2011年8月6日土曜日

英語が"苦行"じゃなくなる!? 通信講座のプロに聞いた「裏ワザ的英語学習法」―【私の論評】iPhoneでの学習がおすすめか?

英語が"苦行"じゃなくなる!? 通信講座のプロに聞いた「裏ワザ的英語学習法」

http://journal.mycom.co.jp/articles/2011/08/05/english/index.html


【私の論評】iPhoneでの学習がおすすめか?
上の記事、なかなか参考になりました。私自身、TOICの試験なども受けたことはなく、偉そうなことはいえませんが、学生時代は、英語は得意科目だったし、その後、英語であまり困ったということはありません。会社でも、英語の手紙や、電話など、他に英語ができる人が留守のときには、私にまわってくる事が多いです。

たいした英語力ではないとは思いますが、自分の好きな英語の本を読んだり、英語のサイトを読んだり、英語でemailを書いたり、あまり込み入った複雑なものではなく、簡単な電話くらいなら十分に対応できる程度の英語力はあると思います。

これに関しては、昔から、学校を卒業した後でも、なんだかんだと必ず、英語に触れる機会を持ってきたためだと思います。そうして、最近は、英語に関してはiPhoneアプリを使うことが多いです。

iPhoneを見る女性
とくかく、iPhone馬鹿にできません。いつどこでも、見れるし、調べようと思えばとことん調べられますし、これ一台あって、多少のお金(後で述べますが、本当に多少です)を惜しまなければ、英語の学習もかなりできると思います。それに、iPhoneだと肌身離さず、学習できるというところが、強みだと思います。また、私は、wimaxのwifiルーターを持っていますから、iPhoneもこれで使う限りは、月額固定です。また、書籍と違って、辞書など何冊も持って歩く必要もなく、本当にiPhoneだけあれば、良いというのも強みだと思います。とくに、私の場合、幾つかの英語学習用のアプリを実際に購入したり、使ってみたりした後で、現在のアプリを使用していますから、私の経験は役にたつのではないかと思います。

■英辞郎
私が使っている英語のアプリといえば、ますば、上にでてきた、「英辞郎」はもちろん使っています。

英辞郎の画面

これに関して、有料のものもあるそうですすが、私は、無料のものを使っています。それでも、十分使えます。

■スーパー英単語30000
語彙力を増すために、私は過去にいくつかのアプリを購入しましたが、最後にいきついたのは、これです。
スーハー英単語30000の説明画面
これに関しては、詳細は、以下のURLをご覧いただくとして、とにかく、収録されている単語は、30000と、おそらく、この手のアプリでは、世界一ではないか思います。そうして、価格がなんと、85円と、破格の安さです。ただの単語帳というだけでなく、テスト機能もついています。私は、以前、iKnowという英単語学習サイトを使用していましたが、あるときから有料になったので、これに乗り換えました。
http://itunes.apple.com/jp/app/id435045195?mt=8

これは、本当に安いですし、語彙収録数からいって、おそらく、一度買えば、一生ものだと思います。私は、語彙関係のアプリを以前購入したことがありますが、どのアプリよりこちらのほうが、良かったので、以前のアブリは、iPhoneから削除して、今はこれを使用しています。

■Kindle for iPhone
次は、Kindle for iPhoneです。これは、アマゾンで販売されている電子書籍をiPhoneで読むためのアプリです。アマゾンで、電子書籍を見て驚いたのですが、無料で販売している電子書籍がかなり多いとということです、特に、古典作品はほとんど無料です。古典作品は、著作権が切れているから、無料で手に入れる事ができるのだ思います。とにかく、この無料のものも、豊富にあることには、びっくりしました。ありとあらゆるものがあります。

そのため、最初は、良く知られている古典で読みやすいものをダウンロードして、5冊ほど読んでみました。その後、今では、ドラッカーのマネジメントの改訂版を有料で、ダウンロードして読んでいます。これは、なんと、驚いたことに、千円ちょってで購入できました。これは、英語学習者にとっては、非常に良いことだと思います。

