2013年10月15日火曜日

ドラッカーの言う「改革の原理としての保守主義」とは何か ―【私の論評】 保守主義の本質は 左右、新旧とは関係ない。自由で機能する社会を前提として、その都度具体的な問題を解決していくという原理だ!!


ドラッカー氏の若い頃の写真、いつも晩年の写真なので本日はこれを掲載

「保守主義とは、明日のために、すでに存在するものを基盤とし、すでに知られている方法を使い、自由で機能する社会をもつための必要条件に反しないかたちで具体的な問題を解決していくという原理である。これ以外の原理では、すべて目を覆う結果をもたらすこと必定である」(ドラッカー名著集(10)『産業人の未来』)

改革のためのドラッカーの方法論は、“保守主義”である。しかし、昔がよいとして昔を懐かしみ、昔に戻せという思想ではない。

英語では、コンサーバティズムである。しかし、この英語にも、昔に戻せ、という保守反動的なニュアンスがある。そこで、“活力ある保守主義”という言い方がされたりする。ドラッカーも、これには困り、あるときは“正統保守主義”と言い、あるときは米国と英国の“伝統としての保守主義”という言い方をする。

それは、第1に、過去のためのものではない。正統保守主義とは、「明日のため」のものである。あくまでも未来志向のものである。

正統保守主義とは、第2に、なんらかの青写真に沿って社会を形成しようとするものではない。なんらかの万能薬を服さしめようとするものでもない。

それは、ケース・バイ・ケースで問題を解いていこうとするものである。医学にしても、万能薬を求めているあいだは進歩しなかった。風邪には風邪、腹痛には腹痛の治療を求めてから急速な進歩が見られた。したがって、それは、「具体的な問題を解決していくものである」。

正統保守主義とは、第3に、手持ちの道具、役に立つことが実証ずみの道具を使って問題を解こうとするものである。理想的な道具を新たに発明しようとしても無理である。「それは、既に存在するものを基盤とし、既に知られているものを使うものである」。

かくしてドラッカーは、改革のための原理は、保守主義たるべしとする。

「第一に、過去は復活しえないことを認識することが必要である。第二に、青写真と万能薬をあきらめ、目前の問題に対する有効な解決策をみつけるという、控え目で地味な仕事に満足することを知ることが必要である。第三に、使えるものは既に手にしているものだけであることを知ることが必要である」(『産業人の未来』)

【私の論評】 保守主義の本質左右、新旧とは関係ない。自由で機能する社会を前提として、その都度具体的な問題を解決していくという原理だ!!

保守主義は、もともとこのようにレッテル貼りできるものではない

保守主義というと、右だとか、昔を懐かしみ昔にもどることだとか、さらには、世の中の様々な出来事考え方をあてはめて、こういう考え方や、行動をする人は保守的、そうでない人は革新的、左翼的、などと決め付ける人が多いです。しかし、こういう人たちは、保守主義の何たるかを全く理解していません。

本来の理想的な保守主義とは、上の記事で、ドラッカーが定義しているものをいいます。では、具体的には、どういうことなのか、日本の最近の事例を用いて、以下に説明しようと思います。本日は、アメリカの保守主義の女の子の写真とともに掲載します。

アメリカの保守派のポスター

たとえば、「戦後体制からの脱却」これは、今の日本では大改革ですが、この考えに立脚するということは紛れもなく保守主義です。1945年から今まで、そうしてこれからも、日本は「戦後体制」のままであり続けます。「戦後体制」とは、第二次世界大戦の戦勝国による戦後の枠組みにより、世界のあり方を決めようという体制のことです。

実際、国連憲章では、日本とドイツに対する「敵国条項」が今でも生きています。そのため、日本など今だに自国の軍隊さえ持てず、国家としては反独立状態にあります。

この体制を終わらせようというのが、「戦後体制からの脱却」です。そうして、これは、今の日本では大改革のように思われていますが、その本質は、日本を戦前の独立国家に戻そうという試みですから、保守主義的な試みであり、本来の保守主義者ならそうしようと思うのが当然のことと思います。

そうして、 そのために、すでに存在するものを基盤とし、すでに知られている方法を使い、自由で機能する社会をもつための必要条件に反しないかたちで具体的に問題を解決するという方式をとるのが、保守主義です。ここで、内乱、内戦などの戦争や、革命をしようとすれば、それはすでに保守主義から逸脱しているということです。



そうして、ドラッカー流に保守主義的に「戦後体制から脱却」を整理してみます。

第一に、過去は復活しえないことを認識することが必要である。

過去の大日本帝國をそのまま、復活することはできないと認識することが必要です。時代背景も違いますし、国際環境も、社会・経済的にみても、全く異なる現在、過去の大日本帝国を復活するのは、不可能であり、新たな形の真の独立国日本を目指すべぎです。安倍総理の「美しい国日本」とは、まさしくそうした日本を指しているのだと思います。



