2014年4月3日木曜日

【石平のChina Watch】経済破滅を予感させる「3月異変」―【私の論評】中国の自転車操業もとうとう終わりか?現代中国も大帝国の興亡の歴史を繰り返すことは必定である(@_@;)

【石平のChina Watch】経済破滅を予感させる「3月異変」

湖北省武漢市で「富豪とのお見合いパーティー」で水着姿を披露する美女たち

先月26日、中国新華通信社傘下の『経済参考報』が中国の金融事情に関する記事を掲載した。金融市場で大きなシェアを占める「信託商品」が今年返済期のピークに達し、約5兆元(約82兆円)程度の貸し出しが返済期限を迎えることになるという。

ここでいう「信託商品」とは、正規の金融機関以外の信託会社が個人から資金を預かって企業や開発プロジェクトに投資するものである。高い利回りと引き換えに元金の保証がまったくない、リスクの高い金融商品だ。中国の悪名高いシャドーバンキング(影の銀行)の中核的存在がまさにこれである。

・・・・・・・・・・・<中略>・・・・・・・・・・・・・

問題は、不動産バブルが崩壊した後に中国経済がどうなるのかである。現在、全国不動産投資のGDPに対する貢献度は16%にも達しているから、バブル崩壊に伴う不動産投資の激減は当然、GDPの大いなる損失、すなわち経済成長のさらなる減速につながるに違いない。

しかも、バブル崩壊の中で多くの裕福層・中産階級が財産を失った結果、成長を支える内需はますます冷え込み、経済の凋落(ちょうらく)にいっそうの拍車をかけることとなろう。

被害はこの程度のものに済まない。バブルが崩壊して多くの不動産開発業者が倒産に追い込まれたり、深刻な資金難に陥ったりすると、信託会社が彼らに貸し出している超大規模の信託投資が返ってこなくなる。それこそが最大の問題だ。先月、浙江省寧波市の「興潤不動産投資」という大手開発業者が35億元(約570億円)の負債を抱えて債務超過に陥って事実上破綻したが、こうしたことは今後、毎日のように起きてこよう。

そして前述のように、信託投資の不動産業への貸し出しが融資総額の約半分に達しているから、今後広がる不動産開発企業の破産あるいは債務不履行はそのまま信託投資の破綻を意味する。それはやがて、信託投資をコアとする「影の銀行」全体の破綻を招くこととなるに違いない。

しかし、金融規模が中国の国内総生産の4割以上にも相当する「影の銀行」が破綻でもすれば、経済全体は破滅の道をたどる以外にない。生きるか死ぬか、中国経済は今、文字通りの崖っぷちに立たされているのである。

この記事の詳細はこちらから(@_@;)

【私の論評】中国の自転車操業もとうとう終わりか?現代中国も大帝国の興亡の歴史を繰り返すことは必定である(@_@;)



中国経済の現実は、実は2008年のリーマンショックのときに破綻しています。その後は、政府がなんとか市場に金をつぎ込んで、とにかく破綻しないように、自転車操業をしてきたというのが実体です。それを知った上で上の記事など読むと、当然のことであり、今更驚くようなことではありません。

石平氏が、上の記事について以下のようにツイートされています。
まさに、上の記事やツイートの通りに事態は進行しているのだと思います。多くの中国人民は、現実はどうだったかは別にして、みかけ上は今まで右肩上がりに経済が成長してきたため、今回のようなことは経験したことがありません。日本というより世界では一般的に知られている自己責任の意味をよく理解していません。

セクシーモデルの京劇ビキニ姿 国粋の侮辱と非難?
上記のように本格的に経済が破綻した場合、いままで儲けさせてもらっていた、いわゆる富裕層と呼ばれる人たちのなかにもかなり大損をする人がでてきます。

少し前までは、富裕層ではない一般人民を中心として、建国以来毎年平均2万件もの暴動が発生しており、2008年からは10万件以上にもなっているという事実があります。

年々増え続ける中国の暴動

しかし、今後は暴動も質が変わるし、さらに増えると思います。今後はこうした暴動に、一般人民区だけではなく、富裕層やいわゆる中間層も加わるからです。ただし、これらの層は実数は少ないですから、数的にはそんなに増えないでしょうが、質は変っていくものと思います。いわゆる富裕層も、政府の官僚を除いた人たちは、参加するしないにかかわらず、これまではあまり暴動などには関心がなかったと思いますが、これからはそうではないと思います。

中国経済が破綻しても、ある程度余裕のあり、中国政府に反発する富裕層など、暴動に資金援助などをすると思います。そうなると、組織的な武装集団が出来上がる可能性が濃厚になります。

ウルムチ市南部で、夫や父親を返して!と素手で武装
した兵士に立ち向かう、勇敢なウイグル人の女性たち

そうなると、武装した集団の内紛に発展する可能性が大です。中国政府は、今までは、貧乏な一般人民を弾圧するだけで良かったのですが、これからは組織的な武装集団に相対しなければならくなります。そうなると、共産党の私兵に過ぎない、人民解放軍、公安警察、城管などあてにできなくなります。

それどころか、これらの裏切りさえ考えられます。そうして、その行き着くさきは、分裂です。

そうして、中国においては、古代から大帝国の興亡が何度となく繰り返されてきました。私は、現代中国だけがその例外ではないと思います。中国の分裂は近いです。

私は、そう思います。皆さんは、どう思われますか?

【関連記事】




ワシントン駐在客員特派員・古森義久 「アジア諸国が反発」の虚構―【私の論評】アジアは変わった、日本が右傾化というよりまともな独立国になって、アジアをリードすることを求めている!!ところが、マスコミは旧態依然としたまま虚構のアジアをみている!!


【関連図書】

中国「反日」の源流 (講談社選書メチエ)
岡本 隆司
講談社
売り上げランキング: 291,343


テレビに映る中国の97%は嘘である (講談社プラスアルファ新書)
小林 史憲
講談社
売り上げランキング: 116

反日プロパガンダの近現代史
アスペクト (2014-03-07)
売り上げランキング: 1,164

コメントを投稿

日本経済は今、デフレ脱却まで「もうひと押し」のところにいる―【私の論評】恥知らずの債券村住人の利己主義は排除せよ(゚д゚)!

日本経済は今、デフレ脱却まで「もうひと押し」のところにいる 安達 誠司     出来すぎのGDP速報値 8月14日に発表された2017年4-6月期のGDP速報値では、実質GDPの季節調整済前期比(年率換算)が+4.0%と、大きく上振れた。7月10日のESPフォーキャ...