2008年1月19日土曜日

南京虐殺記念館に対する日本政府の申し入れに関して考えた、中国のお家事情


上は、南京陥落当時の貴重な動画。このようなのどかな日々もあったということは、今の歴史の中から完全に抹殺されている。
日中外交筋は16日、中国江蘇省に12月再オープンした南京大虐殺記念館の展示内容について、日本政府が「バランスを欠いている」などとして南京市幹部らに見直しを求める申し入れを行ったことを明らかにしました。

日本人による残虐行為の展示が多く、戦後の日本の平和の歩みや日中関係発展の展示が少ない点などに問題があると指摘。これに対し中国側は、展示内容に問題はないとの認識を示したうえで「日中関係の発展に問題があるなら、考える必要はある」と述べたという」。しかし、これに対して具体的に変更されれたりは当面しないでしょう。

この事例の他に、中国ではいろいろな反日教育を行っています。日本人の普通の感覚なら、南京大虐殺が事実だったとしても、今更、殊更に残虐性を強調する必要性もないのではないかと思ってしまいます。さらに、日本と中国はいまや切っても切れない関係になっているのだから、反日感情を殊更あおるような極端な反日教育は行きすぎではないかと思ってしまいがちです。

でも、中国にはこうしなければならない理由があるのです。おそらく、中国の人でも、本当はもっと日中の友好を積極的に推進したいと思っているはずです。日本に恩義を感じて感謝をしている人も大勢いると思います。でも、中国にはおおぴらにそうできないお家事情があるのです。大方の日本人、いや、諸外国の人々もあまり知られていない真実がこうした行動の裏にあります。特に、多くの日本人にこのことを知ってもらいたいので以下に掲載します

■中国が自国民に対して反日教育をしなければならない第一の理由
国家を統合するための求心力になる象徴や英雄が存在しない。これは、事実です。

日本の場合だと、統合の象徴として天皇陛下がいらっしゃいます。今や大方の日本人は、天皇という存在を忘れてしまっていますが、この天皇制は国家統合としてかなり大きな貢献をしています。その他にも源義経、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康、西郷隆盛・・・・・・。など、国家的英雄が数多く輩出しています。

残念ながら、中国にはこのような天皇制のようなものは存在しません。中国の王朝は完全に滅ぼされてしまいました。では、毛沢東がいるではないか、という人もいるかもしれません。しかし、これも象徴にも、国家の英雄にもなれません。なぜかというと、革命前夜、革命後も毛沢東の名の下に、あるいは毛沢東の直接の指示・命令により、中国人民の大虐殺や流刑などが大規模に行われたという、現在の中国政府もひた隠しにしようとする歴史的事実があります。

中国のがいう日本の南京大虐殺など、数の上でも、組織的に行われたということでも、はるかに上回った歴史の闇です。日本人の中には、中国は共産主義国家を実質的にやめてしまったので、今更共産主義の象徴のような毛沢東をもちだすことはできないのだろうと考える人もいるかもしれません。しかし、毛沢東は本当はアメリカと手を結びたかったのに、アメリカが応じなかったので、ソ連と結びついたという歴史的事実があります。だから、このこと自体は何の障害にもならないはずです。

象徴とできないのは大虐殺が空前絶後の規模で行われたためというのが、事実です。中国側がこれをひた隠しに隠しているので、正確な統計など入手できませんが、その規模は、少なくとも100人の中国人いたら、そのうちの数十人は、自分の親か、親戚、あるいは知人などの誰か、あるいは複数人が、虐殺にあっているというようなものです。このような人物を、いくら国家を統一するために貢献したからといって、国家的英雄にすることはとうていできないでしょう。

また、中国は、役人が支配する国でしてから、西洋や日本などと比較すると国家的英雄や、国家を象徴する人物も生まれにくい土壌の国です。さらには、複数の民族の複数の連合体であることから、ある民族の英雄にはなりえても、他の民族からしてみれば敵だという具合で、なかなか中国全体を象徴する英雄にはなり得ないというのが実体です。

