2015年7月25日土曜日

朴大統領“苦悶”の先延ばし 中国抗日記念行事返答 欠席続出なら習主席“大恥” ―【私の論評】そもそも、中韓に抗日記念行事をする歴史的根拠がないのですが?


北京・天安門広場での軍事パレード

韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領が苦悩している。中国が9月に北京で開催する「抗日戦争勝利70周年記念行事」への出席を招請されているが、出欠の決断を先延ばしにしているのだ。背景には、日韓、米韓関係への影響に加え、国家の正統性に関する悩みも指摘される。中国は50カ国余りの首脳らに出席を呼び掛けているが、何と大半の国が態度を保留しているという。欠席が相次げば、習近平国家主席のプライドを傷付けることになりそうだ。

「(今年は)抗日戦争勝利から70年だ」「人々が歴史に学び、未来への鏡とする大事なときだ」

習主席は3月末、海南省で開かれた「ボアオ・アジアフォーラム」年次総会での基調演説で、日本をこう牽制した。

中国は9月3日、政府主催で記念大会と軍事パレードを行う。東シナ海で海洋プラットホームを増設させ、南シナ海の岩礁を埋め立てて軍事基地化するなど、軍事拡張路線に国際社会の批判が集まるなか、自国は「戦勝国」として振る舞う一方、日本の戦争責任を強調することで目先をそらす狙いもありそうだ。

王毅外相は「あらゆる関係国の指導者を招待する」としており、外交筋によると、日本や韓国、北朝鮮、欧米諸国に加え、侵略や植民地支配を受けた経験を持つ東南アジア各国の指導者らを招待しているという。中央アジアや中南米の各国にも参加を求めている。

ロシアのプーチン大統領など、数カ国の首脳が出席に前向きな返事をしているが、実は、ほとんどの国が態度を明らかにしていないという。


正式招待を受けた東南アジアの外交筋は「安倍晋三首相が戦後70年談話を発表した後に、日中関係がどうなるかを見極めてから出席するかどうかを決める」と語った。

安倍首相としては、「軍事パレードや式典に出席することには否定的」(官邸筋)といい、9月初旬の中国訪問と、習氏との首脳会談の実現に向けた調整を本格化させているようだ。

事前調整のためか、国家安全保障会議(NSC)の谷内正太郎国家安全保障局長は17日、北京で中国の李克強首相と会談し、両国関係を発展させるために首脳レベルの対話が重要との認識で一致した。

こうしたなか、対応が悩ましいのが、韓国の朴氏だ。

韓国・中央日報(日本語版)は6月24日、中国専門記者の「朴大統領、中国の招請にどう答えるのか」というコラムで、慎重論として、(1)日本を過度に刺激する(2)中国の軍事力誇示に付き合う格好になる(3)明確に中国側に立つことになる-と列挙した。

オバマ米政権が、中国が東、南シナ海で軍事的覇権を強めていることに警戒を強め、対決も辞さない構えに変わりつつあることも影響しているとみられる。

一方、肯定論としては、(1)韓国も抗日戦争に動いた歴史がある(2)北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記が出席する可能性があり、南北関係改善の突破口になるかもしれない-と指摘した。

 その後も朴氏が決断しないためか朝鮮日報は今月14日、「中国の『戦勝記念日外交』と韓・中・日関係」という記事で、一連の記念行事が「北東アジア外交の分水嶺(ぶんすいれい)になる可能性が高い」とし、朴氏が出席すべきだと促す記事を掲載した。


中国は目玉の軍事パレードに、韓国軍と朝鮮人民解放軍を同時招請している。これが、朴氏の悩みを深めている可能性もある。

アジア情勢に詳しい元公安調査庁調査第2部長の菅沼光弘氏は「かなり悩ましいはずだ。米国の要請もあり、朴氏は6月の日韓国交正常化50年の記念行事に出席し、関係改善に舵を切った。出席すれば日本や米国を刺激しかねない。加えて、北朝鮮の金第1書記も出席するようなら、南北の争いが勃発しかねない」といい、続けた。

「韓国は、1940年に中国・重慶で創立された光復軍が抗日戦争を戦ったと主張しているが、北朝鮮はこれを認めていない。北朝鮮は、金日成(キム・イルソン)主席が率いた朝鮮人民革命軍が抗日戦争を戦ったとしている。朴氏と金氏が『抗日戦争勝利70周年』の記念行事やパレードに出席した場合、『どちらの軍が抗日戦争を戦い、朝鮮半島の国家としての正統性を持つのか』という問題が浮上する。これは単純な問題ではない」

