めて、今までやっています。

2、なぜビジネスマンを応援しているんですか?
自分らしい方法で、誰かの役に立ちたいんです。
私は以前、広告会社に勤めていました。新しいことを提案したくて広告のプランナーになったつもりだったんですが、上司に「そんなこと求めてない」と言われている内に、いつの間にか極力しゃべらないようにしている自分になっていました。私はダメ社員だったんです。今思えば、あの時もうちょっとだけ勇気を出して、「私、こう思うんです」「分からないから教えて下さい」とか言えていたら、ダメ社員なりにも、もうちょっと会社や社会の役に立てたんじゃないかと思うんです。伝えた方が自分にも周りにもメリットがあるのに、言葉にして言えなかった。行動で示すことが出来なかったんです。「言われたことだけやっていればいい」と言われて、反論さえ出来ない自分だったんです。伝えようという気力すら失っていました。
だから私は、今の活動で、やろうと思ってなかなか一歩を踏み出せない人の『勇気』や『元気』になれたらと思い、毎朝通勤途中のビジネスマンを応援しています。だって、はっきり言ってすごくバカバカしいじゃないですか。駅前で1人で応援してるって(笑)。ホント、捨て身です。でも、そんな私の姿を見て、あんな方法で挑戦してるヤツがいるって知ってもらえたら、見掛けた人が何かに踏み切る『勇気』になるんじゃないかと思っています。だから、このチア部は「バカバカしさ」を見せるエンターテイメントなんだと思っています。「バカバカしさ」で見る人のお役に立ちたいです。

3、チアリーディングをしていて遭遇した特別な経験はありますか?
続けていると、結構毎回観に来てくれる方とかいらっしゃいます。夏に始めたんですけど、いつもニコニコして観てくれているおじさんがいたんですね。夏はシャツを着て、いつも気楽な格好をしていらっしゃる方だったんですけど、秋になったある日、バシッ!とスーツで現れたんです。その方、実はビルメンテナンスの会社の社長さんだったんですね。それでお声を掛けて頂いて、私の活動が面白いから何か一緒にやらないかと、お誘い頂いたんです。私、元々広告代理店に居たのもあって、何でも企画するのが大好きなんですけど、そのことをお伝えしたら、ショッピングモールのプランニングのお話を頂きました。

また、あるおじさんがいらっしゃって、いつも観に来て頂いていたんですけど、ある日、突然声を掛けられて「お付き合いしてください!」って真剣に言われました。お気持ちは嬉しかったんですけど、丁重にお断りさせて頂きました。あまりにも唐突でビックリしましたね。
4、活動をしていて、良かったと思うことは何ですか?

そうですね。ごく稀に物をもらうことがあるんですけど。初めて頂いたご祝儀がホームパイ2個でした(笑)。私より少し年上の女性が、「コレ、食べて」って手を握って渡してくれました。別の時には、女性から『夢あきらめないでね』と書かれたポチ袋でご祝儀をいただいたこともあります。
今まで、通行する方やご近所の方に、1度も怒られたことないんですよね。皆さん割と温かく接して頂いて。こんなに訳の分からない活動をしているのに、出逢う方々に温かく接して頂けることが有難いですね。やり始める前は、警察に捕まるんじゃないかと本気で心配していたのに(笑)。活動を続けられること自体が、良かったと思っています。
5、今後の活動の展望について教えてください

