2015年7月19日日曜日

民主「パフォーマンスだ」 安倍首相を批判 新国立競技場―【私の論評】呆れてものが言えない、頭悪すぎパフォーマンス政党「民主党」。またブーメランで蹂躙か(゚д゚)!

民主「パフォーマンスだ」 安倍首相を批判 新国立競技場

2015.07.19

民主党岡田代表

民主党は18日、安倍晋三首相が新国立競技場建設計画の白紙撤回を表明したことについて「都合のいいことだけのパフォーマンスだ」(安住淳国対委員長代理)と批判を強めた。国会などで追及する構えだ。

代表は仙台市で記者団に「(撤回は)遅すぎた。もっと早く決断するチャンスはあった」と強調。枝野幸男幹事長はさいたま市で「最終的に(撤回を)決断できたのだから、責任は首相にある」と指摘した。

安住氏は仙台市での街頭演説で「首相は(安全保障関連法案と違い)数で押し通さず、内閣支持率を上げようと思って見直した」との見方を示した。岡田氏も「そういう面があるのは間違いない」と記者団に答えた。

【私の論評】呆れてものが言えない、頭悪すぎパフォーマンス政党「民主党」。またブーメランで蹂躙か(゚д゚)!

新国立競技場問題に関しては、安倍総理としては、不人気の集団的自衛権の参院での審議を間近に控えているため、これ以上支持率を落とさないためにも、この問題も早期に解消しようとして、白紙撤回を表明したのだと思います。

しかし、これをパフォーマンスと呼ぶのはいかがなものでしょうか、さらに民主党の幹部がこのようなことを言い出すのは、本当にいかがなものかと思ってしまいます。

なぜなら、元々新国立競技場問題が起きるきっかけを作ったのは、民主党だからです。これについては、つい先日このブログでも解説したことがあります。その記事のリンクを以下に掲載します。

新国立、計画見直しへ 民主政権下密室での“スルー”が高コストに ―【私の論評】「公共工事=悪」の単純な思考では、ままならない新国立競技場問題(゚д゚)!
白紙撤回直前の案が上手右のもの、これでも相当経費がかさんだ
 要するに、民主党政権下の初期段階で、コスト計算の専門家がいなかったこと、情報公開をせずに密室で決定したことが致命的なミスだ。その時点で都市計画や五輪招致立候補ファイルなどは既に決定済みであった。当時のスケジュールでは、デザイン決定後に、基本設計・実施設計で約2年、実施設計と同時に解体工事、その後、建設工事で3年半。19年ラグビーW杯にはギリギリというタイトなスケジュールだった。 
 その後、政権交代があり、安倍晋三政権では、民主党時代に決まったデザインで五輪招致を行った。それと同時並行していた基本設計で、コスト問題がようやく発覚したのだろう。13年9月、20年の東京五輪が正式決定した後、コスト増の問題が表面化した。
まさに、民主政権下密室での“スルー”が高コストの原因だったわけです。ただし、この記事では新競技場問題に関して、私自身はほとんどの人が全く考える余地がないように判を押したかのように反対している姿をみて、多くの人々に「公共工事=悪」という考えが色濃く残っているのではないかと危惧していることも掲載しました。

そのため、新競技場問題に関しては、積極財政という観点からのアプローチと、現下の公共工事の供給制約という状況を踏まえたアプローチが必要であることを主張しました。

それを安倍総理が今になって白紙撤回したからといって、このような観点など全く抜きにした安倍総理の「パフォーマンス」だと、どの口が言うのかと思い本当に呆れ果てて二の句が継げません。

このような批判は、私のみならず、様々な人が展開しています。岩田温氏は以下のようタイトルの記事で民主党政権を批判しています。
パフォーマンスに終始しているのは安倍総理ではなく、民主党議員だろう

詳細は、この記事をご覧いただくものとして、岩田氏は、民主はパフォーマンス止め政権担当能力示せと主張しています。まさに、このとおりだと思います。

「自民感じ悪いね」「安倍政治を許せない」ない等、あの国会を埋め尽くしたプラカードも所詮場フォーマンスに過ぎません。

最近のアンケート調査でも、あれだけパフォーマンスを繰り返しているにも関わらず、民主党の支持率はほとんど上がっていません。

民主党は政権与党の時から、「事業仕分け」などのパフォーマンスを繰り返し、とても政権与党とは思えない醜態を晒してきました。野党になっても、その本質は変わらないです。同じことを繰り返しているだけです。やはり、頭が悪いのでしようか。

民主党の議員の中にはまともな人もいますが、幹部が馬鹿なせいでしょうか。党としての行動となると、無責任極まるものばかりで、全く反省も何もありません。



もう民主党は、パフォーマンスはいい加減にやめて、岩田氏が主張するように真の政権担当能力を魅せつけることをしなかった場合、様々な政治利用パフォーマンスがブーメランとして自分たちに帰ってくるだけであることを自覚すべきです。

私は、そう思います。皆さんは、どう思われますか?

【関連記事】





【関連図書】

民主党政権はどのように酷い政権だったのか、喉元すぎれば熱さを忘れの格言通り、忘れている人も多いです。しかし、民主党の本質は政権与党時代から何の反省もなく、そのままです。その本質を表す書籍三冊を以下にチョイスさせていただきました。

民主党政権 失敗の検証 - 日本政治は何を活かすか (中公新書)
日本再建イニシアティブ
中央公論新社
売り上げランキング: 29,353


破壊外交-民主党政権の3年間で日本は何を失ったか-完全まとめ
阿比留瑠比
産経新聞出版
売り上げランキング: 257,827

コメントを投稿

「イヴァンカ基金」報道でわかるマスコミの呆れた経済リテラシー―【私の論評】テレビに国際・経済報道を期待でないわけ?

「イヴァンカ基金」報道でわかるマスコミの呆れた経済リテラシー イヴァンカ・トランプ氏 そもそも「イヴァンカ基金」ではない トランプ大統領の長女で大統領補佐官を務めるイヴァンカ・トランプ氏が来日し、連日動向がメディアで取り上げられた。そのなかで物議を醸した...