2011年9月22日木曜日

レノボから来た...iPadの半額以下の7インチAndroidタブレット「IdeaPad A1」が発売!―【私の論評】タブ゛レットは、10インチで、2万円台、7インチで1万円台の時代が間違いなく来る?!

レノボから来た...iPadの半額以下の7インチAndroidタブレット「IdeaPad A1」が発売
7インチでベストの選択肢になるか

なんだかタブレット市場に価格破壊の波が押し寄せてきてますよ。あの「ThinkPad」ブランドの最新タブレットを発売すると噂されていたLenovoが、大きく方向転換して低価格攻勢で進出を決定した「IdeaPad A1」の出来栄えが最高にいいんだそうです!

IdeaPad A1のOSには、タブレット仕様のHoneycombではなく、Android 2.3の(Gingerbread)が搭載されており、1GHzのCortex A8プロセッサー、100万画素と300万画素のデュアルカメラ、WSVGA表示(1024×600ピクセルの解像度)の7インチタッチスクリーンを装備していますよ。そんなに目をみはるようなスペックではないんですが、実際に手に取って使い倒してみた感想は、わりとサクサクと快適に動いて予想以上の満足度みたいですね。

なによりもIdeaPad A1の魅力は、発売地域にもよるようですが、8GBモデルならば199ドルという、日本円にしてiPadの半額以下という2万円を軽く切る販売価格にありますよ。16GBモデルでも249ドル、32GBの最上位機種でも299ドルという激安設定は大きなアピールポイントでしょう。これはぜひとも日本国内でも早く発売してほしいですね~

参考記事:http://www.engadget.com/2011/09/01/lenovo-announces-ideapad-a1-the-199-android-tablet-we-go-hand/ [Engadget]

【私の論評】タブ゛レットは、10インチで、2万円台、7インチで1万円台の時代が間違いなく来る?!


私は、iPhoneは、持っているのですが、タブ゛レットは、持っていないので、欲しいと思っています。欲しいと思いながらも、未だに購入していません。その理由として、一昨年、ネットブックを購入したばかりであり、まだまだ、使えるということがあります。ただし、これだけだと、ストレスもたまるのかもしれません。なぜなら、動画をみたときに、240ピクセルや、360ピクセルであればスムース゜に見えるのですが、それ以上になると、カクカクして綺麗にはみえません。

普通なら、ここでストレスを感じるのでしょうが、このブログにも掲載したように、AppleTVも購入しているため、精度の高い動画も、テレビの大画面でそれも、かなり綺麗にみえてしまうので、わざわざ、動画を見るために新たなデバイスを購入する必要はありません。

だから、欲しいとはいっても、それほど真剣になれないのだと思います。タブレットなら、3万、4万などお金を払う気がしません。なにせ、ネットブックは、3万数百円(これは、驚いたことに後に5万円台で販売されていました)、アップルTVは、8800円で購入したものであり、これで、十分にネットライフは満喫できています。

だから、安いものを探してみたのですが、新品ではなかなかないので、Yahooオークションに注目しました。これって、今まで、使ったことはないのですが、見てみるといろいろ面白いです。まずは、"au MOTOROLA XOOM "が26,000円で出品されていたので、26,500で入札してみました。これは、中古でした。落札結果は、27,000円でした。入札結果を見逃しているうちに、いつの間にか落札されてしまいました。
au MOTOROLA XOOM 
でも、他の人に落札されても、あまり残念という気はしませんでした。まあ、それほど欲しいということもないのだと思います。

とは、いいながら、今度は、下のタブレットを入札してしまいました。これは、何と新品です。私が今のところ、最高位入札額者です。入札額は、27000円です。後、3時間で入札が終了します。
ICONIA タブレットPC シルバー ICONIA TAB A500

さて、どうなるのか、もし、入札できたら、このブログでまた、お知らせします。

いずれにせよ、上のレノボの新しい、タブレットや、先日このブログで紹介した、これから販売される、Amazonのタブレットとも、日本国内で販売されるときには、2万円をきりそうです。レノボは、中国の会社ですから、いわゆる、中華タブレットに関しては、相当研究したと思います。いわゆる、中華タブレットに関しては、私は、購入したことがないので、何ともいえないですが、購入した人からいわせると、安いには安いが、それそうとうの使い勝手だそうです。レノボは、このような意見を参考にして、基本仕様など、決めたのだと思います。数限りない失敗から、学んで、今の形をつくりあげたと思います。

こうなると、7インチは、Android2.0バージョンで、2万円以下、10インチは、Android3.0バージョンで、3万円以下という棲み分けができるのではないかと思います。アップルも、次の段階では、7インチのものを3万円前後で、出してくるのではないかと思います。

さて、私は、以前このブログで、このような端末いずれ、無料で配られるかもしれないということを書いたことがあります。それに関しては、詳細は、当該ブログを見ていただくものとして、まずは、上記のような価格設定が、来年あたりは当たり前になるものと思います。そうすれば、かなり急速に、でまわり、人々のライフスタイルを本格的に変えることになると思います。

だから、私も、今回の入札、30,000円以下なら続けますが、30,000円を超えたらしません。それが、妥当な線だと思っています。

【関連記事】
iPadを超えるタブレット旋風の予感...なんとアマゾンが3万円を切るAndroidタブレットを一斉発売か!―【私の論評】アマゾンがキンドルだけで甘んじる必要など全くない?
iPadやAndroidタブレットって本当に売れてるの? それほど爆発的ヒットにはなってないとの気になるデータが...―【私の論評】iPadやアンドロイドはライフスタイルを変える?!!
AppleはノートPC市場ですでにシェアトップ? - 製品トレンドのもう1つの見方―【私の論評】iPadは人々のライフスタイルを変えつつある?!
WWDC 2011 - 独り立ちの転機を迎えた「iOS 5」、10の新機能―【私の論表】タブレットとメンブレン式キーボードが新しいライフスタイルを創りだすかも?!
世界バレー:iPadで采配 リアルタイムで情報把握―頼りすぎると落とし穴が?!

もしや謎の新発表はこれか? iPadをApple TVに変えてしまう「Lowtide」に超期待...―アップルTVは既存のテレビを消滅させる??

iOS 4.2の目玉機能「AirPlay」は、こんなに便利だった!―【私の論評】アップルはホームオートメーションを狙うか?
ONKYO minimum PC c1シリーズ c102s4 を購入しました-このパソコンに思いもかけないことが?!
コメントを投稿

日本を完全雇用・適度なインフレに導く、極めて効果的な方法があった―【私の論評】数字を見ればわかる、未だ緊縮財政で脆弱なわが国経済(゚д゚)!

日本を完全雇用・適度なインフレに導く、極めて効果的な方法があった いまこそ財政支出の「ダメ押し」が必要だ   消費増税すべき、だと…? 内閣府が14日に発表した2017年4~6月期GDPは年率4.0%増、プラスは6四半期連続となった。名目GDPの成長率も年率4....