2015年9月8日火曜日

公衆の面前で全半裸になる女性が続々 中国の新たな“国民病”が社会問題に―【私の論評】中国壊滅の前触れか?これから次々と爆裂する中国社会(゚д゚)!


★中華人民毒報

上海市内で深夜服を脱いだ女性

 今、中国で奇妙な騒動が同時多発的に起きている。女性が公衆の面前で突然服を脱ぎだすという事例が、各地で報告されているのだ。といっても、暑さのせいではない。

 8月10日昼、安徽省合肥市の鉄道駅近くで、若い女性が突然着ていた服を脱ぎ捨て、下着姿となった。彼女はこの日、西安市から列車で到着したばかり。20時間もの間、混雑する車内で身動きもとれず、ほとんど眠れぬまま下車。駅を出ると幻覚が見え、無意識に服を脱いでしまったという。専門家は、長旅のストレスが原因で起こる「旅客症候群」であると指摘している(『中国日報網』)。

 また、8月19日夜にも広州市の路上を歩いていた30歳前後の女性が、突然服を脱ぎ始め、一糸まとわぬ姿になった。彼女はその後、声を上げて泣き始め、駆けつけた警察に保護された(『南方網』8月21日付)。彼女は妊娠5~6か月で、精神的に不安定になっていたという。さらに8月21日は江蘇省無錫市で、白昼の街中を全裸で疾走する若い女性が目撃された。当日は、中国の七夕の翌日だったこともあり、恋人とのトラブルが原因という憶測も出ている。中国では、七夕は情人節と呼ばれ、恋人同士で過ごす習慣がある。

 各々の事情はあるにせよ、なぜ共通して「服を脱ぐ」のか。中国在住のフリーライター・吉井透氏は、こう見立てる。

 「中国人は、怒ったときや悲しいときなど、感情の起伏を隠すことなく周囲に示す習性がある。そうすることで、注目を集め、手を差し伸べてもらう『かまってちゃん』的な動機なんです。ただ最近は、他人への無関心が蔓延しており、地団駄を踏む程度では注目を集められない。そこで、露出という大胆な行為に出るんでしょう」

 広東省仏山市の貿易業・林田岳男さん(仮名・50歳)も、女性が公然と露出に及ぶ現場に遭遇した。

 「路上で果物を売っていたおばちゃんが城管(都市管理執行員)に捕まった。売り物を荷車ごと没収されると、『これも持ってけ泥棒めが!』と叫びながら服を脱ぎ、下着を取って城管に投げつけ始めた。無視して立ち去る城管を、見物人たちは『街の美化が仕事なら、このおばちゃんの裸をどうにかしろ!』と野次っていました(笑)」

 公然露出は、交渉カードに利用されることもある。広東省東莞市のメーカー勤務・高島功夫さん(仮名・38歳)は話す。

 「以前、付き合ってた彼女と路上で口論になり、その場で服を脱ぎ始めたことがあった。口論の原因は、ブランド物のバッグの購入を私が断ったことでしたが、そんな“自爆テロ”に出られたら要求を呑むしかない。ブラジャーを脱ごうとしたところで折れました」

 一方、中国人の公然露出の動機について、「生理的欲求説」を唱えるのは、中国でも活動するタレントの宮下匠規氏だ。

 「かつて、中国人は他人に恥部や下着を見せることが日常化していた。しかし、トイレが個室化し洗濯物も外に干さなくなったことで、密かに欲求不満を抱えていると私は考えます。チャンスさえあれば脱いでやろうと思っている人も少なくないはず。話題にならないだけで男が全裸になる騒動も多数起きているのです」

 露出癖の背後には過去への憧憬があったということか!?

■中国新風土病

長旅のストレスで女性が脱衣してしまう「旅客症候群」以外にも、中国では新たな風土病が出現中だ。その一例を紹介!

株病 保有銘柄の値動きを気にするあまり、胃潰瘍やうつ、免疫力低下などの症状に見舞われる投資家が増えている

婚活病 結婚しなければというプレッシャーや、条件で選びすぎるあまり、異性への興味や性欲が減退してしまう

携帯幻聴症 着信していないのに、携帯電話の着信音が鳴ったと錯覚したり、バイブが振動したように感じる中毒症状

役人うつ 反腐敗運動が進むなか、すねに傷持つ役人たちが「次は自分か」と心配するあまり、うつ状態に陥ってしまう

伝染性不眠症 狭小住宅に多人数が生活する世帯では、家族のひとりが不眠症になると、つられて一家全員が不眠症になる

【私の論評】中国壊滅の前触れか?これから次々と爆裂する中国社会(゚д゚)!

