2014年4月8日火曜日

【中華人民毒報】止まらない大気汚染で中国経済は窮地に。地価下落、工場操業停止、治安悪化も―【私の論評】中国の崩壊はグローバリズムの崩壊でもある!国家観のない共産党幹部は国を率いる資格はもともとない(゚д゚)!

【中華人民毒報】止まらない大気汚染で中国経済は窮地に。地価下落、工場操業停止、治安悪化も

北京で結婚の記念撮影をしたカップル
  大気汚染の悪化が止まらない。北京市や上海市、東北部の各都市では、ここ1か月の間で、深刻な大気汚染による煙霧に覆われている。責任追及を恐れ「知らんぷり」を決め込む当局は、今にいたるまで警報やPM2.5濃度の最新値を発表していない。ところが、経済への打撃は確実に深刻化している。

 すでに中国各地では、大気汚染による視界不良から、空港や高速道路の閉鎖が相次ぎ、物流にも大きな影響が出ている。『鳳凰網』(3月3日付)によると、東北部の農業地帯では、農作物の不作や成長不良が多発しているという。末期的な大気汚染による、日照り不足や気温の低下が原因だという。

 上海市からほど近い、江蘇省南通市の自営業・米岡敬さん(仮名・30歳)も話す。

「レンズや精密機器の生産工場では、粒子状物質の製品への混入が増えており、歩留まりが低下して収益性が低下しているらしい。PM2.5の濃度が高い日は、業務用の空気清浄機も役に立たず、操業を停止するところもあるそう」

 さらに中国に進出する日本企業の一部では、大気汚染による健康被害の危険性を鑑み、駐在員の「危険手当」の増額を検討するところも出ており、大気汚染の影響がコストとして具現化し始めている。

 上海市中心部も、大気汚染による経済的打撃を免れない。同市在住の旅行会社勤務・向井典明さん(仮名・40歳)の話。


「大気汚染により、上海市の観光資源のひとつだった夜景も、ほとんど見えなくなった。その影響で観光客が激減しており、夜景を売りにしていたホテルや飲食店は閑古鳥状態です。市内一、不動産価格の高い外灘や浦東のテナント料も、外国人投資家などが手放し始め、下落傾向にある」

 一方、北京市では「煙霧出費」が、市民の家計を逼迫するほどに増大している(『北京晩報』2月26日付)。室内用はもちろん、車載用の空気清浄機やそのフィルター、高性能マスク、呼吸器疾患への医療費など、大気汚染がもたらす予想外の出費も大きい。

・・・・・・・・・・・・・・・<中略>・・・・・・・・・・・・・・

 大気汚染の悪化は、日本への飛来だけでなく、違う種類の新たなリスクをもたらしつつあるのだ。

この記事の続きはこちらから(゚д゚)!

【私の論評】中国の崩壊はグローバリズムの崩壊でもある!国家観のない共産党幹部は国を率いる資格はもともとない(゚д゚)!



中国の大気汚染は、前から言われているように、相当深刻になっています。それにしても、これほどの大気汚染ここまで酷くなる前に何とかできなかったのでしょうか。人民の健康を損なう、大気汚染をここまで放置したのは無論中央政府です。

この中国以前から指摘してきたように、経済も崩壊寸前です。本日も以下のようなニュースも入っています。
中国農業銀:不動産融資リスクについて支店に警告-関係者 
時価総額で中国3位の銀行、中国農業銀行 は各支店に対し不動産融資に伴う信用リスクについて警告した。事情に詳しい2人の関係者が明らかにした。 
同行は、国内の一部の小規模都市での住宅プロジェクトで価格が引き下げられ、これが不動産市場でパニックを引き起こしたとする書簡を送付。書簡は各支店に信用リスクを回避する措置を講じるよう促しているものの、特定の対策は要求していない。この通知は非公開だとして関係者が匿名を条件に語った。 
中国の不動産開発会社、浙江興潤置業投資が先月破綻し、不動産業界でデフォルト(債務不履行)が増えるとの懸念が強まっている。
大気汚染も、経済危機も回避できない中国どうしようにもありません。崩壊するのみです。中国共産党の幹部は、グローバリズムの申し子のような存在であり、自国の人民のことなど何も考えていません。