内容も、平易なものから難しいものまで、いろいろあります。私は、このブログにも良く書いているように、ドラッカーは、大好きですから、これからも、どんどん読みたいです。できたら、ドラッカーの英語の電子書籍を全部iPhoneで読みたいです。

kindle for iPhoneの画面
kindleで一冊でも、電子書籍を購入すると、Amazonから、無料で英英辞書がダウンロードできます。これも、良いです。私は、書籍を読んでいるときにわからない単語がでてきたときには、すかさず、この辞書で調べます。なにせ、単語をタップするだけで、辞書がたちあがって調べることができて。楽です、この辞書でも意味がはっきりしないときは、英辞郎で調べるようにしています。

■idaily
次は、idailyというアプリです。これも、数百円で購入できたと思いますが、下の写真を見ていただけるとわかると思いますが、VOAのニュースなとをダウンロードして聴くことができます。それだけではなく、音声にあわせて当該の内容の文章をスクロールさせながら聴くことができます。無論単語もしらべられ、しかも、調べた単語を単語帳に登録できます。これなどは、iPhoneなどでなければ、できないような全く新しい教材だと思います。
idaily
VOAは、昔良く毎日のように、サイトで聴いていたので、懐かしくもあり、非常に使いやすいアプリと思います。特にSpecial Englishは、限られた語彙で、しかも、ゆっくり喋るので、リスニングの入門者の方には、最適だと思います。これ、とにかく毎日にように聞いていれば、いずれ、英語のラジオが普通にきけるようになります。私も、初めて文書を読まずに普通に聴けるようになったときは感激でした。日々、かなり多くの記事をダウンロードできますが、全部聴くわけにはいかないので、自分の好きなもを選択して聴いています。好きなものをというのが、長続きするコツだと思います。

■Real 英会話
さて、次は、Real英会話です。上のアプリなどでも、会話など学べなくはないのですが、とはいっても、特にアメリカ人が日常使っている表現まで、なかなか手がまわりません。それを補うのがこのアプリです。本当に、平均的なアメリカ人が日々使っている表現を学ぶことができます。

Real 英会話の画面
特に熟語や、簡単な動詞などを使う表見に関しては、これにまさるものはないと思います。

■英語組み立てtown
このアプリではランダムに出題される日本語を表示された英語を並び替えることによって文法を学びます。問題は中学初級・中学中級・中学上級・高校の4つのレベルに分かれています。プレイヤーは組み立てTOWNの市長となり、問題をクリアすることにより街が発展するというゲームシステムになっています。

チェックリストのタブでは問題の中の特定のセンテンスを聞きながら復習することもできます。このアプリはTOEIC500~600点を目指すことが方向けの難易度とのことです。また、中高6年間の文法項目がまんべんなく復習できるので、もう一度英文法の基礎を学びたい人にもオススメです。


このアプリは、高校までの英文法の復習ということですが、私は、英文法はこれだけでも十分だと思っています。とにかく、このアプリの凄いところは、ネイティブなみに文章の組み立てができるようになることだと思います。

このアプリでは、一つ一つの問題に出来栄えの点数をつけます。これらで、ほんどとの項目を最高点に近いほどに得点できるようにすると、びっくりすることがあります。そうです、それは、英文の組み立てがかなり早くなるということです。まずは、tiwtterで書くくらいのことであれば、すぐに組み立てができるようになります。これを徹底的に練習すれば、英会話もかなりできるようになると思います。

それも、単に、英語のフレーズを覚えるというだけではなく、自分の語りたいことに向けて、自分の知っている単語を用いて、組み立てがかなり迅速にできるようになると思います。

■Google for iPhone
さて、あといくつかアブリがあるのですが、それは、まだ私が使い始めたばかりであることと、さら、個々人の英語の能力にも左右されるところがあると思うので、ここで掲載するのはやめにします。

