2014年4月15日火曜日

第五福竜丸事件の真相 売血輸血による肝炎ウイルス感染だった―【私の論評】これは、マスコミの情報操作が昔から行なわれていたことの査証! 何でも鵜呑みにしていると過敏になりパニックに陥るだけ(゚д゚)!


高田純 マーシャル諸島を2回調査

売血輸血による治療を受けた第五福竜丸船員23人のほとんどが急性肝炎になり、無線長の久保山愛吉さんが亡くなりました。私の現地マーシャル調査では、最も危険な線量を受けたロンゲラップ島民に急性肝炎はありません。

第五福竜丸の医療担当を継続した放射線医学総合研究所でも、死因は売血輸血による肝炎ウイルス感染にあったことを認めています。2004年放医研明石真言博士らの報告によれば、船員22人中、肝がん6人、肝硬変2人、肝線維症1人と肝臓の病気で計9人が亡くなっています。
【私の論評】これは、マスコミの情報操作が昔から行なわれていたことの査証! 何でも鵜呑みにしていると過敏になりパニックに陥るだけ(゚д゚)!

上の記事は、札幌医科大学の高田先生のサイトからの引用です。

高田純

第五福竜丸事件そのものが、風化していますので、その内容を以下にwikipediaから引用させていただきます。
第五福竜丸(第五福龍丸、だいごふくりゅうまる)は、1954年3月1日に、アメリカ軍の水素爆弾実験によって発生した多量の放射性降下物(いわゆる死の灰)を浴びた、遠洋マグロ漁船の船名である。無線長だった久保山愛吉 (くぼやま あいきち、1914年6月21日生まれ)がこの半年後の9月23日に死亡した。
これが事件の概要ですが、wikipediaも死因に関して掲載してあったので、それも以下に掲載しておきます。
米公文書が放射能が直接の原因ではないとの見解を出している理由は、そもそも、久保山無線長の死因の直接原因は重度の急性肝機能障害であること、日本医師団が診断した放射能症(放射線障害)の主な症状は白血球や血小板と言った血球数の減少、小腸からの出血、脱毛等で、肝機能障害は放射線障害特有の特徴的症状ではないこと、被曝が原因で肝機能障害が起きたなら、同様に被曝したはずのマーシャルの被曝者にも多数の肝機能障害を起こした被曝患者が居るはずであるが、実際はマーシャルの被爆者に重度の肝機能障害の患者は全く発生せず、第五福竜丸の被災者17名でのみ発生し、治療中の死亡に至っては久保山無線長のみだからである。 
重度の肝機能障害を起こす肝炎、肝癌、肝硬変の原因因子はそのほとんどが肝炎ウイルスの感染であり、アルコールやNASHは肝癌、肝硬変の原因としては全体から見れば少数派であり、放射線被曝での発症率はアルコールよりも低く放射線被曝が原因での肝炎肝癌発症の症例ほぼ皆無である。また、事件当時は医療器具、特に注射針に関してはディスポは殆ど行われず、消毒して使い回しされることもしばしばであり、各種法定予防ワクチンの集団接種で使い回しされた注射針が原因でB型肝炎ウィルス感染が引き起こされ集団訴訟になったのは周知の事実である。第五福竜丸乗組員17名が重度の肝機能障害を引き起こした原因は、ウィルス感染した売血による輸血であるという指摘も存在する。
キャッスル作戦・ブラボー(ビキニ環礁)での水爆実験
確かに、第五福竜丸事件に関しては日本では、過去何度も報道されていますが、死亡の原因までは報道されず、ほとんどの方は放射能による死亡であると思い込んているのではないでしょうか。

この、事件が起きてから、60年です。人々の記憶からこの事件の記憶そのものが薄れつつあります。もう一度、この事実を多くの人々に知ってもらうべきであると思い、この記事を掲載させていただきました。

60年も前から、マスコミが真実の報道をしてこなかったことに、改ためて驚かされます。放射能に関しては、放射能そのものが目に見えるものではないため、その実体が実際には多くの人々に知られておらず、今でも様々誤解があります。そのような誤解から、放射能に対して過度に過敏になったり、パニックに陥る人も多いです。

こうした誤解を解くために、高田純先生は日々活動されています。その一端として、以下に高田先生の動画を掲載させていたたぎます。


この動画は、平成25年4月5日衆議院予算委員会、山田宏議員の参考人として、現行の放射線基準は­科学を逸脱していると、高田純が証言し、安倍総理が答えています。

高田 純(たかだ じゅん、昭和29年/1954年4月 - )氏は、日本の物理学者です。専門は放射線防護学です。現在、札幌医科大学医療人育成センター教養教育研究部門教授をされています。

先生は、いわば放射能の専門家と言っても良い方で、この方の語っていることはかなり信頼できます。

以下に関連サイト、twitteなど掲載させていただきます。
以下は、放射線防護情報センターのURLです。
http://rpic.jp/

以下は、高田先生のツイートです。

放射能に関しては、目に見えるものではないため、多くの人が知らないことを幸いにマスコミは、恐怖を煽るような報道ばかりします。こんな報道に踊らされて、不安感や閉塞感に悩まされるようなことはありません。

ビキニでも、こちらのほうが平和的でよろしいようで・・・・・

高田先生のような専門家の信頼できる意見を参考にして、自ら対策などをたてるべきです。上のサイトや、先生ツイートなど、情報源として正しい知識を得てまともな対策をたてるべきものと思います。

私は、そう思います。皆さんは、どう思われますか?

【関連記事】

本日発売の「週刊新潮」3月20日号に、高田純教授の原稿が掲載されました―【私の論評】平成の強制移住はもうやめよ!放射能で死亡した人が未だ出ていないことをどう説明するのか?





【関連図書】







コメントを投稿

【激闘10・22衆院選】自民危ない与野党大接戦の59選挙区 立憲民主追い風、失速から挽回試みる希望 選挙プランナー分析―【私の論評】実体は民主党菅政権の立憲民主党に引導を渡せ(゚д゚)!

【激闘10・22衆院選】自民危ない与野党大接戦の59選挙区 立憲民主追い風、失速から挽回試みる希望 選挙プランナー分析 希望の党の失速で、枝野代表率いる立憲民主党は 躍進の勢いだ=17日午前、東京都葛飾区 10・22衆院選の投開票日まで1週間を切った。報道各社は中盤情...