第二に、青写真と万能薬をあきらめ、目前の問題に対する有効な解決策をみつけるという、控え目で地味な仕事に満足することを知ることが必要である。

優秀な人が青写真を描いて、その通り実行すれば、成功するなどという保証は全くありません。こういうやり方を設計主義といいますが、実際、人類は、共産主義で設計主義の間違いを学び終えたばかりです。優秀な人が、理想の社会や経済の設計図を描き、それをそのまま実行すれば、すべては成功し薔薇色になるなどということはありません。

安倍総理は、まずは、アベノミクスという目前の問題から手をつけました。まずは、日本の本来の潜在可能性からみれば、非常弱くなった経済を復活させることは、戦後体制からの脱却につながる、地味な仕事てもあります。そうして、この道も平坦な道ではなく、4月の時点では、井資源の包括的金融緩和に踏み切ったため、一歩進んだように見えましたが、来年4月からの増税をせざるを得なくなったことから、一歩後退していしまいました。しかし、すくなくとも後戻りはしていません。


第三に、使えるものは既に手にしているものだけであることを知ることが必要である」(『産業人の未来』)

最近話題のアベノミクスに関してし、三つの矢があります。そのうちの、二つ目までの矢は、保守主義的政策といえます。第三番目の矢は、保守主義的ではありません。これには、異論のある方もいるかもしれませんが、私はそうだと思っています。

世界恐慌の真っ只中にあった、1930年代に、現在のアベノミクスのような手を打って、世界の中で一番はやく、恐慌状態から抜け出ることができました。高橋是清による、金融緩和政策と、財政政策です。アベノミクスの第一、第二の矢は既に手にしているものであるといえます。そうして、この二つの矢を早めに同時に放てば、ドラッカーが語っているように目を覆うようなことにはなりません。

しかし現在は、第二の矢を打つどころか、増税を決めてしまいました。これでは、アベノミクスも効き目が現れるまで時間が相当かかります。とにかく、今は増税による景気の落ち込みを避けるために、一刻も早く財政出動をするべきです。

そうして、アベノミクスの第三の矢である成長戦略は、ドラッカーのいう保守主義的な革新からすれば、実施すべぎてはないということになります。なぜなら、成長戦略のほんんどは、官僚の描いた理想像にすぎず、これはドラッカーの言う、青写真、万能薬にすぎません。手持ちの道具、役に立つことが実証ずみの道具ではありません。


官僚は、使えるものは既に手にしているものだけであることを知らないようです。そりゃそうです。官僚は、民間営利企業の研究・開発者とは違います。すべからく、世の中の新しい試みは、民間企業などが、試みて、成功したものだけが、広まります。広まるまでは、どの企業の何が成功するかなどわかりません。それに、新たな成長戦略など、着手してからものになるまで、少なくとも10年はかかります。

官僚による青写真など、設計主義の最たるものです。官僚による設計主義は、かつての共産主義のように成功することはまずないでしょう。

いずれにせよ、現在政権の座にある、保守政党を標榜する自民党は、今一度ドラッカーの言う保守主義の本質に目覚めるべきです。

日本の真性保守の源流でもあった中川氏を忘れない(゚д゚)!


【関連記事】

「保守派」は学んだか:政治部編集委員・阿比留瑠比―【私の論評】時間や時系列を認識できない統合失調症メディアや偽装転向コミンテルンに安部政権を批判する資格はない?!!

新春特別番組 維新・改革の正体を語る(SakurasoTV)−【私の論評】今後の私たちは、新自由主義の呪縛から逃れ、真性保守主義の立場を貫くべき!!

緊急発信…中国からの大量生活保護申請に関して―今こそ日本に真性保守が必要だ!!

黒髪ブームで女性の「ヘアカラー離れ」が加速 美容室に打撃―【私の論評】若い女の子の保守化傾向は顕著!!緑の黒髪を思い出した日本人?!!Rediscover Japan!!

安倍長期政権10年計画 再々登板もあるリアルな工程表を入手―【私の論評】理想だけてものを語るのは、全く安易で安直であり、それだけでは現実世界を動かすことはできないどころか、反日勢力を喜ばせるだけ!!

【関連図書】

ドラッカー名著集9 「経済人」の終わり: 9
ダイヤモンド社 (2012-09-14)
売り上げランキング: 12,553



日本一わかりやすい保守の本-KAZUYA CHANNEL
KAZUYA
青林堂
売り上げランキング: 146



保守とは何か (文春学藝ライブラリー)
福田 恆存 浜崎 洋介
文藝春秋
売り上げランキング: 27,799


保守とは何だろうか (NHK出版新書 418)
中野 剛志
NHK出版
売り上げランキング: 239


コメントを投稿

「党名への嫌悪感浸透、再生困難」立民・希望・民進ぶった切り 新著『“小池”にはまって、さあ大変!』が話題の安積氏―【私の論評】野党・労組は選挙結果は有権者の声であるという事実を再認識せよ(゚д゚)!

「党名への嫌悪感浸透、再生困難」立民・希望・民進ぶった切り 新著『“小池”にはまって、さあ大変!』が話題の安積氏 写真はブログ管理人挿入 以下同じ 特別国会は9日閉会し、永田町では野党を中心に政界再編に向けた動きが加速しそうだ。翌年の政党交付金の確保を目的に、...