利己的であり、国内で事業を展開して、海外から金を呼び込み、国内で中国人民からむしり取れるだけむしりとって、その金を海外に貯蓄し、中国がダメになったら、海外逃亡をして余生を贅沢三昧に暮らそうと考えているだけです。こんな奴らのやり口は、アメリカの金融馬鹿、賭博師とも似たところがあります。自己中心的な彼らは、世界中で金になるところを探しだし、投資をし、後はむしりとるだけです。中国共産党幹部にとっては、中国はメシの種であり、たまたま足元の中国がその対象になったに過ぎません。

中国が崩壊した後に彼らは、海外に脱出し、またそこから、世界の投資先を探しだし、今度は中国以外のところで、同じようなことを繰り返すでしょう。中国の共産党幹部たちは、ウォール街を中心とするグローバル投資家たちと極めて似ています。彼らに共通するのは「国家観のなさ」です。まともに「中国という国家」や「中国人民」について考えている共産党幹部や太子党員など、一人もいません。

国家、国民のこと、あるいは経世済民のことを考えるのが「国民主義者(ナショナリスト)」であるとするならば、中国共産党の幹部など、この種の思想とは最も縁遠い人々です。

中国も欧米同様に2000年頃からバブルが始まりましたが、2008年のリーマン危機で破裂することなく、むしろ反対にバブルを膨らませることで、危機を乗り越えることができました。国が人民元の発行で信用を創出しました。リーマン危機後の欧米の景気対策で、中国製品が売れたことも幸いしたました。


中国はアメリカ製造業の生産拠点になっており、アメリカ企業の脱税の片棒をかついています。日本や欧米のバブルが金融市場の崩壊で始まったのに対し、金融市場の未発達な中国では、別のカタチの破綻になります。

土地、建物、道路、空港、などの不動産の価格暴落です。影の銀行や国営企業の破綻は、つまるところ、人民元の暴落というインフレと、不動産価格の暴落という結果を招くことになります。中国人が、資産保全のために海外で買った不動産価格も暴落することになるでしょう。

バブルが破裂してみれば、中国は発展途上国にすぎなかったことがはっきりするでしょう。日本や欧米のバブル崩壊とは様相が異なると思います。ブラジルやフィリピンのような破綻形態が参考になるかもしれないです。中国バブル崩壊は、インフレと不動産価格暴落に集約されるとう平凡な結論に落ち着くことになることでしょう。

こんな国に未来はありません。一分一秒でも良いからはやく、崩壊したほうが良いです。そうして、この崩壊はグローバリズムの崩壊でもあります。当たり前なのですが、今の世界は一つではありません。国々によって、言葉も、考え方も、習慣も何もかも異なります。それを律することは、今の世界では不可能です。このことが理解されないまま、世界各地でグローバリズムを当然のこととして、これを推進しようとした結果が、中国崩壊などのとんでもないことに結びきつくことになったともいえます。

グローバリズムが根付くためには、たとえば、現在は非常に特異な存在である日本のような霊性を重んじる文化が世界に受け入れられたときです。それには、まだまだ時間がかかります。現在のように強欲なグローバリストでは、世界を統一することは到底無理です。

私は、そう思います。皆さんはどう思われますか?

【関連記事】




さよならニッポン、新時代の国際人としての心構え―【私の論評】こんにちは、日本と日本人、さよならニッポン、ニッポン人、古から続く国際人としての心構え!!

Appleを復活させた「魔法使い」、ジョブス氏の休職―【私の論評】ジョブスの生き方は、「武士道と云ふは死ぬ事と見つけたり」という日本人の理想を体現している!?


【関連図書】


伊勢神宮 式年遷宮のすべて (JTBのムック)

ジェイティビィパブリッシング (2013-12-16)
売り上げランキング: 22,017

遷宮をめぐる歴史―全六十二回の伊勢神宮式年遷宮を語る
茂木 貞純 前田 孝和
明成社
売り上げランキング: 532,982

お伊勢さん~伊勢神宮式年遷宮~完全版BOX
三重テレビ放送
売り上げランキング: 20,466


コメントを投稿

日本を完全雇用・適度なインフレに導く、極めて効果的な方法があった―【私の論評】数字を見ればわかる、未だ緊縮財政で脆弱なわが国経済(゚д゚)!

日本を完全雇用・適度なインフレに導く、極めて効果的な方法があった いまこそ財政支出の「ダメ押し」が必要だ   消費増税すべき、だと…? 内閣府が14日に発表した2017年4~6月期GDPは年率4.0%増、プラスは6四半期連続となった。名目GDPの成長率も年率4....