この病気何やら、尋常ではない感じがします。このブログでは、最近は中国の異変に注目し、中国が大崩壊する可能性について掲載してきました。

中国の街角で、全裸になった女性
中国というと、裸でパソコンでゲームをしている女の子の、写真が、2011年にネット上に多く掲載されて話題となっていました。やはり、中国ではこのような傾向があるのでしょうか。

2011年中国でネットに多く掲載された、裸でゲームに興じる女の子の写真

昨日のこのブログには、国際政治学者藤井厳喜氏の記事を掲載させていただきましたが、その中で藤井氏は、「天津市の大爆発は、チェルノブイリ原発事故がソ連崩壊に果たしたのと同様のインパクトを中国に与えるだろう。つまり、大爆発がきっかけとなり、共産党独裁体制が崩壊に向かう可能性がある」と指摘していました。

これについては、私も以前に、このブログで、今回の天津大爆発事故の原因は、旧ソ連のチェルノブイリ原発事故と同じく遅れた社会・政治体制に根ざすものだという趣旨の論評を掲載したことがあります。そうして、この遅れた社会・政治体制がまともにならならない限り、中国はソ連と同様に崩壊するであろうとの結論を掲載しました。

実際、旧ソ連の末期には信じがたいことが立て続けに起こっていました。

これについては、最近良くまとまった記事をみつけましたので、以下に掲載させていたたぎます。

これは、Yahoo知恵ぶくろにおける、「冷戦末期のソ連のひどさを教えてください」という質問対する答えです。
・都市の建物のうち、2階以上は補修もされず野放し。高官がクルマの窓から見える範囲が1階と2階だけなので、そこだけきれいにしておけば良し。3階より上は物資がないので放置。
・買えないカネはある。のにモノが無いので何も買えない。末期の無理な市場経済導入課程で紙くずと化したルーブル。たまに販売があると市民が長蛇の列を成すことに。そもそも生活必需品すら手に入らないのは日常茶飯事。
ソ連末期の食料品店 大勢の人々が長蛇の列をつくっているが 商品はない
・闇経済で成り立つソ連政府も闇経済を勘定に入れて政治していたほど。闇市場がないと市民生活ができなかった。ルーブルには闇レートと本レートが公然と存在し、マフィアまがいの連中が闇経済をコントロールしていた。もちろん、裏では政府のお墨付き。 
・社会保障が手厚い社会主義、でも老後は放置いきなり市場経済を入れたのでかつて一応あった年金や社会保障が事実上全て失われてしまった。カネはないけど保証もない状態に。 
・弾圧全員ソ連人になってもらいたいので、ロシア語以外の民族語の小学校全部廃止、伝統文化廃止。ついでにロシア本国でも宗教行為すべて廃止。農村のお祭りも廃止。ただしマトリョーシカ(ソ連の広報用人形)は宣伝しておく。 
・原発事故史上最大最悪の原発事故が起きるも、情報を内外に一切出さず数十万人が気がつかず被爆、外国にも被害、ロシア軍10万近くが健康被害、死者多数発生。その後ソ連末期になってもウクライナやベラルーシに情報公開無し。
チェルノブイリ原発事故
・移動、居住の自由はなし強制移住させた朝鮮人数十万を放置、移動させた先で他の民族に虐殺されたアルメニア人も放置、閉鎖都市はもちろん一般の市民の移住、移動は不可能。(後に解消される) 
・中央アジアが工業大国ソ連の統計では連邦内でかなり豊かな国々として喧伝されていた。実際は餓死者が出ていたほどの貧困ぶり。ついでに重工業を無理やり進めたので今だにツケがあり川に垂れ流した結果、カザフスタンなどでは環境汚染でがん死者率ナンバーワン。 
・汚いものはロシア以外で核実験はもちろん、モノカルチャーな綿花工業など環境破壊が進むものはすべて●●スタンなどの中央アジアでやってもらうことを強制。おかげで大量の餓死者が出る。
・村の隣で核実験閉鎖地区では核の影響を確実に受ける場所でも、移動移住はさせず、情報も開示せず核実験をやった。おかげで核による健康被害が出ていたが、末期になっても認めようとしなかった。
・無理やり市場経済お陰で貧富の差がとんでもないことになった。国民の大半が燃料も買えず凍死寸前の生活をすることになり、一部の企業家がとんでもない金持ちに。しかし彼等も2000年までには姿を消していた。政治の表舞台から故意に消された。 
・話すのはうるさい場所でどんな些細なことでも、ほぼ全てのお店に政府の密偵か盗聴器。重要な会話はむしろうるさいバーなどですると記録されないというのでよく使われた。これはペレストロイカ実施末期になってくるとあまりやられなくなり、薄れてしまった。
・とりあえず戦車何かがあれば戦車が出てくる。これは末期になっても、ソ連崩壊寸前になっても同じだった。首都でも地方でも戦地でも、問題が起きれば市民相手でも戦車が出動して弾圧する。
このほかにも、様々なことがありました。食料品などをはじめとして、様々な物資が不足しているにもかかわらず、赤い帰属ともいわれた、ノーメンクラトゥーラ 専用の店には、物資がうなるほどあって、何の不自由もなかったということもありました。