鄧小平氏は、鄭和を国家的英雄にしようとしました。鄭和はヨーロッパの大航海時代に70年先んじて、中国の大船団を引き連れて世界各地を訪問した、中国の役人です。しかし、彼は自分の意思で、中国の役人になったわけではありません、幼い頃に無理やり拉致されて宦官にされた人です。さらに、宗教もイスラムですし、民族的にも中国の多数を占める漢民族ではありません。これを、国家的英雄にするには、無理がありすぎます。結局は今でも英雄になりえていないのが実体です。

国家を統合する象徴も、英雄もいない場合国家としては、何をしたら良いでしょうか。それは、国家全体に対する敵をつくりだすことです。だからこそ、統一国家中国に悪さをした、日本という敵を作りだすために、反日教育をして国家を統一する必要があるのです。中国には、国家統一のための敵が必要なのです。だから、反日教育は当面やめられないのです。

■中国が自国民に対して反日教育をしなければならない第二の理由
地方と中央政府のせめぎあい。いつも分裂の危機にさらされている、中国という一枚岩でない集合体の集まり。想像を絶する格差社会。これも事実です。

中国という国は、多くの人が「中国」と呼んで、一つの国である信じて疑っていないようです。でも、実体は違います。中国は複数の言語と、複数の宗教・信条、複数の民族からなる連合体です。一つの県を一つの国家と考えたほうが良いです。場合によっては、一つの大都市を一つの国と考えたほうが良いと考えられるような場合すらあります。

事実今でも、地方政府(県、市)と中央政府のせめぎあいがあります。法律や規制ですらも、このせめぎあいにより、法律そのものや解釈が変わってしまいます。このせめぎあいは、短くて5年、長くて10年くらいの期間でくりかえされます。ある期間は、地方政府の力が強くなって、規制の緩和などが一気に進み、商売などが非常にやりやすくなります。ところが、次の期間では中央政府が力を盛り返して、また規制が強化され、つい数年前まで自由にできたことができなくなります。

さらに、猛烈な格差が中国には存在します。地方と、中央の格差は目をおおうばかりです。上海や北京などのような先進地域があるとおもえば、とんでもない遅れた地域もあります。経済的にも、文化的にも、日本における格差などは、微々たるもので、中国の格差は異質です。これが、ヨーロッパなどで考えられる階級制度ならまだわかりやすいですが、中国の格差は理不尽というしかありません。

たとえば、自分の父親が中央政府のエリートで、中央政府に太いパイプ(人物という意味です)など持っていれば将来は確実に約束されます。外国の大学にでも行って、上海の会社に入ったり、自分で会社を興せは大金持ちの道をまっしぐらに進むことができます。ところが、一方地方の農民に生まれついたら、国籍ですら地方の農民の国籍で、最初から差別されており、余程のことがなければ上に這い上がることは絶望的です。

このような国家はどうなるでしょうか。もうお分かりでしょう、常に分裂の危機にさらされることでしょう。地方政府の分離独立、国民の中でも格差のひどさからの分裂の危機。こうした分裂の危機を防ぐには、何をしたら良いでしょうか。バラバラに見えるものを、一つにまとめるための、全く異質な他者の存在、それも敵としての存在が必要になります。だからこそ、中国は反日教育をやめられないのです。

■中国が自国民に対して反日教育をしなければないらな第三の理由
今後20年間今の経済成長を継続できたとして、一人あたりのGDPがようやっと日本の十分の一にしかならない、中国経済の実力。これも事実です。

テレビの報道などでみていると、中国の経済成長がさかんに言われています。でも、その実力はどの程度なのでしょうか?多くの人が正しく認識しようとしないのですが、一人当たりのGDPで比較すると、日本とは比較の対象にならないほどの小ささです。