ただし、最後にGoogle for iPhoneを紹介します。これは、検索エンジン、Gmail、その他をひとまとめにした、Appです。詳細は、以下のURLをみていただくものとして、なぜ、これが、英語学習に役立つのか掲載します。

http://www.google.com/mobile/iphone/

私は、先にあげた、アプリなどで英語の学習をしていて、知らない単語が出てきた場合、これで、調べて、しかも、特に、画像は必ず見るようしています。なぜ、画像を観るかといえば、たとえば、"arousing"という単語がでてきて、わからなかったとします。そのようなときに、英辞郎で調べると、「官能的な」という意味であることがわかります。普通は、ここでやめるのでしょうが、私の場合は、Googleでさらに、画像検索をします。そうすると、下のような写真がたくさんでてくるわけです。


このような写真を何枚か見てしまえば、おおよそ、"arousing"の意味は忘れません。これは、本当に記憶に定着します。それから、Google for iPhoneは、音声検索ができます。この音声を設定で、日本語での検索から英語での検索に変えることができます。変えて、英語で検索すると面白いです。そもそも、発音が間違っていたり、下手だったりすると受け付けません。かなり、発音の練習になると思います。


また、Googleそのものをコーパスにみたてて、検索するということもありますが、これは、本日の本題からはずれてしまうので、詳しくは掲載しません。詳細を知りたい方は、以下のURLをご覧になってください。

http://eigodeblog.com/archives/backnumbers/000157.html

さて、皆さん、iPhoneアプリによる英語学習は、いかがだったですか。とにかく、iPhoneは、日々持って歩くものですから、少しの空き時間があったら、すぐに使えます。本当に気楽です。それに、価格も安いです。上のアプリ無料か、高くても、数百円程度のものです。これが、パソコンだと、アブリそのものも高かったり、パソコンのある場所までいかなくてはないらないとか、起動するまでに時間がかかりますから、ある程度学習するという心構えが必要ですが、iPhoneならそんなことはありません。それこそ、苦行という感じはもともとなく、日常の連続で、できてしまいます。とにかく、ほとんど抵抗はないし、私など、どうしても、できなかったときには、寝床で少し見てしまいます。そうすると、寝付きも良いです。

さて、本日は、主にiPhoneアプリでの英語ということで、掲載しました。しかし、Googleをコーパスにしてしまうということ、英語のサイトを読むこと、YouTubeの英語のものをみること、Skypeでネーティブスピーカーと話をすること、最近では、Google+のビデオチャットで、ネーティブスピーカーと話をするなどなど、まだまだ、iPhoneを英語学習に役立てる方法はあるでしょうし、皆さんも自分で自分にあうものを探すときっとあると思います。

それにしても、上記のアプリは特に、お勧めです。なせに、自分で過去にいくつかのアプリを試してみたあとで、たどりついたアプリばかりです。この英語学習法に関しては、また、時折掲載していきたいと思います。

【関連記事】

ユニクロ:新世界戦略 英語公用化…12年3月から―思ったほど難しいことではない?


英語授業は「英語で指導」に教育現場は賛否両論(東奥日報より)-今までがおかしいので、当然の措置か?


あらゆる知識を学べる場所「smart.fm」、iKnow!がサイト名を変更-知識社会への対応か?

(このサイト今では有料です。しか、なかなか良いサイトで、無料だったときには、2年ほど徹底的に使い、toic、toefl、その他大学院レベルまで、随分勉強させていただきました。有料になって、さらに、使いやすくなったようです)

米グーグル、ユーチューブに字幕表示 動画の検索容易に-これは画期的なことだ!!


ミュージカル・ムービーのプロデューサズはニューヨーク BOBOsの価値観共感度の尺度となりえるか?


英語学習に困ったとき-びっくり仰天、明治の先達も実践した史上最強の英語学習法

コメントを投稿

若者は保守化しているのか 雇用改善で政権支持の実態、左翼色強い報道にも縁遠く―【私の論評】まもなく実質賃金も上昇しはじめ、吠え面をかく反安倍派?

若者は保守化しているのか 雇用改善で政権支持の実態、左翼色強い報道にも縁遠く  毎日新聞の記事で、20代以下と30代の若者に内閣や自民党の支持者が多かったという調査結果が紹介されている。「政治的な知識不足」「現状維持を望む」といった解釈のほか、「雇用の売り手市場」なども要因と...