2012年3月16日金曜日

[ #新しいiPad ]新しいiPadとiPad2のカメラを比較してみたよ− 【私の論評】新しいiPadは、新しいカメラのコンセプトを生み出すかもしれない?

[ #新しいiPad ]新しいiPadとiPad2のカメラを比較してみたよ:

 

 

さて、新しいiPadを手に入れました。カメラ性能の比較をしてみましょうか。レンズをよーく見てみましょう。左が新しいiPad、右がiPad2です。明らかに、新しいiPadのほうがレンズ口径が大きいですね。さあ、実写してみましょう。編集部会議室にある観葉植物を撮影してみました。


【私の論評】新しいiPadは、新しいカメラのコンセプトを生み出すかもしれない?

本日とうとう、新しいiPadが発売されました。私自身は、まだ初代iPadを使っています。iPhoneだって、まだ、3GSです。方針としては、新しいOSが使えなくなったときが、買い時かと考えています。たとえば、iPhone3Gは、iOS5は使えなかったと思います。もし、私が、3Gを持っていたら、4Sに買い替えていたかもしれません。(下の写真は、iPadを買い求める人々の列)

 

そのため、iPadに関しても、新しいものを買うつもりはありません。しかし、今回のiPadでは注目していることがあります。それは、上の記事にあるように、iPadのカメラです。ご存知のように初代iPadには、カメラがついていません。しかし、最近では、iPhoneとicloudで同期できますから、iPhoneで撮影した画像はすぐに、iPadに同期されますから、iPadでもすぐにみられるようになって非常に便利です。


 

もっとも、私は、camera for iPadというアプリを使っていましたので、これを使えばiPhone で撮影する画像をiPadでリアルタイムで見られるようなっていて、iPhone側からでも、iPad側からでも、シャッターをきることができました。画像データのやりとりは、bluetoothで行うようになっています。だから、iPadでみながら、iPhoneで撮影するなどのことができました。だから、結果的には、iPad2よりも、画質の良い画像を撮影ができました。

 


ただし、これは、静止画像だけでは、動画はできません。さらに、写真そのものは、iPhoneの画質と同じものが撮影できるのですが、撮影時のiPad画質は、あまり良いものではありませんでした。といいながら、なぜ、これを使っていたかというと、iPadという比較的大きな画面をファインダーとして使えるからです。iPhoneの画面だと、ちいさすぎて、構図などみるときに、つらいところがありました。

 

しかし、今度の新しいiPadでは、カメラの性能がかなり上がったようです。(下の写真は、新しいIPadで、フル解像度で撮影した写真)


 

上の記事でも、以下のように掲載されていました。

 

まず解像度。iPad2は720×960、新しいiPadは1936×2592。全然違いますね。

 

実際の画質も相当違います。iPad2は暗いところに弱く、手ブレしやすいですが、新しいiPadは高感度に強く手ブレしません。iPhone 4Sと同じカメラユニットを使っているので当然といえば当然かも。

 

色乗りも明らかに新しいiPadのほうがいいですね。しっかりした画質で、安心できます。これはなかなかいいんじゃないでしょうか。

インナーカメラのほうは、新しいiPadも古いものと変わらないそうですが、これは、用途が違いますから、これで、十分なのだと思います。



私は、さきほど掲載したように、iPhoneとiPadで画像撮影していたことを先に掲載しました。しかし、新しいiPadなら、iPadでけで撮影できそうです。確かに、現在のカメラと比較すると大きすぎるかもしれません。しかし、大きな鮮明な画像を実際に見ながら、撮影できるというところは、かなり魅力があると思います。



昔、プロ用の光学カメラで、上ファインダーフードのほうから、実際にミラーに映された画像を見ることがでる光学一眼レフカメラがありました。(下の写真:Mamiya RB67 1974年発売当時 ¥152,000)また、二眼レフでも、やはり、上のほうからミラーに映された画像をみることができるものもありました。これを見たときは、かなり感動した覚えがあります、その後、私も光学一眼レフのカメラを買いましたが、無論ファインダーから覗くタイプです。



あのカメラのミラー映像少なくとも、iPhoneよりは、一回り大きかったと記憶しています。あれだと、本当に構図を決めやすいと思います。無論、わたしなど、あのカメラを買うことはできませんでしたし、購入したからといって私のカメラの腕が急にあがることはないとは思います。



しかし、私は今回の新しいiPadに、あらたな可能性を見出したような気がします。おそらく、あれだけの大画面で、実際に画像をみながらの撮影となれば、かなり構図など決めやすくなるのではないかと思います。さらに、このような大画面をみながら、動画も撮影できてしまうというのも魅力です。



そうして、これからの新しいカメラのコンセプトにも影響を与えるのではないかと期待しています。多くのの人がiPadでの撮影に価値を見出し、その撮影しやすさに気づけば、カメラそのものにも影響を与えるように思います。


これまで、カメラは、どちからかといえば、小型軽量化を目指してきたようなところがあります。これは、確かに持ち運びには便利ですが、ファインダーは、どうしても小さくなってしまいます。ファインダーを大きくするとなれば、どうしても、カメラが大型化してしまいます。だから、現在のカメラのファインダーはiPadのように大きなものはありません。


しかし、iPadでの撮影を多くの人が行うようになり、その良さが実感できるようになれば、これも変わってくるかもしれません。少なくとも7インチくらいの、ファインダーを備えた、薄型のカメラがでてくるかもしれません。Kindle Fireくらいの、大きさで薄型で、レンズも薄くて、場合によっては、撮影時のみレンズの突起がでてくるとか、いろいろ工夫の余地があると思います。このようなカメラでは、動画の撮影などもかなり便利で楽になると思います。極端なことをいえば、上の写真のようなカメラがあっても、良いと思います。


私は、こんなところを新しいiPadに期待しています。さて、新型iPadのカメラ機能、およびその他の機能など、どのように受け止められるのか、これからも、追跡していき、新しい動きがあれば、このブログに掲載していきます。それにしても、私も、新しいiPad結局カメラとして購入してしまうかもしれません(笑)。


【関連記事】

『カメラ』というキーワードを含むこのブログの過去の記事は、こちらから!!

 

コメントを投稿

大勝をおさめた安倍政権が「まずやるべき」経済政策はコレだ―【私の論評】戦後最低議席数の野党第一党立憲民主党誕生(゚д゚)!

大勝をおさめた安倍政権が「まずやるべき」経済政策はコレだ 選挙後の課題は積みだから  高橋洋一       リベラルは弱体化したのか  22日投開票の衆院選。台風の直撃を受けて投票率は散々であったが、結果は予想通り、与党の勝利であった。前回筆者が示した予想と比...