今後、中国のGDPは現在の経済成長率が維持できたとして、20年後にようやっと今の日本の1/10になるに過ぎません。その頃までには、いくら日本の経済成長率が低いからといって、さらに日本も成長しており、1/10にも満たない確率の方がはるかに高いです。

中国の国民からすれば、経済発展している、大きな構築物は立った、オリンピックも開催される。軍備も拡張され、人間を宇宙に送りだすなどの偉業も達成している。世界の経済大国に比して、ものすごい勢いで成長している。確かに進んだ、しかし、自分の生活などを振りかっえてみるとたいした変わっていない、いや、格差によってますます悪くなっているというのが実態だと思います。そうすると中国という政府に対して反感を持つようになるのは当たり前だと思います。ここで、一つ思い返していただきたいのですが、中国とは一枚岩ではありません。経済でも、小さな国が集まって連合してはじめて大きな成果を上げているに過ぎないのです。県単位でみれば未だ小さな水準にすぎないのです。

多くの中国人民は、中国という国そのものが大発展していく中で、自分たちだけが取り残されていくという焦燥感にさいなまされているのではないかと思います。だから、中国の中には、一触即発という雰囲気がいつでもただよっています。事実騒乱事件など、あまり報道されませんが、日本国内で認識されているのとは違いはるかに多くの、頻発しています。

こうしたときに中国はどうしたらよいでしょうか。そうです、憎しみの矛先をそらす必要があります。だからこそ、中国は日本を悪者にしたてて反日教育をする必要性があるのです。

■以上から導かれる中国の将来
ここでは、これを述べるのが主題ではないので、簡単に述べます。
中国の将来1(悲観論)
このまま、根本的問題解決を避け、極端な反日教育をし続けた場合。おそらく、早くて10年、長くて20年後に、旧ソビエト連邦と同じように分裂する。比較的大きな中国という国(今のロシアのような国)と、その他大勢の国に分裂する。しばらく、大混乱が起こるが、比較的大きな中国は今のロシアのように経済発展をすることになるでしょう。その他大勢の国の中にも経済発展する国が出てくるでしょう。でも、そののままの国もあります。
中国の将来2(楽観論)
このままでは、まずいと気づき、極端な反日教育はやめ、普通の歴史教育にして、根本的な手を打った場合。根本的な手としては、日本型共産主義を実施することが一番の早道だと思います。こうした場合には、今の中国の国体を維持しながら、ある程度経済は発展し、ある時点から成長がぴたりととまるでしょう。少し前の日本ような状況になります。この段階から本格的な自由主義的政策をとらざるを得ない状況に追い込まれるでしょう。

日本型共産主義とは、1980年代から90年代の初めに橋本総理大臣によって口火が切られたビックバンによる市場主義経済化の前の、規制が網の目のように張り巡らされた、経済・社会政策のことです。
このことについては、いずれ機会があれば、掲載させていただきます。この経済を、ソビエト連邦が崩壊する数年前にロシア人経済学者が、「私たちが理想とした共産主義」と論文の中で呼んでいます。
彼は、論文の中で「私たちソビエトの共産主義は失敗した。しかし、世界の中で成功した共産主義はないかと探してみたら、私たちの理想に近いことをしている国があった。それは日本だ」と述べています。

ADs by Yutakarlson
今日から月末までのピザテンフォーの企画は、豪華Mピザ3品500円引きです。
テンフォーのピザは楽天デリバリーからも購入できます!!

