2008年1月2日水曜日

ジャズへのインビテーション-Room Eleven

Bitch


私は、ジャズが好きで、良く聞きます。というと、ジョンコルトレーンとか、ビル・エバンス、マイルス・デイビスとか、ビリィ・ホリディーなど思い浮かべられる方もいらっしゃるかもしれません。私は、無論このへんも聞きますし、好きです。しかし、普段聞いているのは、現在生きて活躍している人達の音楽です。音楽は、同時代の人々に聞かれているものが重要だと思います。今年は、こうしたジャズなどのうち、主に同時代のものを紹介していきます。

ルーム・イレヴンは、オランダで5年前に結成された。女性ボーカルを含む5人組。ジャズ、ポップ、いろいろな要素の曲を聞かせてくれる。アムステルダム・アウトマルクトでライブ・デビューを飾り、すぐに小さい会場を売り切る人気になった。ステージでのバンドは、その自然さ、観客との相互作用、即興の採用、ジャンルやスタイルの点で実験をしたがるのおかげで、新鮮である。ステージで時々バンドに参加する、トランペット奏者のDiederik Rijpstraは、その情熱的で刺激的なジャジー・トランペット・ソロで、パーティ・ムードに確実に貢献している。彼らのライブ・パフォーマンスはやがて話題になり、バンド名は火のようにオランダの音楽シーンに広がった。ユニバーサル・ミュージックに彼らを紹介したのは、DJ Maestroだった。

ルーム・イレヴンは、世界的に有名なNorth Sea Jazz festivalに、国内外の伝説的ジャズ・ミュージシャンたちとともに出演し、昨年7月15日『ウィ・ラヴ・ルーム・イレヴン』(原題:Six White Russians & A Pink Pussycat)を多くのさまざまな観客に披露した。フェスティバルは、ルーム・イレヴンがデビュー・アルバムで組み合わせたのと同じ混合音楽ジャンルが演奏されるので、彼らにとって理想的な場所である。『ウィ・ラヴ・ルーム・イレヴン』(原題:Six White Russians & A Pink Pussycat)のほろ苦い誘惑は、間違いなく多くの音楽ファンの心をつかむだろう。

昨年は、Six White Russians And Pink Pussycat をリリースし、日本でもヒットし話題となっています。世界的にヒットし、人々に愛され一時代を築くことを予感させる、グループの登場です。まだ、聞かれていない人は、是非お聞きください。私のお気に入りは、One of these days です。この曲一度聴くと耳に残ります。とても、軽快な曲です。下のプロモーションビデオの動画を是非ご覧ください!!

One of these days


Sad Song


ADs by Yutakarlson
ピザテンフォー、6日までの企画ピザが2枚にチキンもついて、ダブルピザセット詳しい内容は、左の反転文字列をクリックしてください。
メニューなどの詳しい内容は、http://www.pizza104.biz/をご覧になってください。

ランキングは、ありきたりのは面白くないので、私の街に是非投票してください。この私の街は、サイバー上のアメリカ国内に設置してあります。街の名前は、YUTAKARLSONといいます。この街は、皆さんからのアクセスがあれば、アクセス数が街の住民数となり発展していきます。先月からはじめいるので、まだ住民数が少ないです。この街を成長させるには皆さんのアクセスが必要です、是非ポッチっと皆様アクセスお願いいたします。→→YUTAKARLSON←←

0 件のコメント:

大陸客の個人旅行禁止から2週間強、それでもあわてぬ台湾―【私の論評】反日の韓国より、台湾に行く日本人が増えている(゚д゚)!

大陸客の個人旅行禁止から2週間強、それでもあわてぬ台湾 蔡英文台湾総統 中国政府が8月1日に中国大陸から台湾への個人旅行を停止してから半月あまりが経過した。台湾メディアによれば、足元では、中国個人客が1日単位で貸し切ることの多い観光タクシーの利用に落ち込みが目立っ...