2015年7月24日金曜日

【目覚めよ日本 英国人記者が見た真実】不都合な歴史を直視しない韓国 日本人はいわれなき批判には断固反論を― 【私の論評】日本は、他国の歴史を自国に都合良く改ざんする国とはつき合うな(゚д゚)!


韓国の李承晩(イ・スンマン)初代大統領

韓国の人々は毎年、「光復節」(8月15日)が近づくと、まるで自国が第2次世界大戦の戦勝国のような言動を繰り返している。だが、間違ってはならない。朝鮮半島の人々は戦争中、日本人として連合国と戦ったのだ。靖国神社のご祭神にも多くの朝鮮出身者がいる。特攻隊として散華された方もいる。

韓国が独立したのは、日本からではない。朝鮮独立運動の結果でもない。日本の降伏(1945年8月15日)に伴って、朝鮮は自治権(=独立ではない)を得たが、翌月に進駐してきた米軍は自治権を認めず、軍政を敷いたのだ。韓国は48年8月13日、「米国の占領統治から独立させてもらった」というのが歴史的事実である。

世界文化遺産をめぐっても、事実誤認や嘘が多い。

先日登録が決まった「明治日本の産業革命遺産」をめぐり、韓国では「一部施設で朝鮮半島出身者が強制労働させられた」「強制徴用された韓国人(=当時、韓国という国はない)は200万人」という報道まであるようだが、これでは日本人の「韓国嫌い」が増えるだけだ。

そもそも、戦時下での労働力不足を補う「徴用」は、わが祖国・英国でも、米国でも行われた合法なもので、当然、賃金も支払われていた。朝鮮半島に国民徴用令が適用されたのは1944年9月から翌年8月の終戦までの1年弱だ。敗戦濃厚だった時期に、日本に朝鮮半島から200万人も連行するほどの海運力があったと思うのか。

 慰安婦問題による、日本批判もいい加減、やめた方がいい。

 米軍が44年、ビルマ(現ミャンマー)で朝鮮人慰安婦20人を尋問した報告書でも明らかなように、彼女たちは賃金を得ており「性奴隷」ではない。慰安婦にならざるを得なかった不幸な運命には同情するが、当時、公娼制度は合法であった。

 朝鮮戦争の休戦(53年)後、在韓米軍基地近くの売春街(基地村)には、米兵ら相手の売春をしていた「米軍慰安婦」(ヤンコンジュ)がいた。韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の父、朴正煕(パク・チョンヒ)元大統領の署名入りの文書記録が韓国国会で取り上げられたこともある。

 週刊文春は今年3月、韓国軍がベトナム戦争中、サイゴン(現ホーチミン)に「慰安所」を設けていた-というスクープ記事を報じた。韓国紙「ハンギョレ」は翌月末、「腹立たしくはあるが反論しにくい」「韓国政府は今後、ベトナム当局との協議を通じて(中略)調査と後続措置に乗り出さなければならない」と報じたが、韓国政府はどう対応したのか。

 私はこれまで著書に何度も書いているが、韓国も米国も国連も、日本を慰安婦問題で批判をできる立場にはないのだ。

 日本人は、いわれなき批判には、断固反論しなければならない。 (取材・構成 藤田裕行)

 ■ヘンリー・S・ストークス 

【私の論評】日本は、他国の歴史を自国に都合良く改ざんする国とはつき合うな(゚д゚)!

