2008年1月16日水曜日

やっと出てきた?デザインと軽量化を両立したMacBookAir


上は、MacBook Airのオフィシャルガイドツアー。
Macworld速報。ジョブズCEOがMacBook Airを披露

元麻布春男の週刊PCホットライン

アップル、2cmを切る超薄型モバイル「MacBook Air」

f:id:asug:20080116205128j:image

一昨年前からMacBookMiniだのNanoだのと出てくる出てくると噂になっていたMacBookの超軽量版「MacBookAir」が登場しました。そして例のごとく発表のあった先日からアップルストアで予約が開始されています。ちなみに納期は2~3週間との事なので、実際に現場やら出先なんかで使ってる人を見かけるのは来月になりそうです。

そんなAirの性能は重量1.36Kgに13.3Inのワイド液晶、Core2Duo1.6/1.8Ghz、メモリ2GBを搭載しており、バッテリーの公称駆動時間は5時間だそうです。足回りの性能だけで言えば「3Dゲームをやらなきゃ全然OK」であり、デザインも非常に良いのが魅力的。

・・・なのですが、サブノートとして使う人にとっては致命的な点が一つ。バッテリーがユーザーでは取り外せない状態となっており、デフォルトのサブバッテリーが全く使えない状態となっています。このため、長時間外で作業するような人には向かないかも?

そんなMacBookAirは、新しいもの好きの方々(メディア含む)に「徹底レビュー」やら「解体」されたり色々な方法で評価されることでしょう。その 上で見た目の良さだけではなく性能や使いかってのよさからバッテリーの交換ができないデメリットを越える何かが見出せるのであれば、私の見方も変わるかも しれません。

それに価格も20万円以上ですから・・・・・。余程の何かがない限り私は購入しないでしょう。重量はせめて1kgを切って欲しかったと思います。これだと、コストパフォーマンスの点から言えば、Eee PCの方がずっと良いような気がします。

ADs by Yutakarlson
今日から月末までのピザテンフォーの企画は、豪華Mピザ3品500円引きです。
テンフォーのピザは楽天デリバリーからも購入できます!!

ピザテンフォー昨年の楽天デリバリーの「ファミリーへのおすすめ」部門で、堂々の2位となりました。ますます、便利になったテンフォーを是非ご利用ください。


YUTAKARLSON、USA 市長からのお願い

ランキングは、ありきたりのは面白くないので、私の街に是非投票してください。この私の街は、サイバー上のアメリカ国内に設置してあります。街の名前は、YUTAKARLSONと いいます。この街は、皆さんからのアクセスがあれば、アクセス数が街の住民数となり発展していきます。先月からはじめているので、まだ住民数が少ないで す。最近は、人口も増えましたが、それに伴い失業者も若干ながら発生しています。みなさんの力で、YUTAKARLSONには工場ができました。今度は人口をまた、増やすことができます。人口を増やせるよに皆様のアクセスをお願いいたします。人口を増やすには、下の反転文字列をぜひポチッチとお願いいたします。
→→YUTAKARLSONの人口増加←←

ピザテンフォー、今月火曜日(8・15・22・29日)はお持ち帰りで30%OFF。M、L全品。

ピザテンフォー、今月水曜日(9・16・23・30日)は人気ピザ3品(炭焼ハーブチキン、チョリソー、チキンチリマヨ)Mサイズ、1,000円、Lサイズ

1 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

以前、コメント頂きましてありがとうございました。訳ありコメント承認形式にしていたのですが、ついつい。。確認してなくて。。。って、言い訳です。すいませんでした。。。
っで、mac book air。去年の11月にmac book pro購入したばかりなので、あまり見たくないですが、見てしまいました。。。一瞬薄っ!すごっ!って思いましたが、斜めになっていたのですね。。。個人的には、mac book proの方が、デザイン的に好きなのでホッとしましたが、でも、やっぱり気になりますねぇ~。っていうか、iPhone
の日本発売を期待してたのですが。。。残念です。。。長々と書いてしまって失礼しました。また、気が向いたらコメントくださいねっ。これからも宜しくお願いします。

政府「特定技能2号」拡大検討 在留期限なし―【私の論評】政府も産業界も実質的な移民政策を実行することで、自分たちの首を絞めることに(゚д゚)!

政府「特定技能2号」拡大検討 在留期限なし  政府は人手不足に対応するため、外国人労働者の在留資格を緩和する方向で検討に入った。事実上、在留期限がなく、家族帯同も認められる在留資格「特定技能2号」について、現在の建設と造船・舶用工業の2業種だけでなく、人材確保が困難な農業や宿泊業...