今はまだ1人ですが、今後はメンバーを増やして行きたいと思います。朝、会社に行く途中、働きに出掛けて行く全ての人に応援を贈るチアリーディングのチームが大勢居たら、きっと仕事に出掛けるのも楽しくなると思います。少しずつメンバーが増えて行けばいいなって思っています。ひょっとしたら1年後も1人かも知れません。でも、それでもいいんです。私は『全日本女子チア部☆』の活動を続けて、明日の日本を元気にしたいと願っています。
記者が取材している間に、通りすがりのおばちゃんが、記者を関係者と勘違いして声を掛けて来た。「あの子、今日もいるね。しばらく観なかったから、心配しちゃった」。サイトウさんが捻挫でお休みしている間にも、チア部の応援を楽しみにしている人が、ここにもいた。何百、何千という数の人が、朝の新宿駅を素通りして行くが、『全日本女子チア部☆』の活動に元気をもらっている人は少なくないようだ。
<全日本女子チア部☆>:毎週月~金曜日 新宿駅西口 丸の内線出入り口のそば 8時50分頃~
ビジネスに感情は重要だ!!
秋葉あたりなら、こういう女性も珍しくないが、新宿ではあまりみかけなかったようですが、昨年の夏あたりからやっているそうです。ちなみに、チアガールは和製英語です。正しくは、チアリーダーです。英語では間違ってもチアガールとはいいません。

この女性ビジネスマン向けに活動しているそうです。最近思うのですが、日本のサラリーマン確かに元気がないようですね。現在デフレのまただ中にあるため、給料もボーナスも下がるし、将来どうなるかも全く見込みがつかないためだと思います。

しかしどうも、それだけではないと思います。日本の多くの会社の中に大きな勘違いが存在しているのではないかと思います。ビジネス・ライクという言葉がありますが、その意味するところは、ビジネスと割り切って何かをやることとか、受け応えなどでは、抑揚も何もなく機械的にやることをいいます。

でもビジネスの本質とは本当にそうでしょうか?多くの人は、ビジネスの現場では感情を表にだしてはいけないように思っているようです。無論、ビジネスにはビジネス様の立ち居振る舞いや、表情があります。だからこそ、自分が苦しかろうが、楽しくなかろうが、退屈であろうが、イライラしていようが、面白くなさそうとか、退屈そうな表情をしたり、態度をとってはいけないことも事実です。

しかし、これが過度になりすぎで、自分の本当の感情を出さないとか、無理に押し殺すことがあってはいけないと思います。特に、執務中とか、お客様がいるときは別にして、たとえば、ミーティングなどや会議のときなどは、自分の意見とともに感情も発露すべきではないかと思います。さらには、職場のOJTの現場では、管理者もトレイニーもお客様などがいないときは本音で話し合い、本当の感情を出すべきだと思います。

それは、絶対にいけないことではないと思います。職場で、誰も楽しい話もしない、怒りもしない、本音でしゃべる時がないということになれば、それはかなり重症だといわざるをえません。

管理者ならば、本当に気にくわなければ、時々従業員を本気で叱るべきです。特に、人というものは、自分の期待するものしか受け入れないし、たとえ違ったものであっても、自分の理解できるものと勘違いするものです。そういう場合には、これからあなたに話すことは、あなたが期待していることはとは違うということを知らしめるために、覚醒の為のショックを与えて、相手の期待を完全に打ち砕く必要があります。それには、本気で起こらなければなかなか相手に通じるものではありません。また、嬉しいことがあった場合には、関係者とともに本当に心の芯から喜び合う必要があります。

また、会社という組織ですから、最終的には上司には従わなければならないものの、何か合わないことがあれば、直裁に上司に言ってみることも必要だし、重要だと思います。そうなれば、利口な上司ならば、なぜ合わないかを説明してくれると思います。馬鹿な上司ならそういうことはしないかもしれません。しかし、やってみる価値はあります。そうして、馬鹿な上司を馬鹿と思えば、それは、部下が馬鹿ということです。まともな組織なら、そこも見られています。上司が馬鹿だったら、部下として、上司の馬鹿さ加減が、他の人たちに暴露されないように努力すべきです。それが、部下の勤めです。

こういったことを直裁に行えないならば、その職場の人間関係は決して良いわけではなく、いびつな人間関係ということです。

そうして、感情はこうしたことの起爆剤にもなるし、潤滑材にもなります。自分の本当の感情を押し殺していては、良い人間関係を築くことはできません。出すべきときにはだすのです。暴力的な感情であっても、正しい方向にでれば、それは良い方向に向きます。たとえば、アグレッシブな営業とか、積極果敢な攻撃などに役にたちます。