ピザテンフォー昨年の楽天デリバリーの「ファミリーへのおすすめ」部門で、堂々の2位となりました。ますます、便利になったテンフォーを是非ご利用ください。

YUTAKARLSON、USA 市長からのお願い

ランキングは、ありきたりのは面白くないので、私の街に是非投票してください。この私の街は、サイバー上のアメリカ国内に設置してあります。街の名前は、YUTAKARLSONと いいます。この街は、皆さんからのアクセスがあれば、アクセス数が街の住民数となり発展していきます。先月からはじめているので、まだ住民数が少ないで す。最近は、人口も増えましたが、それに伴い失業者も若干ながら発生しています。みなさんの力で、YUTAKARLSONには工場ができました。今度は人 口をまた、増やすことができます。人口を増やせるよに皆様のアクセスをお願いいたします。人口を増やすには、下の反転文字列をぜひポチッチとお願いいた します。
→→YUTAKARLSONの人口増加←←

ピザテンフォー、今月火曜日(8・15・22・29日)はお持ち帰りで30%OFF。M、L全品。

ピザテンフォー、今月水曜日(9・16・23・30日)は人気ピザ3品(炭焼ハーブチキン、チョリソー、チキンチリマヨ)Mサイズ、1,000円、Lサイズ

14 件のコメント:

nagurigakiya さんのコメント...

(2)にあるような日本型共産主義体制になってくれれば良いですね。そうとう難しそうですが。
ジャズのことなど、いろいろ興味深い記事が多く、勉強させていただきます。

unimaro さんのコメント...

コメントありがとうございました!
早速お邪魔しました。

そうなると、北京五輪の成功は共産党政府には必須要件となりますね。
その最重要課題の「コキントウ来日」が、成功の鍵となるわけですね。

我々日本人にとっての最悪の状態は、今の中国がそのままずるずる続くことだと思います。
だから、
「コキントウ来日」
をどうにかできれば、つまり
日本一カ国だけでも「北京五輪ボイコット」を実施させられれば、中国は大きな転換をし始めると思います。
”ずるずる”以外はどう転んでも混乱は起きるし、尤もよいのが、北京五輪からの転換の始まりだと思っています。

日本にとって、よい方向に行けばと願わざるおいません。

ホーリー さんのコメント...

いやー南京の貴重な動画拝見させてもらいました。アレを見て少しでも外国人の日本人に対する印象が変わればいいですね。

matanematane さんのコメント...

おはようございます。私のところにコメントしてくれてありがとう。

外敵を作ることによって国内の不満を外にそらし、国内の団結を固めるというのは、中国に限ったことではなく、よくあることだと思います。
むしろ問題なのは、そのような振る舞いをする国に対して「友好友好」とすりよる人々でしょう。

mitsunagi さんのコメント...

私のブログにコメントありがとうございます。

確かに今のまま進んでしまえば悪化の一途をたどり、また何かしらの事件が発生してしまうでしょう。

ただ、北京五輪での何かしらの事件は必ずと言っていいほど起こるでしょうね。
起こさないとするには時間が足りないでしょうから。

憂国、喝! さんのコメント...

yutakarlsonさん、コメントありがとうございます。
中国が反日教育をしなければならない理由は良く判りました。
私も、いくつか知っている事もありましたが、GDPのことは詳しく知りませんでした。
ただ、日本と中国では貨幣価値も違うので、だいたい察しはついていましたが。

ジャーマン・シェパードは凛々しくて賢そうですね。
犬を飼うとしたら、シェパードかハスキーが良いかなと、思ったことはありました。

やすし さんのコメント...

コメントありがとうございました。
私は2の楽観的な見方をしています。
今の中国は、ちょうど東京オリンピックが有ったときと同じGDPで当時を知っている人と話すとやはり同じような環境ですしね。
後は共産主義をいつ民主化に変えるかということを大きく間違わなければ大きな混乱はしないと思います。
時期中国共産党の党首はほとんど海外留学経験がある人たちで構成されていくことから、民主化の流れというのは変えられないと私は思っております。

春美 さんのコメント...