闇経済では、ドルが幅を効かせていましたが、90年の夏休みにモスクワ、レニングラード(現在はサンクトペテルブルク)を訪れた人に聴いた話ですが、その際にルーブルが暴落し、市民の間では通貨の役目を、米国の紙巻タバコ「マールボロ」赤ラベルが代わりに果たしている状況をみて、ソ連は末期症状を呈していると痛感したそうです。

経済的には、今の中国はここまでは酷くはないですが、今の中国はソ連の末期と良く似ています。中国では、チェルノブイリ級の大事故は起こっていませんが、それにしても、天津大爆発の後三連発で大爆発が起こっていまます。

それに、中国は発表はしませんが、おそらく日本なら事故として報道される原発事故も、報道されず、隠蔽されているものと思います。さらに、中国はシルクロード付近で、核爆弾の実験を起こったこともあってか、北京をはじめとする主要都市は、福島原発事故直後の東京よりも、放射能が高かった事実があります。

こんなことを考えてみると、今の中国はインフレは末期のソ連ほどは進んではいないようですが、昨日も掲載したように、「株価」「不動産」「人民元」の3つがともに価値を失っているということは、中国経済そのものが崩壊過程にあることを示していますし、このような状況の中で、人民元の切り下げも行っていますので、いずれ中国も酷いインフレに見舞われることは必定であると思われます。

電話ホックスの中で裸になった女性 上海

ソ連の末期においては、女性が裸になるということはありませんでした。ソ連は、中国の特に上海などに比較すると相対的に寒いということや、上の記事でもあるように、中国のように元々露出するという習慣がなかっので、ソ連崩直前には、公衆の面前で裸になる女性など現れなかったのでしょうが、中国においては、それが中国崩壊の前兆として、頻繁に現れているのかもしれません。

これから、中国の経済が悪化するとともに、社会も悪化していくと思います。もうすでに、中国はソ連末期の状況に近いところがありますが、これからも、社会がさらに混乱するにつれて、女性の裸のような理解しがたい様々な異変が起こり、崩壊に向かうのではないかと思います。

そのような前兆に関しては、さらに何か起こった場合、このブログでまた掲載していき、中国崩壊の時期など予測してみたいと思っています。

皆さん、よろしくお願いします。

【関連記事】





【関連図書】

中国の壊滅は、時間の問題と思います。それを予感させる書籍を以下に三冊掲載させていただきました。

中国壊滅
中国壊滅
posted with amazlet at 15.09.07
渡邉 哲也 
徳間書店 
売り上げランキング: 659

「アジアインフラ投資銀行」の凄惨な末路
宮崎 正弘
PHP研究所
売り上げランキング: 13,362


コメントを投稿

「イヴァンカ基金」報道でわかるマスコミの呆れた経済リテラシー―【私の論評】テレビに国際・経済報道を期待でないわけ?

「イヴァンカ基金」報道でわかるマスコミの呆れた経済リテラシー イヴァンカ・トランプ氏 そもそも「イヴァンカ基金」ではない トランプ大統領の長女で大統領補佐官を務めるイヴァンカ・トランプ氏が来日し、連日動向がメディアで取り上げられた。そのなかで物議を醸した...