悲しいときは、みんなで悲しめばよいのです。嬉しいときは、みんなで喜べば良いのです。特に、皆での喜びは、一人よりはるかに嬉しいものです。これは、人数が増えれば、増えるほど、嬉しくなります。一人だけの喜びは、あまりにも小さすぎます。

さて、こうして必要なときには、自分の感情を前面に押し出すことができるようになれば、その人は、きっと普通より仕事が出来る人になると思います。なにしろ、人と直裁にコミュニケーションが図れるということですから。

さらに、上のレベルになれば、こうしたことをコントロールしてできるようになります。たとえ、周りの人には、我を忘れて怒っているように見えても、実は意図して意識してやっているとか、そうすると、さらに多くの人とコミュニケーションが図れることになります。こうした能力がつけば、そういう人は、社員なら部長クラスまで、登ることができるかもしれません。

こういった能力がかなり身につけば、他の能力もあれば、役員クラスにもなれるかもしれません。特に、概念操作などの上位のことができれば、間違いなく役員になることだってできるでしょう。

いずれにせよ、職場で感情が乏しい人には、あまり良いことはないようです。なぜなら、感情が乏しいということは、誰ともコミュニケへーションを図ることができないからです。頭が良かろうが、何か特技があったとしても、感情が乏しければ、人とコミュニケーションがとれません。それでは、つきあもできないし、人を巻き込むことができません。そうなれば、重要な仕事も任せてもらえなくなります。

このチアリーダーをしていた、女性も実は広告代理店にいたときは、感情に乏しかったのではないでしょうか?その反省にたって今このようなことをしているのだと思います。とにかく、こうしたことができるようになるためには、ある程度は自分で努力する以外にありません。特に最近では、EQということも言われていますが、組織の中ではIQだけでは何もできず、かといって、EQだけでも足りず、両方が出来なければ、とつくづく思います。この人そのうち、どんなことをやり始めることか?今後も、何かありましたら、このブログにも掲載していきたいと思います。
【関連記事】
■放射線医研:他人の不幸は蜜の味 ねたみ感じる脳機能解明-犯罪予防などにも効果を発揮するか?
■英語授業は「英語で指導」に教育現場は賛否両論(東奥日報より)-今までがおかしいので、当然の措置か?
■“かわいそうな世代”20代、酒飲まず、車を買わず…「貯金は自己投資しないのと同じ」と日本のジャーナリストが語る?
■次世代IT(3)
■秋葉原殺人犯の孤独と苦痛-今日のこの事件を数十年前から予言していたドラッカー氏に学ぶ?!
■私のアバターの出所-時計仕掛けのオレンジ











ADs by yutakarlson
ピザテンフォー昨年10月4日で、創立21周年です!!
長い間のご愛顧真に有難うございます!!
YUTAKARLSON、USA 市長からのお願い
ランキングは、ありきたりのは面白くないので、私の街に是非投票してください。この私の街は、サイバー上のアメリカ国内に設置してあります。街の名前は、YUTAKARLSONと いいます。この街は、皆さんからのアクセスがあれば、アクセス数が街の住民数となり発展していきます。職場整備、交通の整備などはひと段落していますので、今度は人口を増やす必要があります。せびポチッと一つお願いいたします。
コメントを投稿

河野太郎外相、韓国の「独島防衛部隊」に激怒 「関係性を強めていかなければいけないときに」―【私の論評】北に対処するため韓国は当面過去のしがらみを捨てよ(゚д゚)!

河野太郎外相、韓国の「独島防衛部隊」に激怒 「関係性を強めていかなければいけないときに」 閣議後、記者会見する河野太郎外相=20日午前、首相官邸 河野太郎外相は20日午前の記者会見で、韓国軍が竹島(島根県隠岐の島町)を「防衛」するための海兵隊部隊創設を進めているこ...