ストークスの記事は、つい最既も掲載したばかりですが、短くまとまっていて、非常に理解しやすく、核心をついているものなので、再度全文引用させていただきました。

ストークス氏の語っていることは正しいです。日本は、朝鮮を併合していたときも、あくまで朝鮮人を国民として扱っていました。朝鮮半島には、朝鮮総督府という日本が設置していた、朝鮮統治のための最高機関としての役所を設置していましたが、この役所をはじめ他の多くの中央、地方の役所にも多くの朝鮮人が働いていました。

また、中央、地方ともに議員も相当数が朝鮮人だったという事実もあります。また、軍隊にも朝鮮人が所属していました。

朝鮮人陸軍特別志願兵の行進(1943年1月)

最初に陸軍に朝鮮人が大量採用されたのは1910年に創設された憲兵補助員制度においてでした。憲兵補助員は陸軍一等卒、二等卒に準じる処遇を受ける軍属とされました。1919年に憲兵警察制度が廃止されると憲兵補助員は朝鮮総督府警察の警察官に転官しました。1938年に陸軍特別志願兵制度、1943年に海軍特別志願兵制度が導入されました。

大東亜戦争末期には、朝鮮半島にも徴兵制度が施行されましたが、徴兵検査の後訓練中に終戦を迎えました。そのため、朝鮮人の兵隊はすべて志願兵でした。志願倍率はかなりたかく、末期の43年には、303,394人が志願し、6000人が採用されました。志願倍率は、50.6倍にも上りました。

第2次世界大戦時の朴正煕(後韓国大統領
当時日本軍に所属。元朴槿恵大統領の父。

このような事実からみても、朝鮮人が当時から反日的で、しかも日本軍が組織的に20万人もの従軍慰安婦を「性奴隷」としていたなどという話は到底辻褄があいません。もしそれが事実だとしたら、自分の国の女性を「性奴隷」とした軍隊にこれほど多くの人々が、志願するでしょうか。志願などしないし、それどころか、「性奴隷」にされた女性たちを開放するために、日本軍に立ち向かうというのが筋ではないでしょうか。

このような、歴史修正を自分たちの都合の良いように行うが、今日の韓国のやり方です。まともな常識人にはとても受け入れられるものではありません。無論その当時は、公娼制度があり、自分の意に反して、娼婦になった気の毒な朝鮮人女性もいたことでしょう。しかし、それと従軍慰安婦問題は、全くの別問題です。

それと、「強制労働」をめぐる最近の韓国の主張もとんでもないことてず。「強制労働」実際に、第二次世界大戦後に実施した国があります。それは、ソビエト連邦です。これについては、以前このブログでも掲載したことがあります。その記事のリンクを以下に掲載します。
【西村幸祐氏ツイート】まるで戦時中の徴用に強制的という言葉をつけるのが正しいように報道する劣悪なNHK長野の報道―【私の論評】歴史的事実常識を知らなさすぎのマスコミ、このような報道ばかりするというのなら存在価値はない(゚д゚)!
詳細はこの記事をご覧いただくものとして、以下に「強制労働」の意味について述べている部分をコピペします。

"
日本では、1939年(昭和14年)に国民徴用令が制定され、第二次世界大戦の終結まで行われました。また物品や施設、船舶等を徴発することも徴用と呼びます。占領地住民に対する徴用・徴発についてはハーグ陸戦条約に規定があり、正当な対価のない徴用・徴発は禁じられています。

戦時中の日本では、1944年8月8日、国民徴用令の適用を免除されていた朝鮮人にも適用するとした閣議決定がなされました。その後、1944年9月より朝鮮人にも適用され、1945年8月の終戦までの11ヶ月間実施されました。

日本本土への朝鮮人徴用労務者の派遣は1945年3月までの7ヵ月間でした。戦後、賃金の一部が未払いであったことが問題とされましたが、1965年に締結された財産及び請求権に関する問題の解決並びに経済協力に関する日本国と大韓民国との間の協定によって未払い賃金を含めた経済支援が韓国に行われ、完全かつ最終的に解決されました。

当時徴用された朝鮮人の名簿「半島労務者」、「給与係」と書かれ
ている所に注目 これは今でいえば、賃金台帳のようなものです。

強制労働とは、賃金も対価も何もない労働のことで、この典型例は、終戦後も長きにわたって当時のソビエトのシベリアで、旧日本兵が食料も満足に与えられず、極寒の地で強制労働させられ、大量に死亡したという事実があります。

