2015年7月27日月曜日

国立大授業で「安倍は辞めろ!」とデモ練習 大学側「看過できない」と准教授の授業停止―【関連記事】「安倍やめろ」と叫ぶ人々は自ら自由からの逃走をはかっていることに気づいていない(゚д゚)!


J-CASTニュース

安保法制反対デモでは「戦争法案絶対反対!」
「安倍は辞めろ!」といったシュプレヒコールが一般的だ

安保法案に反対するデモが各地で活発化する中、福岡教育大学(福岡県宗像市)の授業で40代の男性准教授が「安倍は辞めろ!」といったシュプレヒコールを学生に「練習」させたとして問題になっている。

国立大学法人の教員が政治的な主張を学生に強いるともとれる行動には批判が多数寄せられ、大学側も「看過できない」と問題視。事実関係の調査が終わるまで教員に対して授業停止を命じたという。

■准教授の「戦争法案絶対反対」の掛け声に続いて学生も声をあげる

授業は2015年7月21日に行われ、授業を受けていた学生のツイッターへの投稿で問題が発覚した。ツイートには授業の様子を映した写真がついており、デモの様子が映ったスクリーンを前に准教授が何かを説明しているのが分かる。ツイートには、

「大学の講義で集団的自衛権反対のデモの様子紹介して、練習しようとか言い出して『戦争法案絶対反対』とか『安倍は辞めろ』とか練習させられてるんだけど」

と不快感がにじむ。別の学生のツイートによると、准教授の「戦争法案絶対反対」という掛け声に続いて、学生が「戦争法案絶対反対」と声をあげた。准教授は「安倍は辞めろ!」の次に「学長もやめろ!」とも叫んだところ、教室は大爆笑につつまれたという。

安保法案に反対する学生からは、准教授の発言は「お笑いネタ」だったという指摘も出ており、「練習させられた」というツイートの表現が授業の雰囲気を正しく伝えているかは微妙だ。

この授業に対する大学側の反応は比較的素早く、7月23日には学長名で対応方針を学内向けに発表した。発表では、授業内容がネット上に投稿されたとして、

「それを巡って、本学及び本学の教員や学生についての様々な意見が飛び交い、いわゆる炎上と呼ばれる事案が発生した」

と、大学側として「炎上」を認識していることを明らかにしている。翌7月22日には「問い合わせや苦情、対応を求める電話やメール」が15件ほど大学側に寄せられた。大学側が同日中に准教授に事実関係を確認したところ、「そういった事実はあった」などと答えたという。

福岡教育大学

「大学の教員及び教育の在り方の根幹にかかわる問題として、看過できない」
発表では、准教授の行為を、

  「本学は、高等教育機関である大学として、しかも教員養成を行う国立大学として、国民の期待と負託に応える責務を負っている。このことに照らして、このたびの事案は、本学の教員及び教育の在り方の根幹にかかわる問題として、看過できない」

と厳しく非難。准教授には「このたびの事案で引き起こされた学内外の混乱を避けるため」授業の停止を命じ、履修していた学生に不利益にならないように対応する、としたという。今後、准教授の過去の授業を含めて問題がなかったか調査する方針で、懲戒等調査委員会を立ち上げて調査を始める。必要に応じて、准教授の授業を履修していた学生に対する調査も行う。

大学側はウェブサイトにも、

  「本学の学生であることをもって学内外において誹謗中傷を受けるなどの不利益を被ることが無いよう徹底して学生を護るとともに、大学教員が行った教育活動の適正さについて関係法令や本学規則に照らした事実調査等を早急に実施し厳正に対処してまいります」

とする文章を掲載し、対外的にも事実関係を大筋で認めている。

【関連記事】「安倍やめろ」と叫ぶ人々は自ら自由からの逃走をはかっていることに気づいていない(゚д゚)!


上の記事で、この出来事が公になったきっかけとなったTweetは以下のものです。
このTweetに添付されている写真は、上記ではモザイクがかけられていますが、この写真と思われるものが、以下の写真です。


この二つを見比べてみると、角度といい、写ってる状況といい、これはどう考えてみても、元の写真であると思われます。

となると、教壇上に立っている黒シャツの男が問題の准教授のようです。

しかし、これは本当に問題です。はっきりいえば、民主主義への挑戦です。痩せても、かれても、国立大学の准教授がこのようなバカ真似をするということが、全く信じられません。

マスコミや野党など、安倍自民党が国会に提出した安保法制に関して、当初から「違憲」であるとか「戦争法案」などと決めつけおり、マスコミは「違憲」「戦争法案」というレッテル貼りを連日のように報道しましたし、「安倍やめろ」のようなシュプレヒコールなども連日のように報道しました。

しかし、このブログでも前々から指摘していたように、安倍総理は第一次安倍政権のときから、集団的自衛権を含む、安保法制の改正に言及してきましたし、過去三回の国政選挙においては、その都度これを公約に掲げて、選挙で勝利しています。