ロシアが今年5月、対独戦勝70周年記念式典をモスクワで開いたとき、朴氏はウクライナ危機で欠席した欧米諸国にならって出席を見送った。

韓国経済が苦境にある現在、日米両国の動向を見据えながら、貿易総額1位である中国の要請を、朴氏はどう判断するのか?
【私の論評】そもそも、中韓に抗日記念行事をする歴史的根拠がないのですが?
中韓両国が、抗日行事を開催するというのは、非常におかしな話です。そもそも、現在の中国や、韓国は日本と戦争したこともありません。戦争したこともない国に勝ったなどと主張し、抗日記念行事など本来できないはずです。これ自体がそもそも、歴史の修正そのものです。
まずは韓国が日本と戦争したことすらないと言う史実については、昨日のこのブログでも掲載したばかりです。昨日の記事のリンクを以下に掲載します。

【目覚めよ日本 英国人記者が見た真実】不都合な歴史を直視しない韓国 日本人はいわれなき批判には断固反論を― 【私の論評】日本は、他国の歴史を自国に都合良く改ざんする国とはつき合うな(゚д゚)!

朝鮮人陸軍特別志願兵の行進(1943年1月)

詳細は、この記事をご覧いただくものとして、以下に朝鮮建国についての記載のみコピペします。
韓国が独立したのは、日本からではない。朝鮮独立運動の結果でもない。日本の降伏(1945年8月15日)に伴って、朝鮮は自治権(=独立ではない)を得たが、翌月に進駐してきた米軍は自治権を認めず、軍政を敷いたのだ。韓国は48年8月13日、「米国の占領統治から独立させてもらった」というのが歴史的事実である。
この史実の他、この記事では、当時の朝鮮半島では、朝鮮人の軍人を募集したところ、多くの人が志願して、倍率がとんでもなく高くなったことも指摘しました。

大東亜戦争中は日本の統治下にあり、朝鮮人軍人が日本軍として、参戦したことを考えると、どう考えても、韓国が抗日記念行事を執り行ったり、中国のそれに参加するということは、矛盾しています。

国民党軍の兵士、当初はドイツ将校から支援を受けたため服装はドイツ風

これは、中国も同じです。現大陸中国の中華人民共和国は、日本と戦争したことは、公式、非公式問わず一度もありません。日本が戦争をしたのは、当時大陸中国を一部掌握していた、中華民国の国民党軍とです。

それに関しても、このブログに以前掲載したことがあります。その記事のリンクを以下に掲載します。

【中国の本性】日中戦争2つの真実 侵略戦争ではなく人道的、道義的介入だ ―【私の論病】毛沢東は日本軍に感謝!修正された侵略戦争なる歴史の嘘を信じるべきではない(゚д゚)!

北平(北京)郊外の盧溝橋で、夜間演習中の日本軍と警備の中国軍が衝突。日本軍は
盧溝橋を完全に占拠した。盧溝橋の碑の前で万歳する日本軍=1937年7月8日

これも、詳細はこの記事をご覧いただくものとして、以下に一部分のみコピペします。

中国共産党政権の設立者である毛沢東が、日本の侵略に感謝するような発言をしていたといううわさは、中国の民間で広く伝わっており、学術界でもかねてから論争を繰り広げていたが、これまで民間メディアが報道することはほとんどなかった。しかし、先月末に発行された上海の「文匯読書週報」に、この事実を分析する記事が掲載された。 
 同紙が掲載した中国社会科学院近代史研究所研究員・陳鉄健氏の書評「『“中間地帯”の革命』から学ぶ:中国共産党はなぜ勝ったのか」で分析している。 
「同著は『1927年と1934年に大きな失敗を犯した中国共産党がどのようにして極めて弱小な状態から徐々に成長していったのか?もともと十分強大で中国を統一していた国民党はなぜ弱小化し、瓦解してしまい、戦後の新たな情勢や条件に適応できず、最後には中共が転覆することになったのか』という質問を投げかけ、答えは明白である」と切り出す。 
 陳鉄健氏の引用した中共出版の『毛沢東外交文選』には、毛沢東が1950年代に来訪した日本人に対し、「事実、日本帝国主義は我々にとってよい手本となった。第一に、蒋介石の力を弱めてくれた。第二に、我々の共産党指導の根拠地と軍隊を発展させることになった。抗日戦争前、我々の軍隊は30万人に達していたが、自ら犯した失敗により2万人に減っていたところ、8年間の抗日戦争で、我々の軍隊は120万人に発展した。日本に我々は助けられたのではないか?」と話したとある。
もし、当時毛沢東の革命軍と、日本軍とが戦っていたら、毛沢東がこのような発言をすることもなかったと思います。もし、日本軍が国民党軍と戦っていなかったとしたら、そもそも、毛沢東の革命軍は勝利することもなく、中華人民共和国も建国されず、中華民国がそのまま大陸中国に残っていたかもしれません。