徴用とは、戦時中にアメリカなど含むどこの国でも実施されたことであり、従事する人には給料が支払われました。日本をはじめとする、アメリカを含む文明国の徴用を強制労働と称するのはは完全な間違いです。

戦時徴用され航空機づくりの作業に従事しているアメリカ人女性


強制労働というに相応しいのは、旧ソビエトの日本兵に対する強制労働です。これは、当時も現在に至るも給料など一銭も支払われておらず、完璧なハーグ陸戦条約違反でした。日本の徴用を強制労働とするのは完璧な間違いであり、認識不足です。

なお、当時のソビエトに抑留されて、強制労働によって亡くなった旧日本軍将兵の慰霊塔が日本各地に建立されています。その一つの写真を碑文を以下に掲載します。

忠霊園 高知県高岡郡東津野村 「シベリア虜囚の叫び」
碑文 
ソ連スターリンは全面的降伏をした我が日本軍を、戦争中の捕虜として流刑の地シベリアに強制連行して酷使し飢えと寒さに耐えられず八万人の将兵が惨めたらしく死んでいきました。 
これは国際法・人道上赦されぬ行為であります。 
この像は疲労困憊した兵が虱の猛威にたまりかね、伐採山で裸になり痩せ衰えた我が身体を見て落胆しながらも「俺は生きて帰り、この凍土の下に無念に眠る数多くの同胞の霊を浮かばせてやらねばならない」と故国の空に叫ぶ姿を描いた銅像です。 
世界のそれぞれの国がその人権を守り、永久の平和と戦友の冥福を祈るため、慰霊の像を建立するものです。 
平成十一年十月二十日之建  高知県シベリア強制抑留者慰霊銅像建立委員会
これが、強制労働というものです。これでも、徴用と強制労働は同じといえるのでしょうか。NHK長野の報道には、こうした常識に欠けています。
"
このように、韓国が主張する日本の歴史は、調べていくとほとんどが上のようなものばかりで、事実ではないことが簡単に確かめることができます。

やはり、ストークス氏の言うように、「日本人は、いわれなき批判には、断固反論しなければならない」と思います。

しかし、断固として反対するとともに、韓国や中国のような歴修正、それも自国歴史修正だけというならまだしも、他国の歴史を平気で自分に都合の良いように改ざんするような、おかしな国々とはつき合いは、冠婚葬祭程度の最低限のものとして、そうしこれらの国々による安全保障上の危機がある場合には、それを除去することを条件として、後は自国の歴史に関してまともな考え方をする、まともな国々とのつき合いを深めていくべきと思います。

私はそう思います。皆さんは、どう思われますか? 

【関連記事】




【関連図書】

ストークス氏の著書と、中韓とのつきあいを控えるべきとの主張を展開している西村幸祐氏の書籍を以下にチョイスさせていただきました。

英国人記者が見た連合国戦勝史観の虚妄(祥伝社新書)
ヘンリー・S・ストークス
祥伝社
売り上げランキング: 1,598


なぜアメリカは、対日戦争を仕掛けたのか (祥伝社新書)
祥伝社 (2014-08-01)
売り上げランキング: 3,031


21世紀の「脱亜論」 中国・韓国との訣別(祥伝社新書)
西村幸祐
祥伝社
売り上げランキング: 2,638

コメントを投稿

稲田問題のリーク源から、安倍内閣「倒閣運動」の深刻度が見えてくる―【私の論評】森・加計・日報問題の背後に財務省(゚д゚)!

稲田問題のリーク源から、安倍内閣「倒閣運動」の深刻度が見えてくる 稲田防衛大臣     面白い資料が出てきた 森友学園問題、加計学園問題については、本コラムでそれぞれの問題の本質を明らかにしてきた。 森友学園問題では、当初の段階で公開入札手続きを...