2010年6月26日土曜日

インドの製造業競争力、今後5年間で中国に近づく=米評価機関―中国の凋落とインドの大躍進がはっきりした今、日本の対中戦略は変更しなければならない!!




ピザ・テンフォー本年もお中元を承っています。本年もよろしくお願いします!!今年も、皆さんにご満足いただけますよう、お値打ち品を用意しました。
ご自宅でのお召し上がりにも、是非ご用命ください!!
詳細は、ここをクリック!!

=
===============================================================
インドの製造業競争力、今後5年間で中国に近づく=米評価機関(この内容すでにご存じの方は、この項は読み飛ばしてください)

インドは親日的な国でもある

【大紀元日本6月26日】「インドの製造業の競争力は、今後5年間で、中国に急速に近づく」。世界4大会計事務所の一つデロイト・トウシュ・トーマツ(DTT)が24日に発表した「2010世界製造業競争力指数」がこのように示した。

この報告書は、デロイト・トウシュ・トーマツの製造業部門と米国競争力委員会が共同で出したもので、世界の400人のCEOと製造業の高級管理者に対して行ったアンケート調査に基づいて作られた。

同報告書によると、先進国と発展途上国の計26カ国を対象とする製造業の競争力指数評価では、中国は10点で第1位、インドは8.15点で2位、そして今後5年間、中国は現状維持なのに対し、インドは9.01点まで躍進し、中国との差が大幅に縮まるとした。

デロイト・トウシュ・トーマツの製造業部門の主管は、「インドの成長の勢いはとても強い。今後5年間で、世界で確固たる地位を確立できるであろう」との見方を示した。また、多くのグローバル企業の管理層の間では、インドの研究開発の領域における優勢に加え、工学的技術力、ソフトウェア開発力、技術の統合力など、21世紀の革新力主導の製造業にとって重要不可欠な要素がそろった、との見方が強い。

同報告書はさらに、大手製造メーカーの管理層は次第に、インドを世界市場に通用する革新型製品の設計・製造基地と見なすようになったと評価した。「インドは低コストのサポート的な地位から、徐々に世界経済システムの重要メンバーに変わっていく」と同報告書は指摘、多くの企業のグローバル戦略と地域戦略にとって、インドの重要性は日増しに増大しているという。

報告書に記された世界の製造業の競争力指数では、インドと中国のほか、韓国、米国、ブラジル、日本、メキシコなども上位にランクインした。日本は5.11点で6位にランクインしたが、5年後には4.74点で7位と、わずかに順位を落とすと予想されている。

中国の凋落とインドの大躍進がはっきりした今、日本の対中戦略は変更しなければならない!!


さて、このブログでは、今までも何回も、中国の凋落とインドの躍進については語ってきました。だから、このことについては、改めて新しく述べることはほんどありません。上の記事は、私が過去にこのブログで語ってきたことを確証するものとして掲載しました。

上の動画では、安倍総理の辞任の理由に関して、中国やインドに関して、日本の政治家などよりはるかに詳しいイギリスがどうみているかということで非常に興味深いです。

この動画の中で青山さんが語っていることが事実かどうかは別にして、自民党の中には、媚中派、親中派がかなりいました。また、安倍さんが、中国リスクを避けるために行動しようとしていたことも真実です。

そうして、現在の民主党政権にも、媚中派、親中派が多いのも事実です。小沢さんは、やはり日中国交を推進した田中さんの弟子だったこともあり、中国との関係を強力に推し進めようととしていました。

この流れ、どこかで変えなければなりません。以前のブログにも述べたように、中国の動きを牽制するためにも、インドとは強力な関係を築いておく必要があります。私自身は、過去に日本が中国にやってきたような支援を、同じ時期からインドに対して行なっていれば、インドの潜在力からいって、ひよっとしたら、インドは現在の中国よりも強大な国になっていたかもしれないと思っています。

そうして、現在の中国はなかったかもしれません。インドに対する支援もあったことはあったのですが、重点的に支援する相手を間違えたのではないかと思います。

今からでも、遅くはありません。日本は、インドとの関係を強化すべきです。そのほうが、地政学的にいっても、理にかなった行動だと思います。このまま、中国にかかずらわっていても、日本にとっては良いことはありません。各政党とも、媚中派、親中派は退けるときと思います。皆さんは、どう思われますか?

このことに関して、各政党はどのように考えているのか、詳細を是非知りたいものです。

【関連記事】

中国、廉価労働力の優勢失う 次の「世界工場」はインドか―親日的なインドにシフトせよ!!





ADs by yutakarlson
ピザテンフォー昨年10月4日で、創立21周年です!!
長い間のご愛顧真に有難うございます!!
YUTAKARLSON、USA 市長からのお願い
ランキングは、ありきたりのは面白くないので、私の街に是非投票してください。この私の街は、サイバー上のアメリカ国内に設置してあります。街の名前は、YUTAKARLSONと いいます。この街は、皆さんからのアクセスがあれば、アクセス数が街の住民数となり発展していきます。職場整備、交通の整備などはひと段落していますので、今度は人口を増やす必要があります。せびポチッと一つお願いいたします。




コメントを投稿

「徴用工は反日カード」 呉善花氏、佐賀で講演―【私の論評】徴用工問題、慰安婦問題は永遠に突っぱねよ(゚д゚)!

「徴用工は反日カード」 呉善花氏、佐賀で講演 拓殖大教授の呉善花(オソンファ)氏  評論家で拓殖大教授の呉善花(オソンファ)氏は19日、佐賀市天神のアバンセホールで講演し、日本統治下の朝鮮半島での徴用工問題について「韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領は人権問題と...