また、さらに、昨日のこのブログの記事でも掲載したように、日本の憲法学者すべてが、集団的自衛権が「違憲」であるとしているわけではありません。京都学派の学者の佐々木惣一氏は、憲法第九条も、国際紛争を解決する手段としては、日本は武力を用いることは許されていないですが、自衛のためには武力を用いることはできると解釈しています。

このようなことを考えると、「違憲」「戦争法案」と考えることは許されますが、断定することは完璧に間違いです。この准教授のやったことは、もし「お笑いネタ」だったとしたら、さらに悪質だといえると思います。

これに関しては、大学側も十分調査をして、この准教授に対して適正な処分をしていただきたいものです。中途半端な、おざなりの措置だけはやめていただきたいものです。

このブログの昨日の記事では、「違憲」「戦争法案」と決めつける人々について、以下のように論評しました。
このような態度は、まるで中韓の歴史修正主義のようです。中韓の歴史修正主義については、昨日のこのブログにも掲載したばかりです。高橋是清や、佐々木惣一の偉業を無視すること、なきが如くに振る舞うことは、日本の経済や安全保障を考えるときには、著しく公平を欠いた行為であると言わざるを得ません。 
字面通りに読んでも、憲法9条は日本国の防衛までは否定していないと私も思います。これを、疑問に思う、反対であるという程度ならまだ理解できますが、完全否定して憲法違反などと決めつける輩は歴史改ざんする中韓のように全く進歩がないと私は思います。 
結局、今回の安保関連法を「戦争法案」などと決めつけてデモをする人たちは、中国の天安門広場で、軍事パレードをしている人民解放軍の若者とあまり変わりないように私には見えます。人民解放軍の若者は、抗日記念行事に何の疑問も持っていないことでしょう。彼らは自らの祖国が日本と一度も戦争をしたことがないことなど知らないか、気にもとめていないと思います。中国共産党政府が歴史修正を行っていることなどにも、全く無頓着だと思います。
天安門広場で軍事パレードをする人民解放軍の若者

この准教授に限らず、とにかく「違憲」「戦争法案」として決めつける人々、さらに「安倍やめろ」などと叫ぶような人々は、中国の人民解放軍の若者とほとんど変わりありません。彼らが自身が自分をどう思うかなどということとは関わりなく、民主主義の敵です。


彼らの行いは、まるで反知性主義の権化のようです。彼らのやっていることは、少し前に"なきじゃくりで会見"で物議をかもした、兵庫県県議の野々村竜太郎議員と同じようなものです。選挙という民主主義的な手続きで選ばれた、総理を「安倍やめろ」というのは、全く筋が通りません。選挙結果を蔑ろにする行為以外の何ものでもありません。

これでは、まるで建国以来選挙が一度も執り行われたことがなく、厳密な意味では政治家など一人も存在せず、存在するのは官僚だけという、とんでもない中国のようではありませんか。

まるで、人民解放軍の若者のような彼らは、エーリッヒ・フロムがあらわした「自由からの逃走」を地で行くような行動をしていても、全く気づいていないようです。何もかも自由で、好き勝手に発言して、そうして議会制民主主義を否定して、ナチスドイツの台頭を招き、自ら自由を捨て去った当時のドイツ国民のようです。

ナチスドイツに支配されたドイツ 当時の雑誌LIFEより
彼らは、自分で自由に発言していると錯覚しながら、他の人間の考えに呪縛され、自分でものを考えることを停止して、他者の考えを何の吟味もせず、あたかも自分の考えであるかのように、叫ぶのみです。

彼らは、少数意見も尊重すべきという考えもなく、ただただ目の前のことだけとらわれて、「安保法案」に賛成する人々、「合憲」とする人々が、自分たちと同じように、戦争が嫌いだし、平和を求めているということを無視します。「違憲」「戦争法案」と決めつけ、「安倍やめろ」と叫ぶ人々は、自ら自由からの逃走をはかっていることに気づいていません。

私は、そう思います。皆さんは、どう思われますか?

【関連記事】




【関連図書】

帝国憲法の真実 (扶桑社新書)
倉山 満
扶桑社
売り上げランキング: 144,585

自由からの逃走 新版
自由からの逃走 新版
posted with amazlet at 15.07.27
エーリッヒ・フロム
東京創元社
売り上げランキング: 3,836


反知性主義: アメリカが生んだ「熱病」の正体 (新潮選書)
森本 あんり
新潮社
売り上げランキング: 3,755

コメントを投稿

民進は共産と共闘するのか 増税凍結提言で維新好機、準備不足が響く小池新党―【私の論評】消費増税凍結が争点となりえない裏事情(゚д゚)!

民進は共産と共闘するのか 増税凍結提言で維新好機、準備不足が響く小池新党 安倍総理が衆院解散の表明をしたことを伝える街頭テレビ  先日の本コラムで書いたように、衆議院解散の大義は北朝鮮情勢への対処である。年末から来年以降、暴走する北朝鮮を止めるために、米国の軍...