日本は、中華民国とは戦争しなければ、良かったかもしれません。戦争したとしても、途中できりあげ、ソ連との戦争に集中すれば良かったのかもしれません。

当時ソ連と日本はソ満国境紛争で、大敗北を喫したように言われていましたが、ソ連崩壊後のロシアの文書公開で、実はソ連側の被害も甚大で、どちらかというと日本勝利という結果だったことが判明しています。

ソ満国境紛争で初めて投入された日本陸軍の九七式戦車

中国になど拘泥されず、ソ連との戦いに絞っていれば、共産中国も成立せず、ソ連崩壊を早めたか、早めないにしても、かなり弱体化できた可能性があります。

とはいっても、歴史に「もし」はないので、事実は無論そうではありません。しかし、これに近いようなことをしている国があります。

それが、中国と韓国です。上にあげたように、現在の中国と韓国とは日本とは一度も日本と戦争をしたことがありません。そんな中国が、抗日記念行事を開催し、それに韓国を招待したのですが、韓国が返事を渋っているというのが、ブログ冒頭の記事です。

抗日記念行事をするということは、中国は日本と戦争したという歴史の捏造に他なりません。いわば、戦ってもいないのに、戦勝国面をしているということです。それは、韓国も同じことです。

これら、歴史の改ざんを自分勝手に行うことがバレバレの国の、抗日記念行事など、本音ではどこの国も参加したくないと思います。

いや、違うか、ロシアがいます。ロシアの前身のソ連は、日ソ不可侵条約を締結したにもかかわらず、終戦末期に日本が弱体化した頃を見計らって、当時の満州や北方領土に進行しました。

そうして、終戦後には日本兵を何の根拠もなく、シベリアに送って、食事も満足に与えず強制労働をさせ多数を死に至らしめました。そうして、今にいたるまで、ホッ方領土を不当に占拠し続けています。そうして、ことあるごとにこれらを正当化し、歴史の改ざんを行っています。

中国の似非抗日記念行事に、卑怯者国家ソ連の後継国ロシアが参加するのは、こうしたことを考えると理にかなっているかもしれません。中国も、ロシアも結局歴史の改ざんを自分の都合の良いように行っているからです。

それにしても、この行事に韓国が参加するというのは、筋が通らない話です。朴槿恵大統領はこの矛盾をどう説明するのでしょうか。

私は、そう思います。皆さんは、どう思われますか?

【関連記事】







【関連図書】

歴史捏造に明け暮れる、中韓の現状と、その末路を知ることのできる書籍三冊を以下にチョイスさせていただきました。


外国特派員協会重鎮が反日中韓の詐偽を暴いた
ヘンリー・S・ストークス
悟空出版
売り上げランキング: 6,334


中国・韓国の歴史認識 大嘘の起源 (別冊宝島 2365)

宝島社 (2015-07-13)
売り上げランキング: 2,382

日本に惨敗し ついに終わる中国と韓国
宮崎 正弘 室谷 克実
徳間書店
売り上げランキング: 2,501

コメントを投稿

「イヴァンカ基金」報道でわかるマスコミの呆れた経済リテラシー―【私の論評】テレビに国際・経済報道を期待でないわけ?

「イヴァンカ基金」報道でわかるマスコミの呆れた経済リテラシー イヴァンカ・トランプ氏 そもそも「イヴァンカ基金」ではない トランプ大統領の長女で大統領補佐官を務めるイヴァンカ・トランプ氏が来日し、連日動向がメディアで取り上げられた。そのなかで物議を醸した...