コメントありがとうございました
興味深く読ませていただきました。

南京大虐殺記念館の建設を中国政府に申し入れ資金まで出したのは、他でもない田辺 誠と言う日本人ですが、さすがに30万人は言い過ぎだと朝日新聞でも書かれているのを読みました。

胡錦涛さんが来日されますが、天皇陛下を北京オリンピックに招待するために来るんだと思います。
私的には参列されなければいいなと思います。

南京については、中国人の友達のおばあさんが、当時、南京で生活をしていたので詳しく知っている方だと思います。

moon300 さんのコメント...

今晩は^^
コメントをいただきまして、どうもありがとうございました。

今回の中国の報道にはホトホト呆れ果て、日本へ非難が出ていると言うのを聞くと「又か・・」と思ってしまいます。
大体、戦争中のことを未だに引きずっているなんておかしいと思います。そりゃあ、日本は褒められたことはしていませんが、だからと言って戦争中はどこの国も酷いことをしているのだし、中国だって同じく残虐なことをしていたと思います。

日本には根底に「反日」の精神があるから、この間のサッカーの試合にしても感情を剥きだしにするのではないかと思います。

でも皆さんがおっしゃる通り、今後の日中関係が少しでも良くなることを願わずにはいられません。

晴れ時々マーケティング さんのコメント...

yutakarlsonさん


お返事遅くなりましたが、コメントありがとうございました。


反日教育をしなければいけない理由がyutakarlsonさんの言う通りかどうか私にはよくわかりませんが、それがある程度成功しているのは、それを受け入れる感情が国民の側にあったからでしょう。マーケティング的に考えればニーズのない商品を、どれだけ広告やその他で仕掛けても売れないですから。


かって大昔は貢ぎ物を献上しに来た国に、この前は攻め込まれ痛めつけられた。そして日本は失われた10年なんていわれますが、中国は失われた50年以上がありますから、気がつけば豊かさでもずいぶん後れをとったーーームカツク! みたいにね。


団塊の世代が学生の頃は反米デモが盛んだったそうですが、本当に反米だったのではなく、アジられたの結果の若気の至り・青春のハケグチだったと思います。それが証拠に大人になってもなお反米な人はいないはず。 中国は4000年の歴史があるといわれますが、近代国家としてはきわめて若い国だと思います。反日教育をしているなんて聞くとカッとなりますが、気長に受け止めましょう(^^ゞ


私のオフィスのある銀座ではここ2年くらいで中国人観光客がとても増えました。日本人と一括りにできないように、中国人も様々ですね。今はちょっとフーリガンが多いような気もしますが(^^ゞ、もっともっと相互理解が深まることを願うばかりです。


GDPについては、よろしかったらhttp://blog.livedoor.jp/wassho/archives/51728736.htmlもご参考に。

milly さんのコメント...

2の考えに至るのは中国が日本を支配してからになるでしょうね。
まずは、日本を支配する。これを真っ先に考えることでしょう。

人権擁護法案が成立したら日本はもうオシマイでしょうね。

孤高の戦艦乗り さんのコメント...

コメントどうもです。

勉強になりました。GDP等の数値を出すととてもわかりやすいですね。
一応近隣諸国ですから仲良くしたいものです…。

桜田門二郎 さんのコメント...

コメントありがとうございました。

多くの人が、中国の現状・現実を知った上でパートナーに相応しいか否かのセレクトをして欲しいものです。

最速戦隊 さんのコメント...

コメントありがとうございました!
ブログに早速おじゃましました。

開催される事になってしまった、北京五輪は何事も無く終わってほしいです。
実際難しいとは思いますが・・・

大陸客の個人旅行禁止から2週間強、それでもあわてぬ台湾―【私の論評】反日の韓国より、台湾に行く日本人が増えている(゚д゚)!

大陸客の個人旅行禁止から2週間強、それでもあわてぬ台湾 蔡英文台湾総統 中国政府が8月1日に中国大陸から台湾への個人旅行を停止してから半月あまりが経過した。台湾メディアによれば、足元では、中国個人客が1日単位で貸し切ることの多い観光タクシーの利用に落ち込みが目立っ...